Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

金崎 春彦(カナサキ ハルヒコ) KANASAKI Haruhiko

お問い合わせ

Icn 01所属部署

医学部附属病院 准教授

Icn 01論文

1. 「 Kisspeptin induces expression of gonadotropin-releasing hormone receptor in GnRH-producing GT1-7 cells overexpressing G protein-coupled receptor 54」 Sukhbaatar U, Kanasaki H, Mijiddorj T, Oride A, Miyazaki K Gen Comp Endocrinol vol.:194 94-101頁 2013年
2. 「Circulating Kisspeptin and Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide (PACAP) do not Correlate with Gonadotropins Serum Levels.」 Kanasaki H, Purwana IN, Aki Oride, Mijiddorj, U. Sukhbaatar, Miyazaki K Gynecological Endocrinology vol.:29 587-597頁 2013年
3. 「Circulating kisspeptin and pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) do not correlate with gonadotropins serum levels」 Kanasaki H, Purwana IN, Aki Oride, Mijiddorj, U. Sukhbaatar, Miyazaki K Gynecol Endocrinol vol.:29 583-587頁 2013年
4. 「Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) increases expression of the gonadotropin-releasing hormone (GnRH) receptor in GnRH-producing GT1-7 cells overexpressiong PACAP type I receptor」 Kanasaki H, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Oride A, Miyazaki K Gen Comp Endocrinol vol.:193 95-102頁 2013年
5. 「Possible Role of PACAP and its PAC1 Receptor in the Differential Regulation of Pituitary LHβ- and FSHβ-subunit Gene Expression by Pulsatile GnRH Stimulation」 Kanasaki H, Purwana IN, Miyazaki K. Biology of Reproduction vol.:88 1-5頁 2013年
6. 「Possible role of PACAP and its PAC1 receptor in the differential regulation of pituitary LH- and FSH- subunit gene expression by pulsatile GnRH stimulation」 Kanasaki H, Purwana IN, Miyazaki K Biol Reprod vol.:88 全:5頁 1-5頁 2013年
7. 「Prolonged stimulation with thyrotropin-releasing hormone and pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide desensitize their receptor functions in prolactin-producing GH3 cells」 Mijiddorj T, Kanasaki H, Unurjargal S, Oride A, Purwana IN, and Miyazaki K Mol Cell Endocrinol vol.:365 139-145頁 2013年
8. 「Successful pregnancy after the treatment of primary amenorrhea in a patient with non-classical congenital adrenal hyperplasia: a case report」 Purwana IN, Kanasaki H, Oride A and Miyazaki K J Obstet Gynaecol Res vol.:39 全:4頁 406-409頁 2013年
9. 「Successful pregnancy after the treatment of primary amenorrhea in a patient with non-classical congenital adrenal hyperplasia: a case report. 」 Purwana IN, Kanasaki H, Oride A and Miyazaki K The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research vol.:39 406-409頁 2013年
10. 「Therapeutic process of gynecological pelvic abscess-Retrospective review of 20 Cases」 Oride A, Kanasaki H, Miyazaki K Surg Sci vol.:4 202-209頁 2013年
