検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

半田 真(ハンダ マコト) HANDA Makoto

お問い合わせ

学部等/職名

総合理工学部 物質化学科 教授

著書

1. 機能性色素としてのフタロシアニン (アイピーシー 2004) ISBN:4901493493
2. 機能性色素としてのフタロシアニン (アイピーシー 2004) ISBN:4901493493
3. 第5版 実験化学講座22 金属錯体 遷移金属クラスター (丸善株式会社 2004) ISBN:4621073214
4. 第5版 実験化学講座22 金属錯体 遷移金属クラスター (丸善株式会社 2004) ISBN:4621073214

論文

1. 「A Polymer Chain Compound of [Rh2II(4-Me-pf)2(O2CCMe3)4(1,4-dib)]n (4-Me-pf- = N,N’-Di-p-tolylformamidinate anion; 1,4-dib = 1,4-Disiocyanobenzene)」 Makoto Handa, Satoshi Nishiura, Natsumi Yano, Hidekazu Tanaka, Masahiro Mikuriya, and Yusuke Kataoka X-Ray Structure Analysis Online vol.:38 全:3頁 49-51頁 学術雑誌 2022年 3月
2. 「Polynuclear Chain Compound of Tetrakis(μ-n-butyrato-O,O’)diruthenium Bromide」 Makoto Handa, Haruki Yairi, Yoshiki Koyama, Ryoji Mitsuhashi, and Masahiro Mikuriya X-Ray Structure Analysis Online vol.:38 全:3頁 21-23頁 学術雑誌 2022年 2月
3. 「Crystal Structure of Tetrakis(μ-2,3,6-trimethoxybenzoato-κO:κO')bis[(methanol)copper(II)]: Largely Rotated Benzoate Ring to the Carboxylato Bridge」 Masahiro Mikuriya, Chihiro Yamakawa, Kensuke Tanabe, Raigo Nukita, Daisuke Yoshioka, Ryoji Mitsuhashi, Makoto Handa and Motohiro Tsubo X-Ray Structure Analysis Online vol.:37 全:3頁 49-51頁 学術雑誌 2021年 9月
4. 「Crystal Structure of a Lantern-type Dirhodium(II) Complex with Axial Pyridine Molecules cis-[Rh2(4-Me-pf )2(O2CCMe3)2(py)2], 4-Me-pf– = N,N′-Di-p-tolylformamidinate Anion」 Makoto Handa, Makoto Kano, Natsumi Yano, and Yusuke Kataoka X-Ray Structure Analysis Online vol.:37 全:3頁 69-71頁 学術雑誌 2021年 11月
5. 「Preparation and Crystal Structure of Tetrakis(μ-2,4,5-trimethoxybenzoato-κO:κO′)bis[(methanol)copper( II )]-N,N-dimethylformamide (1/2) in Relation to Adsorption Property for N2」 Masahiro Mikuriya, Chihiro Yamakawa, Kensuke Tanabe, Raigo Nukita, Daisuke Yoshioka, Ryoji Mrrsuhashi, Hidekazu Tanaka, Makoto Handa, and Motohiro Tsuboi X-Ray Structure Analysis Online vol.:37 全:3頁 35-37頁 学術雑誌 2021年 7月
6. 「Redox-triggered reversibale modulation of intense near-infrared and visible absorption using a paddlewheel-type diruthenium(III) complex」 Yusuke Kataoka, Nanako Imasaki, Natsumi Yano, Minoru Mitsumi and Makoto Handa Dalton Trans. vol.:50 全:7頁 9547-9553頁 学術雑誌 2021年 7月
7. 「Structures and Properties of 4-phpy, pyz, and 4,4’-bpy Adducts of Lantern-Type Dirhodium Complexes with μ-Formamidinato and μ-Carboxylato Bridges」 Makoto Handa, Satoshi Nishiura, Makoto Kano, Natsumi Yano, Haruo Akashi, Masahiro Mikuriya, Hidekazu Tanaka, Tatsuya Kawamoto, and Yusuke Kataoka Magnetochem. vol.:7 No.:3 39頁 学術雑誌 2021年 3月
8. 「Synthesis, Crystal Structures, Electronic Spectra, and Magnetic Properties of Bis(μ-Thiolato)-BridgedTrinuclear Co(II) Complexeswith Tridentate-N, N, S-Thiolates」 Masahiro Mikuriya, Atsushi Fujita, Takanori Kotera, Daisuke Yoshioka, Hiroshi Sakiyama, Makoto Handa and Motohiro Tsuboi Advance Sustainable Science, Engineering and Technology vol.:3 全:1頁 2021年 4月
9. 「Crystal Structure and Magnetic Property of Manganese(II) Hexafluorosilicate Hexhydrate」 Masahiro Mikuriya, Nanami Watanabe, Yoshiki Koyama, Daisuke Yoshioka, Junya Ogawa, Ryoji Mitsuhashi, and Makoto Handa X-Ray Struct. Anal. Online vol.:36 No.:6 17-19頁 2020年 6月
