検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

飯田 拡基(イイダ ヒロキ) IIDA Hiroki

お問い合わせ

学部等/職名

総合理工学部 物質化学科 准教授

著書

1. Chiral Supramolecular Gels for Visual Enantioselective Recognition Using Sol–Gel Transitions, in Molecular Basics of Liquids and Liquid-Based Materials (Springer 2022) ISBN:9789811653
2. Flavin-Based Supramolecular and Coupled Catalytic Systems, in Flavin-Based Catalysis (Wiley-VCH, Weinheim 2021) ISBN:9783527348343
3. Organocatalytic Monooxygenations, in Flavin-Based Catalysis (Wiley-VCH, Weinheim 2021) ISBN:9783527348343

論文

1. 「フラビン触媒を用いた分子状酸素のみで駆動する酸化的分子変換反応の新展開」 飯田 拡基 有機合成化学協会誌 vol.:80 27-35頁 学術雑誌 2022年 1月
2. 「Aerobic Oxidative C–H Azolation of Indoles and One-Pot Synthesis of Azolyl Thioindoles by Flavin–Iodine-Coupled Organocatalysis」 Tanimoto, K.; Okai, H.; Oka, M.; Ohkado, R.; Iida, H. Org. Lett. vol.:23 No.:6 2084-2088頁 学術雑誌 2021年 3月
3. 「Encapsulation of Aromatic Guests in the Bisporphyrin Cavity of a Double-Stranded Spiroborate Helicate: Thermodynamic and Kinetic Studies and the Encapsulation Mechanism」 Naoki Ousaka, Shinya Yamamoto, Hiroki Iida, Takuya Iwata, Shingo Ito, Rafael Souza, Yuh Hijikata, Stephan Irle, Eiji Yashima J. Org. Chem. vol.:86 No.:15 10501-10516頁 学術雑誌 2021年 8月
4. 「Green Aerobic Oxidation of Thiols to Disulfides by Flavin-Iodine Coupled Organocatalysis」 Marina Oka, Ryo Kozako, Hiroki Iida Synlett vol.:32 No.:12 1227-1230頁 学術雑誌 2021年 7月
5. 「Multicomponent Synthesis of Imidazo[1,2-a]pyridines: Aerobic Oxidative Formation of C-N and C-S Bonds by Flavin-Iodine-Coupled Organocatalysis」 Okai, H.; Tanimoto, K.; Ohkado, R.; Iida, H. Org. Lett. vol.:22 No.:20 8002-8006頁 学術雑誌 2020年 10月
6. 「Phototropin-Inspired Chemoselective Synthesis of Unsymmetrical Disulfides: Aerobic Oxidative Heterocoupling of Thiols Using Flavin Photocatalysis」 Oka, M.; Katsube, D.; Tsuji, T.; Iida, H. Org. Lett. vol.:22 No.:23 9244-9248頁 学術雑誌 2020年 11月
7. Aerobic Oxidative Sulfenylation of Pyrazolones and Pyrazoles Catalyzed by Metal-Free Flavin-Iodine Catalysis」 K. Tanimoto, R. Ohkado, H. Iida J. Org. Chem. vol.:84 14980-14986頁 2019年 11月
8. Flavinium and Alkali-Metal Assembly on Sulfated Chitin: A Heterogeneous Supramolecular Catalyst for H2 O2 -Mediated Oxidation」 Sakai, T.; Watanabe, M.; Ohkado, R.; Arakawa, Y.; Imada, Y.; Iida, H. ChemSusChem vol.:12 1640-1645頁 学術雑誌 2019年 2月
9. 「Fluorescent molecular spring that visualizes the extension and contraction motions of a double-stranded helicate bearing terminal pyrene units triggered by release and binding of alkali metal ions」 D. Taura, K. Shimizu, C. Yokota, R. Ikeda, Y. Suzuki, H. Iida, N. Ousaka, E. Yashima Chem. Commun. vol.:55 12084-12087頁 2019年 9月
10. Non-Covalently Immobilized Chiral Imidazolidinone on Sulfated-Chitin: Reusable Heterogeneous Organocatalysts for Asymmetric Diels-Alder Reaction」 M. Watanabe, T. Sakai, M. Oka, Y. Makinose, H. Miyazaki, H. Iida Adv. Synth. Catal. vol.:362 255-260頁 2019年 11月
11. 「The helix-inversion mechanism in double-stranded helical oligomers bridged by rotary cyclic boronate esters」 T. Hayashi, K. H. Lee, H. Iida, E. Yashima, S. Irle, Y. Hijikata J. Comput. Chem. vol.:40 2036-2042頁 2019年 5月
12. 「Water-mediated deracemization of a bisporphyrin helicate assisted by diastereoselective encapsulation of chiral guests」 Ousaka, N.; Yamamoto, S.; Iida, H.; Iwata, T.; Ito, S.; Hijikata, Y.; Irle, S.; Yashima, E. Nature Commun. vol.:10 1457頁 学術雑誌 2019年 3月
13. Comparison of riboflavin-derived flavinium salts applied to catalytic H2O2 oxidations」 Sakai, T.; Kumoi, T.; Ishikawa, T.; Nitta, T.; Iida, H. Organic & Biomolecular Chemistry vol.:16 全:9頁 3999-4007頁 学術雑誌 2018年 5月
14. Flavin–iodine coupled organocatalysis for the aerobic oxidative direct sulfenylation of indoles with thiols under mild conditions」 Ohkado, R.; Ishikawa, T.; Iida, H. Green Chemistry vol.:20 全:5頁 984-988頁 学術雑誌 2018年 2月
