検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

大谷 浩(オオタニ ヒロキ) OTANI Hiroki

お問い合わせ

学部等/職名

役員 理事

著書

1. ラーセン人体発生学 第4版 (監訳) (西村書店 2013) ISBN:9784890134311
2. グレイ解剖学 原著第2版 (訳) (エルゼビア・ジャパン 2011) ISBN:9784860347734

論文

1. 「Role of Wnt5a-Ror2 signaling in morphogenesis of the metanephric mesenchyme during ureteric budding」 Nishita M, Qiao S, Miyamoto M, Okinaka Y, Yamada M, Hashimoto R, Iijima K, Otani H, Hartmann C, Nishinakamura R, Minami Y Mol Cell Biol. vol.:34 3096-3105頁 学術雑誌 2104年
2. 「ヒト・マウスの器官形成と組織形成における正常と異常」 大谷 浩 日本周産期・新生児医学会雑誌 vol.:50 No.:4 1153-1155頁 学術雑誌 2015年
3. 「Aiの系統解剖学実習への導入」 橋本龍樹、横田茂文、井上隆之、岡 達郎、松本暁洋、安井幸彦、大谷 浩 Innervision vol.:29 49-51頁 その他 2014年
4. 「Effect of ageing on healing of bilateral mandibular condyle fractures in a rat model」 Tatsumi H, Hideshima H, Kanno T, Hashimoto R, Matsumoto A, Otani H, Sekine J Int J Oral Maxillofac Surg vol.:43 185-193頁 学術雑誌 2014年
5. 「Effect of chronic administration of arachidonic acid on lipid profiles and morphology in the skeletal muscles of aged rats」 Inoue T, Hashimoto M, Katakura M, Tanabe Y, Al Mamun A, Matsuzaki K, Otani H, Shido O Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids vol.:91 119-127頁 学術雑誌 2014年
6. 「Fetal jaw movement affects Ihh signaling in mandibular condylar cartilage development: The possible role of Ihh as mechanotransduction mediator」 Jahan E, Matsumoto A, Rafiq AM, Hashimoto R, Inoue T, Udagawa J, Sekine J, Otani H Archives of Oral Biology vol.:59 1108-1118頁 学術雑誌 2014年
7. 「In vivo analysis of Arg-Gly-Asp sequence/integrin α5β1-mediated signal involvement in embryonic enchondral ossification by exo utero development system 」 Inoue T, Hashimoto R, Matsumoto A , Jahan E, Rafiq AM , Udagawa J, Hatta T, Otani H J Bone and Mineral Research vol.:29 1554-1563頁 学術雑誌 2014年
8. 「Statistical analysis with dilatation for development process of human fetuses」 Naito K, Notsu A, Udagawa J, Otani H Stat Methods Med Res 全:25頁 学術雑誌 2014年
9. 「合成ノビレチンの経口投与によるラット真皮への影響」 倉本純子、井上隆之、元矢知志、小川典子、古屋智英、野村正人、大谷 浩 近畿大学工学部研究報告 vol.:48 13-17頁 大学・研究所等紀要 2014年
10. 「母体環境の違いによるⅠ型糖尿病モデルマウス仔の病態進行への影響 第1報」 籠橋有紀子、大谷 浩 島根県立大学短期大学部松江キャンパス研究紀要 vol.:52 13-19頁 大学・研究所等紀要 2014年
11. 「Effect of leptin administration on myelination in ob/ob mouse cerebrum after birth」 Hashimoto R, Matsumoto A, Udagawa J, Hioki K, Otani H Neuroreport vol.:24 22-29頁 学術雑誌 2013年
12. 「Histological changes in the developing heart of human fetuses」 Liang S, Tanabe K, Niu Y, Otani H Shimane J Med Sci vol.:30 1-10頁 学術雑誌 2013年
13. 「Interkinetic nuclear migration during early development of midgut and ureteric epithelia」 Yamada M, Udagawa J, Hashimoto R, Matsumoto A, Hatta T, Otani H Anat Sci Int vol.:88 31-37頁 2013年
14. 「上皮管腔組織の器官形成と組織形成の解析」 大谷 浩 島根医学 vol.:33 170-179頁 学術雑誌 2013年
15. 「籠橋有紀子、大谷 浩」 妊娠・授乳母体の脂質栄養が仔の1型糖尿病発症に及ぼす影響 脂質栄養学 vol.:22 35-43頁 学術雑誌 2013年
16. 「Expression pattern of galectin 4 in rat placentation」 Arikawa T, Simamura E, Shimada H, Nishi N, Tatsuno T, Ishigaki Y, Tomosugi N, Placenta vol.:33 885-887頁 学術雑誌 2012年
17. 「Adrenocorticotropic tumor cells transplanted into mouse embryos affect pancreatic histogenesis」 Kawamoto M, Udagawa J, Hashimoto R, Matsumoto A, Yamada M, Nimura M, Otani H Congenit Anom vol.:51 No.:2 62-69頁 学術雑誌 2011年
18. 「Cross- and triple-ratios of human body parts during development」 Lundh T, Udagawa J, Hänel SE, Otani H Anat Rec vol.:294 No.:8 1360-1369頁 学術雑誌 2011年
19. 「Effects of melanocortins on fetal development」 Simamura E, Shimada H, Shoji H, Otani H, Hatta T Congenit Anom vol.:51 No.:2 47-54頁 学術雑誌 2011年
20. 「Mathematical analysis of mandibular morphogenesis by micro-CT-based mouse and alizarin red S-stained-based human studies during development」 Rafiq AM, Udagawa J, Lundth T, Jahan E, Matsumoto A, Sekine J, Otani H Anat Rec vol.:295 No.:2 313-327頁 学術雑誌 2011年
21. 「Morphological and morphometric study on sphenoid and basioccipital ossification in normal human fetuses」 Zhang Q, Wang H, Udagawa J, Otani H Congenit Anom vol.:51 No.:3 138-148頁 学術雑誌 2011年
22. 「Stage-specific changes in the levels of granulocyte-macrophage colony-stimulating factor and its receptor in the biological fluid and organ of mouse fetuses 」 Matsumoto A, Hatta T, Ono A, Hashimoto R, Otani H Congenit Anom vol.:51 183-186頁 2011年
23. 「ヒト関節拘縮病態の解剖学的観察、解析方法の検討 -解剖学実習体による検討-」 井上隆之、橋本龍樹、岩本凡子、大谷 浩 理学療法学 vol.:38 No.:3 173-179頁 学術雑誌 2011年
24. 「Analysis of the harmonized growth pattern of fetal organs by multidimensional scaling and hierarchical clustering 」 Udagawa J, Yasuda A, Naito K, Otani H Congenit Anom vol.:50 No.:3 175-185頁 学術雑誌 2010年 ISSN:09143505