11. 「 Role of Neurokinin B and Dynorphin A in pituitary gonadotroph and somatolactotroph cell lines」 Tselmeg Mijiddorj, Haruhiko Kanasaki, Indri N Purwana, Aki Oride, Unurjargar Sukhbaatar and Kohji Miyazaki Endocrine journal vol.:59 No.:7 631-640頁 学術雑誌 2012年
12. 「Effects of Estradiol and Progesterone on Gonadotropin LHβ- and FSHβ-subunit Promoter Activities in Gonadotroph LβT2 cells.」 Kanasaki H, Purwana IN, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Oride A, Miyazaki K. Neuroendocrinology Letters vol.:33 608-613頁 2012年
13. 「Effects of estradiol and progesterone on prolactin transcriptional activity in somatolactotrophic cells」 Tselmeg Mijiddorj, Haruhiko Kanasaki, Indri Purwana, Unurjargar Sukhbaatar, Aki Oride and Kohji Miyazaki Endocrine journal vol.:59 867-879頁 学術雑誌 2012年
14. 「Evaluation of Immediate Laparoscopic Surgery for Gynecologic Disorders. 」 Kanasaki H, Oride A, Nakayama K, Miyazaki K Gynecological Surgery vol.:9 112-115頁 2012年
15. 「Extracellular Signal-Regulated Kinase Activation and Mitogen-Activated Protein Kinase Phosphatase 1 induction by Pulsatile Gonadotropin-Releasing Hormone in Pituitary Gonadotrophs」 Kanasaki H, Purwana IN, Oride A, Mijiddorj T Miyazaki K Journal of Signal Transduction vol.:2012 1-7頁 2012年
16. 「Extracellular Signal-Regulated Kinase Activation and Mitogen-Activated Protein Kinase Phosphatase 1 induction by Pulsatile gonadotropin-Releasing Hormone in Pituitary Gonadotrophs.」 Kanasaki H, Purwana IN, Oride A, Mijiddorj T, Miyazaki K ournal of Signal Transduction No.:2012 1-7頁 2012年
17. 「Laparoscopic surgery in elderly patients aged 65 years and older with gynecologic disease.」 Kanasaki H, Oride A, Miyazaki K. ISRN Obstetrics and Gynecology published online 2012 2012年
18. 「Popularization of tension-free vaginal mesh surgery for the treatment of pelvic organ prolapse in Japan: A retrospective review of the first 50 procedures performed by a gynecologist. 」 Kanasaki H, Oride A, Miyazaki K International Journal of Surgery vol.:10 578-580頁 2012年
19. 「Prolonged Stimulation with Thyrotropin-Releasing Hormone and Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide Desensitize their Receptor Functions in Prolactin-Producing GH3 Cells」 Mijiddorj T, Kanasaki H, Unurjargal S, Oride A, Purwana IN, and Miyazaki K. Molecular and Cellular Endocrinology vol.:365 139-145頁 2012年
20. 「Therapeutic Process of Gynecological Pelvic Abscess-Retrospective Review of 20 Cases.」 Oride A, Kanasaki H, Miyazaki K. Surgical Science vol.:4 202-209頁 2012年
21. 「専門医教育プログラム1 無月経」 金﨑春彦 日本産科婦人科学会雑誌 vol.:64 No.:8 1807-1811頁 2012年
22. 「特集 何がわかる?CT&MRI「子宮、卵巣、生殖器」」 金崎春彦、折出亜希、宮崎康二 診断と治療 vol.:4 589-594頁 2012年
23. 「Dopamine D2 receptor expression and regulation of gonadotropin a-subunit gene in clonal gonadotroph LT2 cells」 Mutiara S, Kanasaki H, Harada T, Miyazaki K Molecular and Cellular Endocrinology vol.:259 22-29頁 学術論文 2006年
