Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

浅尾 俊樹(アサオ トシキ) ASAO Toshiki

お問い合わせ

Icn 01所属部署

生物資源科学部 農林生産学科 教授

Icn 01著書

1. Phytochemicals-Source of antioxidants and role in disease prevention (IntechOpen 2018) ISBN:9781789843774
2. Potassium-Improvement of quality fruits and vegetables through hydroponic nutrient management (IntechOpen 2018) ISBN:9781789231267 キーワード:Potassium, fruits, vegetables, hydroponic nutrient management
3. Vegetables-Importance of quality vegetables to human health (IntechOpen 2018) ISBN:9781789231267 キーワード:Vegetables, Human health
4. 機能性植物が秘めるビジネスチャンスー低カリウムイチゴ生産の試み (情報機構 2016) ISBN:9784865021035 キーワード:機能性植物
5. New Developments in Allelopathy. Overcoming the autotoxic effects in hydroponic strawberry by amino acids supplementation on leaves and electro-degradation of nutrient solution. (NOVA Science Publisher 2015) ISBN:9781634833905
6. 低カリウム野菜の生産ー植物工場生産システムと流通技術の最前線 ((株)エヌ・ティー・エス 2013) ISBN:9784864690614 キーワード:植物工場
7. HYDROPONICS -A standard methodology for plant biological researches (INTECH 2012) ISBN:9789535103868 キーワード:Hydroponics, plant, nutrient solution, environmental control

