Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

石川 雅子(イシカワ マサコ) ISHIKAWA Masako

お問い合わせ

Icn 01所属部署

医学部附属病院 助教

Icn 01論文

1. 「High frequency of POLE mutations in synchronous endometrial and ovarian carcinoma.」 Ishikawa M, Nakayama K, Nakamura K, Ono R, Yamashita H, Ishibashi T, Minamoto T, Iida K, Razia S, Ishikawa N, Kyo S. Hum Pathol. vol.:85 全:9頁 92-100頁 学術雑誌 2019年 3月
2. 「Ishikawa M, Nakayama K, Nakamura K, Ono R, Sanuki K, Yamashita H, Ishibashi T, Minamoto T, Iida K, Razia S, Ishikawa N, Kyo S.」 Ishikawa M, Nakayama K, Nakamura K, Ono R, Sanuki K, Yamashita H, Ishibashi T, Minamoto T, Iida K, Razia S, Ishikawa N, Kyo S. Oncotarget vol.:19 全:10頁 14754頁 2018年 2月
3. 「8. Case series of cerebral infarction with Trousseau's syndrome associated with malignant gynecological tumors.」 Ishikawa M, Nakayama K, Ishibashi T, Sato E, Nakamura K, Katagiri H, Kyo S. MolClinOncol. vol.:5 No.:1 全:5頁 138-142頁 2016年 5月
4. 「CCNE1 amplification is associated with aggressive potential in endometrioid endometrial carcinomas.」 Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Nakamura K, Ishikawa M, Katagiri H, Sato E, Ishibashi T, Iida K, Ishikawa N, Kyo S. ClinExpObstet Gynecol. vol.:48 No.:2 全:11頁 506-516頁 2016年
5. 「Efficacy of microwave ablation for the treatment of endometrial carcinoma: A report of 3 cases.」 Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Ishibashi T, Sato E, Amano C, Kyo S. Oncol Lett. vol.:11 No.:5 全:3頁 3025-3027頁 2016年
6. 「High pretreatment plasma D-dimer levels are related to shorter overall survival in endometrial carcinoma.」 Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Minamoto T, Ishibashi T, Ishikawa N, Sato E, Sanuki K, Yamashita H, Komatsu-Fujii T, Kyo S. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. vol.:201 全:5頁 89-93頁 2016年
7. 「 Loss of autophagy-related protein Beclin 1 may define poor prognosis in ovarian clear cell carcinomas.」 Katagiri H, Nakayama K, Razia S, Nakamura K, Sato E, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Ishikawa N, Otsuki Y, Nakayama S, Kyo S. Int J Oncol. vol.:47 No.:6 全:8頁 2037-2044頁 学術雑誌 2015年
8. 「56) Efficacy of multiple microwave endometrial ablation technique for menorrhagia resulting from adenomyosis.」 Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Sato E, Asakawa Y, Kyo S. J ObstetGynaecol Res. vol.:41 全:4頁 1769-1772頁 2015年
9. 「A case with life-threatening uterine bleeding due to postmenopausal uterine arteriovenous malformation.」 Sato E, Nakayama K, Nakamura K, Ishikawa M, Katagiri H, Kyo S. BMC Womens Health vol.:15 No.:10 全:5頁 学術雑誌 2015年 キーワード:Postmenopausal woman, Massive vaginal bleeding, Hysterectomy, Uterine arteriovenous malformation, Uterine artery embolization
10. 「Nerve-sparing abdominal radical trachelectomy: a novel concept to preserve uterine branches of pelvic nerves.」 Kyo S, Mizumoto Y, Takakura M, Nakamura M, Sato E, Katagiri H, Ishikawa M, Nakayama K, Fujiwara H. Eur J ObstetGynecolReprod Biol. vol.:193 全:5頁 5-9頁 2015年
