佐野 千晶(サノ チアキ) SANO Chiaki

学部等/職名

医学部 医学科 教授

学科・講座等

地域医療支援学講座 

専門分野

ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学

ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学

ライフサイエンス / 細菌学

専門分野キーワード

地域医療 感染症学 微生物学 耳鼻咽喉科学

研究テーマ

地域医療  医学教育 抗酸菌の感染免疫に関する基礎的研究 化学療法学 上気道感染症に関する基礎的研究 病院感染制御
研究分野:細菌学(含真菌学),膠原病・アレルギー・感染症内科学,医療社会学 (機関内共同研究)

ホームページURL

http://www.communityshimane.jp/

職歴

教授2019年~
准教授2010年~2019年
講師2005年~2010年
助手2000年~2005年

取得学位

博士(医学) (課程) *島根医科大学* 細菌学(含真菌学)

学部・大学院教育

[教養教育]

[専門教育]

[大学院教育]

クリニカルクラークシップ

地域医療・総合医療学

論文等指導

卒業論文等の指導 0 名

修士論文等の主指導 0 名

博士論文等の主指導 13 名

研究生の指導 0 名

教育改善

全学レベルの改善[マクロFD]

島根県を中心とした山陰地域に貢献する教育活動の改善の取組み

著書

1. すぐ見て・すぐわかり・すぐ使える眼科薬剤処方 (南江堂 2022) ISBN:9784524230570
2. 風邪症候群の鑑別診断 「微熱をきたす他疾患の初期症状との鑑別」 (ENT臨床フロンティア 2013) ISBN:9784521734
3. Ⅲサイトカインと病態―3.感染― (科学評論社 2012)
4. 病原菌の今日的意味 (医薬ジャーナル社 2011)
5. 今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針 (医学書院 2008) ISBN:9784260005968