Icn 01論文

1. 「Electro-degradation of culture solution improves growth, yield and quality of strawberry plants grown in closed hydroponics」 Md. Raihan Talukder, Md. Asaduzzaman, Hideyuki Tanaka, Toshiki Asao Scientia Horticulturae vol.:243 243-251頁 学術雑誌 2019年 1月 キーワード:Electro-degradation, strawberry, hydroponics, autotoxicity
2. 「収穫株ランナー利用によるイ チゴの無育苗栽培法について」 金森健一・石津文人・田中秀幸・浅尾俊樹 園芸学研究 vol.:18 No.:1 33-38頁 学術雑誌 2019年 1月 ISSN:13472658 キーワード:育苗、イチゴ、高設ベンチ栽培、促成栽培
3. 「Light-emitting diodes and exogenous amino acids application improve growth and yield of strawberry plants cultivated in recycled hydroponics」 Md. Raihan Talukder, Md. Asaduzzaman, Hideyuki Tanaka, Toshiki Asao Scientia Horticulturae vol.:239 93-103頁 学術雑誌 2018年 9月 キーワード:Strawberry, Light-emitting diodes, Recycled hydroponics
4. 「Production of low-potassium content melon through hydroponic nutrient management using perlite substrate」 Md. Asaduzzaman, Md. Raihan Talukder, Hideyuki Tanaka, Makoto Ueno, Mikiko Kawaguchi, Shozo Yano, Takuya Ban and Toshiki Asao Frontiers in Plant Science vol.:9 1-18頁 学術雑誌 2018年 9月 キーワード:Melon, Low-potassium, Hydroponics, Chronic kidney disease patients
5. Reduction of Potassium (K) Content in Strawberry Fruits through KNO_3 Management of Hydroponics」 Mondal MF, Asaduzzaman M, Ueno M, Kawaguchi M, Yano S, Ban T, Tanaka H, Asao T The Horticulture Journal vol.:86 No.:1 26-36頁 学術雑誌 2017年 1月 ISSN:21890102 キーワード:chronic kidney disease,Fragaria × ananassa Duch. 'Toyonoka',fruit potassium content,potassium nitrate,potassium translocation
6. Adverse effects of allelopathy from legume crops and its possible avoidance.」 Md. Fuad Mondal, Md. Asaduzzaman, Toshiki Asao American Journal of Plant Science vol.:6 804-810頁 2015年
7. 「Effects of amino acids on the growth and flowering of Eustoma grandiflorum under auto toxicity in closed hydroponic culture.」 Md. Fuad Mondal, Md. Asaduzzaman, Hideyuki Tanaka, Toshiki Asao Sciential horticulturae vol.:192 453-459頁 2015年
8. 「LED光源を用いた植物の二次代謝物質合成制御スペクトルの探求.」 谷野 章・青柳里果・浅尾俊樹 島根大学生物資源科学部研究報告 vol.:19 17-18頁 大学・研究所等紀要 2014年
9. 「Tof-SIMS data analysis for complex plant tissue samples using multivariate analysis and G-SIMS. 」 Aoyagi, S., Kodani, N., Yano, A., Asao, T., Iwai, H. and Kudo Suf. Interface Anal. vol.:46 131-135頁 学術雑誌 2014年
10. 「Growing carrots hydroponically using perlite substrates」 Asaduzzaman, M., Y. Kobayashi, M. Fuad Mondal, T. Ban, H. Matsubara, F. Adachi and T. Asao Scientia Horticulturae vol.:159 113-121頁 学術雑誌 2013年
11. 「Impact of reduced potassium nitrate concentrations in nutrient solution on the growth, yield and fruit quality of melon in hydroponics」 Asao, T., M. Asaduzzaman, M. Fuad Mondal,M. Tokura, F. Adachi, M. Ueno, M. Kawaguchi, S. Yano and T. Ban Scientia Horticulturae vol.:164 221-231頁 学術雑誌 2013年
12. 「Recovery from autotoxicity in strawberry by supplementation of amino acids」 Mondal, M. Fuad, M. Asaduzzaman, Y. Kobayashi, T. Ban and T. Asao Scientia Horticulturae vol.:164 137-144頁 学術雑誌 2013年
13. 「Selection of ideal succeeding crops after asparagus, taro and beans replanting field in seedling growth bioassay」 Asaduzzaman, M., M. Fuad Mondal, T. Ban and T. Asao Allelopathy Journal vol.:32 1-22頁 学術雑誌 2013年
14. 「キュウリ等,野菜の自家中毒と品種間差異」 浅尾俊樹 ハイドロポニックス vol.:27 No.:1 全:60頁 8-9頁 学術雑誌 2013年 ISSN:09195297 キーワード:自家中毒
