検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

門脇 正行(カドワキ マサユキ) KADOWAKI Masayuki

お問い合わせ

所属部署

生物資源科学部 農林生産学科 准教授

著書

1. フィールドで学ぶ斐伊川百科 (今井書店 2015) ISBN:9784896780

論文

1. 「Development of new cultivar of local pungent radish “Izumo Orochi Daikon” based on regional genetic resources and contribution to regional agriculture and gastronomy」 N. Kobayashi, T. Masukawa, M. Kadowaki, A. Nakatsuka and T. Ban Acta Hortic 全:4頁 51-54頁 2020年 2月
2. 「サツマイモ品種’べにはるか’における栽植密度と採苗部位が生育初期の植被率に及ぼす影響」 荒木健吾・門脇正行 北海道園芸研究談話会報 No.:52 全:2頁 56-57頁 研究会報 2019年 3月
3. 「Enhancement of Food Functionality of a Local Pungent Radish “Izumo Orochi Daikon” ‘Susanoo’ by Introduction of a Colored Root Character.」 Masukawa T, Kadowaki M, Nakatsuka A, Cheon K. S., Kato K, Tatsuzawa F, Kobayashi N The Horticulture Journal Preview 2018年 1月
4. 「地域遺伝資源を活用したハマダイコン新品種‘スサノオ’の育成・普及とその各種形質について」 小林伸雄・枡川貴紀・門脇正行・中務 明・伴 琢也 園芸学研究 vol.:17 No.:3 全:7頁 369-375頁 2018年 9月
5. 「島根県松江市内の幼稚園・保育所における栽培活動を通じた食育の実施状況ーサツマイモ利用に注目してー」 木村仁美・斉藤真苗・板倉美咲・橋爪一治・門脇正行・鶴永陽子 日本家政学会誌 vol.:69 No.:7 全:10頁 526-535頁 2018年 7月
6. 「収量,品質および収益を考慮した島根県の砂丘地でのサツマイモ品種'ベニアズマ'の栽培における最適窒素施肥量」 安田登・山根智子・土倉まゆみ・土本浩之・広瀬佳彦・磯上憲一・春日純子・山岸主門・松本真悟・門脇正行 農業生産技術管理学会誌 vol.:22 No.:3 全:6頁 81-86頁 学術雑誌 2015年 9月
7. 「ハマダイコンの乾物生産特性」 門脇正行・小林伸雄・伴琢也 農業 vol.:16 No.:4 全:4頁 127-130頁 学術雑誌 2010年 キーワード:乾物生産,光合成,シンク,ソース,ハマダイコン
8. 「Electrical energy generated by photovoltaic modules mounted inside the roof of a north-south oriented greenhouse」 A. Yano, A. Furue, M. Kadowaki, T. Tanaka, E. Hiraki, M. Miyamoto, F. Ishizu, S. Noda Biosystems engineering vol.:103 全:11頁 228-238頁 学術雑誌 2009年 ISSN:15375110
9. 「糖溶液供給がサツマイモ苗の発根および生育に及ぼす影響」 門脇正行・安田登・土本浩之 農業生産技術管理学会誌 vol.:16 No.:2・3 全:4頁 93-96頁 学術雑誌 2009年 キーワード:グルコース,サツマイモ,スクロース,苗,発根
10. 「莢先熟状態の黒ダイズにおける収穫時期および摘葉処理が収量に及ぼす影響」 土本浩之・大西政夫・門脇正行・伊田圭佑・岡田憲章・山根研一 農業生産技術管理学会誌 vol.:16 No.:1 全:5頁 55-59頁 2009年
11. 「サツマイモ苗の活着および初期生育促進に関する研究」 門脇正行 島根大学生物資源科学部研究報告 vol.:10 62-63頁 報告 2005年

