Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

田邊 一明(タナベ カズアキ) TANABE Kazuaki

お問い合わせ

Icn 01所属部署

医学部 医学科 教授

Icn 01著書

1. 循環器疾患最新の治療2018-2019 (南江堂 2018)
2. 研修医のための臨床心エコー (文光堂 2016) ISBN:9784830619298 キーワード:心エコー
3. 今日の治療指針2009年版‐私はこう治療している (医学書院 2009) ISBN:9784260000713
4. 症状と所見から考える心・血管エコー (中山書店 2008) ISBN:9784521730523

Icn 01論文

1. 「Steroid-induced crisis and rhabdomyolysis in a patient with pheochromocytoma: a case report and review」 Takahashi N, Shimada T, Tanabe K, Yoshitomi H, Murakami Y, Ishibashi Y, Kikkawa R, Yano S, Araki A, Inoue A International Journal of Cardiology 学術論文
2. 「Increased apical rotation in patients with severe aortic stenosis assessed by three-dimensional speckle tracking imaging」 Tumenbayar M, Yamaguchi K, Yoshitomi H, Endo A, Tanabe K J Echocardiogr vol.:16 No.:11 28-33頁 学術雑誌 2018年 3月
3. 「Mid-ventricular Takotsubo cardiomyopathy on 99mTc-tetrofosmin and 123I-BMIPP SPECT」 Ito S, Endo A, Morita Y, Tanabe K Intern Med vol.:57 No.:3 449-451頁 学術雑誌 2018年 2月
4. A Rare Case of Rapidly Progressing Beriberi Heart」 Morita Y, Matsuda S, Akashi S, Iida H, Tanabe K Shimane Journal of Medical Science vol.:34 No.:2 67-71頁 学術雑誌 2017年 12月 ISSN:03865959 キーワード:beriberi heart,shoshin beriberi,thiamine,heart failure,colliquative myocytolysis
5. 「A case of myocardial infarction and left ventricular pseudo-false aneurysm perforating the right ventricle」 Nakashima R, Yamaguchi K, Yoshitomi H, Okada T, Endo A, Tanabe K J Echocardiogr vol.:15 No.:2 91-92頁 学術雑誌 2017年 6月
6. 「Comparison of CTAC and prone imaging for the detection of coronary artery disease using CZT SPECT」 Ito S, Endo A, Okada T, Nakamura T, Sugamori T, Takahashi N, Yoshitomi H, Tanabe K Ann Nucl Med vol.:31 629-635頁 学術雑誌 2017年 8月
7. 「Development of an iatrogenic aneurysm nine months after pacemaker implantation: consideration of causes and treatment」 Pak M, Kagawa Y, Watanabe N, Imai K, Endo A, Tanabe K J Cardiol Cases vol.:16 89-92頁 学術雑誌 2017年 9月
8. 「Early surgery for asymptomatic mitral regurgitation: importance of atrial fibrillation.」 Kitai T, Okada Y, Shomura Y, Tanabe K, Tani T, Kita T, Furukawa Y. J Heart Valve Dis vol.:21 61-70頁 学術雑誌 2012年
9. 「5年間で腫瘍の増大が確認出来た僧帽弁乳頭状線維弾性腫の1例」 岡田大司,吉冨裕之,伊藤早希,安達和子,石橋豊,岡田行功,田邊一明 超音波医学 vol.:38 全:4頁 647-650頁 学術雑誌 2011年
10. 「Association between takayasu arteritis and ulcerative colitis~case report and review of serological HLA analysis.」 Takahashi N, Tanabe K, Sugamori T, Sato M, Kitamura J, Sato H, Yoshitomi H, Ishibashi Y, Shimada T. Med Sci Monit vol.:17 全:4頁 CS81-84頁 学術雑誌 2011年
11. 「Gender differences in age-related changes in left ventricular geometry and function. An echocardiographic study in a healthy population. 」 Daimon M, Watanabe H, Abe Y, Hirata K, Hozumi T, Ishii K, Ito H, Iwakura K, Izumi C, Matsuzaki M, Minagoe S, Abe H, Murata K, Nakatani S, Negishi K, Yoshida K, Tanabe K, Tanaka N, Tokai K, Yoshikawa J Circ J vol.:75 全:7頁 2840-2846頁 学術雑誌 2011年
12. 「Detection of severe stenosis and total occlusion in the left anterior descending coronary artery with transthoracic Doppler echocardiography in the emergency room」 Tani T, Tanabe K, Kitai T, Yamane T, Kureha F, Katayama M, Tamita K, Kaji S Oda T, Ehara N, Kinoshita M, Yamamuro A, Morioka S, Kihara Y Echocardiography vol.:26 15-20頁 学術論文 2009年
13. 「原因不明の血小板減少症に対して十全大補湯が著効した1症例」 北村順、北村健二郎、安達和子、小谷暢啓、國澤良嗣、佐藤秀俊、吉冨裕之、石橋豊、田邊一明 漢方医学 vol.:33 297-300頁 短報 2009年
14. 「CABG後の高齢者重症大動脈弁狭窄症に対してapicoaortic conduit手術を施行した1例-心エコー図検査の有用性について-」 紺田利子、田邊一明、八木登志員、藤井洋子、加地修一郎、谷 知子、木原康樹、盛岡茂文、古川裕、庄村遊、那須通寛、岡田行功 日本心臓病学会誌 vol.:2 141-144頁 学術論文 2008年
15. 「Myocardial perforation of a temporary pacing wire detected by transthoracic echocardiography」 Tani T, Tanabe K, Furukawa Y, Shomura Y, Okada Y Journal of Echocardiography vol.:6 26-27頁 学術論文 2008年
16. 「Normal values of echocardiographic parameters and their relation with age in a healthy Japanese population-The JAMP study」 Daimon M, Watanabe H, Abe Y, Hirata K, Hozumi T, Ishii I, Ito H, Iwakura K, Izumi C, Matsuzaki M, Minagoe S, Abe H, Murata K, Nakatani S, Negishi K, Yoshida K, Tanabe K, Tanaka N, Tokai K, Yoshikawa J Circulation Journal vol.:72 1859-1866頁 学術論文 2008年
17. 「心エコーによる心不全の診断と治療の考え方」 田邊一明 日本プライマリ・ケア学会誌 vol.:31 315-317頁 総説 2008年