25. 「Diet with a low n-6/n-3 essential fatty acid ratio when started immediately after the onset of overt diabetes prolongs survival of type 1 diabetes model NOD mice」 Kagohashi Y, Otani H Congenit Anom vol.:50 226-231頁 学術雑誌 2010年 ISSN:09143505
26. 「Direct and indirect effects of neuropeptide Y and neurotrophin 3 on myelination in the neonatal brains」 Hashimoto R, Udagawa J, Kagohashi Y, Matsumoto A, Hatta T, Otani H Brain Res vol.:1373 55-66頁 学術雑誌 2010年
27. 「Effects of restriction of fetal jaw movement on prenatal development of the temporalis muscle」 Jahan E, Matsumoto A, Udagawa J, Rafiq AM, Hashimoto R, Rahman OI, Habib H, Sekine J, Otani H Archives of Oral Biology vol.:55 919-927頁 学術雑誌 2010年
28. 「Individual variation in organ histogenesis as a causative factor in the developmental origins of health and disease: Unnoticed congenital anomalies?」 Otani H, Udagawa J, Hatta T, Kagohashi Y, Hashimoto R, Matsumoto A, Satow F, Nimura M Congenit Anom vol.:50 205-211頁 学術雑誌 2010年 ISSN:09143505
29. 「Leptin and its intracellular signaling pathway maintain the neurosphere」 Udagawa J, Ono A, Kawamoto M, Otani H NeuroReport vol.:21 1140-1145頁 学術雑誌 2010年
30. 「Maternal dietary n-6/n-3 fatty acid ratio affects type 1 diabetes development in the offspring of NOD mice」 Kagohashi Y, Abiru N, Kobayashi M, Hashimoto M, Shido O, Otani H Congenit Anom vol.:50 212-220頁 学術雑誌 2010年 ISSN:09143505
31. 「Maternal leukemia inhibitory factor (LIF) promotes fetal neurogenesis via a LIF-ACTH-LIF signaling relay pathway」 Simamura E, Shimada H, Higashi N, Uchishiba M, Otani H, Hatta T Endocrinology vol.:151 No.:4 1853-1862頁 学術雑誌 2010年
32. 「Multidimensional standard curve for the development process of human fetuses」 Naito K, Udagawa J, Otani H Statistics in Medicine vol.:29 2235-2245頁 学術雑誌 2010年
33. Possible roles of leptin in the early stage of prenatal development of the mouse cerebellum」 Mu Q, Udagawa J, Sun T, Otani H Shimane J Med Sci vol.:27 1-7頁 学術雑誌 2010年
34. 「Ror2 is required for midgut elongation during mouse development」 Makiko Yamada, Jun Udagawa, Akihiro Matsumoto, Ryuju Hashimoto, Toshihisa Hatta, Michiru Nishida, Yasuhiro Minami, and Hiroki Otani Developmental Dynamics vol.:239 941-953頁 学術雑誌 2010年
35. 「出産後尿失禁の慢性化予防を目的とする骨盤底筋訓練の効果の形態学的評価」 長島玲子、合田典子、宇田川 潤、大谷 浩 日本女性骨盤底医学会誌 vol.:7 55-62頁 学術雑誌 2010年
36. 「Development of olfactory epithelium in the human fetus: scanning electron microscopic observations」 Mitsuhiro Kimura, Tsuyoshi Umehara, Jun Udagawa, Hideyuki Kawauchi, Hiroki Otani Congenit Anom vol.:49 No.:9 102-107頁 学術雑誌 2009年 ISSN:09143505
37. 「Role of interleukin-15 in development of the mouse olfactory nerve」 Tsuyoshi Umehara, Jun Udagawa, Kaoru Takamura, Mitsuhiro Kimura, Ryotaro Ishimitsu, Hiroshi Kiyono, Hideyuki Kawauchi, and Hiroki Otani Congenit Anom vol.:49 No.:4 253-257頁 学術雑誌 2009年 ISSN:09143505
38. 「Fetal jaw movement affects development of articular disk in the temporomandibular joint」 Hasina Habib, Toshihisa Hatta, Omar Ibna Faizur Rahman, Yasuro Yoshimura, Hiroki Otani Congenital Anomalies vol.:47 53-57頁 その他 2007年
39. 「脂肪酸摂取法の違いによる食生活改善における有効性の差異について」 籠橋有紀子, 橋本龍樹, 大谷 浩, 名和田清子 島根女子短期大学紀要 vol.:45 1-7頁 その他 2007年
40. 「短期および長期的な食餌環境が血中脂肪酸組成に与える影響について」 籠橋有紀子, 大谷 浩 島根女子短期大学紀要 vol.:45 9-16頁 その他 2007年
41. 「Analysis of polyploid cells in mouse embryonic cells cultures under diabetic conditions」 Reiko Tatewaki, Yukiko Kagihashi, Hiroki Otani Congenital Anomalies vol.:46 149-154頁 その他 2006年
42. 「Heavy water inhibiting the expression of transforming growth factor-1 and the development of kaolin-induced hydrocephalus in mice」 Junko Hatta, Toshihisa Hatta, Kouzo Moritake, Hiroki Otani J Neurosurg (4 Suppl Pediatrics) vol.:104 251-258頁 その他 2006年
43. 「Leptin affects oligodendroglial development in the mouse embryonic cerebral cortex」 Jun Udagawa, Masayuki Nimura, Hiroki Otani Neuroendocrinology Letters vol.:27 177-182頁 その他 2006年
44. 「Leptin deficiency causes pycnotic change in fetal cingulate cortical cells」 Jun Udagawa, Masayuki Nimura, Yukiko Kagohashi and Hiroki Otani Congenital Anomalies vol.:46 16-20頁 その他 2006年
45. 「Quantitative analyses of leukemia inhibitory factor in the cerebrospinal fluid in mouse embryos」 Toshihisa Hatta, Akihiro Matsumoto, Atsuki Ono, Jun Udagawa, Masayuki Nimura, Ryuju Hashimoto, Hiroki Otani NeuroReport vol.:17 1863-1866頁 その他 2006年
46. 「Reg I-knockout mice reveal its role in regulation of cell growth that is required in generation and maintenance of the villous structure of small intestine」 Takayuki Ose, Yasunori Kadowaki, Hiroyuki Fukuhara, Hideaki Kazumori, Shunji Ishihara, Jun Udagawa, Hiroki Otani, Shin Takasawa, Hiroshi Okamoto, Yoshikazu Kinoshita Oncogene vol.:26 349-359頁 その他 2006年
