検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

一戸 俊義(イチノヘ トシヨシ) ICHINOHE Toshiyoshi

お問い合わせ

所属部署

生物資源科学部 農林生産学科 教授

著書

1. 中国農村における持続可能な地域づくり-中国西部学術ネットワークからの報告- (今井出版 2017) ISBN:9784866110 キーワード:中国西部、寧夏回族自治区
2. ヒツジの栄養,シリーズ(家畜の科学)ヒツジの科学, (朝倉書店 2015) ISBN:9784254455052
3. 日本飼養標準乳牛(2006年版) 3章養分要求量(Ⅱ) 3.1水分要求量 (中央畜産会,東京 2007) ISBN:9784901311441 キーワード:家畜生産システム環境

論文

1. 「Effects of the diet inclusion of common vetch hay versus alfalfa hay on the body weight gain, nitrogen utilization efficiency, energy balance, and enteric methane emissions of crossbred Simmental cattle」 Wuchen Du, Fujiang Hou, Atsushi Tsunekawa, Nobuyuki Kobayashi, Toshiyoshi Ichinohe and Fei Peng Animals vol.:9 全:18頁 983-1001頁 学術雑誌 2019年 11月
2. 「Appropriate level of alfalfa hay in diets for rearing Simmental crossbred calves in dryland China」 Nobuyuki Kobayashi, Fujiang Hou, Atsushi Tsunekawa, Xianjiang Chen, Tianhai Yan, and Toshiyoshi Ichinohe Asian-Australasian Journal of Animal Sciences vol.:31 No.:12 全:9頁 1881-1889頁 学術雑誌 2018年 12月 キーワード:alfalfa, substitution, feeding trial, economic benefit, dryland, China
3. 「集落営農放牧の組織化過程と運営体制に関する考察」 井上憲一・一戸俊義・千田雅之 食農資源経済論集 vol.:69 No.:2 全:11頁 13-23頁 学術雑誌 2018年 10月 キーワード:集落営農放牧、肉用牛繁殖農家、組織化過程、運営体制
4. 「Effects of substituting alfalfa hay for concentrate on energy utilization and feeding cost of crossbred Simmental male calves in Gansu Province, China. 」 Kobayashi, N., Hou, F., Tsunekawa, A., Chen, X., Yan, T. and Ichinohe, T. Grassland Science vol.:63 No.:1 全:10頁 245-254頁 学術雑誌 2017年 4月 キーワード:Alfalfa hay, beef cattle, China, dryland, energy metabolism
5. 「Bioavailability of rumen protozoan selenium fed to mice using tissue uptake technique.」 Fujihara, T and Ichinohe T. Bulletin on the Faculty of Life and Environmental Science vol.:17 全:5頁 3-7頁 大学・研究所等紀要 2012年 ISSN:13433644
6. 「In vitro assessment of ruminal fermentation characteristics of tropical browse mixtures supplemented with yeast.」 Wambui, C. C.,Ando, S.,Abdulrazak, S. A., Osuga, I. M. and Ichinohe, T. Grassland Science vol.:58 No.:1 全:5頁 53-57頁 学術雑誌 2012年 ISSN:17446961 キーワード:Browse mixtures, in vitro digestion, yeast supplementation.
7. 「メンヨウにおけるアンモニア処理飼料イネサイレージ風乾物の飼料価値.」 一戸俊義・宋 相憲 日本緬羊研究会誌 vol.:49 No.:1 全:7頁 10-16頁 学術雑誌 2012年 ISSN:03891305
8. 「寧夏回族自治区塩池県において灘羊繁殖雌に給与される夏期飼料の飼料価値」 一戸俊義・閻 宏・宋 乃平 日本緬羊研究会誌 vol.:48 No.:1 全:6頁 7-12頁 学術雑誌 2011年
9. 「維持レベル飼養下における代謝タンパク質の変動供給が成メンヨウの窒素出納に及ぼす影響」 丸山敬弘・花房尚徳・一戸俊義 日本緬羊研究会誌 vol.:46 No.:1 全:7頁 5-11頁 学術雑誌 2010年
10. 「Effect of flow parameters of rumen digesta on effective degradability and microbial yield in sheep.」 Ichinohe, T. and Fujihara, T. Animal Science Journal vol.:80 No.:2 全:11頁 387-397頁 学術雑誌 2009年
11. 「Adaptive changes in microbial synthesis and nitrogen balance with progressing dietary feeding period in sheep fed diets differing in their ruminal degradation synchronicity between nitrogen and organic matter.」 Ichinohe, T. and Fujihara, T. Animal Science Journal vol.:79 No.:3 582-589頁 学術論文 2008年 ISSN:13443941
12. 「Evaluation of chemical composition and in vitro gas production of browses collected from Tanzania.」 Mtui, D. J., Shem, M. N., Lekule, F. P. Ichinohe, T. and Fujihara, T. Journal of Food, Agriculture and Environment vol.:6 No.:2 191-195頁 学術論文 2008年 ISSN:14590255