論文

1. 「A Case of Capillary Leak Syndrome and Intestinal Ischemia Caused by Rheumatoid Vasculitis.」 Atsuki Katsube, Junya Ohara, Yuta Horinishi, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e33404頁 学術雑誌 2023年 1月
2. 「A Case of Pseudoappendicitis Caused by Campylobacter Enteritis Diagnosed by Gram Staining and Direct Microscopic Investigation of Stool Specimen.」 Hidetaka Tabata, Yuta Horinishi, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e33980頁 学術雑誌 2023年 1月
3. 「Acute Exacerbation of Hypereosinophilic Syndrome Complicated With Dermatitis, Enteritis, and Myositis: A Case Report.」 Yuki Takebuchi, Airi Minatogawa, Yumi Naito, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e34090頁 学術雑誌 2023年 1月
4. 「Appearance of Ankylosing Spondylitis in a Middle-Aged Female Patient With a Long History of Rheumatoid Arthritis.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:15 No.:2 e34952頁 学術雑誌 2023年 2月
5. 「Comprehensive Management of Vasculitis and Suspected Polyarteritis Nodosa in an Older Patient.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:15 No.:3 e36307頁 学術雑誌 2023年 3月
6. 「Deciding a Treatment Plan for an Older Patient With Severe Idiopathic Pulmonary Fibrosis: A Case Report.」 Yusuke Akashi, Yuta Horinishi, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e34154頁 学術雑誌 2023年 1月
7. 「Diagnosing Infectious Hepatic Cysts in an Older Patient With Multiple Skin Masses: A Case Report.」 Kotaro Murakami, Nozomi Nishikura, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:3 e35993頁 学術雑誌 2023年 3月
8. 「Differentiating between Seronegative Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis and Polymyalgia Rheumatica: A Qualitative Synthesis of Narrative Reviews.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:20 No.:3 学術雑誌 2023年 1月
9. 「Difficulty in Diagnosing Anti-neutrophil Cytoplasmic Antibody-Related Vasculitis With Interstitial Pneumonia and in Ascertaining the Cause of Associated Hematochezia: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Kotaro Murakami, Yudai Tanaka, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano Cureus vol.:15 No.:1 e34091頁 学術雑誌 2023年 1月
10. 「Heyde Syndrome Complicated by Essential Thrombocythemia: A Case Report.」 Motoaki Imawaka, Yudai Tanaka, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:2 e34905頁 学術雑誌 2023年 2月
11. 「Meningitis With Staphylococcus aureus Bacteremia in an Older Patient With Nonspecific Symptoms: A Case Report.」 Airi Minatogawa, Junya Ohara, Yuta Horinishi, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e34153頁 学術雑誌 2023年 1月
12. 「Metabolism-Mediated Thrombotic Microangiopathy in an Older Patient Without Malnutrition.」 Wataru Shiraishi, Riko Okada, Yudai Tanaka, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:2 e34951頁 学術雑誌 2023年 2月
13. 「Multiple Prostatic Abscesses Caused by Staphylococcus aureus Without Physical Findings in an Immunosuppressed Older Patient.」 Junji Uchiyama, Yudai Tanaka, Yasuo Kurita, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e33555頁 学術雑誌 2023年 1月
14. 「Right-Sided Urinary Extravasation Caused by a Ureteral Stone and Associated With Peritonitis in an Older Woman.」 Yumi Naito, Soshi Takagi, Keita Inoue, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e34174頁 学術雑誌 2023年 1月
15. 「Subacute Bacterial Cellulitis With a Subacute Clinical Course With Difficulty in Distinguishing From Sjögren's Syndrome: A Case Report.」 Yuta Horinishi, Junko Yurizawa, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:15 No.:1 e33554頁 学術雑誌 2023年 1月
16. 「The Effectiveness of Family Medicine-Driven Interprofessional Collaboration on the Readmission Rate of Older Patients.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:11 No.:2 学術雑誌 2023年 1月
17. 「Timing of Treatment for Cytomegalovirus Infection in an Immunocompetent Middle-Aged Woman With Fulminant Ulcerative Colitis: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano Cureus vol.:15 No.:3 e36092頁 学術雑誌 2023年 3月
18. 「A Case of Complicated Pneumonia Caused by Klebsiella ozaenae.」 Takayuki Tachibana, Naoto Mouri, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:3 e23001頁 2022年 3月
19. 「A Case of Legionella Pneumonia in an Older Patient Without Typical Exposure to a Susceptive Environment.」 Yasuhisa Nakano, Kota Saka, Fumiko Yamane, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:7 e27541頁 学術雑誌 2022年 7月
20. 「A Rare Case of Herpes Esophagitis in an Immunocompetent Elderly Patient.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:2 e21854頁 2022年 2月
21. 「A Solution for Loneliness in Rural Populations: The Effects of Osekkai Conferences during the COVID-19 Pandemic.」 Ryuichi Ohta, Koichi Maiguma, Akiko Yata, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:9 学術雑誌 2022年 4月
22. 「Acute Cholecystitis in an Elderly Patient With Antineutrophil Cytoplasmic Antibody-Associated Vasculitis: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Hirotaka Ikeda, Saya Kubota, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:2 e21877頁 2022年 2月
23. 「Adult-Onset Still's Disease With Severe Hyperferritinemia and the Asian Salmon-Pink Rash: A Case Report.」 Toshiki Fukunaga, Ryuichi Ohta, Fumiko Yamane, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:6 e26257頁 学術雑誌 2022年 6月
24. 「Anti-Mi2 Antibody Positive Dermatomyositis With Hyper-Elevated Creatine Kinase: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Naho Yoshioka, Fumiko Yamane, Maika Hayashi, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:9 e28899頁 学術雑誌 2022年 9月
25. 「Association between Self-Medication for Mild Symptoms and Quality of Life among Older Adults in Rural Japan: A Cross-Sectional Study.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano Medicina (Kaunas, Lithuania) vol.:58 No.:6 学術雑誌 2022年 5月
26. 「Association between Survival Duration of Older Patients with Advanced Unresectable Pancreatic Cancer and Appetite Loss: A Retrospective Cohort Study.」 Ryuichi Ohta, Yoshihiro Moriwaki, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:10 No.:12 学術雑誌 2022年 12月
27. 「Associations between Perception of Help-Seeking Behaviors and Quality of Life among Older People in Rural Communities: A Cross-Sectional Study.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:20 学術雑誌 2022年 10月
28. 「Author reply to what are the clinical signs of thiamine deficiency in elderly patients?」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Shuzo Hattori, Chiaki Sano Journal of general and family medicine vol.:23 No.:1 72-73頁 学術雑誌 2022年 1月
29. 「Autoimmune Vasculitis Causing Acute Bilateral Lower Limb Paralysis.」 Ayuko Tokonami, Ryuichi Ohta, Noritaka Katagiri, Naho Yoshioka, Fumiko Yamane, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:8 e27651頁 2022年 8月
30. 「Bedside Teaching in Rural Family Medicine Education in Japan.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:11 学術雑誌 2022年 6月
31. 「Bilateral Intracardiac Microbubbles in a Patient With Giant Hiatus Hernia: A Case Report.」 Jumpei Sawa, Nozomi Nishikura, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e20933頁 2022年 1月
32. 「Challenges in Help-Seeking Behaviors among Rural Older People Mitigated through Family Physician-Driven Outreach: A Systematic Review.」 Ryuichi Ohta, Takuji Katsube, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:24 学術雑誌 2022年 12月
33. 「Clinical Presentation and Mortality of Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome in Japan: A Systematic Review of Case Reports.」 Kanako Yokomizo, Momoko Tomozane, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:4 学術雑誌 2022年 2月
34. 「Coexistence of Pancytopenia and Myositis After Developing COVID-19.」 Tatsuhiko Okayasu, Ryuichi Ohta, Mari Igarashi, Yasuo Kurita, Miho Hayakawa, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e26978頁 学術雑誌 2022年 7月
35. 「Device-Related Thrombotic Microangiopathy in an Elderly Patient With a History of Aortic Surgery.」 Chihiro Tanaka, Yumi Naito, Shoichi Suehiro, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:8 e27937頁 学術雑誌 2022年 8月
36. 「Difficulty in Diagnosing and Treating a Prostate Abscess With Bacterial and Fungal Coinfection in an Immunocompromised Patient.」 Ryuichi Ohta, Shuzo Hattori, Keita Inoue, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e21774頁 2022年 1月
37. 「Doctor Clerk Implementation in Rural Community Hospitals for Effective Task Shifting of Doctors: A Grounded Theory Approach.」 Ryuichi Ohta, Miyuki Yawata, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:16 学術雑誌 2022年 8月
38. 「Effects of Shopping Rehabilitation on Older People's Daily Activities.」 Naoto Mouri, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:1 学術雑誌 2022年 1月
39. 「Eosinophilic Gastroenteritis in the Small Intestine Mimicking Eosinophilic Granulomatosis With Polyangiitis in a Young Male Patient.」 Maika Hayashi, Ryuichi Ohta, Fumiko Yamane, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:10 e29813頁 学術雑誌 2022年 10月
40. 「Factors Associated with Motivation for General Medicine among Rural Medical Students: A Cross-Sectional Study.」 Kasumi Nishikawa, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:9 学術雑誌 2022年 4月
41. 「Factors Related to Percutaneous Coronary Intervention among Older Patients with Heart Disease in Rural Hospitals: A Retrospective Cohort Study」 Fumiko Yamane, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano BioInformatics vol.:2 No.:4 593-602頁 学術雑誌 2022年 11月
42. 「Family Physicians as System-Specific Specialists in Japan's Aging Society.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:10 e30811頁 学術雑誌 2022年 10月
43. 「Fatal Bleeding From a Common Iliac Arterio-Ureteral Fistula in an Older Patient.」 Ryuichi Ohta, Keita Inoue, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e21578頁 2022年 1月
44. 「Food Aspiration Induced Hypoxic Encephalopathy Leading to Status Epilepticus.」 Kenichi Oshikiri, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e26766頁 学術雑誌 2022年 7月
45. 「Gallstone Hepatitis Caused by Transient Common Bile Duct Obstruction in a Middle-Aged Woman.」 Kotaro Murakami, Yudai Tanaka, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:10 e30192頁 学術雑誌 2022年 10月
46. 「Giant Cell Arteritis Mimicking Polymyalgia Rheumatica: A Challenging Diagnosis.」 Ryuichi Ohta, Tatsuhiko Okayasu, Noritaka Katagiri, Takafumi Yamane, Minami Obata, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e27517頁 学術雑誌 2022年 7月
47. 「Granulomatous Mastitis With Erythema Nodosum During Pregnancy: A Case Report.」 Sayaka Mabuchi, Ryuichi Ohta, Keiko Egawa, Yoko Narai, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:5 e24990頁 学術雑誌 2022年 5月
48. 「Hashimoto Encephalopathy of a Middle-Aged Man With Progressive Symptoms of Dementia.」 Noritaka Katagiri, Ryuichi Ohta, Fumiko Yamane, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e27518頁 学術雑誌 2022年 7月
49. 「Hemodialysis-Related Pericarditis With Cardiac Tamponade.」 Hirara Watase, Kohei Oka, Fumiko Yamane, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:5 e24748頁 学術雑誌 2022年 5月
50. 「Herpes Simplex Virus Pneumonia Mimicking Legionella Pneumonia in an Elderly Patient With Heart and Liver Failure.」 Miki Yamashita, Ryuichi Ohta, Naoto Mouri, Sho Takizawa, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:2 e21938頁 2022年 2月
51. 「Hypoglossal Nerve Palsy Following COVID-19 Vaccination in a Young Adult Complicated by Various Medicines.」 Tatsuhiko Okayasu, Ryuichi Ohta, Fumiko Yamane, Satoshi Abe, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:9 e29212頁 学術雑誌 2022年 9月
52. 「Iliopsoas Pyomyositis With Bacteremia at an Early Stage of Presentation in a Temperate Region.」 Shiho Amano, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e26854頁 学術雑誌 2022年 7月
53. 「Implementation of the Principles of Family Medicine in Modern Family Medicine Education Needing System-Specific Approaches.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:11 e31177頁 学術雑誌 2022年 11月
54. 「Improvement in Quality of Life through Self-Management of Mild Symptoms during the COVID-19 Pandemic: A Prospective Cohort Study.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:11 学術雑誌 2022年 5月
55. 「Infection Route of Parvimonas micra: A Case Report and Systematic Review.」 Kai Shimizu, Yuta Horinishi, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:10 No.:9 学術雑誌 2022年 9月
56. 「Inquiry Into Physicians' Scope of Practice in Japanese Rural Hospitals During the COVID-19 Pandemic: A Serial Cross-Sectional Study.」 Masayoshi Kusunoki, Ryuichi Ohta, Kentaro Suzuki, Takayuki Maki, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:6 e26164頁 学術雑誌 2022年 6月
57. 「Intercostal Muscle Abscesses in Infective Endocarditis Associated With Migratory Deposition of Calcium Pyrophosphate.」 Yuko Nakayama, Ryuichi Ohta, Naoto Mouri, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e21396頁 2022年 1月
58. 「Localized Pancreatitis in an Elderly Patient Without Suspected Etiology.」 Yutaro Yamamoto, Ryuichi Ohta, Yudai Tanaka, Go Mishiro, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:8 e28034頁 学術雑誌 2022年 8月
59. 「Measuring Factor XIII Inhibitors in Patients with Factor XIII Deficiency: A Case Report and Systematic Review of Current Practices in Japan.」 Shiho Amano, Kohei Oka, Yutaka Sato, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Journal of clinical medicine vol.:11 No.:6 学術雑誌 2022年 3月
60. 「Nurses' Contributions in Rural Family Medicine Education: A Mixed-Method Approach.」 Ryuichi Ohta, Satoko Maejma, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:5 学術雑誌 2022年 3月
61. 「Older People's Help-Seeking Behaviors in Rural Contexts: A Systematic Review.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:6 学術雑誌 2022年 3月
62. 「Oral Care Awareness and Factors Related to the Burden of Nurses at a Community Hospital in Japan.」 Takashi Koike, Ryuichi Ohta, Yuhei Matsuda, Chiaki Sano, Takahiro Kanno Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:10 No.:6 学術雑誌 2022年 6月
63. 「Pericarditis With Cardiac Tamponade Mimicking Yellow Nail Syndrome in a Patient With Rheumatoid Arthritis and a Paucity of Joint Symptoms.」 Ayuko Tokonami, Ryuichi Ohta, Yudai Tanaka, Shiho Amano, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e21523頁 2022年 1月
64. 「Peripheral T-cell Lymphoma With Acute Exacerbating Fatigue and Chest Pain: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Nozomi Nishikura, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e27415頁 学術雑誌 2022年 7月
65. 「Peritoneal Cancer Mimicking Sclerosing Mesenteritis: A Case Report.」 Naoto Mouri, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e20934頁 2022年 1月
66. 「Possible Macrophage Activation Syndrome Caused by Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography for Bacteremia Due to Chronic Cholelithiasis.」 Hiroyuki Furuta, Yudai Tanaka, Tsuyoshi Mishiro, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:10 e30932頁 学術雑誌 2022年 10月
67. 「Pseudogout as a Cause of Fever of Unknown Origin Following Staphylococcal Bacteremia in an Older Patient.」 Ryoko Yamauchi, Ryuichi Ohta, Mari Igarashi, Yasuo Kurita, Miho Hayakawa, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:4 e24333頁 学術雑誌 2022年 4月
68. 「Rebuilding Social Capital through Osekkai Conferences in Rural Communities: A Social Network Analysis.」 Ryuichi Ohta, Koichi Maiguma, Akiko Yata, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:13 学術雑誌 2022年 6月
69. 「Reflection in Rural Family Medicine Education.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:9 学術雑誌 2022年 4月
70. 「Refractory Immunoglobulin A (IgA) Vasculitis in an Elderly Patient: A Case Report.」 Nozomi Nishikura, Ryuichi Ohta, Noritaka Katagiri, Tatsuhiko Okayasu, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:9 e28996頁 学術雑誌 2022年 9月
71. 「Relationship between Dysphagia and Home Discharge among Older Patients Receiving Hospital Rehabilitation in Rural Japan: A Retrospective Cohort Study.」 Ryuichi Ohta, Emily Weiss, Magda Mekky, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:19 No.:16 学術雑誌 2022年 8月
72. 「Risk Factors for Delayed Diagnosis of Acute Cholecystitis among Rural Older Patients: A Retrospective Cohort Study.」 Hirotaka Ikeda, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Medicina (Kaunas, Lithuania) vol.:58 No.:10 学術雑誌 2022年 10月
73. 「Rural Easy Japanese as a Method of Mitigating Language Barriers Among Foreigners Seeking Medical Care in Rural Japan.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e26693頁 学術雑誌 2022年 7月
74. 「Secondary Failure of Tocilizumab in Treating Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis With Systemic Symptoms Complicated by Diverticulum Perforation.」 Soshi Takagi, Yumi Naito, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:8 e28357頁 学術雑誌 2022年 8月
75. 「Seronegative Ocular Myasthenia Gravis in an Older Woman With Transient Dizziness and Diplopia.」 Naho Yoshioka, Yumi Naito, Keisuke Sano, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:8 e27826頁 2022年 8月
76. 「Seronegative Rheumatoid Arthritis in an Elderly Patient With Anemia: A Case Report.」 Kaho Aoe, Yuta Horinishi, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:12 e32239頁 学術雑誌 2022年 12月
77. 「Serotonin Syndrome Triggered by Overuse of Caffeine and Complicated With Neuroleptic Malignant Syndrome: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:2 e22468頁 2022年 2月
78. 「Severe Immune Thrombocytopenic Purpura Following Influenza Vaccination: A Case Report.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e21250頁 2022年 1月
79. 「Students’ Learning on Sustainable Development Goals through Interactive Lectures and Fieldwork in Rural Communities: Grounded Theory Approach」 Ryuichi Ohta, Koichi Maiguma, Akiko Yata, Chiaki Sano Sustainability vol.:14 No.:14 学術雑誌 2022年 7月
80. 「Surgical Interventions in Cases of Esophageal Hiatal Hernias among Older Japanese Adults: A Systematic Review.」 Yuta Horinishi, Kai Shimizu, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Medicina (Kaunas, Lithuania) vol.:58 No.:2 学術雑誌 2022年 2月
81. 「The Importance of "Easy Japanese": Communicating Health Information to Foreigners in Japan.」 Remi Oi, Ryuichi Ohta, Yukiko Shiba, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:7 e27036頁 学術雑誌 2022年 7月
82. 「The Persistent Approach to Diagnose Infectious Hepatic Cysts in a Patient With Recurrent Fever: A Case Report.」 Hirotaka Ikeda, Ryuichi Ohta, Nozomi Nishikura, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:1 e21137頁 2022年 1月
