Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

古屋 智英(フルヤ モトヒデ) FURUYA Motohide

お問い合わせ

Icn 01所属部署

医学部 医学科 助教

Icn 01論文

1. 「Interkinetic nuclear migration in the mouse embryonic ureteric epithelium: Possible implication for congenital anomalies of the kidney and urinary tract」 Motoya T, Ogawa N, Nitta T, Rafiq AM, Jahan E, Furuya M, Matsumoto A, Udagawa J, Otani H Congenit Anom vol.:56 全:0頁 学術雑誌 2016年
2. 「Regional cerebral blood flow in late-onset schizophrenia: a SPECT study using 99mTc-ECD」 Wake R, Miyaoka T, Araki T, Kawakami K, Furuya M, Limoa E, Hashioka S, Horiguchi J Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci vol.:266 3-12頁 学術雑誌 2016年
3. 「Analysis of oxidative stress expressed by urinary level of biopyrrins and 8-hydroxydeoxyguanosine in patients with chronic schizophrenia」 Miyaoka T, Ieda M, Hashioka S, Wake R, Furuya M, Liaury K, Hayashida M, Tsuchie K, Arauchi R, Araki T, Shioji I, Ezoe S, Inoue K, Yamaguchi T, Horiguchi J Psychiatry Clin Neurosci vol.:69 693-698頁 学術雑誌 2015年
4. 「Efficacy and Safety of Sansoninto in Insomnia with Psychiatric Disorder: An Open-Label Study」 Miyaoka T, Kawano K, Furuya M, Wake R, Hashioka S, Liaury K, Limoa E, Tsuchie K, Fukushima M, Arak Ti, Horiguchi J Journal Alternative & Integrative Medicine vol.:4 全:6頁 学術雑誌 2015年
5. 「Efficacy and safety of yokukansan in treatment-resistant schizophrenia: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial (a Positive and Negative Syndrome Scale, five-factor analysis)」 Miyaoka T, Furuya M, Horiguchi J, Wake R, Hashioka S, Tohyama M, Mori N, Minabe Y, Iyo M, Ueno S, Ezoe S, Murotani K, Hoshino S, SenoH Psychopharmacology vol.:232 155-164頁 学術雑誌 2015年
6. 「Efficacy and safety of yokukansan in treatment-resistant schizophrenia: a randomized, multicenter, double-blind, placebo-controlled trial」 Miyaoka T, Furuya M, Horiguchi J, Wake R, Hashioka S, Thoyama M, Murotani K, Mori N, Minabe Y, Uyo M, Ueno S, Ezoe S, Hoshino S, Seno H Evid Baced Complement Alternat Med vol.:2015 1-11頁 学術雑誌 2015年
7. 「Ramelteon as adjunctive therapy for delirium referred to a consultation-liaison psychiatry service: a retrospective analysis」 Furuya M, Miyaoka T, Yasuda H, Wake R, Hashioka S, Miura S, Nagahama M, Araki T, Horiguchi J Int J Geriatr Psychiatry vol.:30 994-995頁 学術雑誌 2015年
8. 「 Minocycline improves recognition memory and attenuates microglial activation in Gunn rat」 Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Motohide Furuya, Sadayuki Hashioka, Rei Wake, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Erlyn Limoa, Andi Jayalangkara Tanra, Jun Horiguchi Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry 2014年
9. 「 Simple and rapid detection of HLA-A*31:01 for prediction of carbamazepine-induced hypersensitivity using loop-mediated isothermal amplification method」 Hiroyuki Niihara, Kunie Kohno, Takeshi Taketani, Sakae Kaneko, Takafumi Ito, Takashi Sugamori, Nobuyuki Takahashi, Tsuyoshi Miyaoka, Shihoh Okazaki, Hideaki Yasuda, Motohide Furuya, Michiharu Nagahama, Eishin Morita Journal of Dermatological Science 2014年