13. 「Evaluation of nutritive values and palatability by goats and sheep of selected browse foliages from semi-arid area of Kenya.」 Osuga, I. M., Wambui, C. C., Abdulrazak, S. A., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Animal Science Journal vol.:79 No.:5 582-589頁 学術論文 2008年 ISSN:13443941
14. 「Quantification and characterisation of condensed tannin of selected indigenous browse tree species leaves of north-western Tanzania.」 Rubanza, C. D. K., Shem, M. N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Journal of Food, Agriculture and Environment vol.:6 No.:2 145-149頁 学術論文 2008年 ISSN:14590255
15. 「Utilization of natural feed resources by goats in smallholding farming system in Bangladesh.」 Alam, R. M., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Bulletin of Life and Environmental Science, Shimane University vol.:13 25-30頁 総説 2008年 ISSN:13433644
16. 「反芻胃内分解同調の差異がメンヨウの窒素利用に及ぼす影響」 一戸俊義・齋藤慎哉・藤原 勉 日本緬羊研究会誌 vol.:45 1-7頁 学術論文 2008年 ISSN:03891305
17. 「Effects of Acacia nilotica, A. polyacantha and Leucaena leucocephala leaf meal supplementation on performance of small East African goats fed native pasture hay basal forages.」 Rubanza, C. D. K., Shem, M. N., Bakengesa, S. S., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Small Ruminant Research vol.:70 No.:July 165-173頁 学術論文 2007年 キーワード:飼料
18. 「Potential nutritive value and tannin bioassay of selected Acacia Species from Kenya.」 Osuga, I. M., Maindi, C. N., Abdulrazak, S. A., Nishino, N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Journal of the Science of Food and Agriculture vol.:87 No.:June 1533-1538頁 学術論文 2007年 キーワード:飼料
19. 「The content of protein, fibre and minerals of leaves of selected acacia species indigenous to north-western Tanzania.」 Rubanza, C. D. K., Shem, M. N., Bakengesa, S. S., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Archives of Animal Nutrition vol.:61 No.:April 151-156頁 学術論文 2007年 キーワード:飼料
20. 「Biomass Production and Nutritive Potential of Conserved Forages in Silvopastoral Traditional Fodder Banks (Ngitiri) of Meatu District of Tanzania」 Rubanza, C. D. K., Shem, M. N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Asian-Australasian Journal of Animal Sciences 19(7): 978-983. 2006. vol.:19 No.:7 978-983頁 学術論文 2006年
21. 「Degradation characteristics and tannin bioassay of some browse forages from Kenya harvested during the dry season」 Osuga, I. M., Abdulrazak, S. A., Ichinohe, T., Ondiek, J. O. and Fujihara, T. Animal Science Journal 77(4):414-421. 2006. vol.:77 No.:4 414-421頁 学術論文 2006年
22. 「Macro mineral distribution of forages in South Sumatra during rainy and dry seasons」 Evitayani, Lily Warly, Armina Fariani, Ichinohe, T., Abdulrazak, S. A., Hayashida, M. and Fujihara, T. Journal of Food, Agriculture and Environment vol.:4 No.:2 155-160頁 学術論文 2006年
23. 「Potential nutritive value of selected browse species from Kenya using in vitro gas production technique and polyethylene glycol」 Osuga, I. M., Abdulrazak S. A., Nishino, N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Livestock Research in Rural Development 18(12). 2006. vol.:18 No.:12 学術論文 2006年
24. 「Rumen degradation and in vitro gas production parameters in some browse forages, grasses and maize Stover from Kenya」 Osuga, I. M., Abdulrazak, S. A., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Journal of Food, Agriculture and Environment4 vol.:4 No.:2 60-64頁 学術論文 2006年