83. 「The Relationship Between the Presence of White Nails and Readmission Among Rural Older Admitted Patients: A Prospective Cohort Study.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:4 e24297頁 学術雑誌 2022年 4月
84. 「Tuberculous Pleurisy Diagnosed From Massive Pleural Effusion in an Older Patient With No History of Tuberculosis.」 Miki Nanyoshi, Shiho Amano, Taichi Fujimori, Chiaki Sano, Ryuichi Ohta Cureus vol.:14 No.:12 e32333頁 学術雑誌 2022年 12月
85. 「Yersinia pseudotuberculosis Bacteremia Complicated by Rhabdomyolysis.」 Masayoshi Kusunoki, Ryuichi Ohta, Nozomi Nishikura, Chiaki Sano Cureus vol.:14 No.:3 e23192頁 2022年 3月
86. 「生薬による抗酸菌症治療 Th17の免疫機能調節との関連から」 多田納 豊, 佐野 千晶, 清水 利朗, 冨岡 治明 結核 vol.:97 No.:3 229-237頁 学術雑誌 2022年 5月
87. 「A Case of Cast Nephropathy Found as the Cause of Severe Renal Failure.」 Gen Adachi, Naoto Mouri, Ryuichi Ohta, Chiak Sano Cureus vol.:13 No.:10 e19135頁 2021年 10月
88. 「Acute Facial Edema in a Patient with Systemic Lupus Erythematosus」 Shiho Amano, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Reports vol.:4 No.:22 学術雑誌 2021年 8月
89. 「Association between Immunoglobulin G Levels and Adverse Effects Following Vaccination with the BNT162b2 Vaccine among Japanese Healthcare Workers.」 Jun Otani, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Vaccines vol.:9 No.:10 学術雑誌 2021年 10月
90. 「Changes in the Comprehensiveness of Rural Medical Care for Older Japanese Patients during the COVID-19 Pandemic.」 Ryuichi Ohta, Akinori Ueno, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:20 学術雑誌 2021年 10月
91. 「Comprehensive Care through Family Medicine: Improving the Sustainability of Aging Societies.」 Ryuichi Ohta, Akinori Ueno, Jun Kitayuguchi, Yoshihiro Moriwaki, Jun Otani, Chiaki Sano Geriatrics (Basel, Switzerland) vol.:6 No.:2 学術雑誌 2021年 6月
92. 「Consideration of Intestinal Failure in Cases of De-Adaptation of Short Bowel Syndrome: A Case Report and Descriptive Review.」 Tasuku Kato, Yasuhisa Nakano, Fumiko Yamane, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:9 No.:12 学術雑誌 2021年 11月
93. 「Educational Intervention to Improve Citizen's Healthcare Participation Perception in Rural Japanese Communities: A Pilot Study.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Jun Kitayuguchi, Chiaki Sano, Karen D Könings International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:4 学術雑誌 2021年 2月
94. 「Effect of Residents-as-Teachers in Rural Community-Based Medical Education on the Learning of Medical Students and Residents: A Thematic Analysis.」 Nozomi Nishikura, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:23 学術雑誌 2021年 11月
95. 「Effectiveness and Challenges in Local Self-Governance:Multifunctional Autonomy in Japan」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Daisuke Kataoka, Chiaki Sano International Journal of Environmental Research and Public Health vol.:18 No.:2 574頁 学術雑誌 2021年 1月 ISSN:16604601
96. 「Effects of Implementation of Infection Control Measures against COVID-19 on the Condition of Japanese Rural Nursing Homes.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:11 学術雑誌 2021年 5月
97. 「Elliptical shadow on the cervical spinal cord」 Nozomi Nishikura, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Journal of General and Family Medicine vol.:22 No.:3 学術雑誌 2021年 1月 ISSN:21897948
98. 「Elliptical shadow on the cervical spinal cord.」 Nozomi Nishikura, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Journal of general and family medicine vol.:22 No.:3 158-159頁 学術雑誌 2021年 5月
99. 「Factors Associated with Return of Spontaneous Circulation in Out-of-Hospital Cardiopulmonary Arrest Cases」 Yoshihito Funo, Eisaku Taniguchi, Hiroyuki Taniura, Michiko Yoshioka, Hideyuki Kanda, Chiaki Sano Shimane Journal of Medical Science vol.:38 No.:1 23-31頁 2021年 4月 ISSN:03865959 キーワード:cardiopulmonary arrest,cardiopulmonary resuscitation,epinephrine,rehabilitation
100. 「Family Medicine Education at a Rural Hospital in Japan: Impact on Institution and Trainees.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:11 学術雑誌 2021年 6月
101. 「Fears Related to COVID-19 among Rural Older People in Japan.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:9 No.:5 学術雑誌 2021年 4月
102. 「Immunoadjunctive Therapy against Bacterial Infections Using Herbal Medicines Based on Th17 Cell-mediated Protective Immunity.」 Haruaki Tomioka, Yutaka Tatano, Toshiaki Shimizu, Chiaki Sano Current pharmaceutical design 学術雑誌 2021年 6月
103. 「Left Lower Abdominal Pain as an Initial Symptom of Multiple Myeloma.」 Fumiko Yamane, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:13 No.:12 e20652頁 2021年 12月
104. 「Natural Killer T Cell Intravascular Lymphoma With Presentation of Musculoskeletal Pain: A Case Report.」 Shiho Amano, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Cureus vol.:13 No.:12 e20711頁 2021年 12月
105. 「Potential Help-Seeking Behaviors Associated with Better Self-Rated Health among Rural Older Patients: A Cross-Sectional Study.」 Ryuichi Ohta, Mikiya Sato, Jun Kitayuguchi, Tetsuhiro Maeno, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:17 学術雑誌 2021年 8月
106. 「Rapidly Growing Aneurysm with Ulcer-like Projection Complicated with Bacteroides ovatus Bacteremia」 Masayoshi Kusunoki, Ryuichi Ohta, Jumpei Sawa, Chiaki Sano Reports vol.:4 No.:3 学術雑誌 2021年 9月
107. 「Recognition of Anemia in Elderly People in a Rural Community Hospital.」 Shiho Amano, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:21 学術雑誌 2021年 10月
108. 「Risk of hospital readmission among older patients discharged from rehabilitation units in rural community hospitals: A retrospective cohort study」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Journal of Clinical Medicine vol.:10 No.:4 659頁 学術雑誌 2021年 2月 ISSN:20770383
109. 「Rural Family Medicine Education During the COVID-19 Pandemic.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Family medicine vol.:53 No.:8 732-732頁 2021年 9月
110. 「Rural Social Participation through Osekkai during the COVID-19 Pandemic.」 Ryuichi Ohta, Akiko Yata, Yuki Arakawa, Koichi Maiguma, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:11 学術雑誌 2021年 5月
111. 「Seasonal Influenza Infection Risk Factors of Personnel at Shimane University Hospital」 Yumi Jo, Masahiro Hirose, Toshihiko Kawamura, Chiaki Sano, Shunichi Kumakura, Junji Suzumiya, Kiwamu Nagoshi Shimane Journal of Medical Science vol.:38 43-50頁 2021年 6月
112. 「Solving Social Problems in Aging Rural Japanese Communities: The Development and Sustainability of the Osekkai Conference as a Social Prescribing during the COVID-19 Pandemic.」 Yumi Naito, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:22 学術雑誌 2021年 11月
113. 「The Association between the Self-Management of Mild Symptoms and Quality of Life of Elderly Populations in Rural Communities: A Cross-Sectional Study.」 Ryuichi Ohta, Mikiya Sato, Jun Kitayuguchi, Tetsuhiro Maeno, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:16 学術雑誌 2021年 8月
114. 「The Contribution of Citizens to Community-Based Medical Education in Japan: A Systematic Review」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano International Journal of Environmental Research and Public Health vol.:18 No.:5 1575頁 学術雑誌 2021年 2月 ISSN:16604601
115. 「The Contribution of Temporal Flat Lateral Position on the Mortality and Discharge Rates of Older Patients with Severe Dysphagia.」 Akiko Shimizu, Ryuichi Ohta, Hana Otani, Chiaki Sano International journal of environmental research and public health vol.:18 No.:16 学術雑誌 2021年 8月
116. 「The Implementation of a Clinical Ladder in Rural Japanese Nursing Education: Effectiveness and Challenges.」 Satoko Maejima, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:9 No.:4 学術雑誌 2021年 4月
117. 「The Perception of Rural Medical Students Regarding the Future of General Medicine: A Thematic Analysis.」 Kasumi Nishikawa, Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:9 No.:10 学術雑誌 2021年 9月
118. 「The Relationship between the Presence of White Nails and Mortality among Rural, Older, Admitted Patients: A Prospective Cohort Study.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:9 No.:12 学術雑誌 2021年 11月
119. 「The Uncertainty of COVID-19 Inducing Social Fear and Pressure on the Continuity of Rural, Community-Based Medical Education: A Thematic Analysis.」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Chiaki Sano Healthcare (Basel, Switzerland) vol.:9 No.:2 学術雑誌 2021年 2月
120. 「The smiles of older people through recreational activities: the relationship between smiles and joy」 Ryuichi Ohta, Megumi Nishida, Nobuyasu Okuda, Chiaki Sano International Journal of Environmental Research and Public Health vol.:18 No.:4 1600頁 学術雑誌 2021年 2月 ISSN:16604601
121. 「Three-day regimen of oseltamivir for post-exposure prophylaxis of influenza in hospital wards: a study protocol for a prospective, multi-center, single-arm trial.」 Nobuhisa Ishiguro, Yoichi M Ito, Sumio Iwasaki, Miki Nagao, Hideki Kawamura, Shinichiro Kanai, Yoko Nukui, Koichi Tokuda, Takayuki Miyara, Hidetoshi Igari, Koichi Yamada, Hiroki Chikumi, Chiaki Sano, Ryuji Koike, Tetsuya Yagi, Nobuo Murakami BMC infectious diseases vol.:21 No.:1 887-887頁 学術雑誌 2021年 8月
122. 「What resources do elderly people choose for managing their symptoms? Clarification of rural older people's choices of help-seeking behaviors in Japan.」 Ryuichi Ohta, Mikiya Sato, Yoshinori Ryu, Jun Kitayuguchi, Tetsuhiro Maeno, Chiaki Sano BMC health services research vol.:21 No.:1 640-640頁 学術雑誌 2021年 7月
123. 「White Nail as a Static Physical Finding: Revitalization of Physical Examination.」 Ryuichi Ohta, Chiaki Sano Clinics and practice vol.:11 No.:2 241-245頁 2021年 5月
124. 「Impact of COVID-19 on the analytical diagnosing ability of family medicine residents」 Ryuichi Ohta, Nozomi Nishikura, Chiaki Sano Journal of General and Family Medicine vol.:22 No.:2 学術雑誌 2020年 10月 ISSN:21897948
125. 「Rural Homecare Nurses’ Challenges in Providing Seamless Patient Care in Rural Japan」 Ryuichi Ohta, Yoshinori Ryu, Takuji Katsube, Chiaki Sano International Journal of Environmental Research and Public Health vol.:17 No.:24 9330頁 学術雑誌 2020年 12月 ISSN:16604601
126. 「 Clinical and Basic Studies on Therapeutic Efficacy of Herbal Medicines against Mycobacterial Infections」 Haruaki Tomioka, Yutaka Tatano, Toshiaki Shimizu and Chiaki Sano Medicines vol.:19 No.:6 学術雑誌 2019年 6月
127. 「発表に役立つ医療情報の活用の工夫」 佐野千晶, 谷口栄作 JOHNS vol.:35 No.:10 1505-1509頁 学術雑誌 2019年 10月 ISSN:09106820
128. 「しまね地域医療支援センターの取り組み -オールしまねで医師育成-」 上野俊之, 佐野千晶, 家本賢, 谷口栄作 地域医療 vol.:55 No.:4 80-83頁 大学・研究所等紀要 2018年 4月
129. 「初期臨床研修医の研修満足状況とそれに関連する因子の検討」 佐野千晶, 布野慶人, 吉岡みち子, 野島慶明, 谷口栄作 島根医学 vol.:38 No.:4 210-217頁 学術雑誌 2018年 12月 ISSN:0559829X
130. 「特定健診データからみた島根県における脳心血管病とそのリスクファクターの現状」 佐野千晶, 布野慶人, 吉岡みち子, 中畑典子, 野島慶明, 谷口栄作 島根医学 vol.:38 No.:3 143-149頁 学術雑誌 2018年 9月 ISSN:0559829X
131. 「非結核性抗酸菌に対する免疫応答」 佐野千晶, 多田納豊, 冨岡治明 呼吸器ジャーナル vol.:66 No.:4 662-667頁 学術雑誌 2018年 11月 ISSN:24323268
132. 「Anti-Mycobacterium avium complex activity of clarithromycin, rifampin, rifabutin, and ethambutol in combination with adenosine 5'-triphosphate」 Tatano Y, Yamabe S, Sano C, Tomioka H Diagn Microbiol Infect Dis vol.:88 No.:3 241-246頁 学術雑誌 2017年 7月
133. 「Host-Directed Therapeutics against Mycobacterial Infections」 Tomioka H, Sano C, Tatano Y Curr. Pharm. Des vol.:23 No.:18 2644-2656頁 学術雑誌 2017年 12月 ISSN:13816128
134. 「抗酸菌症の抗菌化学療法への生薬・漢方薬の併用の試み」 佐野千晶 清水利朗 佐藤勝昌 多田納豊  冨岡治明 結核 vol.:92 No.:10 603-612頁 学術雑誌 2017年 10月
135. 「抗酸菌症の免疫補助療法 - マクロファージ機能との関連から -」 冨岡治明,多田納豊, 清水利朗,佐藤勝昌,佐野千晶 日本化学療法学雑誌 vol.:65 No.:1 10-16頁 学術雑誌 2017年 1月
136. 「病院薬剤師確保の現状と取り組み」 野島慶明, 佐野千晶, 布野慶人, 中畑典子, 吉岡みち子, 谷口栄作 島根医学 vol.:37 No.:4 43-51頁 学術雑誌 2017年 12月
137. 「薬剤師数動向に基づく地域の薬剤師ニーズの検討」 佐野千晶, 布野慶人, 野島慶明, 中畑典子, 吉岡みち子, 谷口栄作 島根医学 vol.:37 No.:3 41-48頁 学術雑誌 2017年 9月
138. 「Extrapulmonary tuberculosis mimicking Mendelian susceptibility to mycobacterial disease in a patient with signal transducer and activator of transcription 1 (STAT1) gain-of-function mutation」 Kataoka S, Muramatsu H, Okuno Y, Hayashi Y, Mizoguchi Y, Tsumura M, Okada S, Kobayashi M, Sano C, Sato H, Oh-Iwa I, Ito M, Kojima D, Hama A, Takahashi Y, Kojima S J Allergy Clin Immunol vol.:137 No.:2 全:4頁 619-622頁 学術雑誌 2016年
139. 「Host-Directed Therapeutics Against Mycobacterial Infections」 Haruaki Tomioka, Chiaki Sano, Yutaka Tatano Current Pharmaceutical Design vol.:23 1-13頁 学術雑誌 2016年 10月
140. 「M1, M2マクロファージポピュレーション― 抗酸菌感染で誘導・活性化されるマクロファージとの関連から ―」 冨岡 治明, 多田納 豊, 佐野 千晶, 清水 利朗 結核 vol.:91 No.:2 全:8頁 75-82頁 学術雑誌 2016年
141. 「島根における地域医療人材育成の取り組み」 谷口栄作, 佐野千晶, 日高美佐恵, 中畑典子, 吉岡みち子 島根医学 vol.:36 No.:2 8-16頁 学術雑誌 2016年 6月
142. 「ATP Exhibits Antimicrobial Action by Inhibiting Bacterial Utilization of Ferric Ions」 Yutaka Tatano, Yuichi Kanehiro, Chiaki Sano, Toshiaki Shimizu,Haruaki Tomioka Sci Rep vol.:5 8610頁 学術雑誌 2015年
143. 「深頸部膿瘍25例の検討」 木村光宏,片岡真吾,淵脇貴史,田村優希江,清水保彦,青井典明,佐野千晶,川内秀之 耳鼻咽喉科臨床 vol.:107 No.:7 569-577頁 学術雑誌 2014年
144. 「Mycobacterium avium complex感染マウスでのαβT細胞とγδT細胞の誘導プロフィール」 多田納豊,佐野千晶,清水利朗,佐藤勝昌,冨岡治明 医学と生物学 vol.:157 No.:6 754-758頁 学術雑誌 2013年
145. 「非結核性抗酸菌の免疫学基礎的背景」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,冨岡治明 結核 vol.:88 No.:12 798-802頁 学術雑誌 2013年
146. 「 Antimicrobial activity of natural killer cells and lymphokine-activated killer cells against Mycobacterial pathogens」 Sano C, Emori M, Saito H, Tatano Y, Shimizu T, Tomioka H Shimane J Med Sci vol.:28 35-40頁 2011年
147. 「Comparative in vitro and in vivo antimicrobial activities of sitafloxacin, gatifloxacin and moxifloxacin against Mycobacterium avium. 」 Sano C, Tatano Y, Shimizu T, Yamabe S, Sato K, Tomioka H International Journal of Antimicrobial Agents vol.:37 296-301頁 学術雑誌 2011年
148. 「Comparative study for the virulence of Mycobacterium avium isolates from patients with nodular-bronchiectasis- and cavitarytype diseases」 Tatano Y, Yasumoto K, Shimizu T, Sano C, Sato K, Yano S, Takeyama H, Tomioka H Eur J Clin Microbiol Infect Dis vol.:29 801-806頁 学術雑誌 2010年
149. 「Experimental and Clinical Studies on Rifacunna -The New Effective Antituberculous Drug- 」 Dimova Velichka, Atanasova Ivana, Tomioka Haruaki, Sato Katsumasa, Reddy Venkata, Geeta Nadadhur, Daneluzzi Donna, Gangadharam Patisapu, Kantardjiev Todor, Dhople Arvind, Feshchenko Yurii, Yashina Ljudmila, Toumanov Andrei, Zhivkova Zvetana and Sano Chiaki Recent Patents on Anti-Infective Drug Discovery vol.:5 No.:1 76-90頁 学術雑誌 2010年
150. 「In vitro drug susceptibility of Mycobacterium bovis BCG Connaught and Tokyo strains」 Shimizu T, Yasumoto Ko, Tatano Y, Tomioka H, Sato K, Sano C, Kumon H, Monden K Journal of Infection vol.:60 No.:3 248-251頁 学術雑誌 2010年
151. 「Roles of Cytoplasmic Phospholipase in Expression of the Antimicrobial Activity of Host Macrophages against Mycobacterium tuberculosis Infection」 Sano C, Yasumoto K, Tatano Y, Shimizu T, Tomioka H Shimane J Med Sci vol.:27 17-24頁 学術雑誌 2010年
152. 「低音障害型感音難聴における温度刺激検査の検討」 20. 木村光宏,濱村亮次,梅原 毅,青井典明,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 日本耳鼻咽喉科学会会報 vol.:112 No.:8 615-622頁 学術雑誌 2009年
153. 「アレルギー治療薬の免疫修飾作用に関する基礎的検討」 川内秀之,青井典明,清水保彦,合田 薫,佐野千晶,片岡真吾,山田高也 耳鼻咽喉科免疫アレルギー vol.:26 No.:2 142-143頁 その他 2008年
154. 「スギ花粉症におけるロイコトリエン受容体拮抗薬(プランルカスト)の有用性の検討」 清水保彦,片岡真吾,青井典明,村田明道,木村光宏,佐野千晶,佐野啓介,川内秀之 耳鼻咽喉科免疫アレルギー vol.:26 No.:1 23-29頁 その他 2008年
155. 「学会発表の方法・仕方(口演,ポスター)」 佐野千晶,川内秀之 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 vol.:80 No.:1 25-32頁 その他 2008年
156. 「島根県の学校健診におけるアレルギー性鼻炎の動向」 加藤洋平,村田明道,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 小児耳鼻咽喉科 vol.:29 No.:2 113-113頁 その他 2008年
157. 「島根県学校健診におけるアレルギー性鼻炎の動向」 村田明道,加藤洋平,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 Shimane Journal of Medical Science vol.:25 その他 2008年
158. 「鼻性眼窩骨膜下膿瘍の治療経験」 淵脇貴史,佐野千晶,青井典明,片岡真吾,児玉達夫,大平明弘,川内秀之 日本耳鼻咽喉科感染症研究会 vol.:26 No.:1 99-109頁 その他 2008年
159. 「鼻粘膜における局所免疫応答機構の解析-サイトカイン産生とメモリーT細胞に関する検討」 頓宮美樹,山田高也,青井典明,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 耳鼻咽喉科免疫アレルギー vol.:26 No.:2 66-68頁 その他 2008年
160. 「Mycobacterium avium complex感染マクロファージにおけるフォスフォリパーゼA2の細胞内動態」 佐野千晶, 清水利朗, 多田納豊, 安元 剛, 冨岡治明 感染症学雑誌  vol.:81 No.:6 695-699頁 その他 2007年 ISSN:03875911
161. 「通年性アレルギー鼻炎患者を対象としたロラタジンの服用時期の違いによる有用性の検討」 川内秀之,片岡真吾,佐野千晶,木村光宏,青井典明,清水保彦,梅原 毅,森倉一朗,合田 薫,淵脇貴史,加藤洋平 Progress in Medicine vol.:27 No.:11 2615-2623頁 その他 2007年
162. 「滲出性中耳炎に対するマクロライド療法の有用性の検討」 川内秀之,淵脇貴史,合田 薫,清水保彦,佐野千晶,片岡真吾 マクロライド研究会論文集 その他 2007年
163. 「Antimicrobial activity of picolinic acid against extracellular and intracellular Mycobacterium avium complex and its combined activity with clarithromycin, rifampicin, and fluoroquinolones」 Cai SS, Sato K, Shimizu T, Yamabe S, Hiraki M, Sano C, Tomioka H Journal of Antimicrobial Chemotherapy vol.:57 85-93頁 その他 2005年
164. 「Combined effects of ATP on the therapeutic efficacy of antimicrobial drug regimens against Mycobacterium avium complex infection in mice and roles of cytosolic phospholipase A2-dependent mechanisms in」 Tomioka H, Sano C, Sato K, Ogasawara K, Akaki T, Sano K, Cai SS, Shimizu T Journal of Immunology vol.:175 6741-6749頁 その他 2005年
165. 「Effects of type II alveolar epithelial cells on T cell mitogenic responses to concanavalin A and purified protein derivatives」 Sato K, Shimizu T, Sano C, Tomioka H Microbiology and Immunology vol.:49 885-890頁 その他 2005年
166. 「抗酸菌感染症の免疫補助療法」 冨岡治明, 佐藤勝昌, 清水利朗, 佐野千晶 日本細菌学雑誌 vol.:60 No.:3 445-442頁 その他 2005年
167. 「Comparative roles of macrophages and NK cells in the host Innate resistance of mice to Mycobacterium fortuitum infection」 Tomioka H, Shimizu T, Sato K, Sano C, Kamei T, Emori M, Saito H Journal of Infection vol.:48 74-80頁 その他 2004年
168. 「Interaction of antimycobacterial drugs with the anti-Mycobacterium avium complex effects of antimicrobial effectors, reactive oxygen intermediates, reactive nitrogen intermediates, and free fatty acid」 Sano K, Tomioka H, Sato K, Sano C, Kawauchi H, Cai SS, Shimizu T Antimicrobial Agents and Chemotherapy vol.:48 2132-2139頁 その他 2004年
169. 「The role of B7 molecules in the cell contact-mediated suppression of T cell mitogenesis by immunosuppressive macrophages induced with mycobacterial infection」 Shimizu T, Sano C, Tomioka H Clinical and Experimental Immunology vol.:135 373-379頁 その他 2004年
170. 「結核菌感染マクロファージにおけるphospholipase A2ファミリーmRNA発現の様相」 佐野千晶, 清水利朗, 佐藤勝昌, 冨岡治明 感染症学雑誌 vol.:78 503-507頁 その他 2004年
171. 「抗酸菌症の免疫補助療法」 冨岡治明, 佐藤勝昌, 佐野千晶, 清水利朗 島根医学 vol.:24 92-101頁 その他 2004年