10. 「 The effects of combine treatment of memantine and donepezil on Alzheimer's Disease patients and its relationship with cerebral blood flow in the prefrontal area」 Tomoko Araki, Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Kazunori Kawakami, Michiharu Nagahama, Motohide Furuya, Erlyn Limoa, Kristian Liaury, Sadayuki Hashioka, Kenta Murotani and Jun Horiguch International Journal of Geriatric Psychiatry 2014年
11. 「夕暮れ症候群にアリピプラゾールが奏効したアルツハイマー型認知症の1症例.」 長濱道治, 田中一平, 三浦章子, 山下智子, 金山三紗子, 河野公範, 古屋智英, 林田麻衣子, 安田英彰, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳, 福田賢司 老年精神医学雑誌 2014年
12. 「Augmentation with ramelteon to achieve remission in geriatric major depression」 Furuya M, Kunishige K, Miyaoka T, Wake R, Liaury K, Sadakuni F, Horiguchi J. Psychiatry and Clinical Neurosciences vol.:66 No.:1 全:2頁 81-82頁 学術雑誌 2012年 ISSN:14401819
13. 「Behavioral and Psychological Symptoms of Dementiaと思われる諸症状を呈した混合型認知症にramelteonの追加投与が奏効した1例」 古屋智英,國重和彦, 宮岡剛, 和氣玲, 荒木智子, 貞國太志, 堀口淳 精神医学 vol.:54 No.:3 全:4頁 299-302頁 学術雑誌 2012年 ISSN:04881281
14. 「Minocycline as adjunctive therapy for patients with unipolar psychotic depression: an open-label study.」 Miyaoka T, Wake R, Furuya M, Liaury K, Ieda M, Kawakami K, Tsuchie K, Taki M, Ishihara K, Araki T, Horiguchi J. Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry vol.:37 No.:2 全:5頁 222-226頁 学術雑誌 2012年 ISSN:18784216
15. 「Morphological features of microglial cells in the hippocampal dentate gyrus of Gunn rat: a possible schizophrenia animal model.」 Liaury K, Miyaoka T, Tsumori T, Furuya M, Wake R, Ieda M, Tsuchie K, Taki M, Ishihara K, Tanra AJ, Horiguchi J. Journal of Neuroinflammation vol.:16 No.:9 58頁 学術雑誌 2012年 ISSN:22424389
16. 「Ramelteonの追加投与がせん妄に奏効したアルツハイマー型認知症の2症例」 古屋智英,國重和彦, 宮岡剛, 和氣玲, 荒木智子, 貞國太志, 堀口淳 精神科治療学 vol.:27 No.:1 全:6頁 115-120頁 学術雑誌 2012年 ISSN:09121862
17. 「心血管バイパス術後の胸痛に半夏厚朴湯が奏効したアルツハイマー型認知症の1例」 古屋智英,宮岡剛, 坪内健, 堀口淳 漢方と診療 vol.:3 No.:1 全:1頁 46頁 学術雑誌 2012年 ISSN:18845991
18. 「Yi-gan san for treatment of charles bonnet syndrome (visual hallucination due to vision loss): an open-label study.」 Miyaoka T, Furuya M, Kristian L, Wake R, Kawakami K, Nagahama M, Kawano K, Ieda M, Tsuchie K, Horiguchi J. Clin Neuropharmacol vol.:34 No.:1 全:4頁 24-7頁 学術雑誌 2011年 ISSN:03625664
19. 「Yi-gan san for treatment of charles bonnet syndrome (visual hallucination due to vision loss): an open-label study.」 Miyaoka T, Furuya M, Kristian L, Wake R, Kawakami K, Nagahama M, Kawano K, Ieda M, Tsuchie K, Horiguchi J. Clinical Neuropharmacology vol.:34 No.:1 全:24頁 学術雑誌 2011年 ISSN:03625664 キーワード:Charles Bonnet syndrome, hallucinations, yi-gan san, open-label study, GABA, NMDA, 5-HT
20. 「うつ病を合併した線維筋痛症にデュロキセチンが奏効した1例」 古屋智英, 山下智子, 堀口淳 最新医学 vol.:66 No.:7 全:3頁 1710-1712頁 学術雑誌 2011年 ISSN:03708241
21. 「抑肝散の追加投与で、精神症状の安定がみられた急性リンパ性白血病の1例」 古屋智英,KristianLiaury, 宮岡剛, 堀口淳 漢方と診療 vol.:2 No.:1 全:1頁 34頁 学術雑誌 2011年 ISSN:18845991