25. 「Seasonal influence on mineral content of forages used by smallholder dairy farmers in lowlands of Mvomero district, Morogoro, Tanzania」 Mtui, J. D., Lekule, P. F., Shem, M. N., Rubanza, C. D. K., Ichinohe, T., Hayashida, M. and Fujihara, T. Journal of Food, Agriculture and Environment 4(2):216-221. 2006. vol.:4 No.:2 216-221頁 学術論文 2006年
26. 「山口県西部におけるニホンジカ(Cervus nippon)の摂取植物種および反芻胃内消化様相の季節間差異」 一戸俊義・細井英嗣・藤原 勉. 日本草地学会誌 vol.:52 No.:2 190-197頁 学術論文 2006年
27. 「Content of macro and micro minerals of deferred forages in silvopastoral traditional fodder bamks (Ngitiri) of Meatu district of central north-western Tanzania」 Rubanza, C. D. K., Shem, M. N., Bakengesa, S. S., Ichinohe, T. and Fujihara, T Livestock Research and Rural Development vol.:17 学術論文 2005年
28. 「Nutritive value of selected grass in North Sumatra, Indonesia」 Evitayani, Fariani, A., Warly, L. Ichinohe, T., Abdulrazak, S.A., Hayashida, M. and T. Fujihara Animal Science Journal vol.:76 No.:5 461-468頁 学術論文 2005年
29. 「Polyphenolics and minerals composition of selected browse tree species leaves native to north-western Tanzania traditional fodder banks」 Rubanza, C. D. K., Shem, M. N., Ichinohe, T. and Fujihara, T Journal of Food, Agriculture and Environment vol.:4 No.:1 84-88頁 学術論文 2005年
30. 「弱アルカリ性電解水の飲水がメンヨウの反芻胃内分解率,窒素出納および微生物体タンパク質合成量に及ぼす影響」 一戸俊義・板倉 愛・浅野勝宏・土江玲香・藤原 勉 ルーメン研究会報 vol.:17 No.:1 33-43頁 学術論文 2005年
31. 「Chemical Composition, Degradation Characteristics and Effect of Tannin on Degradability of Some Browse Species from Kenya Harvested during the Wet Season」 Osuga IM, Abdulrazak SA, Ichinohe T, Fujihara T Asian-Aust. J. Anim. Sci. vol.:18 No.:1 54-56頁 学術論文 2004年
32. 「Comparative Rumen Degradability of Some Legume Forages between Wet and Dry Season in West Sumatra, Indonesia」 Evitayani, Fariani A, Warly L, Ichinohe T, Abdulrazak SA, Fujihara T Asian-Aust. J. Anim. Sci. vol.:17 No.:8 1107-1111頁 学術論文 2004年
33. 「Comparison of voluntary feed intake, rumen passage and degradation kinetics between crossbred Brahman cattle (Bos indics) and swamp buffaloes (Bubalus bubalis) fed a fattening diet based on corn silage」 Ichinohe T, Orden EA, Del Barrio AN, Lapitan RM, Fujihara T, Cruz LC, Kanai Y Animal Science Journal vol.:75 No.:6 533-540頁 学術論文 2004年
34. 「Contents of phenolic, extractive and bound condensed tannins and their effect on in vitro gas production from browse leaves」 Rubanza CDK, Shem MN, Otsyina R, Bakengesa SS, Ichinohe T, Fujihara T J. Anim. Feed. Sci. vol.:14 193-210頁 学術論文 2004年
35. 「Polyphenolics and tannins effect on in vitro digestibility of selected Acasia species leaves」 Rubanza CDK, Shem MN, Otsyina R, Bakengesa SS, Ichinohe T, Fujihara T Anim. Feed Sci. Technol. vol.:119 129-142頁 学術論文 2004年
36. 「Seasonal Changes in Nutritive Evaluation of Some Grass Species in West Sumatra, Indonesia」 Evitayani, Fariani A, Warly L, Ichinohe T, Fujihara T Asian-Aust. J. Anim. Sci. vol.:17 1663-1668頁 学術論文 2004年
37. 「Study on Nutritive Value of Tropical Forages in North Sumatra, Indonesia」 Evitayani, Fariani A, Warly L, Ichinohe T, Fujihara T Asian-Aust. J. Anim. Sci. vol.:17 1518-1523頁 学術論文 2004年

