Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

矢野 彰三(ヤノ シヨウゾウ) YANO Shozo

お問い合わせ

Icn 01所属部署

医学部 医学科 准教授

Icn 01所属講座

臨床検査医学講座 

Icn 01専門分野

内科学一般(含心身医学)

Icn 01専門分野キーワード

内科学 内分泌代謝・腎臓内科

Icn 01研究テーマ

尿毒素物質による慢性腎臓病・心血管病の進展機序の解明と治療への応用
腎不全において生体に蓄積しかつ有害作用を持つ物質を総称して尿毒素(Uremic Toxin)と呼称し、ヨーロッパのグループを中心に尿毒素物質の同定・分類が進行している。近年、慢性腎臓病(CKD) 患者は心血管病発症および総死亡リスクが高く、CKDステージが進行するほどハイリスクであることが明らかとなった。この理由は不明であるが、一つの可能性として、CKDが進行するにつれて尿毒素の蓄積が増加し、生体への有害性が増大してくることが挙げられる。逆に積極的な尿毒素物質の除去はCKD患者の透析導入を遅らせ、透析患者の生活の質(QOL)を改善する。大規模な比較試験はないものの透析時間が長いほど生命予後が良好であることも示されている。本研究では、尿毒素物質の有害性とそのメカニズムを細胞レベルで明らかにすることによって、将来のCKD治療戦略の一端を担う治療法の確立を最終目的とする。
研究分野:腎臓内科学,内分泌学,代謝学 (個人研究) 2008年 ~

Icn 01出身学校

神戸大学 大学 (医学部) 1993年 (卒業)

Icn 01出身大学院

神戸大学 博士 (医学系研究科 ) 2001年 (修了)

Icn 01取得学位

博士(医学)  神戸大学