15. 「Spiroborate-Based Double-Stranded Helicates: Meso-to-Racemo Isomerization and Ion-Triggered Spring-Like Motion of the Racemo-Helicate」 Ousaka, N.; Shimizu, K.; Suzuki, Y.; Iwata, T.; Itakura, M.; Taura, D.; Iida, H.; Furusho, Y.; Mori, T.; Yashima, E. J. Am. Chem. Soc. vol.:140 全:12頁 17027-17039頁 学術雑誌 2018年 12月
16. Tandem Flavin-Iodine-Catalyzed Aerobic Oxidative Sulfenylation of Imidazo[1,2- a]Pyridines with Thiols」 Iida, H.; Demizu, R.; Ohkado, R. J. Org. Chem. vol.:83 No.:19 全:6頁 12291-12296頁 学術雑誌 2018年 10月
17. Coupled Flavin-Iodine Redox Organocatalysts: Aerobic Oxidative Transformation from N-Tosylhydrazones to 1,2,3-Thiadiazoles」 Ishikawa, T.; Kimura, M.; Kumoi, T.; Iida, H. ACS Catalysis vol.:7 全:4頁 4986-4989頁 学術雑誌 2017年 6月
18. 「Double-Stranded Helical Oligomers Covalently Bridged by Rotary Cyclic Boronate Esters」 Iida, H.; Ohmura, K.; Noda, R.; Iwahana, S.; Katagiri, H.; Ousaka, N.; Hayashi, T.; Hijikata, Y.; Irle, S.; Yashima, E. Chem. Asian J. vol.:12 No.:8 全:9頁 927-935頁 学術雑誌 2017年 3月
19. 「Allosteric Regulation of Unidirectional Spring-like Motion of Double-Stranded Helicates」 Suzuki, Y.; Nakamura, T.; Iida, H.; Ousaka, N.; Yashima, E. J. Am. Chem. Soc. vol.:138 4852-4859頁 学術雑誌 2016年 2月
20. 「Anion effect of 5-ethylisoalloxazinium salts on flavin-catalyzed oxidations with H2O2」 Iida, H.; Ishikawa, T.; Nomura, K.; Murahashi, S.-I. Tetrahedron Lett. vol.:57 全:4頁 4488-4491頁 学術雑誌 2016年 10月
21. 「Biomimetic flavin-catalysed reactions for organic synthesis」 Iida, H.; Imada, Y.; Murahashi, S.-I. Org. Biomol. Chem. vol.:13 7599-7613頁 学術雑誌 2015年 7月
22. 「Chirality- and sequence-selective successive self-sorting via specific homo- and complementary-duplex formations」 Makiguchi, W.; Tanabe, J.; Yamada, H.; Iida, H.; Taura, D.; Ousaka, N.; Yashima, E. Nature Commun vol.:6 7236頁 学術雑誌 2015年 6月
23. 「Enantioseparation on Riboflavin Derivatives Chemically Bonded to Silica Gel as Chiral Stationary Phases for HPLC」 Kumano, D.; Iwahana, S.; Iida, H.; Shen, C.; Crassous, J.; Yashima, E. Chirality vol.:27 507-517頁 学術雑誌 2015年 8月
24. 「Helical Poly(phenylacetylene)s Bearing Chiral and Achiral Imidazolidinone-Based Pendants that Catalyze Asymmetric Reaction due to Catalytically Active Achiral Pendants Assisted by Macromolecular Helicity」 Takata, L. M. S.; Iida, H.; Shimomura, K.; Hayashi, K.; Santos, A. A. d.; Yashima, E. Macromol. Rapid Commun. vol.:36 2047-2054頁 学術雑誌 2015年
25. 「Homo-double helix formation of an optically active conjugated polymer bearing carboxy groups and amplification of the helicity upon complexation with achiral and chiral amines」 Makiguchi, W.; Kobayashi, S.; Furukawa, K.; Iida, H.; Furusho, Y.; Yashima, E. J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem. vol.:53 990-999頁 学術雑誌 2015年 4月
26. 「Absolute Stereochemistry of a 4 a-Hydroxyriboflavin Analogue of the Key Intermediate of the FAD-Monooxygenase Cycle」 Iwahana, S.; Iida, H.; Yashima, E.; Pescitelli, G.; Di Bari, L.; Petrovic, A. G.; Berova, N. Chem. Eur. J. vol.:20 No.:15 4386-4395頁 学術雑誌 2014年 4月
27. 「Flavin-catalyzed aerobic oxidation of sulfides and thiols with formic acid/triethylamine」 Murahashi, S.-I.; Zhang, D.; Iida, H.; Miyawaki, T.; Uenaka, M.; Murano, K.; Meguro, K. Chem.Commun. vol.:50 No.:71 10295-10298頁 2014年 7月
28. 「Riboflavin-Based Fluorogenic Sensor for Chemo- and Enantioselective Detection of Amine Vapors」 Iida, H.; Miki, M.; Iwahana, S.; Yashima, E. Chem. Eur. J. vol.:20 No.:15 4257-4262頁 学術雑誌 2014年 4月
29. 「Synthesis and chiral recognition ability of helical polyacetylenes bearing helicene pendants」 Anger, E.; Iida, H.; Yamaguchi, T.; Hayashi, K.; Kumano, D.; Crassous, J.; Vanthuyne, N.; Roussel, C.; Yashima, E. Polym. Chem. vol.:5 No.:17 4909-4914頁 2014年 6月