Icn 01発表等

1. 「Analysis of oxidative stress expressend by urinary level of biopyrrins and 8-hydroxydeoxyguanosine in patients with chronic schizophrenia」 Miyaoka T, Ieda M, Hashioka S, WakeR, Furuya M, Hayashida M, Horiguchi J 第11回日本統合失調症学会 2016年
2. 「Interkinetic nuclear migration in the developing endoderm- and mesoderm-origin epithelial tubular structures」 Otani H, Motoya T, Ogawa N, Nitta T, Rafiq AM, Jahan E, Kaneda R, Furuya M, Matsumoto A, Udagawa J, Hatta T 第121回日本解剖学会全国学術集会 2016年
3. 「統合失調症におけるPANSSと脳血流の関係」 和氣玲, 宮岡剛, 古屋智英, Erlyn Limoa, 橋岡禎征, 堀口淳 第11回日本統合失調症学会 2016年
4. 「Interkinetic nuclear migration in the mouse embryonic ureteric epithelium.」 Motoya T, Ogawa N, Nitta T, Rafiq A M, Jahan E, Furuya M, Matsumoto A, Udagawa J, 第120回日本解剖学会全国学術集会、第92回日本生理学会大会合同大会 2015年
5. 「The management of secondary infection control in gross anatomy education in Shimane 」 gawa N, Hirano S, Yokota S, Matsumoto A, Furuya M, Oka T, Yasui Y, Otani H 第120回日本解剖学会全国学術集会、第92回日本生理学会大会合同大会 2015年
6. 「マウス胎仔尿管の伸長過程における上皮細胞核の再配置」 元矢 知志、新田 哲哉、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esrat、小川 典子、古屋 智英、松本 暁洋、宇田川 潤、大谷 浩 日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会 2015年
7. 「マウス腸管の発生過程における腸管上皮細胞数とInterkinetic nuclear migration (INM)の解析」 新田哲哉、小川典子、倉本純子、元矢知志、古屋智英、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esrat、 松本 暁洋、大谷 浩 日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会 2015年
8. 「マウス腸管の発生過程における腸管上皮細胞数とInterkinetic nuclear migration (INM) の変化」 新田哲哉、小川典子、倉本純子、元矢知志、古屋智英、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esrat、松本 暁洋、大谷 浩 第55回日本先天異常学会学術集会、第38回日本小児遺伝学会学術集会合同開催 2015年
9. 「マウス尿管の発生過程におけるInterkinetic nuclear migrationおよびConvergent extensionの解析」 元矢知志、新田哲哉、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esrat、小川 典子、古屋 智英、松本 暁洋、宇田川 潤、大谷 浩 第55回日本先天異常学会学術集会、第38回日本小児遺伝学会学術集会合同開催 2015年
10. 「器官形成期マウス胚の気管・食道上皮におけるinterkinetic nuclear migrationの解析」 兼田 稜、橋本龍樹、荒内亮輔、古屋智英、佐藤文夫、宇田川 潤、大谷 浩 第55回日本先天異常学会学術集会、第38回日本小児遺伝学会学術集会合同開催 2015年
11. 「抗認知症薬投与後の認知機能および介護負担の変化に関する検討」 長濱道治, 荒木智子, 河野公範, 古屋智英, 林田麻衣子, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳 第20回日本神経精神医学会 2015年
12. 「自殺類似行動を伴うせん妄に対してミルタザピンが奏功した老年期うつ病の1症例」 長濱道治, 松田泰行, 三木啓之, 田中一平, 三浦章子, 金山三紗子, 山下智子, 河野公範, 古屋智英, 林田麻衣子, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳 第30回日本老年精神医学会 2015年
13. 「心血管バイパス手術におけるラメルテオンの術後せん妄予防に関する予備的研究: 無作為ランダム化オープン試験」 古屋智英、末廣章一、南 浩太郎、織田禎二、斎藤洋司、大谷 浩、宮岡 剛、堀口 淳 第63回山陰精神神経学会 2015年
14. 「遅発性統合失調症におけるSPECTを用いた脳血流の変化」 和氣 玲, 宮岡 剛, 荒木智子, 古屋智英, 橋岡禎征, 堀口 淳 第111回日本精神神経学 2015年
15. 「貯蔵鉄不足を伴った精神疾患に鉄剤が奏功した経験.」 古屋智英、宮岡 剛、和氣 玲、長濱道治、田中一平、堀口 淳 第63回山陰精神神経学会 2015年
16. 「妊娠・出産に対する不安に半夏厚朴湯が有用であった精神疾患合併妊婦の2症例」 長濱道治, 松田泰行, 三木啓之, 金山三紗子, 田中一平, 三浦章子, 山下智子, 河野公範, 古屋智英, 岡崎四方, 林田麻衣子, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳 第56回中国・四国精神神経学会 2015年