24. 「Expression and activation of mitogen-activated protein kinase in the human endometrium during the menstrual cycle」 Ozaki T, Takahashi K, Kanasaki H, MiyazakinK American Journal of Obstetrics and Gynecology vol.:195 No.:5 1340-1350頁 学術論文 2006年
25. 「パルス状GnRH刺激によるゴナドトロピン発現調節」 金崎春彦、宮崎康二、Ursula B Kaiser 日本臨床 vol.:64 No.:4 141-148頁 総説 2006年
26. 「骨盤内腫瘍の長期経過観察中にCA125の急上昇を伴うMeigs症候群を発症した一例」 石橋雅子、金崎春彦、中山健太郎、真鍋 敦、宮崎康二 日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌 vol.:55 No.:3 43-47頁 報告 2006年
27. 「女性診療科外来「機能性子宮出血」」 金崎春彦、宮崎康二 臨床婦人科産科 vol.:16 No.:4 477-481頁 その他 2006年
28. 「常位胎盤早期剥離後にSheehan症候群を発症した1例」 折出亜希、金崎春彦、山上育子、真鍋 敦、宮崎康二 産婦人科の実際 vol.:55 No.:12 0-0頁 報告 2006年
29. 「A novel mouse model of hypogonadotrophic hypogonadism; ENU-induced gonadotrophin releasing hormone receptor gene mutation」 Pask AJ, Kanasaki H, Kaiser UB, Conn PM, Janovick JA, Stockton DW, Hess DL. Justice MJ, Behringer RR Molecular Endocrionology vol.:19 No.:4 972-981頁 学術論文 2005年
30. 「Expression of type I interferon receptor and interferon-induced Mx protein in human endometrium during the menstrual cycle」 Ozaki T, Takahashi K, Kanasaki H, Iida K, Miazaki K Fertility and Sterility vol.:83 163-170頁 学術論文 2005年
31. 「GnRH pulse frequency-dependent activation of ERK pathways in perifused LBT2 cells」 Kanasaki H, Bedecarrats GY, Kam KY, Xu S, Kaiser UB Endocrinology vol.:146 5503-5513頁 学術論文 2005年
32. 「Influence of Ovarian Cystectomy on the ovulatory function of the residual ovary」 Takahashi K, Ozaki T , Kanasaki H, Miyazaki K European Journal of Obstetrics and Gynecology Reproductive Biology vol.:121 No.:2 191-194頁 学術論文 2005年
33. 「重症卵巣過剰刺激症候群に対する胸・腹水濾過濃縮再静注法」 金崎春彦,上田敏子,宮崎康二 臨床婦人科産科 vol.:59 50-55頁 学術論文 2005年
34. 「不妊治療中に発見された乳癌の1症例 早期発見におけるマンモグラフィーの有用性」 石橋雅子,高橋健太郎,金崎春彦,宮崎康二 産科と婦人科 vol.:6 No.:113 805-頁 学術論文 2005年
35. 「Altered Kinetics of pituitary Response to Gonadotropin-Releasing Hormone in Women with Variant Luteinizing Hormone: Correlation with Ovulatory Disorders」 Takahashi K, Karino K, Kanasaki H, Miyazaki K Hormone research vol.:61 27-32頁 学術論文 2004年
36. 「Differential activation of the luteinizing hormone beta-subunit promoter by activin and gonadotropin-releasing hormone: a role for the mitogen-activated protein kinase signaling pathway in LBT2 gonadotrophs」 Yamada Y, Yamamoto H, Yonehara T, Kanasaki H, Nakanishi H, Miyamoto E, Miyazaki K Biology of Reproduction vol.:70 236-243頁 学術論文 2004年
37. 「GnRHR mutations in a woman with idiopathic hypogonadotropichypogonadism, highlight the differential sensitivity of luteinizing hormone and follicle-stimulating hormone to gonadotropin-releasing hormone」 Meysing AU, Kanasaki H, Bedecarrats GY, Acierno JS Jr, Conn PM, Martin KA, Seminara SB, Hall JE, Crowley WF Jr, KaiserUB Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism vol.:89 No.:7 3189-3198頁 学術論文 2004年

