検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

平川 正人(ヒラカワ マサヒト) HIRAKAWA Masahito

お問い合わせ

所属部署

総合理工学部 知能情報デザイン学科 教授

所属講座

知能情報デザイン学科 

専門分野

メディア情報学・データベース

専門分野キーワード

情報工学

研究テーマ

水とのふれあいインタフェース
現在広く普及している液晶ディスプレイやマウスなどを用いた対話インタフェースではなく、より直感的で分かりやすいインタフェースの開発を行っている。そのひとつとして、水を媒介にして、人間とコンピュータが互いに情報をやり取りするシステムの開発に取り組んでいる。
研究分野:メディア情報学・データベース (個人研究)

歩行動作に応えるシステム
人間の歩行動作に着目し、これをコンピュータとの対話に利用する研究を行っている。一般への応用展開を強く意識して、フロアセンサ上の靴を履いた複数人の足取りをリアルタイムで追跡・取得することができるようになっている。取得したデータから歩行者の下肢の動きを推定し、可視化するツールの開発も行った。現在は足取り特徴から歩行者の感情を推定する試みに注力している。
研究分野:メディア情報学・データベース (個人研究)

スマート拡張現実感システム
拡張現実感システムの研究開発は、大がかりな仕掛けの上にシステムを実装した初期段階から、現在は携帯端末を用いた軽量なシステムに関心が移ってきている。しかしながら、コンピュータが生成した仮想的な情報は実物体の上に重畳されてはいるが、実物体は利用者が直接触れるのに対して仮想情報は単に「見えている」に過ぎない。そのため仮想物体との対話は携帯端末画面上でのタッチ操作としてしか許されておらず、現実と仮想の間には依然として溝が存在している。これに対して我々は仮想物体を指で触る(正確には、触れたような視覚的感覚を提供する)ことができるような対話的拡張現実感システムの開発を進めている。
研究分野:メディア情報学・データベース (個人研究)

ホームページURL

http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~hirakawa/

職歴

教授2002年~

広島大学
比治山大学現代文化学部
島根大学総合理工学部

取得学位

工学博士  広島大学