発表等

1. 「Concentration of major and trace minerals of natural pasture grazing lands in relation to requirements of Dairy animals in upper Blue Nile basin, Ethiopia」 Shigdaf Mekuriaw, Atsushi Tsunekawa, Toshiyoshi Ichinohe, Nigussie Haregeweyin, Firew Tegegne, Nobuyuki Kobayashi, Yuji Yamasaki, Toshiya Okuro, Asaminew Tassew, Yeshambel Mekuriaw and Misganaw Wale The 4th International Grassland Agriculture Conference 2018年
2. 「飼料イネ発酵TMRに配合するデンプン源の差異がホルスタイン種泌乳牛の乳生産成績と窒素出納に及ぼす影響」 一戸俊義・宋相憲・安田康明 第16回日中国際学術セミナー 2018年
3. 「黒毛和種繁殖牛の冬期舎飼い飼養成績」 山本楓子・一戸俊義・宋 相憲・坂本真実・帯刀一美 第68回関西畜産学会徳島大会 2018年
4. 「耕作放棄地を活用した周年放牧肥育による黒毛和種去勢牛の肥育・枝肉成績」 柴田昌宏・帶刀一美・坂本真実・西 政敏・安部 聖・宋 相憲・山根 尚・寺井恵子・松本和典・一戸俊義・山本直幸 第55回肉用牛研究会島根大会 2017年 キーワード:黒毛和種、耕作放棄地、周年放牧
5. 「赤身牛肉生産を目指した輪換放牧による黒毛和種去勢牛の周年放牧肥育」 小椋麻衣・松野 景・宋 相憲・坂本真実・帯刀一美・柴田昌宏・山本直幸・一戸俊義 第67回関西畜産学会大阪大会 2017年 キーワード:黒毛和種、輪換放牧、赤身肉
6. 「Effect of alfalfa hay feeding on nitrogen utilization of Simmental beef cattle kept in Gansu province, China」 Nobuyuki Kobayashi, Fujiang Hou, Atsushi Tsunekawa, Toshiyoshi Ichinohe, Tianhai Yan, Xianjiang Chen The 12th International Conference on Dryland Development 2016年
7. 「Effect of alfalfa hay feeding on nitrogen utilization of Simmental beef cattle kept in Gansu province, China」 Toshiyoshi Ichinohe, Atsushi Tsunekawa, Tianhai Yan, Xianjiang Chen, Fujiang Hou, Nobuyuki Kobayashi The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress 2016年
8. 「Effect of chemerin to proliferation and fat accumulation on sheep stromal vascular cell」 Kei Matsuno, Takuya Matsumoto, Toshiyoshi Ichinohe, Sang-Houn Song The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress 2016年
9. 「Effects of different forage and growth stage on adipogenesis of ovine preadipocytes」 Sang-Houn Song, Da-Hye Kim, Ki-Choon Choi, Takuya Matsumoto, Kei Matsuno, Toshiyoshi Ichinohe The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress 2016年
10. 「Myogenic differentiation of ovine stromal vascular cells」 Takuya Matsumoto, Kei Matsuno, Toshiyoshi Ichinohe, Sang-Houn Song The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress 2016年
11. 「イタリアンライグラスストロー、チモシー乾草を基礎飼料とした肥育飼料の給与が去勢ヒツジの育成成績、消化率、反芻胃内微生物生産量および血中代謝産物濃度に及ぼす影響」 金 多慧・崔 基春・宋 相憲・一戸俊義 第64回関西畜産学会大会 2014年
12. 「メンヨウ脂肪組織を由来とする培養脂肪細胞およびメンヨウ血清を用いた粗飼料の脂質蓄積誘導効果評価」 宋 相憲・金 多慧・崔 基春・一戸俊義 第64回関西畜産学会大会 2014年
13. 「粗飼料主体によるサフォーク種のホゲット生産評価」 金 多慧・宋 相憲 ・一戸俊義 第12回日中国際学術セミナー 2014年
14. 「粗飼料主体によるサフォーク種のホゲット生産評価」 一戸俊義・金 多慧・崔 基春・宋 相憲 第59回緬羊研究会発表会 2014年
15. 「ホルスタイン種泌乳牛への飼料イネサイレージ配合TMR給与が乳生産成績に及ぼす影響.」 一戸俊義・籔内省吾・宋相憲・安田康明 第62回関西畜産学会大会 2012年
16. 「モミ付破砕飼料米を給与した黒毛和種去勢牛の肥育成績と産肉成績.」 籔内省吾・土江 博・一戸俊義 第62回関西畜産学会大会 2012年