47. 「Spatial and temporal patterns of expression of melanocortin type 2 and 5 receptors in the fetal mouse tissues and organs」 Masayuki Nimura, Jun Udagawa, Toshihisa Hatta, Ryuju Hashimoto and Hiroki Otani Anatomy and Embryology vol.:211 109-117頁 その他 2006年
48. 「The role of leptin in the development of the cerebral cortex in mouse embryos」 Jun Udagawa, Ryuju Hashimoto, Hiroaki Suzuki, Toshihisa Hatta, Yusuke Sotomaru, Kyoji Hioki, Yukiko Kagohashi, Tatsuji Nomura, Yasuhiro Minami and Hiroki Otani Endocrinology vol.:147 647-658頁 その他 2006年
49. 「The role of leptin in the development of the cortical neuron in mouse embryos」 Jun Udagawa, Ryuju Hashimoto, Kyoji Hioki, Hiroki Otani Brain Research vol.:1120 74-82頁 その他 2006年
50. 「室内環境におけるフィトンチッドの消臭効果の検討」 川上浩平, 河本 舞, 堀江哲史, 三原安経, 野村正人, 山田高也, 小林裕太, 大谷 浩 環境管理技術 vol.:24 17-22頁 その他 2006年
51. 「Adipocytes from Munc18c-null mice show increased sensitivity to insulin-stimulated GLUT4 externalization」 Hajime Kanda, Yoshikazu Tamori, Hiroaki Shinoda, Mari Yoshikawa, Motoyoshi Sakaue, Jun Udagawa, Hiroki Otani, Fumi Tashiro, Jun-ichi Miyazaki, and Masato Kasuga The Journal of Clinical Investigation vol.:115 291-301頁 その他 2005年
52. 「Basement membrane fragility underlies embryonic lethality in fukutin-null mice」 Hiroki Kurahashi, Mariko Taniguchi, Chikara Meno, Yoshihiro Taniguchi, Satoshi Takeda, Masato Horie, Hiroki Otani and Tatsushi Toda Neurobiology of Disease vol.:19 208-217頁 その他 2005年
53. 「Fetal jaw movement affects condylar cartilage development」 Hasina Habib, Toshihisa Hatta, Jun Udagawa, Liqun Zhang, Yasuro Yoshimura and Hiroki Otani Journal of Dental Research vol.:84 474-479頁 その他 2005年
54. 「Maternal environment affects endogenous virus induction in the offspring of NOD mice」 Y. Kagohashi, J. Udagawa, K. Moriyama and H. Otani Congenital Anomalies vol.:45 80-84頁 その他 2005年
55. 「Maternal factors in a model of type 1 diabetes differentially affect development of insulitis and overt diabetes in offspring」 Y. Kagohashi, J. Udagawa, N. Abiru, M. Kobayashi, K. Moriyama and H. Otani Diabetes vol.:54 2026-2031頁 その他 2005年
56. 「管理栄養士国家試験の手引き:直前チェック一問一答」 大谷 浩 臨床栄養 vol.:106 386-395頁 その他 2005年
57. 「神経・免疫・内分泌ネットワーク形成機構の解析:胎生期におけるACTHの新たな機能を探る」 大谷 浩 ACTH Related Peptides vol.:16 1-9頁 その他 2005年
58. 「Application of the mouse exo utero development system in the study of developmental biology and teratology」 Toshihisa Hatta, Akihiro Matsumoto, and Hiroki Otani Congenital Anomalies vol.:44 2-8頁 その他 2004年
59. 「Comments from the Behavioral Teratology Committee of the Japanese Teratology Society on OECD Guideline for the Testing of Chemicals, Proposal for a New Guideline 426, Developmental Neurotoxicity Study, draft document (September 2003)」 Yoshihiro Fukui, Makoto Ema, Michio Fujiwara, Hashihiro Higuchi, Minoru Inouye, Takayuki Iwase, Takahide Kihara, Tatsuya Nishimura, Akihide Oi, Yojiro Ooshima, Hiroki Otani, Misuhiro Shinomiya, Kozo Sugioka, Tsunekazu Yamano, Keisuke H. Yamashita, and Tak Congenital Anomalies vol.:44 172-177頁 その他 2004年
60. 「Downregulation of Kiss-1 expression is responsible for tumor invasion and worse prognosis in gastric carcinoma」 Dipok Kumar Dhar, Hiroyuki Naora, Hirofumi Kubota, Riruke Maruyama, Hiroshi Yoshimura, Yasihito Tonomoto, Mitsuo Tachibana, Takashi Ono, Hiroki Otani and Naofumi Nagasue Internal Journal of Cancer vol.:111 868-872頁 その他 2004年
61. 「Expression of regenerating gene I in gastric adenocarcinomas」 Dipok Kumar Dhar, Jun Udagawa, Shunji Ishihara, Hiroki Otani, Yosgikazu Kinoshita, Cancer vol.:100 1130-1136頁 その他 2004年
62. 「Gi2 signaling enhances proliferation of neural progenitor cells in the developing brain」 Haruo Shinohara, Jun Udagawa, Rika Morishita, Hiroshi Ueda, Hiroki Otani, Reiji Semba, Kanefusa Kato, and Tomiko Asano The Journal of Biological Chemistry vol.:279 41141-41148頁 その他 2004年
63. 「Glycosyltransferase encoding gene EXTL3 is differentially expressed in the developing and adult mouse cerebral cortex」 Noura Osman M.S., Hiroyuki Naora and Hiroki Otani Developmental Brain Research vol.:151 111-117頁 その他 2004年
64. 「管理栄養士国家試験の手引き:解剖生理学:消化器系」 大谷 浩 臨床栄養 vol.:104 888-889頁 その他 2004年
65. 「腎、尿管、膀胱の発生」 和気功治、大谷 浩、井川幹夫 画像診断 vol.:24 810-821頁 その他 2004年
66. 「脳が一つの結合体(シャム双生児)では、錐体路はどうなっているのか」 大谷 浩 Clinical Neuroscience vol.:22 865-頁 その他 2004年
67. 「泌尿器の発生:器官形成と組織形成をめぐる古くて新しい謎」 大谷 浩、二村正之、井上圭太、三島杏子、和気功治 西日本泌尿器科 vol.:66 148-159頁 その他 2004年