発表等

1. 「カルバモイル化リボフラビンと様々な光学活性メラミン誘導体によるキラル超分子ゲル」 山田 雄太・寺西 宥太・飯田 拡基 日本化学会 第102春季年会 (2022) 2022年
2. 「フラビン-ヨウ素触媒を用いたアミジンとカルコンの酸素酸化的カップリングによる四置換イミダゾールの合成」 武田 明紀・岡井 駿樹・渡部 恭士・飯田 拡基 日本化学会 第102春季年会 (2022) 2022年
3. 「フラビン−ヨウ素触媒により分子状酸素で駆動するテトラヒドロイソキノリンと炭素求核剤との脱水素型クロスカップリング反応」 三宅 葉月・岡井 駿樹・飯田 拡基 日本化学会 第102春季年会 (2022) 2022年
4. 「フラビン触媒を用いる化学選択的なスルフィドの電解酸素酸化」 水嶋 大雅・岡 真里奈・飯田 拡基 日本化学会 第102春季年会 (2022) 2022年
5. 「種々のカルバモイル化リボフラビン誘導体を用いた超分子ゲルのキラル光学特性と不斉識別能」 寺西 宥太・小迫 亮・飯田 拡基 日本化学会 第102春季年会 (2022) 2022年
6. 「有機光触媒と分子状酸素を用いるトルエンとo-フェニレンジアミンの脱水素型クロスカップリングによるベンゾイミダゾール合成」 塩貝 雄太・岡 真里奈・飯田 拡基 日本化学会 第102春季年会 (2022) 2022年
7. 「Organocatalysts Immobilized onto Chitin and Chitosan」 Hiroki Iida Taiwan-Japan Bilateral Polymer Symposium (2021 TJBPS) 2021年
8. 「カルバメート基を有するフラビン化合物と光学活性メラミン誘導体の自己集合によるキラル超分子ゲルの形成」 寺西 宥太・小迫 亮・山田 雄太・飯田 拡基 2021年日本化学会中国四国支部大会 2021年
9. 「ビタミンB2を用いた有機分子触媒反応の開発と機能性材料への応用」 飯田拡基 第73回日本ビタミン学会大会 part2 2021年
10. 「フラビン–ヨウ素触媒を用いた酸素酸化的C–N結合形成反応の開発」 武田 明紀・岡井 駿樹・渡部 恭士・飯田 拡基 2021年日本化学会中国四国支部大会 2021年
11. 「フラビン-ヨウ素触媒による酸素酸化的C-N/C-S結合形成反応を用いるイミダゾ[1,2-a]ピリジン誘導体の合成」 岡井 駿樹・岡真里奈・小迫 亮・谷本 和雅・大門 竜馬・飯田 拡基 第24回 ヨウ素学会シンポジウム 2021年
12. 「フラビン-ヨウ素触媒を用いるテトラヒドロイソキノリンと炭素求核剤の酸素酸化的クロスカップリング反応」 三宅 葉月・岡井 駿樹・飯田 拡基 第24回 ヨウ素学会シンポジウム 2021年
13. 「フラビン−ヨウ素触媒を用いたテトラヒドロイソキノリンのC-H活性化による酸素酸化的脱水素クロスカップリング反応」 三宅 葉月・岡井 駿樹・飯田 拡基 2021年日本化学会中国四国支部大会 2021年
14. 「フラビンの光酸素酸化触媒能を利用したトルエンとo-フェニレンジアミンの脱水素型クロスカップリングによるベンゾイミダゾール合成」 塩貝 雄太・岡 真里奈・飯田 拡基 第54回酸化反応討論会 2021年
15. 「フラビン触媒を用いたスルフィドの電気化学的酸素酸化」 水嶋 大雅・岡 真里奈・飯田 拡基 2021年日本化学会中国四国支部大会 2021年
16. 「"フラビニウム−ヨウ素触媒を用いたピラゾロンとチオール の酸素酸化的スルフェニル化反応の開発"」 谷本和雅・大門竜馬・ 飯田拡基 日本化学会 第99春季年会 (2019) 2019年
17. 「Flavin-iodine-catalyzed oxidative transformations driven by molecular oxygen」 Hiroki Iida 日本化学会 第99春季年会 (2019) Asian International Symposium - Electrochemistry - 2019年
18. 「カルバモイル化リボフラビン誘導体を利用するキラルな超分子オルガノゲル」 新田隆裕・杉原沙季・LuChenxu・飯田拡基 日本化学会 第99春季年会 (2019) 2019年
19. 「リボフラビン誘導体を有機光触媒としたチオールの酸素酸化反応」 岡真里奈・飯田拡基 日本化学会 第99春季年会 (2019) 2019年
20. 「アルコールおよびチオールの酸素酸化反応におけるリボフラビン誘導体の光触媒能」 岡真里奈・飯田拡基 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
21. 「カルバメート保護基を有するリボフラビン誘導体を用いたキラルオルガノゲルの開発」 新田隆裕・杉原沙季・LuChenxu・飯田拡基 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