17. 「飼料米給与が黒毛和種去勢牛の発育等に及ぼす影響」 土江博・錦織美智子・岩成文子・一戸俊義・粟野貴子・杉中克昭・大渡康夫 日本畜産学会第112回大会 2010年
18. 「変動給与下における飼料成分の反芻胃内分解率」 一戸俊義・丸山敬弘・粟野貴子・安藤貞 第59回関西畜産学会 2009年 キーワード:反芻胃内消化率、黒毛和牛、変動給与
19. 「反芻胃内分解同調化指数の差異がメンヨウの窒素利用に及ぼす影響」 一戸 第109回日本畜産学会大会 2008年 キーワード:飼養、飼料
20. 「稲こうじ病モミの添加レベルがメンヨウにおける飼料イネホールクロップサイレージの利用性に及ぼす影響」 丸山敬弘・森本和秀・一戸俊義 平成20年度関西畜産学会 2008年
21. 「Effect of feeding duration and rumonal nitrogen and energy release rates on nirogen balamce and microbial synthesis in sheep」 Ichinohe, T. and T. Fujihara 2nd International Symposium on Energy and Protein metabolism and nutrition 2007年 キーワード:飼養、飼料
22. 「反芻胃内の分解同期化指数の差異が反芻胃内性状および微生物生産量に及ぼす影響」 一戸俊義・藤原勉 第57回関西畜産学会大会 2007年 キーワード:飼養、飼料
23. 「Effect of polyethylene glycol (PEG) on gas production and degradability of selected browse forages from Kenya」 Osuga, I. M., Abdulrazak, S. A., Ichinohe, T. and Fujihara, T. XIIth AAAP Animal Science Congress. 2006年
24. 「Rumen degradation and in vitro gas production parameters in selected forages from Kenya」 Osuga, I. M., Wambui,C. C., Abdulrazak, S. A., Ichinohe, T. and T. Fujihara. Proceedings of Animal Production Society of Kenya 2006年
25. 「アルカリ性電解水給与が泌乳牛の乳生産成績,窒素出納および微生物体窒素供給量に及ぼす影響」 一戸俊義・藤原 勉・板倉 愛・浅野勝宏・土江玲香・山木康嗣・吉原由美子・村尾克之 第56回関西畜産学会大会 2006年
26. 「1日1回飼料を給与したメンヨウへの圧ペン大麦の分別添加が反芻行動に及ぼす影響」 一戸俊義・常峰基史・藤原勉 第55回関西畜産学会大会 2005年
27. 「Degradation characteristics and tannin bioassay of some browse forages from Kenya」 Osuga IM, SA Abudlrazak, T Ichinohe, T Fujihara Anim. Prod. Soc. Kenya Symp. 2005年
28. 「反芻胃内での窒素と有機物の分解同期化指数の差異がメンヨウの窒素出納および微生物供給量に及ぼす影響」 一戸俊義・藤原 勉 日本畜産学会104回大会 2005年
29. 「Chemical composition, In vitro gas production and tannin bioassay of some broese species from Kenya」 Osuga IM, SA Abudlrazak, T Ichinohe, T Fujihara XI th Int. Congr. AAAP 2004年
30. 「Effect of Acacia nilotica, Acacia polyacantha and Leucaena leucocephara leaf meal supplementation on growth performance of small East African goats fed on native hay basal forages」 Rubanza CDK, MN Shem, T Ichinohe, T Fujihara XI th Int. Congr. AAAP 2004年
31. 「Griricidia maculata and Leucaena leucocephala as supplement for goats in West Sumatra, Indonesia」 L Warly, A Fariani, T Ichinohe, T Fujihara XI th Int. Congr. AAAP 2004年
32. 「In vitro rumen degradability and gas production of grass during dry and wet seasons in north Sumatra, Indonesia」 Evitayani, L Warly, T Ichinohe, T Fujihara XI th Int. Congr. AAAP 2004年
33. 「微細化速度定数および通過速度定数を用いた粗飼料の有効分解度の査定」 一戸俊義・藤原 勉 関西畜産学会大会 2004年
34. 「飼料給与条件の差異およびアルカリ性電解水の給水がメンヨウの微生物合成量に及ぼす影響」 後藤 愛・小林健治・一戸俊義・藤原 勉 第54回関西畜産学会大会 2004年