Icn 01発表等

1. 「65歳以上の高齢者に対する腹腔鏡手術の検討」 折出亜希、金﨑春彦、石橋朋佳、石川雅子、片桐 浩、片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮崎康二 平成24年度第二回島根産婦人科学会 2012年
2. 「65歳以上の高齢者に対する腹腔鏡手術の検討」 金﨑春彦、折出亜希、中山健太郎、宮崎康二 第52回日本産科婦人科内視鏡学会 2012年
3. 「Circulating kisspeptin and pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide do not correlate with gonadotropin serum levels.」 Haruhiko Kanasaki, Aki Oride, Tselmeg Mijiddorj, Unurjargar Sukhbaatar, Kohji Miyazaki 2nd World Conferance Kisspeptin, 2012年
4. 「Expression of the pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) type 1 receptor (PAC1R) potentiates the effects of GnRH on gonadotropin subunit gene expression」 Haruhiko Kanasaki, Aki Oride, Indri Purwana, Tselmeg Mijiddorj, Unurjargal Sukhbaatar, Kohji Miyazaki The Endocrine Society’s 94th annual meeting 2012年
5. 「GnRHによるゴナドトロピン発現はPACAP typeI受容体の存在により増強される」 金崎春彦、折出亜希、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、宮崎康二 第17回日本生殖内分泌学会 2012年
6. 「GnRH産生ニューロンにおけるキスペプチンによるGnRH受容体発現について」 折出亜希、金崎春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、宮崎康二 第17回日本生殖内分泌学会 2012年
7. 「Neurokinin B, Dynorphin Aの下垂体ゴナドトローフ及びラクトトローフへの作用について」 金崎春彦、折出亜希、宮崎康二 第85回日本内分泌学会学術総会 2012年
8. 「Polypoid adenomyosisから発生したPEComaのまれな1例」 石橋朋佳、中山健太郎、片桐 浩、石原とも子、今村加代、石川雅子、片桐敦子、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 平成24年度島根産科婦人科学会総会 2012年
9. 「Possible involvement of PACAP and PACAP type 1 receptor in GnRH-induced FSH-subunit gene expression.」 Aki Oride, Haruhiko Kanasaki, Indri Purwana, Tselmeg Mijiddorj, Unurjargal Sukhbaatar, Kohji Miyazaki The Endocrine Society’s 94th annual meeting 2012年
10. 「hMG単独刺激とクロミフェン併用刺激の比較」 折出亜希、金崎春彦、宮崎康二 第48回中国四国生殖医学会学術講演会 2012年
11. 「「無月経」」 金崎春彦 第64回日本産科婦人科学会学術講演会、専攻医教育プログラム 2012年
12. 「「卵巣明細胞腺癌において新規癌抑制遺伝子ARID1Aの発現消失は早期再発、化学療法抵抗性に関連する」」 片桐敦子、中山健太郎、片桐浩、石川雅子、石橋朋佳、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
13. 「『下垂体ゴナドトローフ及びラクトトローフにおけるNeurokinin B、Dynorphin Aの作用について』」 ミジドルジ ツェルメグ、金崎春彦、折出亜希、スクバッタル ウヌルジャルガル、宮崎康二 第27回日本下垂体研究会学術集会 2012年
14. 「『妊娠17週のIUFDに子宮内掻爬術施行後、子宮裂傷を認めた1例~その2~』」 青木昭和、石橋朋佳、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、今村加代、片桐敦子、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二 平成24年度 第1回島根産科婦人科学会学術集会島根県産婦人科医会研修会若手産科医師研修会 2012年
15. 「『卵巣癌における新規転写制御因子NAC1発現の臨床的、分子生物学的意義』」 石川雅子、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
16. 「ヒト末梢キスペプチン濃度の検討」 折出亜希、金崎春彦、宮崎康二 第85回日本内分泌学会学術総会 2012年
17. 「ヒト末梢血におけるキスペプチン及びPACAP濃度の検討」 折出亜希、金崎春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、石橋朋佳、片桐 浩、石川雅子、片桐敦子、今村加代、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮崎康二 第65回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2012年
18. 「ヒト末梢血におけるゴナドトロピン値とキスペプチン濃度の検討」 折出亜希、金崎春彦、堀内あさみ、太田浩子、宮崎康二 第57回日本生殖医学会学術講演会 2012年
19. 「下垂体ゴナドトローフ及びラクトトローフに対するNeurokinin B,Dynorphin Aの作用について」 金崎春彦、ミジドルジ ツェルメグ、折出亜希、石川雅子、今村加代、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