報告書

1. 島根大学医学部地域医療支援学講座令和3年度報告書 島根大学医学部地域医療支援学講座 全:78頁 島根県 県内自治体 全国地域医療系講座 2022年 3月
2. 島根大学医学部地域医療支援学講座令和4年度報告書 島根大学医学部地域医療支援学講座 全:78頁 島根県 県内自治体 全国地域医療系講座 2022年 3月
3. 島根大学医学部地域医療支援学講座令和2年度報告書 島根大学医学部地域医療支援学講座 全:76頁 島根県 県内自治体 全国地域医療系講座 2021年 3月
4. 令和元年島根大学医学部地域医療支援学講座報告書 島根大学医学部地域医療支援学講座 全:66頁 島根県 県内自治体 全国地域医療系講座 2020年 3月
5. 島根大学医学部地域医療支援学講座 平成29年度報告書 地域医療支援学講座 全:80頁 全国地域医療系講座 自治体 2018年 3月
6. 島根大学医学部地域医療支援学講座 平成28年度報告書 地域医療支援学講座 全:96頁 島根県 2017年 3月
7. 島根大学医学部地域医療支援学講座平成27年度報告書 地域医療支援学講座 全:100頁 島根県,全国の地域医療系講座 2016年
8. 女性研究者・技術者からのメッセージ 佐野千晶 vol.:2 全:17頁 7頁 島根大学 男女共同参画推進室 2014年
9. マウスを用いたアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の治療効果および作用メカニズムについての検討 頓宮美樹,山田高也,合田 薫,清水保彦,佐野千晶,川内秀之 vol.:27 No.:2 84-85頁 耳鼻咽喉科免疫アレルギー 2009年
10. 咽頭炎患者より分離されたキノロン耐性Streptococcus pyogenesの耐性遺伝子解析 木村光宏,佐野千晶,輪島丈明,片岡真吾,川内秀之,生方公子 5-8頁 第25回中国地区インフェクションフォーラム記録集 2009年