11. 「 A case of stage IIIc ovarian clear cell carcinoma: the role for predictive biomarkers and targeted therapies.」 Rahman M, Nakayama K, Ishibashi T, Ishikawa M, Rahman MT, Katagiri H, Katagiri A, Iida K, Kikuchi Y, Miyazaki K. Int. J. Mol. Sci., vol.:14 6067-6076頁 2013年
12. 「The rare case of PEComa arose from polypoid adenomyoma. 」 Ishibashi T, Nakayama K, Nakayama N, Katagiri H, Ishikawa M, Miyazaki K Eur J Gynaecol Oncol vol.:34 104-106頁 2013年
13. 「過多月経に対するマイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA : microwave endometrial 」 中山 健太郎、石橋朋佳、石川雅子、片桐敦子、片桐 浩、宮崎康二 Journal of Microwave Surgery  vol.:31 11-16頁 2013年
14. 「 KRAS and MAPK1 gene amplification in type II ovarian carcinomas. 」 Rahman MT, Nakayama K, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Sato E, Iida K, Nakayama N,Ishikawa N, Miyazaki K Int. J. Mol. Sci vol.:84 13748-13742頁 2012年
15. 「 Notch3 overexpression as potential therapeutic target in advanced stage chemoresistant ovarian cancer. 」 Rahman MT, Nakayama K, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Nakayama S, Otsuki S, Miyazaki K Am J Clin Pathol vol.:138 535-544頁 2012年
16. 「 Sister Mary Joseph's nodule associated with rare endometrial squamous cell carcinoma.」 Rahman MT, Nakayama K, Rahman M, Nakayama N, Ishikawa M, Katagiri A, Katagiri H, Ishibashi T, Iida K, Miyazaki K. Arch Gynecol Obstet vol.:286 711-715頁 2012年
17. 「Biological and clinical significance of NAC1 expression in cervical carcinomas: A comparative study between squamous cell carcinomas and adenocarcinomas/adenosquamous carcinomas.」 Yeasmin S, Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Ishikawa M, IidaK, NakayamaN, Otsuki Y, Kobayashi H, Nakayama S, Miyazaki K Human Pathol vol.:43 506-519頁 2012年
18. 「Clinicopathologic and biological analysis of PIK3CA mutation in ovarian clear cell carcinoma. 」 Rahman M, Nakayama K, Rahman MT, Nakayama N, Ishikawa M, Katagiri A, Iida K, Nakayama S, Otsuki Y, Shih IeM, Miyazaki K Human Pathol vol.:43 2197-2206頁 2012年
19. 「Clinicopathological analysis of loss of AT-rich interactive domain 1A expression in endometrial cancer. 」 Rahman M, Nakayama K, Rahman MT, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Miyazaki K. Human Pathol vol.:44 103-109頁 2012年
20. 「Fatty Acid Synthase Is a Potential Therapeutic Target in Estrogen Receptor-/Progesterone Receptor-Positive Endometrioid Endometrial Cancer. 」 Rahman MT, Nakayama K, Ishikawa M, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Iida K, Miyazaki K Oncology vol.: 84 166-173頁 2012年
21. 「Fatty acid synthase expression associated with NAC1 is a potential therapeutic target in ovarian clear cell carcinomas. 」 Rahman MT, Nakayama K, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Nakayama N, Otsuki Y, Nakayama S, Miyazaki K Br J Cancer vol.: 107 300-307頁 2012年