委員会・学会役員等

1. 日本緬羊研究会 評議員 2012年~ 2017年
2. 日本畜産学会 理事 2015年~ 2017年
3. 日本畜産学会 理事 2015年~ 2017年
4. 日本草地学会 国際情報担当委員 2015年~ 2017年
5. 関西畜産学会 会長 2015年~ 2017年
6. 関西畜産学会 会長 2015年~ 2017年
7. 日本緬羊研究会 幹事 2016年~ 2022年
8. 日本緬羊研究会 評議員 2016年~ 2020年
9. 関西畜産学会 監事・評議委員 2016年~ 2021年

学術雑誌の編集

1. 日本畜産学会報 委員 publisher:公益社団法人 日本畜産学会 vol:90 no:1
2. 関西畜産学会報 委員長 publisher:関西畜産学会 vol:174 no:1
3. 関西畜産学会報 委員長 publisher:関西畜産学会 vol:173 no:1

学術雑誌の査読

1. Animal Science Journal publisher:公益社団法人 日本畜産学会
2. Animal Science Journal publisher:公益社団法人日本畜産学会
3. Animal Science Journal publisher:Japanese Society of Animal Science
4. Animal Science Journal publisher:日本畜産学会
5. Animal Science Journal publisher:Japanese Society of Animal Science
6. Animal Science Journal publisher:Japanese Society of Animal Science
7. Animal Science Journal publisher:Japanese Society of Animal Science
8. Grassland Science publisher:日本草地学会
9. 日本畜産学会報 publisher:日本畜産学会