発表等

1. 「やさしい日本語という技術」 大井 礼美, 太田 龍一, 芝 由紀子, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
2. 「ドレナージのみで軽快した、結節性紅斑を合併した肉芽腫性乳腺炎の妊婦の一例」 馬渕 沙弥佳, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
3. 「医学生の総合診療に対するモチベーションと影響する因子との関連性:横断研究」 西川 香澄, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
4. 「学生主体の多職種連携団体が開いた2 学部合同ジョイント多職種連携教育の実践」 白鳥 博之, 山﨑 祐次郎, 足立 孝子, 滝沢 章, 宮迫 瑞穂, 武淵 裕貴, 足立 元, 根本 卓也, 佐野 千晶 第15回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 2022年
5. 「関節症状の乏しい関節リウマチ患者における心タンポナーデを伴った心外膜炎の一例」 床並 亜有子, 太田 龍一, 田中 悠大, 天野 志保, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
6. 「繰り返す発熱で来院され血液培養陽性から診断に至った感染性肝嚢胞の一例」 池田 啓孝, 太田 龍一, 西倉 希, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
7. 「抗酸菌感染症での免疫の関わり」 多田納 豊,佐野 千晶, 冨岡 治明 第97回日本結核・非結核性抗酸菌症学会 2022年
8. 「高齢患者の貧血による再入院率の影響」 天野志保, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
9. 「高齢者の食道裂孔ヘルニアにおける外科的介入に関するシステマティックレビュー」 堀西 祐多, 清水 嘉偉, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
10. 「重症腎障害の原因として見つかった円柱腎症の1 例」 毛利 直人, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
11. 「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の日本における臨床像と死亡率」 横溝 加奈子, 友實 桃子, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
12. 「新型コロナウイルス感染症対策の取り組みと今後に向けて」 佐野 千晶 日本医療マネジメント学会第20回島根支部学術集会 2022年
13. 「地域病院における診断エラーの現状とそれに関連する要因:後ろ向きコホート」 藤森 太一, 太田 龍一, 佐野 千晶 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年
14. 「ウツタイン様式等による病院外心肺停止患者の検討」 布野 慶人,谷口 栄作,堀田 優希江,宅野 真由美,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
15. 「ショッピングリハビリが高齢者の運動機能や認知機能に与える効果」 毛利 直人,太田 龍一,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
16. 「医学生の就業観とワークライフバランスについての認識アンケート調査」 堀田 優希江, 布野 慶人, 宅野 真由美, 吉川 啓介, 佐野 千晶 第53回日本医学教育学会大会 2021年
17. 「雲南市の在宅死の推移とその要因」 山根 史子,太田 龍一,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
18. 「学生が主導で多職種連携を実践するSiPSの立ち上げと活動〜コロナ禍の1年を振り返って〜」 白鳥 博之,山田 壮史,青野 梓,阿部 春季,足立 元,大塚 友絵,押切 謙一,小内 ゆい,筧みなみ,隅田 菜緒,炭本 真居子,滝沢 章,武淵 裕貴,西上 あゆみ,根本 卓也,宮迫 瑞穂,山﨑 祐次郎,吉岡 菜穂,池田 有梨奈,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
19. 「疑義照会から見る医師の誤処方に関連する因子の探索」 澤 純平,太田 龍一,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
20. 「総合診療教育における医学生の感じる理想と現実の解離:質的研究」 西川 香澄, 太田 龍一, 佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
21. 「地域基盤型教育におけるResident as Teacherの導入が医学生ならびに研修医に与える影響:質的研究」 西倉 希, 太田 龍一, 笠 芳紀, 佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
22. 「地域自主組織が与える影響と今後の課題に関する混合研究」 笠 芳紀,太田 龍一,片岡 大輔,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
23. 「島根県雲南市における社会的処方」 内藤 祐美,太田 龍一,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
24. 「非結核性抗酸菌に対するマクロファージを中心とした免疫応答」 佐野 千晶,多田納 豊,礒部 威, 冨岡 治明 第95回日本感染症学会学術講演会 2021年
25. 「僻地における高齢患者の貧血精査の現状」 天野 志保,太田 龍一,佐野 千晶 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年
26. 「 Reflection of incident reports on reporters’ awareness of safety culture: observation of an incident reporting system in the past decade at a university hospital in Japan」 Hirose M, Endo S, Yano T, Jo Y, Sano C ISPOR 2020 2020年
27. 「A study on the factors associated with hospital staffs’ influenza at a university hospital in Japan」 Jo Y, Hirose M, Sano C, Yano T, Endo S Virtual ISPOR Europe 2020 2020年
28. 「ESBL産生大腸菌の遺伝子型・POT型とキノロン耐性との関連性」 西村信弘, 馬庭恭平, 石原慎之, 森山英彦, 多田納豊, 直良浩司, 佐野千晶 日本薬学会第140年会 2020年
29. 「医学生の「僻地で働きたい」についての重回帰分析」 島田直英,宅野真由美,布野慶人,谷口栄作,佐野千晶 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年
30. 「多職種連携サークルSiPSの設立と展開 (第1報) 〜地域に根ざしたIPEカルチャーを学生が作る試み〜」 白鳥博之, 青野梓, 山田壮史, 滝沢章, 武淵裕貴, 池田有梨奈, 佐野千晶, 河野美江, 朝比奈真由美, 井出成美 第13回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 2020年
31. 「多職種連携サークルSiPSの設立と展開 (第2報) 〜オンラインによる活動の広がりと今後の課題〜」 山田壮史, 池田有梨奈, 白鳥博之, 青野梓, 滝沢章, 武淵裕貴, 佐野千晶 第13回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 2020年
32. 「多職種連携サークルSiPSの展開 小分会「介護と医療」の報告」 滝沢章, 山田壮史, 白鳥博之, 池田有梨奈, 武淵裕貴, 青野梓, 佐野千晶 第13回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 2020年 キーワード:理事長賞 3/3
33. 「地理情報システム(GIS)を用いた医療アクセスの地域格差の解析-島根県浜田市において-」 島田直英,宅野真由美,布野慶人,谷口栄作,佐野千晶 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年
34. 「島根県における乳幼児健康診査の評価について」 谷口栄作, 布野慶人, 宅野真由美, 佐野千晶 第79回日本公衆衛生学会総会 2020年
35. 「Current Status and Challenges of AHA Courses Provided by the Japan ACLS Association」 Yoshihito Funo, Chiaki Sano, Hiroyuki Taniura, Takaki Hashimoto, Masataka Gunshin, Eisaku Taniguchi, Koji Sakaida 2019 Cardiac Arrest Survival Summit 2019年
36. 「In vivo研究の視点から見た抗酸菌感染症:In vivo手法を用いたMACに対する免疫応答解析」 多田納豊, 佐野千晶,礒部 威,冨岡治明 第94回日本結核病学会総会 2019年
37. 「Mycobacterium avium complex結合性短鎖可変部抗体(scFv)の作成」 多田納豊,加藤芳徳,望月 涼,五明田朋伸,石川智世,佐野千晶,山田高也,冨岡治明,八木秀樹 第92回日本細菌学会総会 2019年
38. 「好中球減少時の血流感染における口腔粘膜障害と口腔ケアについての検討」 城 有美, 佐野千晶, 鈴宮淳司 第89回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2019年
39. 「総合診療医への進路選択についての意識調査」 島田直英,布野慶人,佐野千晶,谷口栄作 第10回プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年
40. 「短期間の離島フィールド学習における教育効果 –医療保健機関実習入門期における看護学生2年の気づき、発見したものからの考察-」 野島慶明, 谷口栄作, 布野慶人, 吉岡みち子, 佐野千晶 第29回日本医学看護学教育学会学術大会 2019年
41. 「島根県民のメタボリック症候群に関係する生活習慣の状況」 谷口栄作, 布野慶人,宅野真由美,佐野千晶 第78回日本公衆衛生学会総会 2019年
42. 「病院職員のインフルエンザ予防を考える -アンケート調査より-」 城 有美, 佐野千晶 第57回日本医療・病院管理学会 2019年
43. 「ウツタイン様式による病院外心停止患者の検討」 布野慶人,佐野千晶,吉岡みち子,中畑典子,谷口栄作 第9回プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年
44. 「オール島根で取り組む総合診療専門医の育成」 谷口栄作,布野慶人,吉岡みち子,中畑典子,佐野千晶 第9回プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年
45. 「マクロファージの役割と抗酸菌感染」 佐野千晶,多田納豊,冨岡治明 第93回日本結核病学会総会 2018年
46. 「医学生1年生を対象として学生自らで立案実施したワークライフ・バランスアンケート調査」 梶木保乃加,佐野千晶,赤松歩実,藤川玲奈,中畑典子,布野慶人,吉岡みち子,熊倉俊一,谷口栄作 第9回プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年
47. 「医学生におけるキャリアアンカーについてのアンケート調査」 佐野千晶, 布野慶人,吉岡みち子,谷口栄作 第50回日本医学教育学会 2018年
48. 「初期研修医はどのように専門診療科を選ぶのか」 谷口栄作, 布野慶人,中畑典子,吉岡みち子,佐野千晶 第50回日本医学教育学会 2018年
49. 「新専門医制度化の地域枠出身者のキャリア形成 -島根大学の取り組み- 」 佐野千晶 第8回中四国地域医療フォーラム 2018年
50. 「地域で生涯自分らしく暮らすための住民調査」 島田直英,梶木保乃加,片桐徳貴,小松原悠生,立川諒太,成田 恵,藤川玲奈,中村愛佳,飯沼太珠,大本真由,神谷龍輝,布野慶人,佐野千晶,阿部顕治,谷口栄作 第9回プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年
51. 「地域の食習慣等を把握する手法の検討「国民健康・栄養調査とBDHQ調査の比較」」 坂秀子, 大城等, 中畑典子, 佐野千晶, 布野慶人, 吉岡みち子, 谷口栄作 第77回日本公衆衛生学会総会 2018年
52. 「島根における地域医療を守る住民活動の取り組み」 吉岡みち子,佐野千晶,布野慶人,中畑典子,谷口栄作 第9回プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年
53. 「特定健診・標準質問票からみた島根県の健康状況についての考察」 谷口栄作, 布野慶人,吉岡みち子,佐野千晶 第77回日本公衆衛生学会総会 2018年
54. 「非結核性抗酸菌症の病理と画像の成り立ち」 礒部 威,佐野千晶,谷野良輔,三浦聖高 第92回日本感染症学会学術講演会 2018年
55. 「複数地域由来Mycobacterium avium 株におけるVNTR遺伝子型と薬剤感受性の関係性についての検討」 多田納豊, 戸村雪花, 佐野千晶, 梅田啓, 御手洗聡, 吉田志緒美, 露口一成, 藤原純子, 竹下治男, 八木秀樹, 冨岡治明 第91回日本細菌学会総会 2018年
56. 「本院職員におけるインフルエンザアンケート調査」 城有美, 佐野千晶, 西村信弘,鈴宮敦司 第66回日本化学療法学会西日本支部総会 2018年
57. 「 Mycobacterium avium complexに対する抗菌薬とATPとの併用についての基礎的検討」 佐野千晶, 多田納豊, 礒部 威, 冨岡治明 第68回結核病学会中国四国支部総会 2017年
58. 「Mycobacterium aviumのVNTR遺伝子型に基づく薬剤感受性迅速予測システムの構築」 多田納豊, 佐野千晶,梅田 啓,御手洗聡,藤原純子,竹下治男,冨岡治明,八木秀樹 第90回日本細菌学会総会 2017年
59. 「医療保健関連学部の学生における朝食摂取頻度別栄養摂取状況の比較~朝食摂取の影響~ 」 中畑典子,布野慶人,佐野千晶,吉岡みち子,谷口栄作 第76回日本公衆衛生学会総会 2017年
60. 「院内感染対策の動向」 佐野千晶 平成28年度日本耳鼻咽喉科学会島根県地方部会 2017年
61. 「攻略:抗酸菌検査ガイド2016・非結核性抗酸菌の薬剤感受性試験」 佐野千晶 92回日本結核病学会総会 2017年 キーワード:抗酸菌
62. 「地域の食習慣等把握の手法に関する検討「国民健康・栄養調査と食事歴法調査の比較」 坂秀子,大城等,福屋由紀子,中畑典子,佐野千晶,布野慶人,吉岡みち子,谷口栄作 第76回日本公衆衛生学会総会 2017年
63. 「島根大学の地域医療教育の取り組み」 佐野千晶 第7回中四国地域医療フォーラム プレ集会 2017年
64. 「島根大学医学部における女子学生,女子若手医師の面談を通して」 佐野千晶 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年
65. 「難治性Mycobacterium abscessus complex症例分離菌のマウスモデルを用いた基礎的検討」 佐野千晶,多田納豊,森 雄亮,堀田尚誠,津端由佳里,濱口 愛,濱口俊一,竹山博泰,礒部 威,冨岡治明 第92回日本結核病学会総会 2017年
66. 「認知症になっても地域で暮らし続けるために ~学生からの提言~」 島田直英,岡 公平,加藤 将,中嶋史音,中村愛佳,三谷俊貴,大本真由,神谷龍輝,阿部顕治,佐野千晶,谷口栄作 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年
67. 「非結核性抗酸菌症に対する漢方薬の可能性」 佐野千晶,多田納豊,堀田尚誠, 津端由佳里,濱口俊一,濱口 愛, 沖本民生,竹山博泰,礒部 威,冨岡治明 第11回日本結核病学会中国四国支部研究会 2017年
68. 「薬学部のない島根県の病院における薬剤師確保と定着にむけて ~アンケート調査からの考察~」 野島慶明, 谷口栄作, 佐野千晶, 吉岡みち子, 中畑典子, 直良浩司 第57回全国国保地域医療学会 2017年
69. 「ATP は鉄イオン捕捉作用により抗菌活性を示す」 多田納 豊,金廣 優一,佐野 千晶,清水 利朗,冨岡 治明 第89回日本細菌学会総会 2016年
70. 「ATPは鉄イオン捕捉作用により抗酸菌に対する増殖阻害作用を示す」 多田納豊, 金廣優一,佐野千晶,清水利朗,冨岡治明 第91回日本結核病学会総会 2016年
71. 「Establishment of the Novel Mouse Models of Human Lung Nontuberculous Mycobacterial Infections 」 T. Isobe, C. Sano, R.Tanino, Y. Tatano, Y. Mori, M. Nakao,Y. Amano, T. Hotta, M. Hamaguchi, T. Okimoto,Y. Tsubata, S. Hamaguchi, H. Takeyama American Thoracic Society 2016 International Conference 2016年
72. 「医学生の地域医療実習の評価と進路希望等の関連」 谷口栄作, 吉岡みち子, 中畑典子, 日高美佐恵, 佐野千晶 第48回日本医学教育学会大会 2016年
73. 「新規感染方法による非結核性抗酸菌症マウスモデルについての検討」 佐野千晶,多田納豊,沖本民生,堀田尚誠,濱口俊一竹山博泰,冨岡治明,礒部威 第91回日本結核病学会総会 2016年
74. 「肺炎桿菌のAerobactin 合成遺伝子iucB は, バイオフィルム形成とシデロフォア産生を促進する」 金廣 優一,冨岡 祐輔,小早川 義貴,多田納 豊,飯笹 久,冨岡 治明,佐野 千晶,吉山 裕規 第89回日本細菌学会総会 2016年
75. 「非結核性抗酸菌症の新たな治療展開―次世代の治療法を考えるー:マクロファージ殺菌能と抗菌薬」 佐野千晶, 多田納豊, 冨岡治明 第91回日本結核病学会総会 2016年
76. 「非結核性抗酸菌症の増悪に関わる宿主因子についての研究」 佐野千晶,多田納豊,森 雄亮,堀田尚誠,津端由佳里,濱口俊一,濱口愛,沖本民生,竹山博泰,冨岡治明,礒部威 第10回日本結核病学会中国四国支部研究会 2016年
77. 「 Klebsiella pneumoniae のAerobactin はバイオフィルム形成に重要な病原因子である」 金廣優一,冨岡佑高,小早川義貴,多田納豊,飯笹久,冨岡治明,佐野千晶,吉山裕規 第88回日本細菌学会総会 2015年
78. 「非結核性抗酸菌症増悪に関与する宿主因子についての基礎的研究」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,吉山裕規,濱口 愛,沖本民生,津端由佳里,三浦聖高,星野鉄兵,濱口俊一,須谷顕尚,竹山博泰,久良木隆繁,冨岡治明,礒部 威 第9回日本結核病学会中国四国支部研究会 2015年
79. 「薬剤感受性試験の培地がMycobacterium aviumのMIC値に及ぼす影響」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,冨岡治明,吉山裕規 第65回日本結核病学会中国四国支部会 2015年
80. 「Klebsiella pneumoniae におけるバイオフィルム形成とAerobactin についての基礎的検討」 金廣優一,冨岡佑高,小早川義貴,多田納豊,飯笹久,冨岡治明,佐野千晶,吉山裕規 第67 回日本細菌学会中国・四国支部総会 2014年
81. 「Mycobacterium avium complex (MAC)増殖に関する宿主要因についての成績ならびに中国四国支部会MAC症宿主要因解明プロジェクトのお願い」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,冨岡治明,吉山裕規,濱口愛,沖本民生,津端由佳里,三浦聖高,大江美紀,須谷顕尚,竹山博泰,久良木隆繁,礒部威 第8回日本結核病学会中国四国支部研究会 2014年
82. 「Mycobacterium aviumにおけるVNTR遺伝子型と薬剤感受性の関連性についての検討」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,冨岡治明,吉山裕規 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2014年
83. 「マクロファージのアポトーシスに連動した抗酸菌に対する殺菌増強メカニズムについての検討」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,冨岡治明 第88回日本感染症学会学術講演会 2014年
84. 「抗酸菌に対するマクロファージのアポトーシスに運動した殺菌能増強作用についての検討」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,冨岡治明 第87回日本細菌学会総会 2014年
85. 「肺炎桿菌のバイオフィルム形成能と病原性発現におけるAerobactinの機能解析」 金廣優一,冨岡佑高,小早川義貴,多田納豊,冨岡治明,佐野千晶 第87回日本細菌学会総会 2014年
86. 「 抗酸菌感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,冨岡治明 第7回日本結核病学会中国四国支部研究会 2013年
87. 「Mycobacterium avium complex 感染により誘導される免疫抑制性マクロファージの極性についての検討」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,清水利朗,冨岡治明 第87回日本感染症学会総会 2013年
88. 「Mycobacterium aviumにおけるクラリスロマイシン薬剤感受性とジェノタイプとの関連性について」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,冨岡治明 第83回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2013年
89. 「Mycobacterium avium complex感染マウスで誘導される免疫抑制性マクロファージのTh17誘導能について」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,清水利朗,冨岡治明 第62回日本結核病学会中国四国支部会 2012年
90. 「Mycobacterium avium complex感染マウスで誘導される免疫抑制性マクロファージのTh17誘導能について」 佐野千晶,多田納 豊,金廣優一,清水利朗,冨岡治明 第85回日本細菌学会総会 2012年
91. 「Mycobacterium smegmatis 感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討」 金廣優一,多田納豊,佐野千晶,冨岡治明 第62回日本結核病学会中国四国支部会 2012年
92. 「Mycobacterium smegmatis 感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討」 多田納 豊,金廣優一,佐野千晶,冨岡治明 第85回日本細菌学会総会 2012年
93. 「NK細胞ならびにLAK細胞の抗マイコバクテリア活性について」 佐野千晶,江森方子,金廣優一,斎藤 肇,多田納豊,冨岡治明 第62回日本結核病学会中国四国支部会 2012年
94. 「 Mycobacterium avium complex感染マウスで誘導される免疫抑制性マクロファージのIL-17産生T細胞誘導能についての検討」 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,清水利朗,冨岡治明 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会 2011年
95. 「 Mycobacterium avium complex感染症に対する諸種キノロン薬の抗菌活性の比較検討」 佐野千晶,多田納豊,佐藤勝昌,清水利朗,冨岡治明 第85回日本感染症学会総会・学術講演会 2011年
96. 「 肺MAC症患者由来臨床分離型株の薬剤感受性についての検討」 多田納豊,清水利朗,佐野千晶,安元 剛,佐藤勝昌,矢野修一,竹山博泰,西森 敬,松本智成,冨岡治明 第61回日本結核病学会中国四国支部会 2011年
97. 「Association between variable-number tandem-repeat-based genotypes and drug susceptibility in Mycobacterium avium isolates」 Yutaka Tatano, Chiaki Sano, Toshiaki Shimizu, Haruaki Tomioka International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (IUMS 2011) 2011年
98. 「Comparative in vitro and in vivo antimicrobial activities of sitafloxacin, gatifloxacin, and moxifloxacin against Mycobacterium avium」 Haruaki Tomioka, Chiaki Sano, Yutaka Tatano, Toshiaki Shimizu The 8th International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance 2011年
99. 「Correlation between variable-number tandem-repeat-based genotypes and drug susceptibility in Mycobacterium avium isolates」 Yutaka Tatano, Chiaki Sano, Toshiaki Shimizu, Haruaki Tomioka The 8th International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance (ISAAR 2011) 2011年
100. 「Mycobacterium avium complex 感染症におけるin vitro ならびにin vivo諸種キノロン薬の抗菌活性の検討」 佐野千晶,多田納豊,佐藤勝昌,清水利朗,冨岡治明 第86回日本結核病学会総会 2011年
101. 「Mycobacterium avium complex- induced suppressor macrophages specifically induce Th17 cells」 Chiaki Sano, Yutaka Tatano, Toshiaki Shimizu, Haruaki Tomioka International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (IUMS 2011) 2011年
102. 「Mycobacterium avium complex感染により誘導される免疫抑制性マクロファージのIL-17産生T細胞の誘導についての検討」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,清水利朗,冨岡治明 第81回日本感染症学会西日本地方会 2011年
103. 「Mycobacterium avium complex感染マウスで誘導される免疫抑制性マクロファージのTh17誘導能について」 冨岡治明,佐野千晶,多田納豊,金廣優一,清水利朗 第42回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 2011年
104. 「Mycobacterium smegmatis 感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討」 冨岡治明,多田納 豊,金廣優一,佐野千晶 第42回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 2011年
105. 「Mycobacterium smegmatis感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討」 金廣優一,多田納豊,佐野千晶,冨岡治明 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会 2011年