17. 「老年期の不安症に対する漢方薬治療」 古屋智英 第7回日本不安症学会 2015年
18. 「 Dementia of Alzheimer Type: Successful treatment of sundowning syndrome with aripiprazole」 Nagahama M, Tanaka I, Miura S, Kawano K, Hayashida M, Okazaki S, Wake R, Hashioka S, Miyaoka T, Horiguchi J, Fukuda K 14th ICGP & 19th JSNP Joint Congress 2014年
19. 「 Novel therapy with ramelteon for hypoactive delirium: A case report」 Miura S, Furuya M, Wake R, Hashioka S, Miyaoka T, Horiguchi J 14th ICGP & 19th JSNP Joint Congress 2014年
20. 「 The long-term effects of combine treatment of memantine and donepezil on Alzheimer's Disease patients: 72 weeks study.」 Wake R, Araki T, Miyaoka T, Kawakami K, Nagahama M, Furuya M, Limoa E, Hashioka S, Horiguchi J 14th ICGP & 19th JSNP Joint Congress 2014年
21. 「Efficacy and Safety of Sansoninto in Insomnia with Psychiatric Disorder: An Open-Label Studyr」 Miyaoka T, Kawano K, Furuya M, Wake R, Hashioka S, Liaury K, Limoa E, Tsuchie K, Araki T, Horiguchi J 14th ICGP & 19th JSNP Joint Congress 2014年
22. 「Ramelteon as adjunctive therapy for delirium referred to a consultation-liaison psychiatry」 Furuya M, Miyaoka T, Wake R, Hashioka S, Miura S, Yasuda H, Nagahama M, Araki T, Horiguchi J 14th ICGP & 19th JSNP Joint Congress 2014年
23. 「マウス胎児中腸の腸管上皮細胞数は吻尾軸方向に沿って変化する.」 倉本純子、小川典子、古屋智英、松本暁洋、八田稔久、大谷 浩 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会 2014年
24. 「マウス中胚葉由来組織である尿管の発生過程においてInterkinetic nuclear 」 元矢知志、新田哲哉、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esrat、小川典子、古屋智英、 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会 2014年
25. 「器官形成期マウス胚の気管上皮におけるInterkinetic nuclear migrationの解析.」 兼田 稜、橋本龍樹、金山加代、荒内亮輔、古屋智英、佐藤文夫、宇田川 潤、大谷 浩 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
26. 「光トポグラフィー検査における陰転化波形に関する検討」 荒木智子, 和氣玲, 宮岡剛, 三浦章子, 田中一平, 長濱道治, 古屋智英, 安田英彰, 岡崎四方, 橋岡禎征, 堀口淳 第62回山陰精神神経学会 2014年
27. 「新田哲哉、元矢知志、Rafiq AM、Jahan E、小川典子、古屋智英、松本暁洋、宇田川 潤、大谷 浩」 尿管上皮発生におけるInterkinetic nuclear migrationの解析. 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
28. 「抑肝散は活性化ミクログリアの抑制に関連した海馬神経新生を促進する」 古屋智英, 宮岡剛, 橋岡禎征, 和氣玲, 土江景子, 福島美千代, 堀口淳 第110回日本精神神経学会学術総会 2014年
29. 「Marked improvement in delirium with ramelteon: Five case reports」 Motohide Furuya, Tsuyoshi Miyaoka, Hideaki Yasuda, Satoko Yamashita, Ippei Tanaka, Shoko Otsuka, Rei Wake, Jun Horiguchi. International College of Geriatric Psychoneuropharmacology 2011年
30. 「Ramelteonの追加投与がせん妄に奏効したアルツハイマー型認知症の2症例」 古屋智英, 國重和彦, 宮岡剛, 和氣玲, KristianLiaury, 荒木智子, 貞國太志, 堀口淳 山陰精神学会 2011年
31. 「抑肝散の統合失調症に対する増強療法について」 古屋智英、宮岡剛他 第58回山陰精神神経学会 2010年

Icn 01学術賞受賞

1. Young Investigator Award Motohide Furuya ラメルテオンのせん妄に対する効果 ICGP-2014 Organizing Committee 2014年 Delirium Ramelteon