学会・シンポジウム等の主催

1. 第16回日中国際学術セミナー 役員 2018年
2. 第65回関西畜産学会大会 役員,座長・司会 2016年
3. 第65回関西畜産学会大会 実行委員長等 2015年
4. 第12回日中国際学術セミナー 実行委員長等,役員,コーディネータ,座長・司会 2014年
5. 第10回日中国際学術セミナー 役員,コーディネータ,座長・司会 2013年
6. 第4回日中韓草地学会議 役員 2012年
7. 日本学術振興会「アジア・アフリカ学術基盤形成事業」による2010年度日中国際学術セミナー 座長・司会,その他 2010年
8. 第57回関西畜産学会大会 座長・司会 2007年
9. 日本畜産学会退会 座長・司会 2006年
10. 平成17年度家畜栄養生理研究会秋季集談会 その他 2005年 畜産学
11. 第55回関西畜産学会大会 座長・司会 2005年
12. 第104回日本畜産学会、第54回関西畜産学会 座長・司会 2004年

COC事業などの島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 本学地域ジョイント事業「じげおこしプロジェクト」の一環で、島根県知夫村役場、西ノ島町役場との協力を得て、現地視察を行い2019年度以降の現地研究に着手する準備を開始した。
2. 平成30年度島根県委託のインターンシップ等受入企業改善提案事業において、平成30年8月の浜田メイプル牧場、9月の益田メイプル牧場および平成31年2月の松永牧場において、大規模企業型酪農・肉用牛一貫生産経営の現場で学生3名のインターンシップを行うとともに、松永和平代表取締役とデイスカッションを行い、TPP発効後の県内畜産業の経営戦略についての知見を得る事が出来た。
3. 「島根県益田での大規模畜産企業と連携した専門職人材の現場育成」 H29年度9月の現場研修において、大規模肉用・乳用牛の飼養現場で実際の飼養管理体系を修得することができた。松永社長から受けた座学が畜産経営戦略を学ぶ上で参考になったとの感想が参加学生より寄せられたため、松永社長に依頼し、島根大学のすべての研究科学生を対象とした平成30年度の地域再生システム特論において「畜産関係による地域再生」というテーマで講義を行うことを快諾いただいた。今回の地域志向教育研究での島根大学と松永牧場の連携を発展させ、外部資金への申請を1件行った。さらに、この地域志向教育研究に係る研究を深めることを研究テーマとし、畜産学研究室の学生1名が自然科学研究科への進学を決意した。
4. 農水省の競争的資金に応募したものの不採択となったが、島根県中山間地域研究センターおよび西日本農業研究センター大田研究拠点と共同で実施している「放牧主体飼養による黒毛和種去勢牛の肥育」に関する研究をH28年度も継続している。 H28年11月の「しまね大交流会」で島根県西部の松永牧場社長と面会し、産学連携の申し入れを行った。
5. 山陰地域における和牛生産について以下3点の取り組みを行った。 1.2015年12月に開催された、オール島根COC+事業しまね大交流会において、「動物飼料および機能性食品の開発における新たな機能性評価手法に関する研究」についてポスター発表を行った。 2.学部ミッション推薦研究において、中山間地域研究センターと共同で県内集落営農組織における和牛繁殖雌牛の省力的飼養管理技術の確立を目指した調査を実施し、成果のとりまとめを行った。 3.大田市において島根和牛の赤身肉生産を目指した放牧試験に着手した。
6. これまでの島根県畜産技術センター(出雲市)との技術的な共同研究を発展させ、H26年度は島根県中山間地域研究センターと共同で飯南町、邑南町、大田市を調査地とした高齢化社会に対応可能な肉牛飼養システムの実装化に向けた調査・研究に着手した。この取り組みは、H28年まで継続する予定であり、延べ5名の学生の卒業研究課題となっている。