発表等

1. 「Interkinetic nuclear migration in the mouse embryonic ureteric epithelium」 Motoya T, Ogawa N, Nitta T, Rafiq A M, Jahan E, Furuya M, Matsumoto A, Udagawa J, Otani H 第120回日本解剖学会全国学術集会、第92回日本生理学会大会合同大会 2015年
2. 「The management of secondary infection control in gross anatomy education in Shimane University Faculty of Medicine」 Ogawa N, Hirano S, Yokota S, Matsumoto A, Furuya M, Oka T, Yasui Y, Otani H 第120回日本解剖学会全国学術集会、第92回日本生理学会大会合同大会 2015年
3. 「Arg-Gly-Asp(RGD)配列/インテグリンα5β1シグナルの軟骨内骨化への関与のin vivo解析」 井上隆之、橋本龍樹、松本暁洋、EsratJahan、Ashiq Mahmood Rafiq、宇田川 潤、八田稔久、大谷 浩 第119回日本解剖学会全国学術集会 2014年
4. 「Mesiation of Wnt/PCP-JNK signal pathway in NTDs happening and preventing NTDs with taurine」 Zhang Qinghua, Zhang Li, Hiroki Otani 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
5. 「PSKの抗催奇形効果へのTNF-α関連分子の関与」 直良博之、秋田春菜、岡本真奈、橋本龍樹、大谷 浩 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
6. 「Senna occidentalis抽出物は線維芽細胞の増殖に影響を与える」 元矢知志、野村正人、大谷 浩 日本農芸化学会2014年度大会 2014年
7. 「オートファジーによるガレクチン4発現制御を軸とした胎盤形成機構の解明」 有川智博、島田ひろき、島田英理子、大谷 浩、八田稔久、東海林博樹 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
8. 「ヒト・マウスの器官形成と組織形成における正常と異常」 大谷 浩 第50回日本周産期・新生児医学会学術集会 2014年
9. 「マウス胎児の腸管上皮における細胞数の計測」 倉本純子、平野 了、元矢知志、八田稔久、大谷 浩 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
10. 「マウス胎児中腸の腸管上皮細胞数は吻尾軸方向に沿って変化する」 倉本純子、小川典子、古屋智英、松本暁洋、八田稔久、大谷 浩 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会 2014年
11. 「マウス中胚葉由来組織である尿管の発生過程においてInterkinetic nuclear migration (INM) が存在する」 元矢知志、新田哲哉、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esrat、小川典子、古屋智英、松本暁洋、 宇田川 潤、大谷 浩 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会 2014年
12. 「器官形成期マウス胚の気管上皮におけるInterkinetic nuclear migrationの解析」 兼田 稜、橋本龍樹、金山加代、荒内亮輔、古屋智英、佐藤文夫、宇田川 潤、大谷 浩 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
13. 「合成ノビレチンの経口投与によるラットの真皮への影響」 倉本純子、井上隆之、元矢知志、野村正人、大谷 浩 日本農芸化学会2014年度大会 2014年
14. 「中枢神経系の組織形成に関与するマイクロRNAの探索とその役割の解明」 橋本龍樹、松本暁洋、井上隆之、大谷 浩 第119回日本解剖学会全国学術集会 2014年
15. 「尿管上皮発生におけるInterkinetic nuclear migrationの解析」 新田哲哉、元矢知志、Rafiq AM、Jahan E、小川典子、古屋智英、松本暁洋、宇田川 潤、 大谷 浩 第54回日本先天異常学会学術集会 2014年
16. 「Cell polarity-associated mechanisms in normal and abnormal organogenesis and histogenesis of epithelial tubular structures」 Otani H, Udagawa J, Hatta T, Minami Y The First International Meeting for Epithelial Tubulology 2013年
17. 「DOHaD と組織形成:低栄養に関わらない疾病素因とは?」 大谷 浩 第53回日本先天異常学会学術集会 2013年
18. 「Senna occidentalis抽出物による創傷回復効果-MMPの発現について-」 元矢 知志、野村正人、大谷 浩 日本農芸化学会2013年度大会 2013年
19. 「マウス胎仔の脳組織形成における顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子の作用の解析」 松本暁洋、Rafiq Ashiq M、八田稔久、橋本龍樹、大谷 浩 第118回日本解剖学会全国学術集会 2013年
20. 「加齢に伴う筋肉量の減少とアラキドン酸長期摂取の関係」 井上隆之、 橋本道男、片倉賢紀、田邊洋子、Abdullah Al Mamun、松崎健太郎、大谷 浩、紫藤 治 第48回日本理学療法学術大会 2013年
21. 「子宮外発生法を用いた軟骨内骨化における軟骨細胞増殖,分化・肥大,細胞死調節因子のin vivo解析」 井上隆之、橋本龍樹、松本暁洋、Esrat Jahan、宇田川 潤、 八田稔久、大谷 浩 第118回日本解剖学会全国学術集会 2013年
22. 「子宮外発生法を用いた軟骨内骨化メカニズムのin vivo解析」 井上隆之、橋本龍樹、松本暁洋、Jahan Esrat、Rafiq Ashiq、宇田川潤、八田稔久、大谷 浩 第53回日本先天異常学会学術集会 2013年
23. 「女子学生の食習慣と葉酸摂取」 松尾拓哉、籠橋有紀子、千賀靖子、福田博美、篠崎圭子、竹森久美子、大谷 浩、近藤厚生 第67回日本栄養・食糧学会大会 2013年
24. 「上皮管腔組織の器官形成と組織形成」 大谷 浩 第120回日本医学放射線学会中国四国地方会 2013年
25. 「生後マウス大脳におけるperoxisomeproliferator-activated receptorを介したレプチンの髄鞘化に対する作用についての解析」 橋本龍樹、松本暁洋、井上隆之、元矢知志、宇田川 潤、大谷 浩 第118回日本解剖学会全国学術集会 2013年
26. 「多価不飽和脂肪酸摂取によるラット骨格筋の筋線維型に及ぼす影響」 井上隆之、橋本道夫、片倉賢紀、田邊洋子、Abdullah Al Mamun, 大谷 浩、紫藤 治 日本脂質栄養学会第22回大会 2013年
27. 「多次元尺度構成法 (Multidimensional scaling MDS) による尿管上皮発生におけるInterkinetic nuclear migration (INM) の解析」 元矢知志、Rafiq Ashiq Mahmood、Jahan Esra、松本 暁洋、宇田川 潤、大谷 浩 日本解剖学会第68回中国・四国支部学術集会 2013年
28. 「葉酸の認知と先天異常についての意識調査」 松尾拓哉、籠橋有紀子、千賀靖子、小西啓悦、 福田博美、篠崎圭子、竹森久美子、大谷 浩、近藤 厚 第53回日本先天異常学会学術集会 2013年
29. 「顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子のマウス胎仔脳組織形成に及ぼす作用の解析」 松本暁洋、井上隆之、元矢知志、佐藤文夫、橋本龍樹、八田稔久、大谷 浩 第53回日本先天異常学会学術集会 2013年
30. 「Effect of chronic administration of arachidonic acid on skeletal muscler lipids in aged rats」 Inoue T, Hashimoto M, Tanabe Y, Hara T, Matsuzaki K, Katakura M, Otani H, Shido O 10th Congress of the International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids 2012年
31. 「Prenatal jaw movement affects molecular cascade in the mandibular condylar cartilage development」 Jahan E, Hashimoto R, Matsumoto A, Rafiq AM, Udagawa J, Sekine J, Otani H Joint Meeting of the 45th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the 64th Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology 2012年