15. 「籾殻を利用したブルーベリーの挿し木繁殖培養土の開発」 伴 琢也・串崎可奈恵・足立文彦・石橋美保子・武田久男・小林伸雄・浅尾俊樹 園芸学研究 vol.:12 No.:2 131-134頁 2013年
16. 「Autotoxicity in beans and their allelochemicals. 」 Asaduzzaman, Md. And T. Asao. Scientia Horticulturae vol.:134 26-31頁 学術雑誌 2012年 キーワード:autotoxicity, beans, allelochemicals
17. 「Growth and Yield Recovery in Strawberry Plants under Autotoxicity through Electrodegradation」 M. Asaduzzaman, Y. Kobayashi, K. Isogami, M. Tokura, K. Tokumasa and T. Asao European Journal of Horticultural Science vol.:77 No.:2 全:10頁 58-67頁 学術雑誌 2012年 キーワード:autotoxicity, allelochemicals, Bioassay, closed hydroponics, Electrodegradation, Fragaria×ananassa, renewd nutrient solution, non-renewd nutrient solution, Wagner's system
18. 「1. 島根大学における植物工場向け作目に関する研究.特集「ICT化する次世代農業システム」」 浅尾俊樹 計測と制御 vol.:50 1-3頁 2011年
19. 「2. 透析患者も食べられる低カリウムメロンを開発」 浅尾俊樹 化学 vol.:66 73頁 2011年
20. 「Effects of the addition of clinker ash to the propagation medium on rooting of rabbiteye blueberry cuttings.」 T. Ban, H. Kitazawa, S. Matsumoto, N. Kobayashi, K. Tokumasa, M. Kobatake and T. Asao Journal of Applied Horticulture vol.:11 No.:1 54-55頁 学術雑誌 2009年 キーワード:clinker ash, cutting, propagation, rabbiteye blueberry, rooting
21. 「Electrodegradation of root exudates to mitigate autotoxicity in hydroponically grown strawberry plants.」 Toshiki Asao, Hiroaki Kitazawa, Takuya Ban, M.H.R. Pramanik HortScience vol.:43 No.:7 2034-2038頁 学術論文 2008年 キーワード:autotoxicity, benzoic acid, electrodegradationhydroponics, strawberry環境
22. 「2,4-D and NAA supplementation mitigates autotoxicity of strawberry in hydroponis.」 Kitazawa, H., T. Asao, T. Ban, Y. Hashimoto and T. Hosoki Journal of Applied Horticulture vol.:9 No.:1 26-30頁 学術論文 2007年 キーワード:Autotoxicity, 2,4-D, hydroponics, NAA, strawberry環境
23. 「Amelioration of autotoxic soil constrains to lettuce and mat-rush growths by activated charcoals.」 Asao, T., Kitazawa, H., Motoki, S., Hashimoto, Y. and Ban, T. Environment control in biology vol.:45 No.:1 33-38頁 学術論文 2007年 ISSN:1880554X キーワード:allelopathy, autotoxicity, continuous cropping, lettuce, mat-rush
24. 「Autotoxicity in some ornamentals with means to overcome it.」 Asao, T., Kitazawa, H., Ushio, K., Sueda, Y., Ban, T. and Pramanik, M.H.R. HortScience vol.:42 No.:6 1346-1350頁 学術論文 2007年 キーワード:Autotoxicity, Hydroponics, Ornamentals Root exudates環境
25. 「Autotoxicity of root exudates from strawberry in hydroponic culture.」 Kitazawa, H., *Asao, T., Ban, T., Pramanik, M. H. R. and Hosoki, T. Jouranl of Horticultural Science & Biotechnology vol.:80 No.:690-0823 677-680頁 学術論文 2005年
26. 「Effect of different nutrient levels on anthocyanin and nitrate-N contents in turnip grown in hydroponics.」 Asao, T., Kitazawa, H., Washizu, K., Ban, T. and Pramanik, M. H. R. Journal of Applied Horticulture vol.:7 No.:2 87-89頁 学術論文 2005年
27. 「Mitigation of cucumber autotoxicity in hydroponics culture using microbial strain.」 Asao, T., Kitazawa, H., Tomita, K., Suyama, K., Yamamoto, H., Hosoki, T and Pramanik, M.H.R., Scientia Horticulturae vol.:99 207-214頁 学術論文 2004年
28. 「Serach of autotoxic substances in some leaf vegetables.」 Asao, T., Kitazawa, H., Ban, T., Pramanik, M. H. R.., Matsui, Y and Hosoki, T., Journal of the Japanese Society of Horticultural Science vol.:73 No.:3 247-249頁 学術論文 2004年 ISSN:00137626