106. 「抗酸菌感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討」 多田納豊,金廣優一,佐野千晶,冨岡治明 第81回日本感染症学会西日本地方会 2011年
107. 「実験的MAC感染に対する諸種キノロン薬の抗菌活性の比較検討」 佐野千晶,多田納豊,佐藤勝昌,清水利朗,冨岡治明 第61回日本結核病学会中国四国支部会 2011年
108. 「肺MAC症患者由来臨床分離株の多型縦列反復配列(VNTR)遺伝子型別解析を用いた薬剤感受性についての検討」 多田納豊,清水利朗,佐野千晶,安元 剛,佐藤勝昌,矢野修一,西森敬,松本智成,冨岡治明 第86回日本結核病学会総会 2011年
109. 「肺MAC症患者由来臨床分離株の薬剤感受性についての検討」 多田納豊,清水利朗,佐野千晶,佐藤勝昌,矢野修一,西森敬,松本智成,冨岡治明 第85回日本感染症学会総会・学術講演会 2011年
110. 「非結核性抗酸菌の細菌学的特徴とその最新知見」 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,冨岡治明 第5回日本結核病学会中国四国支部研究会 2011年
111. 「 Properties of immunosuppressive macrophages generated by Mycobacterium avium complex infection induced in bcgs and bcgr genotype mice」 Yutaka Tatano, Chiaki Sano, Toshiaki Shimizu, and Haruaki Tomioka Society for general microbiology (SGM) Autumn Conference 2010年
112. 「Comparative study for virulence of Mycobacterium avium isolates from patients with nodular-bronchiectasis-type and cavitary-type diseases」 Haruaki Tomioka, Chiaki Sano, Yutaka Tatano, and Toshiaki Shimizu Society for general microbiology (SGM) Autumn Conference 2010年
113. 「Mycobacterium avium complex 感染により誘導される免疫抑制性マクロファージの標的T細胞のサイトカイン産生に及ぼす影響」 多田納豊,佐野千晶,清水利朗,冨岡治明 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会 2010年
114. 「Mycobacterium avium に対する諸種キノロン薬のin vitroならびにin vivo抗菌活性の比較検討」 清水利朗,多田納豊,安元 剛,佐野千晶,佐藤勝昌,冨岡治明 第84回日本感染症学会総会・学術講演会 2010年
115. 「Mycobacterium avium 感染マクロファージおよび感染マウスにおける諸種キノロン薬の治療効果」 佐野千晶,多田納豊,佐藤勝昌,清水利朗,冨岡治明 第80回日本感染症学会西日本地方会 2010年
116. 「Mycobacterium aviumに対する諸種キノロン薬のin vitroならびにin vivo抗菌活性の比較検討」 冨岡治明,佐野千晶,多田納豊,佐藤勝昌,清水利朗 第41回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 2010年
117. 「Properties of immunosuppressive macrophages generated by Mycobacterium intracellulare infection induced in Bcgs and Bcgr genotype mice and their two-type subpopulations with differential adherance」 Yutaka Tatano, Toshiaki Shimizu, Chiaki Sano, and Haruaki Tomioka The 10th Japan-Korea International Symposium on Microbiology 2010年
118. 「マウス肥満細胞のサイトカイン産生に及ぼすH1受容体拮抗薬の抑制作用」 清水香奈子,川内秀之,佐野千晶,清水保彦,青井典明,片岡真吾 第28回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2010年
119. 「抗酸菌感染症で誘導される免疫抑制マクロファージとTh17分化制御」 佐野千晶,多田納豊,清水利朗,冨岡治明 第80回日本感染症学会西日本地方会 2010年
120. 「実験的MAC感染における諸種キノロン薬の抗菌活性について」 佐野千晶,多田納豊,佐藤勝昌,清水利朗,冨岡治明 第4回日本結核病学会中国四国支部研究会 2010年
121. 「実験的マウスMAC感染症に対する諸種キノロン薬の抗菌活性の比較検討」 多田納豊,清水利朗,佐野千晶,佐藤勝昌,安元 剛,冨岡治明 第85回日本結核病学会総会 2010年
122. 「小結節・気管支拡張型および結核類似型MAC症患者由来臨床分離型株の薬剤感受性についての検討」 多田納豊,清水利朗,佐野千晶,安元 剛,佐藤勝昌,矢野修一,竹山博泰,西森 敬,松本智成,冨岡治明 第4回日本結核病学会中国四国支部研究会 2010年
123. 「小結節・気管支拡張型および結核類似型Mycobacterium avium complex症患者由来臨床分離型株の薬剤感受性についての検討」 多田納豊,清水利朗,佐野千晶,佐藤勝昌,矢野修一,竹山博泰,松本智成,冨岡治明 第80回日本感染症学会西日本地方会 2010年
124. 「肺MAC症患者由来臨床分離株の薬剤感受性についての検討」 冨岡治明,多田納 豊,清水利朗,佐野千晶,安元 剛,佐藤勝昌,矢野修一,西森 敬,松本智成 第41回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 2010年
125. 「Clinical Outcome of Patients with Inverted Papilloma in Nasal Cavity and Paranasal Sinuses」 Hideyuki Kawauchi, Shingo Kataoka, Mitsuhiro Kimura, Chiaki Sano, Takafumi Fuchiwaki, Yohei Kato XXXVII congress of the Korean rhinologic society 2009年
126. 「H1受容体拮抗薬の肥満細胞のサイトカイン産生に対する抑制作用」 清水香奈子,清水保彦,合田 薫,青井典明,佐野千晶,川内秀之 第21回日本アレルギー学会春季臨床大会 2009年
127. 「Sublingual immunotherapy induces regulatory function of CD4+CD25+T cells of CLN in murine allergic rhinitis model.」 Kaoru Goda, Takaya Yamada, Miki Tongu, Takafumi Fuchiwaki, Chiaki Sano, Hideyuki Kawauchi 第48回日本鼻科学会 2009年
128. 「マウスを用いたアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の治療効果および作用メカニズムについての検討」 頓宮美樹,山田高也,合田 薫,清水保彦,佐野千晶,川内秀之 第17回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2009年
129. 「若年期に発症したメニエール病の治療経験」 木村光宏,濱村亮次,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第19回日本耳科学会 2009年
130. 「術前シミュレーションと学生教育におけるVOXEL-MAN TempoSurgの意義」 佐野千晶,加藤洋平,木村光宏,青井典明,片岡真吾,川内秀之 第25回耳鼻咽喉科情報処理研究会 2009年
131. 「新興型「結核・気管支拡張型MAC症」の起炎菌の病原性と薬剤感受性に関する研究」 安元 剛,多田納豊,清水利朗,佐野千晶,冨岡治明 第84回日本結核病学会総会 2009年
132. 「進行性核上性麻痺症例の神経耳科学的検査の特徴」 木村光宏,濱村亮次,合田 薫,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第110回日本耳鼻咽喉科学会 2009年
133. 「前頭洞嚢胞症例の臨床的検討」 青井典明,片岡真吾,清水保彦,森倉一朗,佐野千晶,川内秀之 第19回日本頭頸部外科学会 2009年
134. 「3 cases of pyriform sinus fistula」 Kaoru Goda, Shingo Kataoka, Mitsuhiro Kimura, Noriaki Aoi, Chiaki Sano, Hideyuki Kawauchi 15th World Congress for Bronchology and 15th World Congress for Bronchoesophagology 2008年
135. 「3 cases of pyriform sinus fistula」 1. Kaoru Goda, Shingo Kataoka, Mitsuhiro Kimura, Noriaki Aoi, Chiaki Sano, Hideyuki Kawauchi 15th World Congress for Bronchology and 15th World Congress for Bronchoesophagology 2008年
136. 「Intranasal cytokine therapy for attenuating nasal allergic symptoms」 Noriaki Aoi, Yasuhiko Shimizu, Mitsuhiro Kimura, Chiaki Sano, Yasunobu Yoshikai, Hideyuki Kawauchi 12th International Seminar Otorhinolaryngology in Shimane 2008年
137. 「One-and-a-half症候群を呈した多発性硬化症の1例」 梅原 毅,合田 薫,清水香奈子,佐野千晶,濱村亮次,川内秀之 第34回中国地方部会連合学会 2008年
138. 「めまいと難聴を伴った脳脊髄液減少症の1例」 佐野千晶, 濱村亮次,木村光宏,片岡真吾,川内秀之 第78回日本耳鼻咽喉科島根県地方部会学術講演会 2008年
139. 「キノロンおよびマクロライド高度耐性Streptococcus pyogenesの耐性遺伝子解析」 佐野千晶,輪島穣明,片岡真吾,川内秀之,生方公子 第56回日本化学療法学会総会 2008年
140. 「咽頭炎患者より分離されたA群溶血性レンサ球菌の耐性遺伝子解析」 佐野千晶,輪島丈明,片岡真吾,川内秀之,生方公子 第38回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 2008年
141. 「咽頭炎患者より分離されたキノロン耐性Streptpcpccus pyogenesの耐性遺伝子解析」 木村光宏,佐野千晶,輪島丈明,片岡真吾,川内秀之,生方公子 第25回中国地区インフェクションフォーラム 2008年
142. 「呼吸および嚥下障害をきたした甲状腺腫症例の検討」 片岡真吾,木村光宏,加藤洋平,梅原 毅,佐野千晶,川内秀之 第60回日本気管食道科学会学術講演会 2008年
143. 「先端肥大症に合併した巨大甲状腺腫の1例」 加藤洋平,片岡真吾,梅原 毅,木村光宏,佐野千晶,川内秀之 第60回日本気管食道科学会学術講演会 2008年
144. 「長時間観察しえたメニエール病症例」 木村光宏,佐野千晶,合田 薫,濱村亮次,川内秀之 平成20年度日本耳鼻咽喉科学会島根県地方部会研修会 2008年
145. 「通年性アレルギー性鼻炎患者を対象としたロラタジンの服用時期の違いによる有用性の検討」 川内秀之,片岡真吾,佐野千晶,青井典明,村田明道,森倉一朗,合田 薫 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 2008年
146. 「島根県の学校健診におけるアレルギー性鼻炎の動向」 加藤洋平,村田明道,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第9回中四国耳鼻咽喉科アレルギー疾患研究会 2008年
147. 「島根県の学校健診におけるアレルギー性鼻炎の動向」 加藤洋平,村田明道,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第3回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2008年
148. 「当科におけるバセドウ病に対する外科的治療」 9. 加藤洋平,青井典明,木村光宏,佐野千晶,片岡真吾,山内美香,川内秀之,杉本利嗣 第34回中国四国地方部会連合学会 2008年
149. 「当科における緊急気管切開症例の検討」 木村光宏,淵脇貴史,加藤洋平,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第18回日本頭頸部外科学会 2008年
150. 「当科における扁桃周囲膿瘍の臨床的検討」 淵脇貴史,片岡真吾,佐野千晶,川内秀之 第38回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 2008年
151. 「当科における扁桃周囲膿瘍の臨床的検討」 淵脇貴史,片岡真吾,佐野千晶,川内秀之 第38回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 2008年
152. 「糖尿病を合併した突発性難聴症例の臨床的検討」 木村光宏,濱村亮次,青井典明,佐野千晶,川内秀之 第53回日本聴覚医学会学術講演会 2008年
153. 「鼻粘膜における局所免疫応答機構の解析―サイトカイン産生とT細胞のメモリーに関する検討―」 頓宮美樹,山田高也,青井典明,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2008年
154. 「鼻副鼻腔炎症性疾患の病態と治療におけるToll-like receptor(TLR)の位置付け」 川内秀之,青井典明,合田 薫,佐野千晶,清水保彦,森倉一朗 第109回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2008年
155. 「眩暈と難聴を伴い低髄液圧症候群と考えられた2症例」 佐野千晶,濱村亮次, 青井典明, 片岡真吾, 川内秀之 第18回日本耳科学会総会・学術講演会 2008年
156. 「A clinical trail in the efficacy of single per-os administration of LORATADINE on perennial allergic rhinitis – comparison in clinical efficacy between an intake after breakfast and after dinner.」 Kawauchi Hideyuki, S. Kataoka, C. Sano, M. Kimura, N. Aoi, Y. Shimizu, T. Umehara, I. Morikura, K. Goda, T. Fuchiwaki, Y. Katoh 12th Congress of the International Rhinologic Society 2007年
157. 「Clinical outcome of patients with inverted papilloma in nasal cavity and paranasal sinuses」 S. Kataoka, C. Sano, M. Kimura, N. Aoi, Y. Shimizu, Y. Kato, H. Kawauchi 12th Congress of the International Rhinologic Society 2007年
158. 「Efficacy of pre-seasonal administration of a leukotriene antagonist (pranlukast hydrate) on nasal symptoms and quality of life (QOL) in patients with Japanese cedar pollinosis」 Kawauchi Hideyuki, S. Kataoka, C. Sano, M. Kimura, N. Aoi, Y. Shimizu, T. Umehara, I. Morikura, K. Goda, T. Fuchiwaki, Y. Katoh 12th Congress of the International Rhinologic Society 2007年
159. 「Hunt症候群に対側の難聴・末梢前庭機能障害を伴った1例」 加藤洋平,梅原毅,濱村亮次,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第33回日本耳鼻咽喉科中国地方部会連合学会 2007年
160. 「Mucosal Immunity of nasopharynx: cytokine profile of nasopharyngeal T cells in AG-specific mucosal immune response」 Takaya Yamada, M. Tongu, C. Sano, S. Kataoka, H. Kawauchi 12th Congress of the International Rhinologic Society 2007年
161. 「アレルギー治療薬の免疫修飾作用に関する基礎的検討―肥満細胞からのサイトカイン産生抑制―」 川内秀之,青井典明,清水保彦,佐野千晶,合田 薫,片岡真吾,山田高也 第26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2007年
162. 「小児滲出性中耳炎に対するマクロライド療法」 淵脇貴史,合田薫,清水保彦,太神尚士,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第14回マクロライド新作用研究会 2007年
163. 「先端肥大症に合併した巨大甲状腺腫の1例」 加藤洋平,太神尚士,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之,小川典子,山内美香,杉本利嗣 日本耳鼻咽喉科学会第33回中国四国地方部会連合学会 2007年 キーワード:甲状腺
164. 「低音障害型感音難聴に対する温度眼振検査の検討」 木村光宏,濱村亮次,梅原 毅,加藤洋平,村田明道,佐野千晶,片岡真吾,川内秀之 第108回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2007年 キーワード:難聴 平衡障害
165. 「鼻性眼窩内蜂窩織炎2症例の治療経験」 淵脇貴史,佐野千晶,青井典明,片岡真吾,川内秀之 第37回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 2007年
166. 「Effects of various immunomodulators on the antimicrobial activity of clarithromycin in combination with rifampin against Mycobacterium avium complex within macrophages.」 Tomioka H, Shimizu T, Sano C, Yamabe S, Hiraki M Cytokine 2006 Joint Conference of the ISICR 2006年
167. 「Effects of the Chinese traditional medicines Kakkon-to, Hochu-ekki-to, and Juzen-taiho-to on the antimicrobial activity of clarithromycin in combination with rifampicin against Mycobacterium avium complex within THP-1 human macrophages and A-549 human typ」 Toshiaki Shimizu, Katsumasa Sato, Chiaki Sano, Haruaki Tomioka 5th International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance 2005年
168. 「MAC誘導免疫抑制性マクロファージのB細胞に対するサプレッサー活性発現メカニズム(第1報)」 清水利朗, 蔡 杉杉, 佐藤勝昌, 佐野千晶, 冨岡治明 第80回日本結核病学会総会 2005年
169. 「Mycobacterium avium complex感染に対する各種免疫調節剤の抗菌薬との併用効果の検討」 佐藤勝昌, 清水利朗, 佐野千晶, 佐野啓介, 冨岡治明 第79回日本感染症学会総会, 2005年
170. 「Potentiation of anti-Mycobacterium avium antimicrobial activity of host macrophages by picolinic acid in combination with antimycobacterial drugs」 Haruaki Tomioka, Toshiaki Shimizu, Katsumasa Sato, Chiaki Sano 5th International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance 2005年
171. 「ピコリン酸のマクロファージならびにII型肺胞上皮細胞での抗M.avium complex活性増強作用」 清水利朗, 佐藤勝昌, 佐野千晶, 蔡 杉杉, 冨岡治明 第79回日本感染症学会総会 2005年
172. 「ピコリン酸のマクロファージの抗M.avium complex活性増強作用」 清水利朗, 佐野千晶, 佐藤勝昌, 蔡 杉杉, 山部清子, 冨岡治明 第78回日本細菌学会総会 2005年
173. 「マクロファージの抗M.avium complex抗菌活性発現に対する抗菌薬の阻害作用について」 佐野千晶, 佐野啓介, 佐藤勝昌, 清水利朗, 冨岡治明 第78回日本細菌学会総会 2005年
174. 「マクロファージの抗M.avium complex殺菌メカニズムに及ぼす抗結核薬の影響」 佐野千晶, 佐野啓介, 佐藤勝昌, 清水利朗, 冨岡治明 第79回日本感染症学会総会 2005年
175. 「マクロファージ内MAC菌に対するCAM/RFPの抗菌活性に及ぼす諸種漢方薬, キチン, キトサンの作用」 佐藤勝昌, 清水利朗, 佐野千晶, 山部清子, 冨岡治明 第80回日本結核病学会総会 2005年
176. 「各種漢方薬とキチン・キトサンのマクロファージ内Mycobacterium avium complexに対する効果」 佐藤勝昌, 佐野千晶, 清水利朗, 冨岡治明 第75回日本感染症学会西日本地方会総会 2005年
177. 「抗酸菌で誘導される免疫抑制性マクロファージの標的B細胞に対するサプレッサー活性発現メカニズム」 蔡 杉杉, 佐野千晶, 清水利朗, 佐藤勝昌, 冨岡治明 第78回日本細菌学会総会 2005年
178. 「抗酸菌症治療薬とマクロファージの抗MAC殺菌メカニズムとの相互作用について」 佐野千晶, 佐野啓介, 佐藤勝昌, 清水利朗, 冨岡治明 第80回日本結核病学会総会 2005年
179. 「中葉・舌区型と結核類似型のMycobacterium avium症患者よりの分離菌株のマクロファージ内増殖能について」 佐野千晶, 佐藤勝昌, 清水利朗, 冨岡治明 第75回日本感染症学会西日本地方会総会 2005年
180. 「ATPシグナルによるマクロファージの抗MAC殺菌活性増強とアラキドン酸依存殺菌メカニズムとの関連について」 冨岡治明, 佐野千晶, 佐藤勝昌, 清水利朗 第31回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 2004年
181. 「Effects of picolinic acid on intracellular growth of Mycobacterium avium complex within macrophages and type II alveolar epithelial cells cultured in the presence or absence of clarithromycin and rifampin」 Haruaki Tomioka, Katsumasa Sato, Toshiaki Shimizu, Hiroyuki Sugiyama, Chiaki Sano 44th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2004年
182. 「M.avium complex感染MΦにおけるcPLA2のリン酸化とtranslocationに及ぼすATPの影響」 佐野千晶, 清水利朗, 佐藤勝昌, 佐野啓介, 冨岡治明 第77回日本細菌学会総会 2004年
183. 「MAC誘導免疫抑制性マクロファージのB細胞マイトジェネシス阻害メカニズム」 冨岡治明, 清水利朗, 蔡 杉杉, 佐藤勝昌, 佐野千晶 第32回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 2004年
184. 「Mycobacterium avium complex感染II型肺胞上皮細胞の産生する液性因子のT細胞の増殖性応答に及ぼす作用」 佐藤勝昌, 佐野千晶, 冨岡治明 第79回日本結核病学会総会 2004年
185. 「Mycobacterium avium complex感染に対する各種immunomodulatorの抗菌薬との併用効果の検討」 佐藤勝昌, 山部清子, 清水利朗, 佐野千晶, 佐野啓介, 冨岡治明 第57回日本細菌学会中国・四国支部総会 2004年
186. 「MΦ内局在Mycobacterium avium complexに対する諸種キノロン薬の抗菌活性発現に及ぼすピコリン酸の増強作用について」 清水利朗, 佐藤勝昌, 佐野千晶, 冨岡治明 第74回日本感染症学会, 西日本地方会総会 2004年
187. 「Potentiation of in vitro and in vivo anti-Mycobacterium avium complex activity of clarithromycin plus rifampin using ATP as an immunoadjunct」 Chiaki Sano, Haruaki Tomioka, Katsumasa Sato, Toshiaki Shimizu, Hiroyuki Sugiyama, Keisuke Sano 44th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2004年
188. 「T細胞マイトジェネシスに及ぼすMAC感染II型肺胞上皮細胞の作用」 佐藤勝昌, 清水利朗, 佐野千晶, 冨岡治明 第54回日本結核病学会中国四国支部会 2004年
189. 「ピコリン酸のマクロファージ内局在Mycobacterium avium complexに対する抗菌薬の抗菌活性発現に及ぼす作用」 佐野啓介, 清水利朗, 佐藤勝昌, 山部清子, 佐野千晶, 冨岡治明 第79回日本結核病学会総会 2004年
190. 「ピコリン酸のマクロファージ内局在抗酸菌に対する抗菌薬の抗菌活性発現に及ぼす作用」 佐野啓介, 清水利朗, 佐藤勝昌, 山部清子, 佐野千晶, 冨岡治明 第54回日本結核病学会中国四国支部会 2004年
191. 「マクロファージのMycobacterium avium complex殺菌能に及ぼす抗菌剤とATPの併用効果」 佐野千晶, 佐藤勝昌, 清水利朗, 冨岡治明 第78回日本感染症学会総会 2004年
192. 「マクロファージ内局在Mycobacterium avium complexに対する抗菌薬の抗菌活性発現に及ぼすピコリン酸の作用」 佐野千晶, 清水利朗, 佐藤勝昌, 佐野啓介, 冨岡治明 第78回日本感染症学会総会 2004年
193. 「抗結核薬のマクロファージ殺菌活性修飾作用に関する研究」 佐野啓介, 佐藤勝昌, 清水利朗, 佐野千晶, 冨岡治明 第57回日本細菌学会中国・四国支部総会 2004年
194. 「抗酸菌感染II型肺胞上皮細胞の産生する液性因子のT細胞の増殖性応答に及ぼす作用」 佐藤勝昌, 佐野千晶, 清水利朗, 冨岡治明 第77回日本細菌学会総会 2004年
195. 「免疫抑制マクロファージからの抑制性シグナルの標的T細胞内チロシンリン酸化反応に及ぼす影響」 清水利朗, 蔡 杉杉, 佐野千晶, 冨岡治明 第77回日本細菌学会総会 2004年

