Logo 検索システムTOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP 島根大学TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

森戸 茂一(モリト シゲカズ) MORITO Shigekazu

お問い合わせ

Icn 01所属部署

島根大学 教授

Icn 01所属講座

次世代たたら協創センター 

Icn 01専門分野

構造・機能材料

Icn 01専門分野キーワード

材料組織学

Icn 01研究テーマ

新しい社会基盤材料の為の新しい組織評価法の確立
転位組織の顕微鏡法による解析とX線回折法による解析との間に矛盾が生じないような解析法を構築する。また、転位組織の不均一さを考慮に入れ、比較的容易な転位組織解析法を開発する。進行状況によっては走査型電子顕微鏡などを利用した新しい評価手法を開発する。
研究分野:構造・機能材料,金属物性 (個人研究) 2008年 ~ 2010年

ラスマルテンサイトにおける内部組織不均一性の解明
ラスマルテンサイトに含まれるラスは一般的に均質な内部組織を持つと考えられている。しかし、同じサブブロックもしくはブロック内であっても個々のマルテンサイトラスの結晶方位は同じでなく、ラスのサイズや内部の転位密度も均一ではない。本計画ではこれらの不均一性を定量化し、その要因と制御法を明らかにする。
研究分野:構造・機能材料 (個人研究) 2010年 ~ 2011年

ラスマルテンサイトの組織形成のメカニズム
様々な生成条件でのラスマルテンサイト組織を作製し、その組織に対してシリアルセクション法とSEM/EBSP法を併用し三次元的かつ結晶学的な組織解析を行い、各組織因子が組織形成にあたえる影響を明らかにする。
研究分野:金属物性 (国内共同研究)

その場観察によるラスマルテンサイトの組織形成機構の解明
高温レーザ顕微鏡を利用してマルテンサイト変態時の組織変化をその場観察し、現れた組織の組織解析を行う。このとき、どの組織が初期に現れるか、またどの組織単位で現れるか、組織と周囲の環境の関係などが明らかになる。最終的には今まで得られている知見と組み合わせてラスマルテンサイトの組織形成機構を明らかにする。
研究分野:金属物性 (国内共同研究)

Icn 01ホームページURL

http://www.phys.shimane-u.ac.jp/ohba_lab/

Icn 01出身大学院

筑波大学 博士 (工学研究科 物質工学) 1997年 (修了)

Icn 01取得学位

博士(工学) 筑波大学