20. 「下垂体プロラクチン産生細胞に対するエストロゲン、プロゲステロンの効果について」 ミジドルジ ツェルメグ、金崎春彦、折出亜希、石川雅子、今村加代、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
21. 「過多月経に対するマイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)の治療成績」 石橋朋佳、中山健太郎、石川雅子、片桐浩、 片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第35回日本産婦人科手術学会 2012年
22. 「過多月経に対するマイクロ派子宮内膜アブレーション(MEA)の治療成績」 石橋朋佳、中山健太郎、石川雅子、片桐 浩、片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第65回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2012年
23. 「過多月経に対する外科治療について~マイクロ波子宮内膜アブレーションMEA(microwave endometrial ablation)導入後の検討~」 石橋朋佳、中山健太郎、石川雅子、片桐浩、片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
24. 「左横隔膜ヘルニアを合併した胎児左内胸動脈由来肺分画症の1例」 青木昭和、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、片桐敦子、今村加代、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二、日高庸博、石井桂介、光田信明 第48回日本周産期新生児医学会学術集会 2012年
25. 「再発卵巣癌に対するリポゾーマルドキソルビシン(PLD)、カルボプラチン(CBDCA)併用療法の検討」 片桐浩、中山健太郎、石橋朋佳、片桐敦子、石川雅子、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
26. 「子宮頸癌における上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)の遺伝子増幅の臨床病理学、生物学的意義』」 飯田幸司、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、石川雅子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
27. 「出生前診断した胎児卵巣嚢腫の2例」 今村加代、青木昭和、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、片桐敦子、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二 第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 2012年
28. 「新規癌関連遺伝子NAC-1の機能ドメイン解析」 中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、飯田幸司、今村加代、石川雅子、石原とも子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
29. 「体外受精におけるhMG単独刺激とクロミフェン併用刺激との比較」 折出亜希、金崎春彦、石橋朋佳、石原とも子、片桐浩、片桐敦子、今村加代、石川雅子、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
30. 「胎児における食道と気管・気管支の同時描出の試み」 青木昭和、石橋朋佳、石原とも子、片桐浩、今村加代、石川雅子、片桐敦子、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
31. 「腹腔鏡レトラクションシステムの使用経験」 折出亜希、金崎春彦、中山健太郎、宮崎康二 第52回日本産科婦人科内視鏡学会 2012年
32. 「羊水腔内に浮遊性高輝度エコー像を認め、児が異なる予後を示した2症例」 山上育子、青木昭和、石橋朋佳、片桐 浩、石原とも子、石川雅子、片桐敦子、今村加代、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二 第65回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2012年
33. 「PI3キナーゼによるゴナドトロピンサブユニット制御について」 金崎春彦、サンドラ・ムティアラ、折出亜希、原田 崇、宮崎康 第11回日本生殖内分泌学会学術集会 2006年
34. 「PI3キナーゼによるゴナドトロピンサブユニットの調節」 金崎春彦、Sandra Mutiara、原田 崇、宮崎康二 第58回日本産科婦人科学会学術講演会 2006年
35. 「TJ療法が著効した膣癌の一例」 折出亜希、角田育子、西村淳一、紀 美和、金崎春彦、真鍋 敦、宮崎康二 第58回日本産科婦人科学会学術講演会 2006年
36. 「ドーパミンアゴニストの下垂体ゴナドトロピン産生細胞に対する直接作用について」 金崎春彦、サンドラ・ムティアラ、折出亜希、原田 崇、宮崎康二 第14回中四国GnRH研究会 2006年
37. 「パルス状GnRH刺激によるERK活性化反応について」 金崎春彦、Sandra Mutiara、原田 崇、宮崎康二 第79回日本内分泌学会学術集会 2006年
38. 「寄生虫感染が疑われた肝腫瘤の1例」 金崎春彦、真鍋 敦、宮崎康二 第46回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2006年
39. 「数のリンパ節転移を認めたIa1期子宮頸癌の一症例」 紀 美和、金崎春彦、山田曜子、西村淳一、真鍋 敦、宮崎康二 第58回日本産科婦人科学会学術講演会 2006年