芸術作品・技術製品・実技等

[作品]

1. えんネット紹介・しまね大交流会2017 地域医療支援学講座 松江市 2017年
2. 医療人が輝くためのワークライフバランス支援の取り組み・しまね大交流会2016 地域医療支援学講座 松江市 2016年

委員会・学会役員等

1. 日本感染症学会 評議員 2010年~ 2023年
2. 日本結核病学会 第87回総会プログラム委員 プログラム委員 2010年~ 2012年
3. 日本細菌学会中国・四国支部評議員 評議員 2010年~ 2018年
4. 日本細菌学会中国四国支部会 事務局長 2010年~ 2012年
5. 日本細菌学会 評議員 2011年~ 2017年
6. 結核・非結核性抗酸菌症治療研究会 委員 2013年~ 2023年
7. 結核・非結核性抗酸菌症治療研究会 委員 2013年~ 2021年
8. 日本結核病学会 代議員 2013年~ 2023年
9. 日本結核病学会 代議員 2013年~ 2021年
10. 日本結核病学会 抗酸菌検査法検討委員 2015年~ 2021年
11. 日本結核病学会 抗酸菌検査法検討委員 2015年~ 2023年

学術雑誌の編集

1. Auris Nasus Larynx 委員 publisher:日本耳鼻咽喉科学会
2. Auris Nasus Larynx 委員 publisher:日本耳鼻咽喉科学会

学術雑誌の査読

1. Scientific Reports publisher:Nature Research
2. Scientific Reports publisher:Nature Research
3. scientific reports publisher:springer nature
4. scientific reports publisher:springer nature
5. scientific reports publisher:springer nature
6. Journal of infection and chemotherapy
7. Microbiology and Immunology
8. Chemotherapy Research and Practice publisher:Hindawi Publishing Corporation
9. Journal of Infection and Chemotherapy publisher:Elsevier Japan
10. Microbiology and Immunology publisher:Wiley
11. Journal of Infection and Chemotherapy publisher:Elsevier Japan
12. Journal of Infection and Chemotherapy publisher:Springer

学会・シンポジウム等の主催

1. 第95回日本結核病学会総会 座長・司会 2020年
2. 第12回EBウイルス研究会 その他 2015年
3. 第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会 座長・司会 2015年
4. 第89回日本感染症学会総会 座長・司会 2015年
5. 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 座長・司会 2014年
6. 第88回日本感染症学会学術講演会 座長・司会 2014年
7. 第89回日本結核病学会総会 座長・司会 2014年
8. 第90回日本結核病学会総会 座長・司会 2015年
9. 第83回日本感染症学会西日本地方会学術集会 座長・司会 2013年
10. 第43回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 コーディネータ 2012年
11. 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会 座長・司会 2012年
12. 第6回日本結核病学会中国四国支部研究会 コーディネータ,その他 2012年
13. 第6回日本結核病学会中国四国支部秋季支部研究会 座長・司会 2012年
14. 第86回日本感染症学会総会・学術講演会 座長・司会 2012年
15. 第87回日本結核病学会総会 座長・司会 2012年
16. 第87回日本結核病学会総会 シンポジウム 座長・司会 2012年
17. 第88回日本結核病学会総会 座長・司会 2013年
18. 第62回日本結核病学会中国四国支部会 座長・司会 2012年
19. 第42回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 コーディネータ 2011年
20. 第5回日本結核病学会中国四国支部研究会 コーディネータ,その他 2011年
21. 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会 座長・司会,その他 2011年
22. 第81回日本感染症学会西日本地方会学術集会 座長・司会 2011年
23. 第41回結核・非定型抗酸菌症治療研究会 コーディネータ 2010年
24. 第4回日本結核病学会中国四国支部研究会 コーディネータ,座長・司会 2010年
25. 第26回耳鼻咽喉科情報処理研究会 その他 2010年
26. 第48回日本鼻科学会総会・学術講演会 その他 2009年
27. 日本耳鼻咽喉科学会第35回中国四国地方部会連合学会 座長・司会 2009年
28. 第38回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 実行委員長等 2008年 耳鼻咽喉科
29. 第82回日本感染症学会 役員 2008年 感染症学
30. 第17回日本頭頸部外科学会 その他 2007年 耳鼻咽喉科学
31. 日本感染症学会西日本地方会総会 実行委員長等 2004年 感染症学

島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 平成29年度 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「地域志向教育研究経費」区分Ⅱ  200千円 浜田医療圏における地域課題抽出及び解決プロセスの教育方策の検討 代表 佐野千晶  メンバー 谷口栄作,阿部顕治,竹内俊介
2. 地域志向教育研究経費により「浜田医療圏における地域課題抽出及び解決プロセスの教育方策の検討」を実施した。学生と教員が協働で、コミュニティデザインについての事前学習、フィールドワーク、報告会発表を行った。

