Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

宋 相憲(ソン サンホン) SONG SANGHOUN

お問い合わせ

Icn 01所属部署

生物資源科学部 農林生産学科 助教

Icn 01所属講座

農林生産学科 

Icn 01専門分野

畜産学・草地学

動物生理・行動

Icn 01専門分野キーワード

脂肪細胞 動物生理 反芻家畜 細胞培養 遺伝子 肥満 内分泌

Icn 01研究テーマ

反芻動物の筋組織発達におけるケメリンおよびその受容体の作用究明
脂肪組織から分泌するケメリンと筋組織内のケメリン受容体の関係を調査し、筋組織発達に関するケメリンの機能を究明する。
研究分野:基礎獣医学・基礎畜産学,畜産学・草地学 (個人研究) 2014年 ~ 2016年

放牧中の牛における血液組成変化および体組織発達の関係解明
血液分析および未分化体細胞培養法を用いた島根県中産間地域における牛放牧の肥育特性(筋組織および脂肪組織の発達)を解明する。
研究分野:畜産学・草地学,基礎獣医学・基礎畜産学 (機関内共同研究) 2014年 ~ 2016年

反芻動物の乳腺細胞発達および乳分泌機能に関する研究
反芻動物の乳生産向上を目的とし、泌乳および乾乳期間における乳腺細胞の分化特性、内分泌因子および栄養素状態による乳分泌能を調査する。
研究分野:畜産学・草地学 (個人研究) 2015年 ~ 2018年

反芻動物SV細胞の多分化能に関する研究
反芻動物の肉質制御技術開発を目的とし、霜降りおよび赤身肉の割合を決定するメカニズムを調査する。
研究分野:畜産学・草地学 (個人研究) 2015年 ~ 2019年

メダカを用いた脊髄動物における体発達機構因子の解明
脊髄動物の発生初期段階における体形成・発達機構について、魚類であるメダカを実験モデルとし、解明する。
研究分野:動物生理・行動,実験動物学 (国内共同研究) 2017年 ~ 2019年

Icn 01取得学位

博士 (課程) 東北大学 動物生理科学

学士 (課程) 尚志大学校 動物資源学

修士 (課程) 信州大学 動物生理