22. 「Frequent loss of tumor suppressor ARID1A protein expression in adenocarcinomas/adenosquamous carcinomas of the uterine cervix. 」 Katagiri A, Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Katagiri H, Ishikawa M, Ishibashi T, Iida K, Otsuki Y, Nakayama S, Miyazaki K Int J Gynecol Cancer vol.:22 208-212頁 2012年
23. 「Gene amplification of ZNF217 located at chr20q13.2 is associated with lymph node metastasis in ovarian clear cell carcinoma. 」 Rahman MT, Nakayama K, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Nakayama N, Otsuki Y, Nakayama S, Miyazaki K. Anticancer Res vol.:32 309-315頁 2012年
24. 「Is ATP7B a predictive marker in patients with ovarian carcinoma treated with platinum-taxane combination chemotherapy? 」 Katagiri H, Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Nakayama S, Otsuki Y, Miyazaki K. Int J Gynecol Cancer vol.: 23 60-64頁 2012年
25. 「Loss of ARID1A expression is related to shorter progression-free survival and chemoresistance in ovarian clear cell carcinoma.」 Atsuko Katagiri, Kentaro Nakayama, Mohammed Tanjimur Rahman, Munmun Rahman, Hiroshi Katagiri, Naomi Nakayama, Masako Ishikawa, Tomoka Ishibashi, Kouji Iida, Hiroshi Kobayashi, Yoshiro Otsuki, Satoru Nakayama and Kohji Miyazaki Modern Pathology vol.:25 282-288頁 2012年
26. 「NAC1, a BTB/POZ Protein overexpressed in uterine sarcomas. 」 Rahman MT, Nakayama K, Ishikawa M, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Iida K, Yamada T, Miyazaki K Anticancer Res vol.:32 3841-3845頁 2012年
27. 「PPP2R1A mutation is a rare event in ovarian carcinoma across histological subtypes. 」 Rahman M, Nakayama K, Rahman MT, Nakayama N, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Ishikawa M, Iida K, Otsuki Y, Nakayama S, Miyazaki K arcinoma across histological subtypes. vol.:33 113-118頁 2012年
28. 「Prognostic and therapeutic impact of the chromosome 20q13.2 ZNF217 locus amplification in ovarian clear cell carcinoma.」 Rahman MT, Nakayama K, Rahman M, Nakayama N, Ishikawa M, Katagiri A, Iida K, Nakayama S, Otsuki Y, Shih IeM, Miyazaki K Cancer vol.:118 2846-2857頁 2012年
29. 「Uterine leiomyosarcoma producing granulocyte colony stimulating factor」 Nakayama K, Nakayama N, Rahman MT, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishikawa M, Ishibashi Int J Gynecol Pathol. vol.:31 172-177頁 2012年
30. 「重症慢性骨盤内膿瘍の治療経験」 石川雅子、中山健太郎、石橋朋佳、片桐 浩、片桐 敦子、宮崎康二 産婦人科の実際  vol.:61 1381-1388頁 2012年
31. 「術前、術中の大量子宮出血に対するMEA(Microwave endometrial ablation)の止血効果の検討」 中山 健太郎、石橋朋佳、片桐 浩、片桐敦子、石川雅子、宮崎康二 Journal of Microwave Surgery vol.:30 67-70頁 2012年
32. 「当科における過多月経に対するマイクロ波子宮内膜アブレーションMEA(Microwave 」 中山健太郎、石橋朋佳、石川雅子、片桐敦子、片桐 浩、宮崎康二 産婦人科の実際 vol.:62 235-239頁 2012年
33. 「二つの異なった化学療法後の化学放射線同時併用療法により著効が得られた子宮頸癌Ⅳb期の1例 」 石川雅子、中山健太郎、Mohammed Tanjimur Rahman、 Munmun Rahman、片桐敦子、片桐 浩、石橋朋佳、飯田幸司、宮崎康二 癌と化学療法 vol.:39 451-455頁 2012年

