Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

浅尾 俊樹(アサオ トシキ) ASAO Toshiki

お問い合わせ

Icn 01所属部署

生物資源科学部 農林生産学科 教授

Icn 01学部・大学院教育

[専門教育]

  • 園芸生産学概論
  • 園芸生産学概論
  • 施設園芸学
  • 専門英語
  • 特別研究
  • 農と食と医療
  • 農業生産学概論
  • 農業生産特別研究演習II
  • 農業生産特別研究演習III
  • 農業生産特別研究演習IV
  • 農業生産特別研究演習IV
  • 農業生産特別研究演習I
  • 農業生産分野専攻実験II
  • 農業生産分野専攻実験I
  • 農場基礎実習II
  • 農場基礎実習III
  • 農場基礎実習III
  • 農場基礎実習IV
  • 農場基礎実習I
  • 農場専門実習
  • 野菜園芸学

[大学院教育]

  • 自然科学論(英語対応)
  • 農業生産環境学特論
  • 養液栽培論

Icn 01論文等指導

卒業論文等の指導 4 名

修士論文等の主指導 0 名

博士論文等の主指導 1 名

研究生の指導 1 名

Icn 01教育改善

学部、学科レベルの改善[ミドルFD]

  • 平成30年度安全衛生教育「化学物質のリスクアセスメント」を受講した。学生に対しても化学物質の扱い等の指導を徹底し、事故のない研究室にしていく。
  • 7/25教授会後に、「ハラスメント防止に関するFD研修会」(保健管理センター)を受けた。日々の言動に記を付ける。
  • 10/24教授会後に保健管理センターFDセミナー「学生の修学支援ガイドラインについて」を受講した。特に成績不振学生が多くなってきたので、単位取得等の聞き取り、サポートをしていきたい。
  • 2/20教授会後にFDセミナー「教育の質保証 最前線」(教育推進センター)を受講した。「域学連携による農村地域づくりの実践教育ー農村調査分析の基礎を育む」(井上教授他)、「島根大学におけるキャリアデザインの授業開発と実践」(キャリアセンター)をテーマに進められた。今後の授業に生かしていきたい。

全学レベルの改善[マクロFD]

  • 11/26、FD研修会「高校の教育改革と高大接続」で、島根県教育魅力化特命官の岩本氏による講演を聴き、「日本の高校改革と島根の方向性、そして、島根大学に期待すること」について学ぶ機会を持った。
  • 12/14、「共存共栄に向けて」ASD当事者からのメッセージというアスペルガー症候群の当事者からの話を聞いた。

COC事業などの島根県を中心とした山陰地域に貢献する教育活動の改善の取組み

  • 7/9,荒瀬教育担当理事らとCOCコース生のための教育体制について、学部でのCOCコース生に対する取り組みや今後について協議を行った。
  • 平成30年度COC+事業「県内企業等研究活動支援事業」の「学生の地域活性化実現のための進路探し」を企画、実施した。その中で、江津市方面への訪問と地元との交流(1/29)と雲南市方面への訪問と地元との交流(2/7)を行った。各市役所での地域活性化の取り組みや特徴ある地元企業の取り組みに接することで、主にCOC学生の刺激となった。また、江津高校(江津市)や三刀屋高校(雲南市)を訪問し、高校生との交流を図った。
  • 平成30年度戦略的機能強化推進経費「山陰地域で求められている人材育成」で学生が島根県内の自治体や企業の取り組みを見聞・体験する機会を設けた。「浜田学」では浜田市の水産業関連企業、島根県水産研究所および浜田市の地域活性化の取り組みについて学生が体験を行うことができた。また、松江東高校と松江農林高校との高大連携では学生参加を促し、高校生との交流を通じて、学生の大学での目的意識などの向上を図った。
  • 2019年3月21日に行われた生物資源と総合理工とがコラボした「学生と企業技術者による研究技術発表会2019」を企画・運営をした。ポスター発表を主にし、学生、そして地元企業からの発表を促した。最後には教員、学生、地元企業との交流を企画した。
  • 7/4に行われた「ようこそ先輩懇談会」に出席し、卒業生の活躍と大学院進学の意義を深めた。また、研究室の学生にも声をかけ、出席するように指導した。