報告書

1. アズキの収量構成要素に関する研究~莢長と一莢粒数または粒径との関係 門脇正行,城惣吉 地(知)の拠点整備事業平成29年度農林水産業の六次産業化プロジェクトセンター報告書 2018年 3月
2. 島根県産(大学農場産)アズキと他府県産アズキの品質の比較 門脇正行・城惣吉 vol.:2016 43-45頁 地(知)の拠点整備事業平成28年度農林水産業の六次産業化プロジェクトセンター報告書 2017年 3月 キーワード:アズキ
3. 島根県でのサツマイモ栽培における窒素固定内生菌の効率的利用―砂土条件下におけるサツマイモの窒素施肥量に対する反応とその品種間差異- 門脇正行 島根大学生物資源科学部ミッション研究課題成果報告書 2015 2016年 2月
4. シンク・ソース能力から見た高温・乾燥耐性サツマイモ品種創出のための基礎的研究 門脇正行 全:4頁 日本学術振興会 2014年
5. 平成25年度農林水産業の六次産業化プロジェクトセンター報告書 島根大学研究機構戦略的研究推進センター 全:40頁 17-18頁 島根大学 2014年
6. 平成25年度農林水産省新需要創造フロンティア育成事業 「出雲おろち大根」の成分評価と新加工食品 成果報告書 小林伸雄 全:76頁 68-72頁 農林水産省 2014年
7. 平成26年度農林水産業の六次産業化プロジェクトセンター報告書2014 門脇正行 全:67頁 29-31,32-34頁 島根大学 2014年
8. <学部長裁量経費によるプロジェクト成果報告> 砂丘地土壌への資材混合が作物の生育と収量に及ぼす影響 門脇正行 vol.:12 全:2頁 学部 2007年 ISSN:13433644 キーワード:環境