Icn 01発表等

1. 「僧帽弁逸脱に対する僧帽弁形成術のタイミング:ガイドラインの基準値と術後心機能との関係」 田邊一明、山口一人、八木登志員、片山美奈子、谷知子、古川裕、盛岡茂文、岡田行功 日本超音波医学会第81回学術集会 2008年

Icn 01委員会・学会役員等

1. 日本心臓病学会 社員(代議員) 2016年~ 2019年

Icn 01学術雑誌の編集

1. Journal of Echocardiography 委員長 publisher:Japanese Society of Echocardiography
2. Circulation Journal 委員 publisher:日本循環器学会 vol:81
3. Journal of Cardiology Cases 委員 publisher:日本心臓病学会 vol:15-16
4. Journal of Echocardiography 委員長 publisher:日本心エコー図学会 vol:15
5. Journal of Echocardiography 委員長 publisher:Springer
6. Journal of Echocardiography 委員長 publisher:Japanese Society of Echocardiography vol:14 no:1
7. Circulation Journal 委員
8. Journal of Cardiology Cases 委員
9. Journal of Echocardiography 委員
10. Circulation Journal 委員
11. Circulation Journal 委員 publisher:日本循環器学会

Icn 01学術雑誌の査読

1. Hypertension Research
2. Internal Medicine
3. International Journal of Cadiovascular Imaging
4. Journal of Cardiology
5. Internal Medicine
6. Journal of Echocardiography

Icn 01学会・シンポジウム等の主催

1. 日本心臓リハビリテーション学会第4回中国支部地方会 その他 2019年
2. Echo Heart Izumo 2017 実行委員長等 2017年
3. 第6回血液浄化心不全治療研究会 実行委員長等 2016年
4. Echo Heart Izumo 2013 実行委員長等 2013年
5. Echo Heart Izumo 2010 実行委員長等 2010年
6. 第97回日本循環器学会中国地方会 実行委員長等 2010年
7. Echo Heart Izumo 2009 実行委員長等 2009年
8. Echo Heart Izumo 実行委員長等 2008年 循環器
9. 日本超音波医学会第81回学術集会 座長・司会 2008年