32. 「Regulation of erythroblast differentiation by melanocortin receptors 1, 2 and 5-mediated signals」 島村英理子、島田ひろき、有川智博、東海林博樹、大谷 浩、八田稔久 第74回日本血液学会学術集会 2012年
33. 「Wnt11ノックアウトマウスの小腸発生過程における組織形成異常」 平野 了、松本暁洋、橋本龍樹、佐藤文夫、Jahan E、Rafiq AM、佐藤 朗、菊池 章、大谷 浩 第52回日本先天異常学会学術集会 2012年
34. 「Wnt11ノックアウトマウスの胎仔期及び新生仔期の大腸の形態学的解析」 Jahan E、Rafiq AM、松本暁洋、平野 了、佐藤 朗、菊池 章、大谷 浩 第52回日本先天異常学会学術集会 2012年
35. 「シリカコート酸化亜鉛ナノ粒子への抗体修飾」 吉清恵介、橋本英樹、松本暁洋、山本達之、大谷 浩、藤田恭久 ナノ学会第10回大会 2012年
36. 「ヒト関節拘縮における関節包の組織学的変化」 井上 隆之、橋本 龍樹、松本 暁洋、堀江 哲史、安井 幸彦、大谷 浩 第47回日本理学療法学術大会 2012年
37. 「加齢ラット骨格筋に及ぼすアラキドン酸長期投与の影響」 井上隆之、橋本道男、片倉賢紀、田邊洋子、Mamun AA、松崎健太郎、大谷 浩、紫藤 治 日本脂質栄養学会第21回大会 2012年
38. 「解剖学実習体を用いた関節拘縮病態の解剖学的観察及び解析方法の検討」 橋本龍樹,井上隆之,大谷 浩 第24回日本運動器科学会 2012年
39. 「骨盤底筋訓練による出産後尿失禁症状の改善状況の比較検討 -MR画像による骨盤底の形態学的評価-」 長島玲子、井上千晶、多々納憂子、大谷 浩 第14回日本女性骨盤底医学会 2012年
40. 「骨盤底訓練による出産後尿失禁症状の消失例と非消失例の比較検討-MR画像による骨盤底の形態学的評価-」 長島玲子、合田典子、井上千晶、大谷 浩 第26回日本助産学会学術集会 2012年
41. 「長管骨軟骨内骨化におけるRGD配列を介したシグナルの関与の子宮外発生法を用いた解析」 井上隆之、橋本龍樹、松本暁洋、Esrat Jahan、宇田川 潤、八田稔久、大谷 浩 日本解剖学会第67回中国・四国支部学術集会 2012年
42. 「乳児期マウス大脳の髄鞘化におけるneuropeptide Y (NPY)のY2受容体を介した作用」 橋本龍樹、松本暁洋、平野 了、大谷 浩 第52回日本先天異常学会学術集会 2012年
43. 「母体LIFシグナルの胎児大脳皮質radial gliaへの影響」 島村英理子、島田ひろき、有川智博、東海林博樹、大谷 浩、八田稔久 第52回日本先天異常学会学術集会 2012年
44. 「NODマウスの顕性糖尿病の発症抑制に関わる必須脂肪酸の比率および組成の解明」 籠橋 有紀子, 亀山 日向子, 古瀬 美穂, 藤原 有香, 石和田 光, 梅山 園子, 門脇 つばさ, 松本 暁洋, 大谷 浩 第8回日本小児栄養研究会 2011年
45. 「Roles of neurotrophin 3 and brain-derived neurotrophic factor in myelination in the mouse cerebrum during the lactation period」 Hashimoto R, Matsumoto A, Rafiq AM, Motoya T, Udagawa J, Otani H 第116回日本解剖学会全国学術集会 2011年
46. 「Senna occidentalis(望江南)抽出物の創傷治癒促進効果について」 元矢 知志、宇田川 潤、桐原 由美子、野村 正人、大谷 浩 日本農芸化学会2011年度大会 2011年
47. 「The characterization of optical properties of ZnO films as biomaterial.」 Deguchi Y, Furubayashi Y, Fujita Y, Otani H International Conference on Biomaterials Science 2011 2011年
48. 「マウス中枢神経系発生における顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子の作用の解析」 松本 暁洋、小野 篤輝、Jahan Esrat、張 慶華、八田 稔久、大谷 浩 第116回日本解剖学会全国学術集会 2011年
49. 「発達過程における筋腱結合部基底膜形成の形態学的解析」 井上 隆之、橋本 龍樹、松崎 健太郎、松本 暁洋、宇田川 潤、大谷 浩 第116回日本解剖学会全国学術集会 2011年
50. 「2型糖尿病モデルマウスの病態進行に対する必須脂肪酸比率の影響について」 籠橋 有紀子、大谷 浩 第57回日本実験動物学会総会 2010年
51. 「Effects of neurotrophin 3 and brain derived neurotrophic factor on myelination in the mouse cerebrum in the lactation period」 Hashimoto R, Matsumoto A, Ono A, Nishimoto S, Udagawa J. Otani H 40th Annual Meeting Neuroscience 2010 2010年
52. 「Epithelial cell rearrangement contributes the ureteral elongation in human and mouse embryos」 山田 真紀子、和気 功治、宇田川 潤、八田 稔久、橋本 龍樹、松本 暁洋、椎名 浩昭、井川 幹夫、大谷 浩 第50回日本先天異常学会 2010年
53. 「Fetal jaw movement affects Indian hedgehog signaling in mandibular condylar cartilage development」 Jahan E, Udagawa J, Matsumoto A, Rafiq AM, Sekine J, Otani H 第50回日本先天異常学会 2010年
54. 「Mandibular morphogenesis by 3-D study & mathematical analysis of its fetal and neonatal development」 Rafiq AM, Udagawa J, Lundh T, Jahan E, Matsumoto A, Sekine J, Otani H 第50回日本先天異常学会 2010年
55. 「Maternal dietary n-6/n-3 fatty acid ratio affects autoimmune diabetes development in the offspring in NOD mice」 Kagohashi Y, Ikeda R, Otani H The 5th International Niigata Symposium on Diet and Health 2010年
56. 「Mathematical analysis of mandibular morphogenesis by 3-D study during」 Rafiq AM, Udagawa J, Lundh T, Jahan E, Sekine J, Otani H The International College of Surgeons. The 56th Annual Congress of the Japan Section 2010年
57. 「Photoluminescence properties of ZnO nanoparticles dispersions in saline」 Hirano S, Tokunaga M, Senthilkumar K, Hashimoto H, Otani H, Fujita Y 4th International Symposium on Nanomadicine (ISNM2010) 2010年
58. 「Prenatal jaw movement restriction may affect molecular cascade including Indian hedgehog in the development of mandibular condylar cartilage」 Jahan E, Udagawa J, Matsumoto A, Rafiq AM, Sekine J, Otani H The International College of Surgeons. The 56th Annual Congress of the Japan Section 2010年
59. 「Sennna occidentalis(望江南)抽出物の創傷治癒促進効果について」 元矢 知志、宇田川 潤、桐原 由美子、大谷 浩 日本解剖学会第65回中国・四国支部学術集会 2010年
60. 「The regulation of fetal neurogenesis via maternal-fetal LIF-ACTH-LIF signaling relay pathway 」 Simamura E, Shimada H, Higashi N, Uchishiba M, Otani H, Hatta T Neuro2010 第33回日本神経科学大会 2010年