Icn 01発表等

1. 「子宮頸癌低侵襲手術における再発様式の検討」 石川雅子、中山健太郎、澤田希代加、中村秋穂、吉村由紀、 小野瑠璃子、中村康平、石橋朋佳、京哲 第41回日本産婦人科手術学会学術講演会 2019年
2. 「HPV陽性子宮頸部腺癌は免疫チェックポイント阻害薬が有効となり得る」 石川雅子、中山健太郎、笹森博貴、小野瑠璃子、佐貫薫、山下瞳、中村康平、石橋朋佳、皆本敏子、スルタナラジア、飯田幸司、京哲  第70回日本産科婦人科学会学術講演会 2018年
3. 「腹腔鏡下広汎子宮全摘術とロボット支援広汎子宮全摘術の治療成績と再発様式」 石川雅子、中山健太郎、澤田希代加、中村秋穂、吉村由紀、 小野瑠璃子、中村康平、石橋朋佳、京哲 第58回日本産科婦人科内視鏡学会 2018年
4. 「初代培養、cell sorting systemで抽出したDNAを用いた子宮内膜症関連卵巣癌の遺伝子解析」 石川雅子、中山健太郎、佐貫薫、山下瞳、佐藤絵美、中村康平、 片桐浩、片桐敦子、スルタナラジア、飯田幸司、皆本敏子、京哲 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2017年
5. 「中国四国地区における将来を見据えた    産婦人科医師の人材確保について」 愛媛大学藤岡 徹、 岡山大学 鎌田 泰彦、 香川大学金西 賢治 、川崎医科大学 村田 卓也 、高知大学泉谷 知明、島根大学石川 雅子 、徳島大学 加藤 剛志、 鳥取大学佐藤 慎也、 広島大学田中 教文 、山口大学竹谷 俊明 第70回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2017年
6. 「腹腔鏡下広汎子宮全摘術と ロボット支援広汎子宮全摘術の治療成績と膀胱子宮靭帯処理における手技の工夫」 石川雅子、中山健太郎、笹森博貴、小野瑠璃子、 山下瞳、佐貫薫、中村康平、石橋朋佳、皆本敏子、京哲 第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2017年
7. 「卵巣癌・子宮内膜癌 共存症例における遺伝子変異の検討」 石川雅子、中山健太郎、笹森博貴、小野瑠璃子、 佐貫薫、山下瞳、中村康平、石橋朋佳、皆本敏子、 スルタナラジア、飯田幸司、京 哲 第回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017年
8. 「卵巣癌・子宮内膜癌 同時発症症例における遺伝子変異の検討」 石川雅子、中山健太郎、小野瑠璃子、佐貫薫、山下瞳、中村康平、石橋朋佳、皆本敏子、スルタナラジア、飯田幸司、京 哲     第69回日本産科婦人科学会学術講演会 2017年
9. 「   Liquid microdissection で抽出したDNAを用いた   卵巣類内膜癌・明細胞癌の発癌機構についての検討」 石川雅子、中山健太郎、佐貫薫、山下瞳、佐藤絵美、中村康平、 片桐浩、片桐敦子、スルタナラジア、飯田幸司、皆本敏子、京哲 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016年
10. 「ロボット支援手術の現状について  」 石川雅子、中山健太郎、小野瑠璃子、佐貫 薫、山下 瞳、中村康平、石橋朋佳、皆本敏子、 京 哲 第56回日本産科婦人科学会学術講演会 2016年
11. 「初代培養、cell sorting systemで抽出したDNAを用いた 子宮内膜症関連卵巣癌の遺伝子解析」 石川雅子、中山健太郎 、佐貫薫、山下瞳、 佐藤絵美、中村康平、石橋朋佳、片桐浩、片桐敦子 、 飯田幸司 、 Razia Sultana、皆本敏子、京 哲 第37回日本エンドメトリオーシス研究会 2016年
12. 「High-grade serous ovarian cancer 3 years after bilateral salpingectomy: a case report」 Masako Ishikawa , Kentaro Nakayama, Emi Satoh, Kohei Nakamura, Hiroshi Katagiri, Atsuko Katagiri, Kouji Iida, Aki Oride, Haruhiko Kanasaki ,Satoru Kyo 第74回癌学会学術講演会 2015年
13. 「石川雅子、中山健太郎、佐藤絵美、中村康平、片桐浩、片桐敦子、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、京 哲 」 両側卵管切除後3年でHigh-grade 漿液性腺癌を発症した1例 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2015年
14. 「両側卵管切除後3年でHigh-grade 漿液性腺癌を発症した1例」 石川雅子、中山健太郎、佐藤絵美、中村康平、片桐浩、片桐敦子、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、京 哲 第67回日本産科婦人科学会学術集会 2015年
15. 「Placental site trophoblastic tumor(PSTT)との鑑別診断に難渋した過大着床部の1例」 石川雅子、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、京 哲 第22回日本胎盤学会学術集、第32回日本絨毛性疾患研究会 2014年
16. 「65歳以上の高齢者に対する腹腔鏡手術の検討」 折出亜希、金﨑春彦、石橋朋佳、石川雅子、片桐 浩、片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮崎康二 平成24年度第二回島根産婦人科学会 2012年
17. 「Polypoid adenomyosisから発生したPEComaのまれな1例」 石橋朋佳、中山健太郎、片桐 浩、石原とも子、今村加代、石川雅子、片桐敦子、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 平成24年度島根産科婦人科学会総会 2012年
18. 「マイクロ波による過多月経の切らない治療MEAについて~MEAの術後にみられる症状と治療成績について~」 中山健太郎、石橋朋佳、石川雅子、片桐 浩、片桐敦子、宮﨑康二 第31回Microwave Surgery研究会 市民公開講座 2012年
19. 「下垂体ゴナドトローフ及びラクトトローフに対するNeurokinin B,Dynorphin Aの作用について」 金崎春彦、ミジドルジ ツェルメグ、折出亜希、石川雅子、今村加代、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
20. 「下垂体プロラクチン産生細胞に対するエストロゲン、プロゲステロンの効果について」 ミジドルジ ツェルメグ、金崎春彦、折出亜希、石川雅子、今村加代、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