発表等

1. 「サツマイモにおける植被率または個葉光合成速度と塊根生産との関係」 門脇正行 ・樋野日向子 ・寺地優実 日本作物学会第248回講演会 2019年
2. 「Bradyrhizobium 属細菌の接種がサツマイモの生育に及ぼす影響」 城 惣吉・門脇正行・足立文彦・井上憲一・井藤和人 農業生産技術管理学会平成30年度大会 2018年
3. 「栽培地点および播種時期が島根県でのテンサイの生育に及ぼす影響」 山下尋揮・門脇正行 日本作物学会第246回講演会 2018年
4. 「植被率または硬度を指標としたサツマイモの生育および品質の診断の試み」 門脇正行 超異分野学会益田フォーラム 2018年
5. 「植被率を指標としたサツマイモ品種 ‘べにはるか’の多収栽培方法の検討~栽植密度または採苗方法が及ぼす影響~」 門脇正行・荒木健吾 平成30年度日本作物学会中国支部岡山大会 2018年
6. 「窒素施肥量がサツマイモの窒素固定および収量に及ぼす影響」 門脇 正行, 星野 司, 井出 泰史, 足立 文彦, 城 惣吉, 松本 真悟, 井藤 和人 日本作物学会第246回講演会 2018年
7. 「‘べにはるか’以降に育成されたサツマイモ新品種の光合成と乾物生産」 門脇正行・山下尋揮・足立浩崇・磯上憲一 日本作物学会第244回講演会 2017年 キーワード:サツマイモ べにはるか
8. 「島根県の砂丘地におけるサツマイモ品種‘ベニアズマ’および‘べにはるか’の収量と気象条件との関係」 門脇正行・難波比呂紀・大木詩子・沖本和也・林司直・西原由香・福田桃子・足立浩崇・安田登・磯上憲一 日本作物学会中国支部講演会 2017年
9. 「中国山地の標高環境を活用した高糖度サツマイモ栽培」 桐村史悠,足立文彦,門脇正行,松本真悟,小葉田亨 日本作物学会中国支部会島根大会 2016年
10. 「学校での栽培学習に適したサツマイモ品種に関する一考察」 門脇正行・土本浩之・安田 登・足立浩崇・鎌田晃輔・難波比呂紀・山岸主門 第73回日本農業教育学会 2016年
11. 「島根県でのサツマイモ栽培における窒素固定内生菌の効率的利用―砂土条件下におけるサツマイモの窒素施肥量に対する反応とその品種間差異-」 門脇正行 1. 島根県農業技術センターとの交流会, -生物資源科学部ミッション報告会・農林水産業の六次産業化プロジェクトセンター報告会- 2016年
12. 「島根県中標高地域の低温条件によるサツマイモの高糖度化」 足立文彦・桐村史悠・門脇正行・松本真悟 日本作物学会第241回講演会 2016年 キーワード:サツマイモ 高糖度
13. 「島根県砂丘地におけるサツマイモの窒素利用効率とその年次間差」 門脇正行,星野司,足立浩崇,安田登,磯上憲一,城惣吉,松本真悟 日本砂丘学会第62回全国大会 2016年
14. 「摘心が植被率,地温およびサツマイモの塊根生産に及ぼす影響」 足立浩崇・安田登・門脇正行 農業生産技術管理学会平成27年度大会 2016年
15. 「未利用有機物由来肥料を用いたサツマイモ栽培の検討」 磯上憲一,安田登,城惣吉,松本真悟,門脇正行 日本砂丘学会第62回全国大会 2016年
16. 「温度傾斜型チャンバーによるサツマイモの高温耐性の評価と品種間差異の検討」 足立浩崇,門脇正行,藤本薫彦,安田登,磯上憲一,松本真悟 日本作物学会第242回講演会 2016年
17. 「生育初期の地上部生育が地温およびサツマイモの塊根生産に及ぼす影響」 足立浩崇・門脇正行・安田登・磯上憲一・松本真悟 日本作物学会第241回講演会 2016年
18. 「砂丘地における耕作放棄果樹園の再利用について -サツマイモ栽培による再利用の検討-」 安田登,磯上憲一,城惣吉,松本真悟,門脇正行 日本砂丘学会第62回全国大会 2016年
19. 「塊根肥大期間の穂木からの同化産物供給は接木サツマイモ増収の主要因ではない」 足立文彦・萩原佳大・門脇正行・井藤和人 日本作物学会第237回講演会 2014年
20. 「‘出雲おろち大根’の最適施肥基準の検討」 中村 歩・石津文人・小林伸雄・門脇正行 農業生産技術管理学会平成25年度大会 2013年
21. 「サツマイモの塊根生産における植被率と地温との関係」 門脇正行・鎌田晃輔・永見拓朗・西原由香・十倉宏幸・林司直・安田登 日本作物学会第236回講演会 2013年
22. 「窒素施肥量がサツマイモの塊根生産の及ぼす影響」 門脇正行・西原由香・林司直・足立文彦・井藤和人・春日純子・松本真悟・安田登 日本作物学会第236回講演会 2013年
23. 「部分接木によるサツマイモ物質生産の促進」 足立文彦・宇田明日香・門脇正行・井藤和人 日本作物学会第236回講演会 2013年
24. 「気温,日射および栽植様式がダイズの生育および収量に及ぼす影響」 門脇正行・河原克明・大西政夫・安田登 日本作物学会第231回講演会 2011年 キーワード:ダイズ,日射,気温,栽植様式,収量
25. 「ソースおよびシンク能力からみた’出雲おろち大根’の生育特性の解明」 門脇正行・長瀬本美・難波比呂紀・河原克明・小林伸雄・安田登・広瀬佳彦・伴琢也 農業生産技術管理学会平成22年度大会 2010年 キーワード:出雲おろち大根,ソース,シンク
26. 「地温がサツマイモ塊根の形状および品質に及ぼす影響」 門脇正行・大木詩子・河原克明・安田登・山根智子 日本作物学会第230回講演会 2010年 キーワード:サツマイモ,塊根,地温,形状,品質
27. 「莢先熟状態の黒ダイズを脱粒機で脱粒作業する場合の最適収穫時期の検討」 土本浩之・大西政夫・門脇正行・河原克明・池内誉定・山根研一 農業生産技術管理学会平成22年度大会 2010年 キーワード:黒ダイズ,莢先熟,収穫時期
28. 「被覆資材の違いがサツマイモの収量および品質に及ぼす影響」 門脇正行・大木詩子・河原克明・安田登・山根智子 農業生産技術管理学会平成22年度大会 2010年 キーワード:サツマイモ,被覆資材,地温,収量,品質
29. 「複二条植および栽植密度がダイズの収量に及ぼす影響」 河原克明・門脇正行・大西政夫・池内誉定・安田登 農業生産技術管理学会平成22年度大会 2010年 キーワード:ダイズ,複二条植,収量,栽植密度
30. 「地温がサツマイモ塊根の生育および収量に及ぼす影響」 門脇正行・大木詩子・河原克明・安田登・山根智子 第228回日本作物学会講演会 2009年
31. 「摘芯処理と栽植密度がサツマイモ苗の生産本数と品質に及ぼす影響」 山根智子・安田登・門脇正行 農業生産技術管理学会平成21年度大会 2009年
32. 「砂丘地におけるサツマイモ栽培に適した施肥設計の検討 第4報 窒素施肥量増加によるサツマイモの収量増加と肥料経費との関係」 安田登・門脇正行・山根智子 農業生産技術管理学会平成21年度大会 2009年
33. 「莢先熟状態の黒ダイズを脱粒機で脱粒作業する場合の最適収穫時期の検討」 土本浩之・大西政夫・門脇正行・伊田圭佑・岡田憲章・河原克明・山根研一 農業生産技術管理学会平成21年度大会 2009年
34. 「複二条植えがダイズの生育,収量および収量構成要素に及ぼす影響」 河原克明・門脇正行・大西政夫・伊田圭佑・岡田憲章・安田登 農業生産技術管理学会平成21年度大会 2009年
35. 「複二条植えがダイズの生育,収量および収量構成要素に及ぼす影響」 河原克明・門脇正行・大西政夫・伊田圭佑・岡田憲章・安田登 第228回日本作物学会講演会 2009年
36. 「糖溶液供給がサツマイモの発根,初期生育および収量に及ぼす影響」 門脇正行・中村勲人・安田登 日本作物学会紀事75別(2):88‐89 2006年 キーワード:サツマイモ,糖溶液
37. 「日射反射率が異なるサツマイモ群落の屋上熱低減効果」 足立文彦・門脇正行・岩城一孝 日本作物学会紀事 74別(2)116-117 2005年
38. 「砂丘地における粉砕新聞紙の土壌混合とダイズの生育」 門脇正行・岩田宜子・藤田昌子・安田登・中野尚夫 日本作物学会紀事 74別(2):78-79 2005年
39. 「かんしょ栽培について」 門脇正行 湖陵町かんしょ生産組合総会 2004年
40. 「砂丘地における粉砕新聞紙の利用が種子の出芽率に及ぼす影響」 門脇正行・岩田宜子・安田登・中野尚夫 日本作物学会紀事 73別(2)2-3 2004年

