検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

木村 真司(キムラ シンジ) Shinji Kimura

お問い合わせ

所属部署

医学部 看護学科 助教

所属講座

臨床看護学講座 

専門分野

臨床看護学

専門分野キーワード

小児看護学 小児肥満

研究テーマ

新しい食行動評価指標による肥満小児への保健指導の科学的根拠
 肥満の発症には、過食だけでなく食事への過度な関心、過食、早食いなどの食行動の偏りが関与しているとされており、小児でも同様である。また、座りがちな生活習慣の形成による消費エネルギー低下も関与しており、とくに肥満小児では、身近な運動などの身体活動に興味を持たない児が多いとされている。しかし、小児では食行動の評価指標や運動への興味の測定について適切なものがなく、簡便な食行動評価や食事療法への応用、運動意識の向上が困難であった。そこで今回、小児の食行動の特徴および運動への興味を明らかにするためにイラスト選択と質問紙による食行動評価の指標を作成し、肥満発症との関連について検討するとともに、小児肥満の予防・治療における食行動評価と運動への関心測定の有用性を明らかにすることを目的とする。
研究分野:臨床看護学 (個人研究) 2011年 ~ 2012年

食の関心・嗜好を用いた新しい食行動評価指標による肥満小児への保健指導の科学的根拠
肥満の発症には、食事への過度な関心、過食、早食いなどの食行動の偏りが関与しているとさ れており、小児でも同様である。しかし、小児では食行動の評価指標について適切なものがなく、 簡便な食行動評価や食事療法への応用が困難であった。前回、小児自身に食品のイラスト画を選 択させる「イラスト選択法(食事への関心)」を開発し、小児の食物への関心を簡便に評価する可 能性を明らかにした。さらに今回、小児の食事の嗜好を客観的に評価する方法として「イラスト 選択法(食事の嗜好)」を作成、食物への関心や肥満発症との関連について検討するとともに、小 児肥満の予防・治療における有用性を明らかにすることを目的とする。
研究分野:臨床看護学 (個人研究) 2013年 ~ 2015年

取得学位

修士 (大学評価・学位授与機構) 鳥取大学 保健学

博士 (大学評価・学位授与機構) 鳥取大学 保健学