Icn 01報告書

1. 島根大学生物資源科学部ミッション研究課題報告書2015,低カリウムメロンによる地域活性化への取り組み 浅尾俊樹 5頁 島根大学,地域 2016年 キーワード:低カリウムメロン
2. 松江市特産農産物(黒田セリおよびボタン)に関する研究.島根大学生物資源科学部ミッション研究課題成果報告書 浅尾俊樹 12-13頁 自治体等 2014年

Icn 01発表等

1. 「Recovery of auto toxicity in lettuce by electro-degradation」 kaTalker, M. R., M. Asaduzzaman, H. Tanaka and T. Asao 園芸学会平成30年度秋季大会 2018年 キーワード:lettuce, auto toxicity, electro-degradation
2. 「Autotoxicity recovery in strawberry by different LED light power and Glutamic acid application under heat stress condition.」 Md. Talukder MR, Yasunaga A, Asaduzzaman M, Tanaka H, Asao T, 園芸学会平成28年度秋季大会 2016年 キーワード:auto toxicity, strawberry, LED, Glu
3. 「サクラ切り花における低温処理期間が早期開花に及ぼす影響」 田中秀幸・小数賀仁也・広瀬佳彦・Mondal Md. Fuad・Hafiz Md. Hafizur Rahman・浅尾俊樹 園芸学会平成27年度秋季大会 2015年
4. 「Effect of amino acids on the growth and flowering of Eustoma grandiflorum in perlite substrate with roots dry matter. 」 Mondal, Md. Fuad, E. kinoshita, H. Tanaka and T. Asao. 園芸学会平成26年度秋季大会 2014年
5. 「Production of low potassium content melon fruits through quantitative management of nutrient solution potassium in soilless hydroponics using perlite substrate」 Asaduzzaman Md., Y. Kobayashi, Md. Fuad Mondal, K. Isogami, M. Tokura, M. Ueno and T. Asao 園芸学会平成25年度秋季大会 2013年
6. 「Production of low potassium content strawberry through adjusting calcium nitrate in the culture solution under fluorescence light」 Mondal Md. Fuad, Y. Kobayashi, Y. Takubo, Md. Asaduzzaman and T. Asao 園芸学会平成25年度秋季大会 2013年
7. 「Effects of low potassium nitrate concentrations in nutrient solution on the growth and fruit quality of strawberry under florescence light.」 Asaduzzaman Md., Md. Fuad Mondal, Y. Kobayashi, K. Isogami, M. Tokura and T. Asao 園芸学会平成24年春季大会 2012年
8. 「Effects of nutrient solution lacking potassium nitrate on the growth and fruit quality of melon.」 Md.Asaduzzaman, Md. Fuad Mondal, Y. Kobayashi, K. Isogami, M. Tokura and T. Asao 園芸学会平成24年度秋季大会 2012年
9. 「Effects of some amino acids on the growth of strawberry plantlets under in vitro condition.」 Mondal Md. Fuad, Md. Asaduzzaman, Y. Kobayashi and T. Asao 園芸学会平成24年度春季大会 2012年
10. 「The growth and yield recovery in strawberry by amino acids in Wagner's pot hydroponic system」 Md. Fuad Mondal, Md. Asaduzzaman, Y. Kobayashi and T. Asao 園芸学会平成24年度秋季大会 2012年
11. 「低カリウムイチゴ生産における品種間差異」 小林裕太郎・立花和幸・Md. Asaduzzaman・Md. Fuad Mondal・磯上憲一・土倉まゆみ・浅尾俊樹 園芸学会平成24年度秋季大会 2012年
12. 「Effect of light quality and amino acids application on the growth of Eustoma seedlings」 Mondal Md. Fuad, Y. Kobayashi, Md. Asaduzzaman and T. Asao 園芸学会平成23年度秋季大会 2011年
13. 「Effects of low potassium nitrate concentrations in nutrient solution on the growth and fruit quality of melon.」 Asaduzzaman Md., Y. Kobayashi, Md. Fuad Mondal, K. Isogami, M. Tokura and T. Asao 園芸学会平成23年度秋季大会 2011年
14. 「培養液中の硝酸カリウム濃度低下が水耕イチゴの生育および果実品質に及ぼす影響」 小林裕太郎・立花和幸・Md. Asaduzzaman・Md. Fuad Mondal・浅尾俊樹 園芸学会平成23年度秋季大会 2011年
15. 「Effects of electro-degradation on the growth of strawberry.」 Asaduzzaman Md, Y. Kono and T. Asao 平成22年度園芸学会春季大会 2010年 キーワード:電気分解、イチゴ、自家中毒
16. 「培養土における鹿沼土の混合比率がブルーベリー挿し木苗の根茎発達に及ぼす影響」 伴 琢也・串崎可奈恵・足立文彦・小林伸雄・浅尾俊樹 平成22年度園芸学会春季大会 2010年 キーワード:ブルーベリー、鹿沼土、挿し木
17. 「培養土への籾殻の添加がブルーベリー挿し木苗の根茎発達におよぼす影響」 伴 琢也・串崎可奈恵・武田久男・石橋美保子・小林伸雄・足立文彦・浅尾俊樹 平成21年度園芸学会秋季大会 2009年 キーワード:ブルーベリー、培養土、根茎
18. 「Effects of some amino acids on the growth of prairie-gentian seedlings.」 Asaduzzaman, M., G. Suzuki, T. Ban and T. Asao 園芸学会平成21年度春季大会 2008年 キーワード:アミノ酸,トルコギキョウ,養液栽培,自家中毒環境
19. 「数種アミノ酸がイチゴの自家中毒に及ぼす影響」 浅尾俊樹・北澤裕明・吉永真一郎・長安卓也・伴琢也 園芸学会平成20年度春季大会 2008年 キーワード:アミノ酸,イチゴ,養液栽培,自家中毒環境
20. 「Supplement of 2,4-D and NAA mitigates Autotoxicity of Strawberry in Hydroponics」 Kitazawa, H., Asa0, T., Ban,T., Hosoki,T. 27th International Horticultural Congress 2006年
21. 「プロリン施与がキュウリの生育および収量に及ぼす影響」 浅尾俊樹・竹内誠・宮沢由紀・北澤裕明・伴琢也・細木高志 園芸学会平成18年度秋季大会 2006年
22. 「残根がアスパラガスの生育に及ぼす影響.」 北澤裕明,浅尾俊樹,伴 琢也,元木 悟,吉村俊弘 園学雑75別1 2006年
23. 「培養土への石炭灰(クリンカーアッシュ)の添加がブルーベリーの挿し木の発根におよぼす影響」 伴 琢也,北澤裕明,松本真悟,徳政賢治,浅尾俊樹 園学雑75別1 2006年
24. 「水耕イチゴの培養液中の活性炭に吸着されたアレロパシー物質の同定と同定物質が幼苗の生育に及ぼす影響」 北澤裕明,浅尾俊樹,鷲津和彦,八幡敏啓,細木高志,M. H. R. Pramanik 園芸学会平成16年度春季大会 2004年

