Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

江角 智也(エスミ トモヤ) ESUMI Tomoya

お問い合わせ

Icn 01所属部署

生物資源科学部 農林生産学科 准教授

Icn 01論文

1. 「Cherry production in Afghanistan」 M.T. Mohtasebzada, T. Esumi ISHS Acta Horticulturae vol.:1235 149-153頁 シンポジウム公式記録 2019年 2月
2. 「Effect of Packaging Films on Extending the Quality of ‘Saijo’ Persimmon Fruit During Cold Storage」 KRAMCHOTE Somsak, NAKATSUKA Akira, ESUMI Tomoya, ITAMURA Hiroyuki 日本食品保蔵科学会誌 vol.:45 No.:1 25-31頁 2019年 1月
3. 「Physiological changes in sweet cherry fruit in response to physical damage」 A.G. Sediqi, S. Kramchote, H. Itamura, T. Esumi ISHS Acta Horticulturae vol.:1235 495-501頁 シンポジウム公式記録 2019年 2月
4. 「Search for sweet cherry (Prunus avium L.) cultivars suitable for warm climate in the southwestern region of Japan」 H. Itamura, T. Esumi, S. Kramchote, N. Yasuda ISHS Acta Horticulturae vol.:1235 279-282頁 シンポジウム公式記録 2019年 2月
5. 「15. Recombinant expression, purification, and characterization of polyphenol oxidase 2 (VvPPO2) from “Shine Muscat” (Vitis labruscana Bailey × Vitis vinifera L.)」 Katayama-Ikegami A, Suehiro Y, Katayama T, Jindo K, Itamura H, Esumi T Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry vol.:81 No.:12 全:9頁 2330-2338頁 2017年 9月
6. 「Skin Browning and Expression of PPO, STS, and CHS Genes in the Grape Berries of ‘Shine Muscat’」 Yuka Suehiro, Keisuke Mochida, Hiroyuki Itamura, Tomoya Esumi Journal of the Japanese Society for Horticultural Science vol.:83 No.:2 全:11頁 122_132頁 学術雑誌 2014年 ISSN:18823351 キーワード: berry maturation, gene expression, physiological disorder, polyphenols
7. 「Skin browning and expression of PPO, STS, and CHS genes in the grape berries of ‘Shine Muscat’」 Suehiro, Y., Mochida, K., Itamura H. and Esumi, T. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science vol.:83 No.:2 全:11頁 122-132頁 学術雑誌 2014年
8. 「The Arabidopsis intracellular Na+/H+ antiporters NHX5 and NHX6 are endosome associated and necessary for plant growth and development」 E. Bassil, M. Ohto, T. Esumi, H. Tajima, Z. Zhu, O. Cagnac, M. Belmonte, Z. Peleg, T. Yamaguchi, E. Blumwald The Plant Cell vol.:23 全:15頁 224-239頁 学術雑誌 2011年
9. 「Identification of a TFL1 ortholog in Japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.)」 Tomoya Esumi, Yuto Kitamura, Chiya Hagihara, Hisayo Yamane, Ryutaro Tao Scientia Horticulturae vol.:125 全:8頁 608-616頁 学術雑誌 2010年

Icn 01報告書

1. 島根県の特産果樹類の生理機能探索と品種改良 江角智也 vol.:2015 56-56頁 生物資源科学部ミッション課題成果報告書 2016年 3月
2. 島根のアズキブランド構築のための生態学・育種学・栽培学からの研究開発-大学発の品種育成に向けた大納言アズキ系統の変異個体集団の作成- 江角智也 全:2頁 島根大学生物資源科学部ミッション研究課題成果 2015年
3. 島根県の特産果樹類(西条柿・ブドウ・イチジク)の生理機能探索と品種改良 江角智也 全:2頁 島根大学生物資源科学部ミッション研究課題成果 2015年
4. 倍数性変異を利用した新たなカキ品種の開発 江角 智也 門脇 正行 vol.:15 全:2頁 62-63頁 島根大学生物資源科学部研究報告 2010年 ISSN:13433644