61. 「The role of leptin in the proliferation and differentiation of the neural lineage cells」 Udagawa J, Otani H The 3rd Pan Pacific Symposium on Stem Cells Research 2010 2010年
62. 「1型糖尿病の発症抑制に適正な必須脂肪酸比率(n-6/n-3)とその摂取時期について」 籠橋 有紀子、大谷 浩 第50回日本先天異常学会 2010年
63. 「マウス胎児大脳皮質由来の神経系細胞の維持におけるレプチンの役割」 宇田川 潤、橋本 龍樹、松本 暁洋、小野 篤輝、佐藤 文夫、大谷 浩 第50回日本先天異常学会 2010年
64. 「授乳期マウス大脳における髄鞘化に対するNeurotrophin 3の役割」 橋本 龍樹、松本 暁洋、小野篤 輝、西本 聖子、河本 舞、宇田川 潤、大谷 浩 第50回日本先天異常学会 2010年
65. 「臓器の組織形成と疾病の素因形成のかかわり」 大谷 浩 第21回日本成長学会学術集会 2010年
66. 「胎盤を介した母胎間シグナルリレーLIF-ACTH-LIFの時期特異性」 島村 英理子、島田 ひろき、東 伸明、内芝 舞実、大谷 浩、八田 稔久 第50回日本先天異常学会 2010年
67. 「微量栄養素と先天異常についての意識調査(第4報)」 松尾 拓哉、籠橋 有紀子、千賀 靖子、小西 啓悦、竹森 久美子、木原 隆英、村上 哲男、大谷 浩 第50回日本先天異常学会 2010年
68. 「NODマウスの糖尿病発症に関わる必須脂肪酸摂取比率と摂取時期について」 籠橋有紀子, 武部恵美, 鎌田ルミ子, 帯刀礼子, 森山賢治, 大谷 浩 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会 2007年
69. 「マウスにおける髄鞘化に対するニューロペプタイドYの影響」 橋本龍樹, 宇田川 潤, 籠橋有紀子, 山田真紀子, 河本 舞, 松本暁洋, 八田稔久, 大谷 浩 第112回日本解剖学会総会 2007年
70. 「マウス糸球体毛細血管網分枝構造の発生過程」 直良 博之, 高橋 摩弥, 勢田 真由美, 大谷  浩 第112回日本解剖学会総会 2007年
71. 「マウス大脳皮質発生におけるレプチンの機能」 宇田川 潤, 橋本龍樹, 八田稔久, 大谷 浩 第80回千里神経懇話会 2007年
72. 「神経・免疫・内分泌ネットワーク形成と調和的組織形成機構の発生工学的解析と数理解析」 大谷 浩, 八田稔久, 宇田川 潤, 二村正之, 橋本龍樹, 松本暁洋 第112回日本解剖学会発生学懇話会 2007年
73. 「Japanese cuisine, with a low n-6/n-3 essential fatty acid ratio, prolongs the honeymoon periodin type 1 diabetes of NOD mice」 Y. Kagohashi, A. Tagawa, R. Tatewaki, H. Otani 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006年
74. 「NODマウスの糖尿病発症に離乳前の必須脂肪酸摂取比率が及ぼす影響」 籠橋有紀子、直良博之、阿比留教生、古林正和、橋本道男、紫藤 治、大谷 浩 第20回日本糖尿病動物研究会年次学術集会 2006年
75. 「dyl/dylマウスの小眼球症をアデノウイルスによる一過性遺伝子導入により治療する試み」 橋本龍樹, Milan Jamrich, 松本暁洋, 河本 舞, 大谷 浩 第46回日本先天異常学会 2006年
76. 「1型糖尿病のハネムーン期を修飾する必須脂肪酸摂取比率について」 籠橋有紀子, 直良博之, 森山賢治, 大谷 浩 第48回日本脂質生化学会 2006年
77. 「ニューロペプタイドYのマウス新生児大脳における髄鞘化に対する影響とその機構」 橋本龍樹、宇田川 潤、河本 舞、松本暁洋、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2006年
78. 「ヒト胎児組織形成期における多次元発生スタンダード作成の試み」 宇田川 潤, 内藤寛太, 安田 晃, 佐藤文夫, 大谷 浩 第46回日本先天異常学会 2006年
79. 「マウスの胎生期における顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子の発現分布と作用の検討」 松本 暁洋, 八田 稔久, 大谷  浩 第46回日本先天異常学会 2006年
80. 「マウス胎仔におけるGranulocyte macrophage-colony stimulating factorの定量的解析」 松本暁洋、八田稔久、小野篤輝、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2006年
81. 「マウス胎児におけるLeukemia inhibitory factorの定量的解析」 八田稔久、松本暁洋、鈴木理樹、二村正之、小野篤輝、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2006年
82. 「マウス胎児大脳皮質における細胞移動に及ぼすレプチンの効果」 宇田川 潤、橋本龍樹、籠橋有紀子、二村正之、佐藤文夫、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2006年
83. 「マウス尿管の形成過程における細胞動態の解析」 和気功治, 宇田川潤, 橋本龍樹, 二村正之, 八田稔久, 米田達明, 岸 浩史, 滋野和志, 椎名浩昭, 大谷 浩, 井川幹夫 第94回日本泌尿器科学会 2006年
84. 「自己免疫疾患である1型糖尿病発症に及ぼす必須脂肪酸摂取比率の影響」 籠橋有紀子, 鎌田ルミ子, 帯刀礼子, 橋本道男, 紫藤 治, 阿比留教生, 森山賢治, 大谷 浩 日本分子生物学会2006フォーラム 2006年
85. 「胎児期・新生児期の必須脂肪酸摂取比率が1型糖尿病発症に及ぼす影響について」 籠橋有紀子、直良博之、阿比留教生、古林正和、橋本道男、紫藤 治、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2006年
86. 「胎児期・乳児期の食餌環境と1型糖尿病の発症について」 籠橋有紀子, 直良博之, 帯刀礼子, 大谷 浩 第46回日本先天異常学会 2006年
87. 「胎児脳脊髄液におけるLeukemia inhibitory factorおよび可溶性レセプターの発現解析」 八田稔久, 二村正之, 大谷 浩 第46回日本先天異常学会 2006年
88. 「必須脂肪酸摂取比率が1型糖尿病のハネムーン期に与える影響」 大谷 浩, 籠橋有紀子, 直良博之, 名和田清子, 森山賢治, 帯刀礼子 第49回日本糖尿病学会 2006年
89. 「必須脂肪酸摂取比率が1型糖尿病モデル動物の顕性糖尿病発症率に与える影響」 籠橋有紀子, 杉原尚恵, 武部恵美, 阿比留教生, 古林正和, 帯刀礼子, 大谷 浩 第22回日本糖尿病・妊娠学会 2006年
90. 「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の胎生期マウスにおける組織・器官への影響」 二村正之, 宇田川潤, 八田稔久, 橋本龍樹, 大谷 浩 第77回日本動物学会大会 2006年
91. 「母体を介した必須脂肪酸摂取比率が1型糖尿病発症に与える影響」 籠橋有紀子, 直良博之, 阿比留教生, 古林正和, 宇田川 潤, 橋本道男, 大谷 浩 第49回日本糖尿病学会 2006年
92. 「離乳前の必須脂肪酸摂取比率がNODマウスの糖尿病発症に及ぼす影響について」 籠橋有紀子, 帯刀礼子, 武部恵美, 直良博之, 阿比留教生, 古林正和, 橋本道男, 紫藤 治, 大谷 浩 第77回日本動物学会大会 2006年
93. 「膵臓を含む調和的な組織形成と子宮内環境」 大谷 浩 第22回日本糖尿病・妊娠学会 2006年
94. 「ACTH分泌性株細胞AtT20のマウス胚への移植とその末梢組織への影響」 二村正之、宇田川潤、八田稔久、橋本龍樹、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2005年
95. 「アデノウイルスによる一過性遺伝子導入による先天性小眼球症の治療の試み」 橋本龍樹、Milan Jamrich、松本暁洋、大谷 浩 第45回日本先天異常学会 2005年
96. 「カワラタケ抽出物が奇形発生を抑制するメカニズム」 直良博之、松本 恵、籠橋有紀子、大谷 浩 第45回日本先天異常学会 2005年
97. 「ヒト胎児形態計測データの様相」 内藤寛太、宇田川 潤、大谷  浩 科学研究費シンポジウム「統計数理の基礎理論」 2005年
98. 「マウス胎児の大脳皮質発生におけるレプチンの機能」 宇田川潤、橋本龍樹、佐藤文夫、日置恭司、大谷 浩 第45回日本先天異常学会 2005年
99. 「自己免疫性膵島炎の発症と母体環境の変化による内因性レトロウイルスの活性化」 籠橋有紀子、宇田川 潤、橋本龍樹、森山賢治、大谷 浩 第45回日本先天異常学会 2005年
100. 「植物の二次代謝成分フィトンチッドがラットの自律神経系等の生理機能に及ぼす影響(2)」 河本 舞、川上浩平、三原安経、八田稔久、野村正人、大谷 浩 第60回日本解剖学会中国・四国地方会 2005年