21. 「過多月経に対するマイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)の治療成績」 石橋朋佳、中山健太郎、石川雅子、片桐浩、 片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第35回日本産婦人科手術学会 2012年
22. 「過多月経に対するマイクロ派子宮内膜アブレーション(MEA)の治療成績」 石橋朋佳、中山健太郎、石川雅子、片桐 浩、片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第65回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2012年
23. 「過多月経に対する外科治療について~マイクロ波子宮内膜アブレーションMEA(microwave endometrial ablation)導入後の検討~」 石橋朋佳、中山健太郎、石川雅子、片桐浩、片桐敦子、石原とも子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
24. 「左横隔膜ヘルニアを合併した胎児左内胸動脈由来肺分画症の1例」 青木昭和、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、片桐敦子、今村加代、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二、日高庸博、石井桂介、光田信明 日本周産期新生児学会 2012年
25. 「再発卵巣癌に対するリポゾーマルドキソルビシン(PLD)、カルボプラチン(CBDCA)併用療法の検討」 片桐浩、中山健太郎、石橋朋佳、片桐敦子、石川雅子、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
26. 「子宮頸癌における上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)の遺伝子増幅の臨床病理学、生物学的意義」 飯田幸司、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、石川雅子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
27. 「出生前診断した胎児卵巣嚢腫の2例」 今村加代、青木昭和、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、片桐敦子、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二 第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 2012年
28. 「新規癌関連遺伝子NAC-1の機能ドメイン解析」 中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、飯田幸司、今村加代、石川雅子、石原とも子、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
29. 「折出亜希、金崎春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、石橋朋佳、片桐 浩、石川雅子、片桐敦子、今村加代、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮崎康二」 ヒト末梢血におけるキスペプチン及びPACAP濃度の検討 第65回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2012年
30. 「体外受精におけるhMG単独刺激とクロミフェン併用刺激との比較」 折出亜希、金崎春彦、石橋朋佳、石原とも子、片桐浩、片桐敦子、今村加代、石川雅子、山上育子、中山健太郎、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
31. 「胎児における食道と気管・気管支の同時描出の試み」 青木昭和、石橋朋佳、石原とも子、片桐浩、今村加代、石川雅子、片桐敦子、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
32. 「妊娠17週のIUFDに子宮内掻爬術施行後、子宮裂傷を認めた1例~その2~」 青木昭和、石橋朋佳、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、今村加代、片桐敦子、山上育子、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二 平成24年度 第1回島根産科婦人科学会学術集会島根県産婦人科医会研修会若手産科医師研修会 2012年
33. 「婦人科領域に発見された悪性リンパ腫の3例」 石橋朋佳、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石川雅子、飯田幸司、宮﨑康二 第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012年
34. 「羊水腔内に浮遊性高輝度エコー像を認め、児が異なる予後を示した2症例」 山上育子、青木昭和、石橋朋佳、片桐 浩、石原とも子、石川雅子、片桐敦子、今村加代、折出亜希、中山健太郎、金崎春彦、宮崎康二 第65回中国四国産科婦人科学会学術講演会 2012年
35. 「卵巣癌における新規転写制御因子NAC1発現の臨床的、分子生物学的意義」 石川雅子、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、石橋朋佳、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮﨑康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
36. 「卵巣明細胞腺癌において新規癌抑制遺伝子ARID1Aの発現消失は早期再発、化学療法抵抗性に関連する」 片桐敦子、中山健太郎、片桐浩、石川雅子、石橋朋佳、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、折出亜希、金崎春彦、青木昭和、宮崎康二 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012年
37. 「卵巣明細胞腺癌において新規癌抑制遺伝子ARID1Aの発現消失は早期再発、化学療法抵抗性に関連する」 片桐敦子、中山健太郎、石橋朋佳、片桐浩、石川雅子、Mohammed Tanjimur Rahman、Munmun Rahman、飯田幸司、宮﨑康二 第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012年

Icn 01学術雑誌の査読

1. 日本婦人科腫瘍学会雑誌

Icn 01学会・シンポジウム等の主催

1. 第17回参院内視鏡研究会
2. 第65回中国四国産科婦人科学会 その他 2012年
3. 日本婦人科がん分子標的研究会学術集会 役員 2011年