Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

酒井 哲弥(サカイ テツヤ) SAKAI Tetsuya

お問い合わせ

Icn 01所属部署

大学院総合理工学研究科 地球資源環境学領域 教授

Icn 01所属講座

地球資源環境学領域 

Icn 01生年月

1969年08月

Icn 01専門分野

地質学

Icn 01専門分野キーワード

地層学 堆積学

Icn 01研究テーマ

山陰地域の中新世の環境変動
およそ1600万年前までには日本海が形成されたとされる.日本海が形成される以前,山陰地域にはどのような環境が広がり,日本海の発達に伴ってどのように自然環境が変化したのかを明らかにする.
研究分野:地質学 (個人研究) 2002年 ~ 2020年

地盤の変動に伴う地層形成
湖や海域において,巨大地震は大きな環境変化を引き起こす.それを地層から解読することがこのテーマの目的である.調査対象は湖の地層の対象としては,岐阜県西部の東海層群,ネパールのカトマンズ盆地,海成層の対象としては,房総半島の地層や島根半島の地層とする.
研究分野:地質学 (個人研究) 2000年 ~ 2020年

ヒマラヤの上昇と中新世の環境・気候変動について
とくに1000万年前から700万年前にかけては地球規模で大きく気候が変動した時期である.それはヒマラヤの上昇との関係で論じられることが多いが,そのときに具体的に赤道収束帯,モンスーン気候帯,偏西風帯でそれぞれどのような環境変化,気候変化が起きたのかを明らかにする.
研究分野:地質学 (国際共同研究) 1999年 ~ 2020年

Icn 01職歴

助教授2002年~ 准教授2008年〜

京都大学大学院理学研究科

Icn 01出身大学院

大阪大学 博士 (理学研究科 物理学) 1997年 (修了)

Icn 01取得学位

博士(理学) 大阪大学