101. 「食餌中の必須脂肪酸が1型糖尿病のハネムーン期に与える影響」 大谷 浩、籠橋有紀子、直良博之、名和田清子、田川麻美、帯刀礼子 第38回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会 2005年
102. 「数種農作業が参加者の生理・心理反応に及ぼす影響」 山岸主門、亀井 勉、籠橋有紀子、山本大介、大谷 浩、小浦誠吾 2005年人間・植物関係学会鶴岡大会 2005年
103. 「組織形成期における神経免疫内分泌ネットワーク形成機構の解析:胎生期におけるACTH の新たな役割を探る」 大谷 浩 第16回CRH・ACTH研究会 2005年
104. 「胎児の顎運動の制限が下顎骨頭軟骨の発生に及ぼす影響」 Hasina Habib、八田稔久、宇田川潤、張 立群、吉村安郎、大谷 浩 第110回日本解剖学会総会 2005年
105. 「胎児期・新生児期に摂取する食餌中の必須脂肪酸が1型糖尿病に与える影響」 籠橋有紀子、沖本麻里、藤井由巳、直良博之、橋本道男、紫藤 治、大谷 浩 第38回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会 2005年
106. 「胎生期におけるleukemia inhibitory factor の発現解析」 八田稔久、二村正之、大谷 浩 第45回日本先天異常学会 2005年
107. 「胎生期における臓器の発生と生活習慣病の素因形成」 大谷 浩 第440回鳥取東部医師会臨床懇話会 2005年
108. 「胎生期中枢神経系の発生におけるレプチンおよびIL-6関連サイトカインの役割」 宇田川 潤、八田稔久、橋本龍樹、大谷 浩 第60回日本解剖学会中国・四国地方会 2005年
109. 「母体環境の相違によるNODマウスの病態変化」 籠橋有紀子、宇田川潤、古林正和、森山賢治、阿比留教生、大谷 浩 第19回日本糖尿病動物研究会年次学術集会 2005年
110. 「A comparative study of chromosomes of clockwise and anticlockwise Japanese land snails」 Reiko Tatewaki, Yukiko Kagohashi and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
111. 「A role of leptin in the mouse brain development」 Jun Udagawa, Noura M. S. Osman, Masayuki Nimura, Ryuju Hashimoto,Toshihisa Hatta and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
112. 「A role of neuropeptide Y in development of the mouse brain during post neonate period」 R. Hashimoto, J. Udagawa, Y. Kagohashi, A. Matsumoto, T. Hatta and H. Otani 34th Annual Meeting of the Society for Neuroscience 2004年
113. 「ACTH分泌性株細胞AtT20のマウス胚への移植による末梢組織への影響の解析」 二村正之、宇田川 潤、八田稔久、橋本龍樹、大谷 浩 第44回日本先天異常学会 2004年
114. 「Cell proliferation and migration in the developing human upper urinary tract」 Koji Wake, Toshihisa Hatta, Ryuju Hashimoto, Jun Udagawa, Mikio Igawa and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
115. 「Development of the glomerular capillary system in mice」 Hiroyuki Naora, Kinuko Hashimoto, Mika Yamamoto, Ryuju Hashimoto and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
116. 「Development of the olfactory epithelium in human fetuses in relation to functional maturation: Scanning electron microscopic observations」 Mitsuhiro Kimura, Hideyuki Kawauchi, Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
117. 「Effect of neuropeptide Y on myelination in the mouse brain during post neonate period」 Ryuju Hashimoto, Jun Udagawa, Yukiko Kagohashi, Akihiro Matsumoto and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
118. 「Genetic versus environmental factors in diabetes during prenatal life: Teratogenicity and onset of the disease in the NOD model」 Hiroki Otani 32nd Conference of the European Teratology Societ 2004年
119. 「Immunohistochemical analysis of melanocortin receptors in mouse embryos」 Masayuki Nimura, Jun Udagawa, Toshihisa Hatta, Ryuju Hashimoto and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
120. 「Maternal factors of type 1 diabetes model NOD mice differentially affect development of insulitis and overt diabetes in the offspring」 Yukiko Kagohashi, Jun Udagawa, Masakazu Kobayashi, Reiko Tatewaki, Ryuju Hashimoto, Norio Abiru and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
121. 「Neurogenic mitogens in the developing cerebrospinal fluid」 Toshihisa Hatta, Junko Hatta, Akihiro Matsumoto and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
122. 「The effect of restricted fetal jaw movement on condylar cartilage development」 Hasina Habib, Toshihisa Hatta, Yasuro Yoshimura and Hiroki Otani 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists 2004年
123. 「ヒト1型糖尿病モデル動物の実態と母体環境について」 籠橋有紀子、大谷 浩 第47回日本糖尿病学会 2004年
124. 「ヒト1型糖尿病モデル動物の病態に及ぼす母体環境の影響」 籠橋有紀子、青山真希、泉 利佳、比毛明日香、藤井由己、直良博之、橋本道男、紫藤 治、大谷 浩 第44回日本先天異常学会 2004年
125. 「ヒト胎児における嗅上皮の発生と機能発現時期の検討 ー走査電子顕微鏡による観察ー」 木村光宏、川内秀之、大谷 浩 第44回日本先天異常学会 2004年
126. 「ヒト尿路の発生における細胞動態についての検討」 和気功治、八田稔久、橋本龍樹、宇田川 潤、井川幹夫、大谷 浩 第44回日本先天異常学会 2004年
127. 「ラットにおけるフィトンチッドの香りが自律神経機能に及ぼす影響」 河本 舞、川上浩平、三原安経、八田稔久、権田辰夫、野村正人、大谷 浩 第59回日本解剖学会中四国地方会 2004年
128. 「顕性糖尿病未発症の1型糖尿病モデル動物の母体環境が仔の病態に与える影響について」 籠橋有紀子、大谷 浩 第20回日本糖尿病・妊娠学会 2004年
129. 「初期発生(基礎発生学シリーズV)」 大谷 浩 日本先天異常学会第4回生殖発生毒性専門家教育講習会 2004年
130. 「大脳皮質形成における脳脊髄液の役割」 八田稔久、松本暁洋、宇田川 潤、橋本龍樹、大谷 浩 第44回日本先天異常学会 2004年
131. 「母体環境の相違による1型糖尿病の病態変化について」 籠橋有紀子、清水麻実、宇田川潤、古林正和、阿比留教生、大谷 浩 第27回日本分子生物学会年会 2004年
132. 「胚子移植法による母体環境の変化がNODマウスの病態へ与える影響」 籠橋有紀子、宇田川潤、古林正和、阿比留教生、大谷 浩 第21回日本疾患モデル学会総会 2004年