公開講座、学外講師・講演

1. 島根大学市民公開講座 分類:公開講座 役割:講師 対象者:一般市民 人数:30人未満 「ココが知りたい!コロナウイルス感染症 -エキスパートが解説-」全4回シリーズ 第1回 変わっていくコロナウイルスと感染対策  主催者:岩下 義明 実施場所:オンデマンド 2022年 6月 ~ 2022年 9月
2. 令和3年度しまね指導医オープンミーティング 分類:学外非常勤講師 役割:講師 対象者:指導医 人数:30人未満 指導医スキルアップのファシリテーター 主催者:しまね地域医療支援センター 実施場所:島根県大田市 2022年 3月 ~ 2022年 3月
3. COVID-19における免疫応答と感染制御「夏の研修会」 分類:セミナー・シンポジウム 役割:講師 対象者:医師 人数:30~100人未満 コロナ免疫応答 主催者:日本耳鼻咽喉科学会島根県地方部会 実施場所:出雲市 オンライン 2020年 8月 ~
4. 新型コロナウイルスについて そして、その感染予防対策について,飲食店・料飲施設向け新型コロナウイルス感染症予防対策セミナー 分類:セミナー・シンポジウム 役割:講師 対象者:飲食店経営者 人数:100~300人未満 コロナ感染対策 主催者:NPO法人22世紀出雲産業支援センター 実施場所:出雲市 3か所 2020年 7月 ~ 2020年 8月
5. 正しく知って正しく恐れよう新型コロナ 雲南市立病院ボランティアの会感染対策勉強会 分類:公開講座 役割:講師 対象者:一般市民 人数:30~100人未満 コロナ感染対策 主催者:がんばれ雲南病院市民の会 実施場所:雲南市大東町 2020年 7月 ~
6. 地域における新型コロナウイルス感染対策についてー現在・過去・未来ー 分類:セミナー・シンポジウム 対象者:保健師 人数:30~100人未満 コロナ感染対策 主催者:島根県環境保健公社 実施場所:松江市 2020年 10月 ~
7. 地域医療へかける思い, 島根地域医療フォーラム 地域医療支援学講座10周年記念事業 分類:セミナー・シンポジウム 役割:企画,依頼,運営,講師 対象者:医療関係者 人数:30~100人未満 島根県の地域医療 主催者:地域医療支援学講座 実施場所:出雲市 2020年 10月 ~
8. 病原微生物に対する免疫応答~コロナウイルスが増えても多くは無症候消えても炎症遷延するのは何故なのか~, 育成塾セミナー 分類:セミナー・シンポジウム 役割:講師 対象者:医療関係者 人数:30~100人未満 コロナ免疫応答 主催者:大田市立病院 実施場所:大田市立病院 2020年 8月 ~
9. 令和2年度しまね地域医療の会 分類:活動報告 役割:報告者 対象者:医療関係者 人数:30~100人未満 島根県の地域医療 主催者:島根県 実施場所:出雲市 2021年 1月 ~
10. しまね地域医療の会 分類:その他 役割:報告者 対象者:医療関係者 人数:30~100人未満 島根の地域医療の会 主催者:山口修平 実施場所:出雲市 2019年 9月 ~ 2019年 9月
11. 感染対策セミナー 分類:セミナー・シンポジウム 役割:講師 対象者:医療関係者 人数:100~300人未満 島根県の感染対策関係者のセミナー 主催者:礒部威 実施場所:出雲市 2019年 9月 ~ 2019年 9月
12. 地域医慮を守り育てる住民活動 in おおち 分類:セミナー・シンポジウム 役割:講師 対象者:一般市民,地方公共団体等 人数:100~300人未満 医療の住民活動の島根県の総会 主催者:住民団体 実施場所:邑南町 2019年 11月 ~ 2019年 11月
13. 薬剤耐性(AMR)対策研究会 分類:公開講座 役割:講師 対象者:医師 人数:30~100人未満 薬剤耐性 AMRの現状と対応、島根県院内感染制御ネットワークについて 主催者:出雲保健所 実施場所:出雲市 2020年 1月 ~ 2020年 1月
14. しまねガールズサイエンスプロジェクト 分類:出張講義 役割:講師 対象者:児童・生徒 人数:30~100人未満 理系学生育成を意識して、科学に興味をもってもらえる企画。 「生活に役立つ 身のまわりの 細菌とウイルスの話」と題して講義と演習をおこなった。羽須美中学校 主催者:島根大学 実施場所:羽須美中学校 2018年 7月 ~ 2018年 7月
15. しまねガールズサイエンスプロジェクト 分類:出張講義 役割:講師 対象者:児童・生徒 人数:30~100人未満 理系学生育成を意識して、科学に興味をもってもらえる企画。 「生活に役立つ 身のまわりの 細菌とウイルスの話」と題して講義と演習をおこなった。大社高校 主催者:島根大学 実施場所:大社高校 2018年 11月 ~ 2018年 11月
16. しまねガールズサイエンスプロジェクト 分類:出張講義 役割:講師 対象者:児童・生徒 人数:30~100人未満 理系学生育成を意識して、科学に興味をもってもらえる企画。 「生活に役立つ 身のまわりの 細菌とウイルスの話」と題して講義と演習をおこなった。 主催者:島根大学 実施場所:益田翔陽高校 2017年 1月 ~ 2017年 1月
17. 第15回 島根感染対策セミナー 分類:セミナー・シンポジウム 役割:講師 対象者:島根県医療関係者 人数:30~100人未満 耐性菌の話 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)を中心に 主催者:島根感染対策セミナー 実施場所:出雲市 2017年 10月 ~ 2017年 10月
18. 感染症入門講座 分類:公開講座 役割:企画,講師 対象者:一般市民 人数:30人未満 感染症について関わる知識について一般市民への啓蒙 主催者:佐野千晶 実施場所:島根大学 医学部 2014年 7月 ~ 2014年 8月
19. 感染症入門講座 分類:公開講座 役割:企画,講師 対象者:一般市民 人数:30人未満 感染症について関わる知識について一般市民への啓蒙 主催者:吉山 裕規 実施場所:島根大学 医学部 2014年 7月 ~ 2014年 7月
20. 誰にでもわかるアレルギー性鼻炎の話 分類:公開講座 役割:講師 対象者:一般市民 人数:30~100人未満 アレルギー鼻炎の知識啓蒙 主催者:島根大学 研究機構 総合科学研究支援センター 実験動物部門 2014年 3月 ~ 2014年 3月
21. 感染症入門講座 分類:公開講座 役割:企画,運営,講師,指導 対象者:一般市民 人数:30人未満 感染症に関わる知識について一般市民への啓蒙 主催者:島根大学医学部 微生物 佐野千晶 実施場所:島根大学医学部 視聴覚室 2013年 7月 ~ 2013年 7月
22. 感染症入門講座 分類:公開講座 役割:企画,運営,講師 対象者:一般市民 人数:30~100人未満 感染症に関わる知識について一般市民への啓蒙 主催者:冨岡治明 実施場所:島根大学医学部 視聴覚室 2012年 7月 ~ 2012年 7月

審議会等

1. しまね地域医療支援センター  役職:専任医師 役割:企画・運営,講師・指導 医師研修体制の充実を図るため、大学、研修基幹病院、地域の中小規模病院、診療所等が連携して行う若手医師育成の取組を支援し、魅力アップを図る。 主催者:社団法人 しまね地域医療支援センター  2016年 4月 ~
2. 島根県院内感染制御ネットワーク会議 役職:コアメンバー 役割:企画・運営,主催 感染に関する島根県院内感染制御ネットワーク 主催者:島根大学医学部/島根県 2020年 11月 ~
3. しまね地域医療支援センター  役職:専任医師 役割:企画・運営,講師・指導 医師研修体制の充実を図るため、大学、研修基幹病院、地域の中小規模病院、診療所等が連携して行う若手医師育成の取組を支援し、魅力アップを図る。 主催者:社団法人 しまね地域医療支援センター  2016年 4月 ~
4. 安来市地域医療連携・整備検討委員会 役職:委員 役割:委員 安来圏域地域医療について 主催者:安来市 2020年 8月 ~
5. 地域の医療機能を充実させる取組についての意見交換会 役職:委員 役割:委員 県央の地域医療について 主催者:島根県医療政策課 2020年 11月 ~
6. 島根県医師会 役職:男女共同参画委員会委員 役割:委員 医師会の男女共同参画事業を立案する 主催者:島根県医師会 2017年 6月 ~
7. 島根県院内感染制御ネットワーク会議 役職:コアメンバー 役割:企画・運営,主催 感染に関する島根県院内感染制御ネットワーク 主催者:島根大学医学部/島根県 2020年 11月 ~
8. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2014年 4月 ~
9. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2014年 5月 ~
10. しまね地域医療支援センター  役職:専任医師 役割:企画・運営,講師・指導 医師研修体制の充実を図るため、大学、研修基幹病院、地域の中小規模病院、診療所等が連携して行う若手医師育成の取組を支援し、魅力アップを図る。 主催者:社団法人 しまね地域医療支援センター  2016年 4月 ~
11. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:委員 新生児聴覚スクリーニングのオブザーバー 主催者:島根県 2008年 ~
12. 島根県医師会 役職:男女共同参画委員会委員 役割:委員 医師会の男女共同参画事業を立案する 主催者:島根県医師会 2017年 6月 ~
13. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2014年 4月 ~
14. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2014年 5月 ~
15. しまね地域医療支援センター  役職:専任医師 役割:企画・運営,講師・指導 医師研修体制の充実を図るため、大学、研修基幹病院、地域の中小規模病院、診療所等が連携して行う若手医師育成の取組を支援し、魅力アップを図る。 主催者:社団法人 しまね地域医療支援センター  2016年 4月 ~
16. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:委員 新生児聴覚スクリーニングのオブザーバー 主催者:島根県 2008年 ~
17. 島根県医師会 役職:男女共同参画委員会委員 役割:委員 医師会の男女共同参画事業を立案する 主催者:島根県医師会 2017年 6月 ~
18. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2014年 4月 ~
19. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2014年 5月 ~
20. しまね地域医療支援センター  役職:専任医師 役割:企画・運営,講師・指導 医師研修体制の充実を図るため、大学、研修基幹病院、地域の中小規模病院、診療所等が連携して行う若手医師育成の取組を支援し、魅力アップを図る。 主催者:社団法人 しまね地域医療支援センター  2016年 4月 ~
21. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:委員 新生児聴覚スクリーニングのオブザーバー 主催者:島根県 2008年 ~
22. 島根県医師会 役職:男女共同参画委員会委員 役割:委員 医師会の男女共同参画事業を立案する 主催者:島根県医師会 2017年 6月 ~
23. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2014年 4月 ~
24. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2014年 5月 ~
25. しまね地域医療支援センター 定例会 役職:専任医師 役割:企画・運営,講師・指導 医師研修体制の充実を図るため、大学、研修基幹病院、地域の中小規模病院、診療所等が連携して行う若手医師育成の取組を支援し、魅力アップを図る。 主催者:社団法人 しまね地域医療支援センター  2016年 4月 ~ 2017年 3月
26. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:委員 新生児聴覚スクリーニングのオブザーバー 主催者:島根県
27. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2016年 4月 ~ 2017年 3月
28. 平成28年度第4回感染防止対策合同カンファレンス 役職:島根大学ICTリーダー 役割:講師・指導 ESBL基本的概要 2017年 3月 ~ 2017年 3月
29. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2016年 4月 ~ 2017年 3月
30. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:委員 新生児聴覚スクリーニングのオブザーバー 主催者:島根県
31. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2014年 4月 ~ 2016年 3月
32. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2014年 5月 ~ 2016年 3月
33. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:委員 新生児聴覚スクリーニングのオブザーバー 主催者:島根県
34. 島根県感染症発生動向調査企画委員会 役職:委員 役割:委員 島根県の感染症の発生動向調査 主催者:島根県 2014年 4月 ~ 2016年 3月
35. 保健環境科学研究所・原子力環境センター調査研究課題等検討委員会 役職:外部評価委員 役割:委員 島根県保健環境科学研究所・原子力環境センターの事業外部評価 主催者:島根県 2014年 5月 ~ 2016年 3月
36. 新生児聴覚スクリーニング検討委員会 役職:委員 役割:助言 島根県の行っている新生児聴覚スクリーニングの実施調査についての提言 主催者:島根県

法律・技術相談

1. 科学技術相談 試薬調整依頼 相談者:開業医
2. 科学技術相談 試薬調整依頼 相談者:開業医
3. 科学技術相談 試薬調整依頼 相談者:開業医
4. 地域医療に関する相談 病院関係者と地域医療に関する相談 相談者:医療関係者 2020年 4月 ~ 2021年 3月
5. 感染症診療、統計解析 学外勤務医、開業医さんからの、感染症診療、統計に関する相談 相談者:医師 2019年 4月 ~ 2020年 3月
6. 感染症診療、統計解析 学外勤務医、開業医さんからの、感染症診療、統計に関する相談 相談者:医師 2018年 4月 ~ 2019年 3月
7. 感染症診療 学外勤務医、開業医さんからの、感染症診療に関する相談 相談者:医師 2016年 4月 ~ 2017年 3月

外国人研究者の受入、海外大学学生招へい事業

1. 研究者 人数:2人 地域医療に関する研究 2016年 4月 ~ 2017年 3月 (2016年度)

国際共同研究・外国出張

1. アメリカでの臨床細菌学 臨床細菌学についての演習 役割:研究 アメリカ クリーブランド 2012年 7月 ~ 2012年 8月

学生の海外派遣支援活動等

1. 学生語学研修スーパーバイザー 人数:20人 出発前のオリエンテーションについての提案 Waikato Institute of Technology

メディア対応

1. テレビ 2020年 5月 NHK 島根松江放送局 610しまねっと「新型コロナよろず相談」コメンテーター
2. テレビ 2020年 8月 イズモケーブルビジョン コロナ対策 コメンテーター
3. m3 Web site 2020年 5月 m3 地方版 島根大学医学部の地域枠等学生がキャリア形成と地域貢献を欲張りに叶えるために‐佐野千晶・島根大学医学部地域医療支援学講座教授に聞く◆Vol など
4. 新聞 2017年 8月 「肺非結核性抗酸菌症」が、中高年の女性を中心に急増している現状と原因について

島根県を中心とした山陰地域に貢献する社会貢献活動の改善の取組み

1. 地域志向教育研究経費により「浜田医療圏における地域課題抽出及び解決プロセスの教育方策の検討」を実施した。学生と教員が協働で、事前学習、フィールドワーク、報告会発表を行った。
2. 島根県の医師勤務環境への取り組み

診察活動

[役割]

[外来の回数]

[外来患者数]

[上記業務の回数]

[定期的な学内カンファレンス]

[臨床科依頼での特殊な分析等]