Icn 01発表等

1. 「Dynamic epigenetic flexibility underlies somaclonal sex conversions in hexaploid persimmon tree」 Kanae Masuda, Takashi Akagi, Tomoya Esumi, Ryutaro Tao 日本植物生理学会年会 2019年
2. 「カキ‘西条’における枝変わり雄花着生にはエピゲノムの揺らぎが関与する」 増田佳苗,赤木剛,江角智也,田尾龍太郎 園芸学会春季大会 2019年
3. 「サクラ「ソメイヨシノ」の全ゲノム配列の解読」 白澤健太,江角智也,平川英樹,田中秀幸,板井章浩,Ghelfi Andrea,長崎英樹,磯部洋子 園芸学会春季大会 2019年
4. 「ブドウ’デラウェア’および突然変異系統のゲノムリシークエンス」 渋谷知暉,白澤健太,栂野康行,江角智也,松本敏一 園芸学会春季大会 2019年
5. 「植物ホルモン処理がブドウ‘シャインマスカット’果実の味覚に及ぼす影響」 末廣優加,江角智也,三輪由佳,谷本秀夫 園芸学会春季大会 2019年
6. 「輸出に向けたSCS(スーパークーリングシステム)によるカキ‘西条’および‘太天’の長期貯蔵の可能性」 板村裕之,中務明,江角智也,倉橋孝夫,大畑和也,三島晶太,小山未来,薬師寺博,山﨑安津,大野三規,森真弓,飯塚修治,常松靖行,西尾一俊 園芸学会春季大会 2019年
7. 「‘シャインマスカット’の果皮褐変障害に関わるポリフェノールオキシダーゼ(VvPPO2)の酵素活性」 江角智也, 松本一希, 末廣優加, 末廣優加, 板村裕之, 神藤和史, 片山高嶺, 片山高嶺, 片山(池上)礼子 園芸学会秋季大会 2018年
8. 「カキ‘西条’果実の貯蔵性に関連する遺伝子の検索と収穫前果実への全身獲得抵抗性誘導処理の効果」 アラム エムディ モーシェッド, 本多学,橋本尚, ソムサック クラムチョート,板村裕之,中務明,江角智也 園芸学会中四国支部研究発表会 2018年
9. 「突然変異育種による色や形の変わった特産アズキの開発」 江角智也, 中村美里, 宇治川直輝, 吉本匠美, 城惣吉, 小林和広, 門脇正行 超異分野学会益田フォーラム2018 2018年
10. 「Analysis of polyphenol biosynthesis-related genes and polyphenol oxidase genes in yellow-green-skin table grapes」 Esumi, T., Suehiro, Y., Mochida, K., and Itamura, H. 11th International Conference on Grapevine Breeding and Genetics 2014年
11. 「Development and flowering-related gene expressions in inflorescence and peduncles in Japanese flowering-cherries」 Esumi, T., Yoshibayashi, R., Suehiro, Y., and Itamura, H. 7th International Rosaceae Genomics Conference 2014年
12. 「末廣優加・持田圭介・板村裕之・江角智也」 植物成長調節剤がブドウ‘シャインマスカット’果粒の成熟生理およびポリフェノール生合成経路関連遺伝子の発現に及ぼす影響 園芸学会平成26年度春季大会 2014年
13. 「GENETIC RESOURCE OF JAPANESE FLOWERING CHERRY “SAKURA” IN SHIMANE UNIVERSITY, AN USEFUL COLLECTION FOR POST-GENOMIC RESEARCHES IN PRUNUS SPECIES」 Tomoya Esumi, Masayoshi Mochida, Hisao Takeda, Tohru Kobata, Takashi Hosoki, Toshiki Asao 5th International Rosaceae Genomics Conference 2010年
14. 「カキ‘西条’系統の植物体再分化における系統間差異」 江角智也 村田可奈子 南奈々瑛 中務明 板村裕之 園芸学会平成22年度秋季大会 2010年

Icn 01学術雑誌の査読

1. Plant Molecular Biology
2. Plant Science
3. Scientia Horticulturae
4. The Horticulture Journal
5. Plant Science
6. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science

Icn 01学会・シンポジウム等の主催

1. 第8回国際オウトウシンポジウム 役員 2017年

Icn 01学術賞受賞

1. 園芸学会奨励賞 江角智也 バラ科果樹の花芽形成および花序形態形成に関する研究 一般社団法人園芸学会 2018年 果樹 花芽形成

Icn 01COC事業などの島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 六次産業化プロジェクトセンターによる出雲市宍道湖西岸地区の大規模土地改良事業への協力.小豆の産地化に向けた産官学連携.研究検査の受託を受けた.また,島根県のシーズ育成事業でも小豆の研究に関して受託を受けた.
2. 地域志向教育研究経費による稗原マルシェ(出雲市)への協力.研究への展開を踏まえた地域ニーズ把握を行った.
3. 稗原マルシェ(出雲市稗原地区における農産市)および農家レストランへの企画運営協力.連動企画としておこなったコンニャク栽培,製造からの,地域資源の発掘.学生(1年生中心)への初年次教育としての地域との連携活動,課題発掘活動となった(地域志向教育研究経費).
4. アズキ品種開発という地元ニーズに応える(地域志向の)研究教育のひとつをカリキュラムの一部に組み込むことができた.研究学術的な知見を活かせるDNAマーカーを用いた作物の選抜育種は,効率的な品種改良の方法と考えられるが,一方で多量のDNAの分析にマンパワーを必要とし,個別の教員研究や卒業研究などで実施するのには困難がある.初年度は,DNAマーカー選抜による品種改良が行える体制を学生実験の中で組み上げていくことで,実習を通じた育種学や遺伝学への理解の深化と地域志向へ意識付け,同時に大学発の品種開発にもつなげていくための最初のステップを試行的に実施できた.今後,改善を図りつつ毎年継続してこの取り組みを実施していく必要がある.