学術雑誌の編集

1. Congenital Anomalies 委員
2. Congenital Anomalies 委員 publisher:Wiley-Blackwell vol:52
3. Congenital Anomalies 委員 publisher:Wiley-Blackwell vol:52
4. Congenital Anomalies 委員 publisher:Wiley-Blackwell vol:51
5. Congenital Anomalies 委員長 publisher:Wiley-Blackwell vol:50

学術雑誌の査読

1. Anatomical Record publisher:wiley-Blackwell
2. Anatomical Record publisher:wiley-Blackwell
3. Anatomical Record publisher:wiley-Blackwell
4. Congenital Anomalies publisher:Wiley-Blackwell

学会・シンポジウム等の主催

1. 第74回日本解剖学会中国四国地方会 実行委員長等 2019年
2. 国際シンポジウム「発生現象の解析:生活習慣病の胎生期起源の解明に向けて」 2009年
3. 第49回日本先天異常学会 座長・司会 2009年
4. 特定研究プロジェクト「組織形成の数理解析」セミナー その他 2009年
5. 特定研究プロジェクト国際セミナー「疾病と健康の胎生期起源」 その他 2009年
6. International Symposiu"Mathematical Analyses of Developmental Phenomena" その他 2008年 解剖学、発生学
7. 第114回日本解剖学会 座長・司会 2008年
8. 第48回日本先天異常学会 座長・司会 2008年
9. International Symposium: Mathematical Analyses of Human Development その他 2008年
10. 第113回日本解剖学会総会 座長・司会 2007年
11. 第48回日本先天異常学会 座長・司会 2007年
12. 第46回日本先天異常学会 座長・司会 2006年
13. 第111回日本解剖学会総会 座長・司会 2005年
14. 第45回日本先天異常学会 座長・司会 2005年
15. 16th International Congress of the IFAA 座長・司会 2004年
16. 第44回日本先天異常学会総会 座長・司会 2004年