Icn 01委員会・学会役員等

1. 園芸学会 中四国支部会評議員 2011年~ 2013年
2. 日本生物環境工学会 評議員 2011年~ 2013年
3. 園芸学会中四国支部会 評議員 2019年~ 2021年

Icn 01学術雑誌の編集

1. 園芸学研究 委員

Icn 01学術雑誌の査読

1. Advances in Plants & Agriculture Research
2. African Journal of Agricultural Resarch
3. African Journal of Agricultural Research
4. African Journal of Plant Science publisher:academic Journals
5. Agricultural Research
6. Journal of Agricultural Engineering and Biotechnology
7. Journal of the American Society fro Horticultural Science
8. Journal of the American Society fro Horticultural Science
9. Journal of the American Society fro Horticultural Science
10. Scientia Horticulturae
11. The Journal of Food, Agriculture and Environment
12. African Journal of Biotechnology
13. HortScience
14. HortScience
15. Scientia Horticulturae
16. Scientia Horticulturae
17. Turkish journal of agriculture and forestry
18. Acta Physiologiae Plantarum
19. 園芸学研究

Icn 01学会・シンポジウム等の主催

1. 平成30年度園芸学会中四国支部会 実行委員長等 2018年 野菜、花、果樹
2. 世界のトルコギキョウ生産の現状(サカタのタネ(株)、久保田氏) 実行委員長等,座長・司会 2014年 トルコギキョウ
3. 園芸学会平成24年度中四国支部会 座長・司会 2012年
4. 園芸学会 座長・司会 2008年
5. 園芸学会平成20年度春季大会(平成20年3月28日) 座長・司会 2007年
6. 第61回日本養液栽培研究会島根大会 実行委員長等 2007年 園芸学
7. 第61回日本養液栽培研究会島根大会「安全・安心な養液栽培に向けて」 座長・司会 2007年
8. 園芸学会 座長・司会 2006年
9. 園芸学会 座長・司会 2005年

