Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

亀井 淳志(カメイ アツシ) KAMEI Atsushi

お問い合わせ

Icn 01所属部署

大学院総合理工学研究科 地球資源環境学領域 教授

Icn 01所属講座

地球資源環境学領域 

Icn 01専門分野

地質学

岩石・鉱物・鉱床学

Icn 01専門分野キーワード

火成岩岩石学

Icn 01研究テーマ

山陰地域に分布する花崗岩類の地質・岩石記載・年代・成因 そして,これら深成岩類に伴う金属鉱床との成因関係
山陰地域に分布する花崗岩類の地質学的研究とその形成論. 酸性マグマの固結過程と金属鉱化作用の関連性に関する研究.
研究分野:地質学,岩石・鉱物・鉱床学 (個人研究) 2004年 ~

花崗岩質岩石の風化過程における化学組成変化の研究 -岩石の化学的風化度を正確に見積もる手法開発について- -断層岩の地球化学的特徴について-
花崗岩質岩石の化学的風化作用に伴う化学的変化を解明する. また,花崗岩質岩石の風化度を正確に見積もるための手法を開発する.さらに,断層岩(特に活断層ガウジ)の地球化学的特徴を解明する.
研究分野:環境影響評価・環境政策,岩石・鉱物・鉱床学,土木環境システム (国内共同研究) 2004年 ~

南極セールロンダーネ山地に分布する深成岩類の形成史と成因
南極セールロンダーネ山地に分布する約10億年前の深成岩類と約5臆年前の深成岩類について,それぞれの成因論を解明している.このことで,10億年前および5億年前の地球の大陸形成機構を解明し,かつて地球上に形成した超大陸の形成過程をさぐる.
研究分野:地質学,岩石・鉱物・鉱床学 (国内共同研究) 2009年 ~

インド始生代大陸の形成過程の研究
特に35~25億年前の花崗岩を対象として,その成因論から大陸形成を考察している.
研究分野:地質学 (国際共同研究) 2013年 ~ 2017年

考古学遺跡より産する岩石遺物の地球化学的研究
主に,島根大学古代出雲プロジェクトセンターの業務として,考古学分野研究者と共に,黒曜石や石棺等の記載的・化学的特性の解析と原産地特定に関する研究を実施
研究分野:考古学 (国内共同研究) 2014年 ~

Icn 01職歴

准教授2007~現在
助教授2006年~2007年
講師2004年~2006年
独立行政法人産業技術総合研究所

Icn 01取得学位

博士(理学)  山口大学