委員会・学会役員等

1. 農業生産技術管理学会 編集幹事 2016年~ 2021年
2. 農業教育学会 評議員 2019年~ 2021年

学術雑誌の編集

1. 農業生産技術管理学会誌 委員
2. 日本作物学会紀事 委員
3. 農業生産技術管理学会誌 委員
4. 農業生産技術管理学会誌 委員 publisher:農業生産技術管理学会
5. 農業生産技術管理学会誌 委員

学会・シンポジウム等の主催

1. 日本作物学会第238回講演会 座長・司会 2014年
2. 日本作物学会第236回講演会 座長・司会 2013年
3. 農業生産技術管理学会平成25年度大会 役員,その他 2013年
4. 日本作物学会第232回講演会 座長・司会 2011年
5. 日本作物学会小集会 その他 2008年 作物学

学術賞受賞

1. 農業生産技術管理学会学会誌賞 安田登・山根智子・土倉まゆみ・土本浩之・広瀬佳彦・磯上憲一・春日純子・山岸主門・松本真悟・門脇正行 農業生産技術管理学会誌に掲載された特に優れた論文の著者(「農業の生産技術の発展に貢献すると予測される論文」を執筆した著者)が対象 農業生産技術管理学会 2016年 サツマイモ 砂丘地 窒素施肥量

COC事業などの島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 島根県農業技術センターで開催された「平成26年度島根県農業技術センター重点研究プロジェクト『有機畑作野菜』特別研修会【有機農産物等の販売・流通を巡る課題と対応方向】(8月20日)」,「バイテクを活用した育種研究研修会(10月3日)」に参加した.