Icn 01COC事業などの島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 5/19,20、岩手県盛岡市で行われた「2018年度全国腎臓病協議会全国大会」において低カリウムメロン「しまね夢メロン」の研究紹介を行った。
2. 7月10日(火)、松江市医師会館で行われた松江地域糖尿病対策会議で、低カリウムメロン「しまね夢メロン」を紹介し、試食していただいた。人工透析患者は糖尿病が原因である場合が近年増えているため、大変興味を持っていただけた。
3. 6/3,岡山市のきらめきプラザで行われた「第15回岡山県腎臓病協議会通常総会・大会」で低カリウムメロン「しまね夢メロン」の研究紹介を行った。
4. 平成30年度戦略的機能強化推進経費(雲州人参産地再生プロジェクト、山陰地域における高付加価値農産物生産による地域創生)により、雲州人参と低カリウムメロンの研究に取り組み、地域活性化の一助とした。また、その成果報告書を2/21にポスター発表した。
5. 12/15,しまね大交流会(くにびきメッセ)で低カリウムメロン、植物工場でのレタス、ワサビ等の研究成果を紹介した。島根県知事も来場され、研究紹介を行った。
6. 東京ビッグサイトにてフードシステムソリューション2017(9/13〜15)およびメディケアフーズ2018(1/24~1/25)が開催され、地元企業との共同研究で進めている低カリウムメロンについて展示、試食、研究発表を行った。また、その説明会に出席した。多くの来場者からの低カリウムメロンに対する意見・感想があり、今後の研究に大いに参考となった。
7. 平成29年度戦略的機能強化推進経費(雲州人参産地再生プロジェクト、山陰地域における高付加価値農産物生産による地域創生)により、雲州人参と低カリウムメロンの研究に取り組み、地域活性化の一助とした。
8. 平成29年度戦略的機能強化推進経費により、生物資源科学部の教育・地域貢献シーズ集および研究シーズ集を作成し、10/14には2017中山間フェアinいいなんに学部として参加し、2/23には学部セミナーおよび島根県食品工業研究会との交流会を開催し、学部の地域貢献に繋がる研究紹介と地元企業との交流を図った。
9. 12/14〜16に東京ビッグサイトにてアグリビジネス創出フェアが開催され、地元企業との共同研究で進めている低カリウムメロンについて展示、試食、研究発表を行った。また、その説明会に出席した。多くの来場者からの低カリウムメロンに対する意見・感想があり、今後の研究に大いに参考となった。
10. 2016年6月22日、教授会の前に島根県農技センターよりセンター長及び職員より、島根県の農業の現状と課題について講演をしていただき、今後の島根大学との研究協力、共同研究のきっかけ作りを行った。本取り組みの企画・運営を行った。
11. 平成28年度地域志向教育研究経費(生物資源科学部の研究シーズによる島根県地域活性化)により、生物資源科学部の教育・地域貢献シーズ集および研究シーズ集を作成し、2/24には島根県民会館において「島根大学生物資源科学部・研究シーズによる地域活性化と人材育成、地域企業とのコラバ」を開催し、学部の地域貢献につながる研究紹介と地元企業との交流を図った。
12. 平成28年度戦略的機能強化推進経費(雲州人参産地再生プロジェクト、山陰地域における高付加価値農産物生産による地域創生)により、雲州人参と低カリウムメロンの研究に取り組み、地域活性化の一助とした。
13. 平成27年度戦略的機能強化推進経費「山陰地域における高付加価値農産物生産による地方創生」で,松江市における伝統作物(牡丹,津田カブ,黒田セリ,雲州人参など)の実情とその可能性について検討した。
14. 7/28〜29にかけて、隠岐の島(隠岐の島町および海士町)に学部ミッションの取り組みについて説明と今後の取り組みについて話し合いに行きました。
15. 「島根県産葉ワサビによる県西部地域の産業振興と地域活性化」をテーマに益田市のワサビ産地にあるワサビ種苗センターから島根県産ワサビの苗を購入し、人工光型植物工場に適した品種比較を行った。辛味成分であるシニグリン濃度を測定し、新たな用途など、地域貢献できる取り組みを学生研究においても行う事により、地域に向けた研究について学生自身に意識付けを行った。