22. 「フラビニウム–ヨウ素触媒を用いたイミダゾ[1,2-a]ピリジンの酸素酸化的スルフェニル化反応」 大門竜馬・出水隆太・飯田拡基 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
23. 「フラビニウム-ヨウ素触媒を用いた分子状酸素によるピラゾロンのスルフェニル化反応」 谷本和雅・大門竜馬・飯田拡基 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
24. 「高分子に固定化したリボフラビン誘導体の開発とその特異な酸化触媒能」 飯田拡基・酒井拓哉・新田隆裕・荒川幸弘・今田泰嗣 第67回高分子討論会 2018年
25. 「イオン間相互作用を用いてアニオン性キチン誘導体に固定化した不均一系フラビニウム触媒の開発」 酒井拓哉・雲井拓磨・渡部未来・荒川幸弘・今田泰嗣・飯田拡基 日本化学会 第97春季年会 (2017) 2017年
26. 「フラビン−ヨウ素触媒を用いた分子状酸素によるトシルヒドラゾンと硫黄の酸化的チアジアゾール環形成反応」 石川達朗・飯田拡基 日本化学会 第97春季年会 (2017) 2017年
27. 「非共有結合を用いてキチン誘導体に固定化したキラル有機分子触媒の合成と不斉Diels-Alder反応への応用」 渡部未来・飯田拡基 日本化学会 第97春季年会 (2017) 2017年
28. 「1,10-架橋型フラビニウムカチオンをイオン間相互作用により担持した硫酸化キチン誘導体の合成と触媒的酸化反応への応用」 酒井拓哉・渡部未来・荒川幸弘・今田泰嗣・飯田拡基 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年
29. 「イオン間相互作用により有機分子触媒を担持した硫酸化キチン誘導体の合成と触媒能」 飯田拡基・渡部未来・ 酒井拓哉 第30回日本キチン・キトサン学会大会 2016年
30. 「カチオン性の有機分子触媒を対イオンとして有する硫酸化キチンの合成と応用」 渡部未来・酒井拓哉・飯田拡基 日本化学会第96春季年会 2016年
31. 「キラルな高次構造を有するリボフラビン含有機能性高分子の開発」 飯田拡基 「分子を使った寄せ木細工」〜自己組織化したソフトマテリアルが織りなす「かたち」と機能〜 2016年
32. 「フラビニウム塩触媒の酸化反応に対するアニオン効果とヨウ素触媒系への応用」 石川達朗・野村圭佑・飯田拡基 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年
33. 「フラビン−ヨウ素触媒を用いたトシルヒドラゾンと硫黄による酸素酸化チアジアゾール環形成反応」 石川達朗・飯田拡基 第49回酸化反応討論会 2016年
34. 「光学活性第二級アンモニウムカチオンを担持した硫酸化キチンの合成とその不斉触媒能」 渡部未来・飯田拡基 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年
35. 「種々のカウンターアニオンを有する1, 10-架橋型フラビン誘導体の合成と触媒的酸化反応への応用」 雲井拓磨・飯田拡基 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年
36. 「種々のカウンターアニオンを有する1,10-架橋型フラビニウムカチオンの酸化触媒能と高分子担持触媒への応用」 酒井拓哉・雲井拓磨・渡部未来・荒川幸弘・今田泰嗣・飯田拡基 第49回酸化反応討論会 2016年
37. 「Optical Detection of an Organic Vapor with a Dimeric Rboflavin-Containing Redox Active Polymer」 Yoshimi Nakajima, Soichiro Iwahana, Hiroki Iida, Eiji Yashima The 11th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME 2015) 2015年
38. 「らせん状ポリフェニルアセチレンを用いる高分子不斉触媒の開発」 飯田拡基 第8回有機分子触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未 来型分子変換」第5回公開シンポジウム 2015年
39. 「機能性部位を導入したらせん高分子の合成とキラル材料への応用」 飯田拡基 京都大学化学研究院附属元素科学国際研究センター 有機化学セミナー 2015年 キーワード:らせん高分子、キラル材料
40. 「有機触媒部位を導入したらせん高分子の合成と不斉触媒および不斉識別材料への応用」 飯田拡基 第63回高分子学会年次大会 2014年