40. 「Idiopathic Hypogonadotropic Hypogonadism(IHH)患者における変異GnRH受容体の解析」 金崎春彦, 宮﨑康二, Kaiser Ursula B 第78回日本内分泌学会学術総会 2005年
41. 「Idiopathic Hypogonadotropic Hypogonadism(IHH)患者における変異GnRH受容体の解析」 金崎春彦, 宮﨑康二, Ursula B Kaiser 島根内分泌代謝研究会 2005年
42. 「LßT2細胞におけるLHとFSHの遺伝子発現へのCキナーゼの関与」 山田曜子, 金崎春彦, 宮﨑康二, 山本秀幸 第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年
43. 「TJ療法で長期生存可能となったIV期子宮頚部腺癌の一例」 紀 美和, 山上育子, 平野開士, 西村淳一, 折出亜希, 原田 崇, 前出喜信, 山田曜子, 金崎春彦, 真鍋 敦, 宮﨑康二 第13回島根県悪性腫瘍研究会 2005年
44. 「TJ療法で長期生存可能となった4期子宮頚部腺癌の1例」 紀美和,金崎春彦,真鍋敦,宮崎康二 第43回日本癌治療学会総会 2005年
45. 「パルス状GnRH刺激の頻度依存症ゴナドトロピン遺伝子発現調節機構に関する検討」 金崎春彦 第58回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会 2005年
46. 「下垂体LßT2細胞におけるPACAP刺激によるゴナドトロピンプロモーター活性化に関する検討」 原田 崇, 金崎春彦, サンドラ・ムティアラ, 宮﨑康二 第78回日本内分泌学会学術総会 2005年
47. 「下垂体LβT2細胞におけるPACAP刺激によるゴナドトロピンプロモーター活性化に関する検討」 原田 崇, 金崎春彦, サンドラ・ムティアラ, 宮﨑康二:原田 崇, 金崎春彦, サンドラ・ムティアラ, 宮﨑康二 第58回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会 2005年
48. 「下垂体gonadotropin産生細胞におけるパルス状GnRH刺激によるERK活性化反応について」 金崎春彦, 宮﨑康二, Kaiser Ursula B 第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年
49. 「下垂体ゴナドトロピン産生細胞におけるドーパミンD2受容体のゴナドトロピンサブユニット発言調節に関する検討」 ムティアラ・サンドラ, 金崎春彦, 原田 崇, 宮﨑康二 第78回日本内分泌学会学術総会 2005年
50. 「鑑別診断が極めて困難であった骨盤内腫瘤.」 石橋雅子, 金崎春彦, 佐藤敦子, 宮﨑康二 第57回日本産科婦人科学会学術講演会 2005年
51. 「出生後早期に診断可能であったガートナー管嚢胞の1症例.」 前出喜信, 永石美和, 山田曜子, 原田 崇, 坪倉かおり, 折出亜希, 角田育子, 金崎春彦, 真鍋 敦, 宮﨑康二, 久守孝司 第58回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会 2005年
52. 「胎胞膨隆で母体搬送された2症例について」 片桐浩,折出亜希,紀美和,前出喜信,山田曜子,金崎春彦,真鍋敦,宮崎康二 平成17年度西部地区日本産科婦人科学会島根地方部会学術集会 2005年
53. 「著明な脈管侵襲とリンパ節移転を認めたIaI期子宮頸癌の1症」 金崎春彦,紀美和,真鍋敦,宮崎康二 第43回日本癌治療学会総会 2005年
54. 「不妊症診療における最近の話題」 金崎春彦 平成17年度西部地区日本産科婦人科学会島根地方部会学術集会 2005年
55. 「変異GnRH受容体の解析」 金崎春彦, 宮﨑康二, Ursula B Kaiser 第13回GnRH研究会 2005年
56. 「卵巣原発骨肉腫の一例」 西村淳一, 紀 美和, 山田曜子, 金崎春彦, 真鍋 敦, 宮﨑康二, 並河 徹 第13回島根県悪性腫瘍研究会 2005年
57. 「卵巣原発肉腫の一例」 真鍋 敦, 永石美和, 山田曜子, 金崎春彦, 宮﨑康二 第58回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会 2005年
58. 「GnRHによるLHとFSHの遺伝子発現調節」 山田曜子,金崎春彦,宮﨑康二, 山本秀幸 第12回中四国GnRH研究会 2004年
59. 「MRIが診断に有効であった膀胱平滑筋腫の一例」 石橋雅子,金崎春彦,佐藤敦子,宮﨑康二 平成16年度第2回日本産科婦人科学会島根地方部会学術講演会 2004年
60. 「Virchowリンパ節転移・水腎症より明らかとなった原発性卵巣癌の1症例」 西村淳一,石橋雅子,金崎春彦,秦 幸吉,宮﨑康二 第57回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会 2004年
61. 「Wegner肉芽腫症合併妊娠の一症例」 永石美和,石橋雅子,山田曜子,前出喜信,金崎春彦,真鍋 敦,秦 幸吉,宮﨑康二 第57回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会 2004年
62. 「下垂体LβT2細胞に於けるGnRH刺激パターンの違いによるERK活性化反応について」 金崎春彦,Usula Kaiser,Gregoy Bedecarrats, 宮﨑康二 第77回日本内分泌学会学術総会 2004年
63. 「視床下部GnRHと下垂体ゴナドトロピン産生メカニズムについて」 金崎春彦 松江圏産婦人科医会 2004年
64. 「前置血管が疑われた辺縁前置胎盤の1例」 青木昭和,前出喜信,金崎春彦,真鍋 敦,宮﨑康二 平成16年度第2回日本産科婦人科学会島根地方部会学術講演会 2004年
65. 「島根大学医学部産科婦人科における過去10年間の婦人科腹腔鏡手術統計」 金崎春彦,高橋健太郎,宮﨑康二 第44回日本産科婦人科内視鏡学会総会ならびに学術講演会 2004年
66. 「当科に於ける過去10年間の婦人科内視鏡下手術について」 金崎春彦,高橋健太郎,宮﨑康二 第4回山陰産科婦人科内視鏡研究会 2004年
67. 「妊娠25週, preterm PROMにて生児を得た1症例」 前出喜信,真鍋 敦,金崎春彦,石橋雅子,宮﨑康二,四本由郁,山口 清 平成16年度日本産科婦人科学会島根地方部会学術講演会 2004年