委員会・学会役員等

1. 第64回高分子討論会 特定テーマ セッションオーガナイザー 2014年~ 2015年
2. 第64回高分子討論会 特定テーマ セッションオーガナイザー 2014年~ 2015年
3. 日本化学会 代表正会員 2016年~ 2019年

学会・シンポジウム等の主催

1. 第70回高分子討論会 特定テーマ その他 2021年
2. 2020年日本化学会中国四国支部大会 その他 2020年
3. 第70回高分子討論会 その他 2021年
4. 第147回東海高分子研究会講演会 その他 2014年
5. 第63 回高分子学会年次大会 座長・司会 2014年
6. 第63回高分子討論会 座長・司会 2014年

島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 学内の萌芽研究プロジェクト「バイオマス・地域資源を活用する環境調和型触媒 および機能性有機材料の開発」により、地域資源であるカニ殻由来のキチンを用いた研究を実施している。
2. 地域資源であるカニ殻由来のキチン・キトサンを利用した環境調和型高分子触媒の開発を推進し、成果を以下の論文誌で発表した。 M. Watanabe, T. Sakai, M. Oka, Y. Makinose, H. Miyazaki, H. Iida, Adv. Synth. Catal. 2020, 362, 255-260.
3. 地域資源であるカニ殻由来のキチン・キトサンを利用した環境調和型高分子触媒の開発を行っている。