10. 「Crystal Structure of a Lantern-Type Diruthenium(II,III) Complex with Axial Thiocyanato and DMF ligands, [Ru2(O2CCMe3)4(NCS)(DMF)]」 Makoto Handa, Hideaki Ishida, Daisuke Yoshioka, Fumiaki Kugita, Ichiro Hiromitsu, Kuninobu Kasuga, and Masahiro Mikuriya X-Ray Struct. Anal. Online vol.:36 No.:10 39-41頁 学術雑誌 2020年 10月
11. 「Synthesis and properties of a trinuclear copper(II) complex of a ligand with phthalocyanine and Schiff-base coordination sites」 Makoto Handa, Kenichi Kanagawa, Natsumi Yano, Haruki Yairi, Airi Okuno, Minoru Mitsumi, Yusuke Kataoka Journal of Porphyrins and Phthalocyanines vol.:22 全:7頁 95-101頁 学術雑誌 2018年 3月
12. 「Analysis of Disperse Dyes Using Liquid Chromatography/Linear Ion Trap Mass Spectrometry (LC/LIT-MSn) and Database Construction」 T. Kato, T. Ikeue, Yasuhiro Suzuki, and M. Handa Anal. Sci. vol.:32 全:6頁 147,152頁 2016年
13. 「An unprecedented up-field shift in the 13C NMR spectrum of the carboxyl carbons of the lantern-type dinuclear complex TBA[Ru2(O2CCH3)4Cl2] (TBA+ = tetra(n-butyl)ammonium cation)」 Y. Hiraoka, T. Ikeue, H. Sakiyama, F. Guégan, D. Luneau, B. Gillon, I. Hiromitsu, D. Yoshioka, M. Mikuriya, Y. Kataoka, and M. Handa Dalton Trans. vol.:44 全:5頁 13439,13443頁 学術雑誌 2015年
14. 「Crystal Structure of a Lantern-Type Dirhodium(II) Complex with a cis-(2:2) Arrangement of Two Formamidinato and Two Trifluoroacetato Bridges」 M. Handa, K. Takahashi, A. Inoue, T. Ikeue, D. Yoshioka, and M. Mikuriya X-ray Struct. Anal. Online vol.:31 全:2頁 31,32頁 学術雑誌 2015年
15. 「Assembled Complexes of Lantern-type Rhodium(II) Dimers with Formamidinato Ligands」 M. Handa, T. Ikeue, A. Sanaka, T. Nakai, H. Tanaka, D. Yoshioka, and M. Mikuriya New Trends in Coordination, Bioinorganic and Applied Inorganic Chemistry 全:7頁 133-139頁 学術雑誌 2011年
16. 「Benzoannelation Stabilizes the dxy1 State of Low-Spin Iron(III) Porphyrinates」 T. Ikeue, M. Handa, A. Chambelin, A. Ghosh, O. Onayi, M. G. H. Vincente, A. Ikezaki, and M. Nakamura Inorg. Chem. vol.:50 全:15頁 3367-3581頁 学術雑誌 2011年
17. 「Crystal Structure of Rhodium(II) Formamidinate Dimer with an Axial Acetonitrile Molecule」 M. Handa, M. Yasuda, D. Yoshioka, T. Ikeue, and M. Mikuriya X-ray Structure Analysis Online vol.:27 全:2頁 7-8頁 学術雑誌 2011年
18. 「Luminescence of tetraphenylporphyrin by an energy transfer from phtotexcited ZnO nanaparticle」 Ichiro Hiromitsu, Ayana Kawami, Senku Tanaka, Shigekazu Morito, Ryo Sasai, Takahisa Ikeue, Yasuhisa Fujita, and Makoto Handa Chem. Phys. Lett. vol.:501 全:5頁 385-389頁 2011年
19. 「Mononuclear and Dinuclear Nickel(II) Complexes of an Octadentate Ligand Planarly Arranging Pc- and Salen-like Coordination Units with Bulky 2,6-Dimethylphenoxy and t-Butyl Groups」 T. Ikeue, T. Fukahori, T. Sugimori, and M. Handa New Trends in Coordination, Bioinorganic and Applied Inorganic Chemistry 全:7頁 183-189頁 学術雑誌 2011年
20. 「Photo-catalytic Activity of Cationic Zinc(II) Complexes of Phthalocyanine and Porphyrazine Derivatives Loaded on the Surface of Silica Gel」 K. Kasuga, H. Irie, H. Tanaka, T. Ikeue, T. Sugimori, M. Handa J. Phorphyrins Phthalocyanines vol.:15 全:5頁 1080-1084頁 学術雑誌 2011年
21. 「Polymer Complex of Rhodium(II) Formamidinate Dimer Linked by 1,4-Diisocyanobenzene with Toluene as Crystal Solvent」 M. Handa, A. Sanaka, Y. Sugikawa, T. Ikeue, H. Tanaka, D. Yoshioka, and M. Mikuriya X-ray Struct. Anal. Online vol.:27 全:2頁 73-74頁 学術雑誌 2011年
22. 「Preparation and Crystal Structure of Chain Complex of Dinuclear Rhodium(II) Benzoate and Bipyrimidine with Diacetonitrile Adduct of Dinuclear Rhodium(II) Benzoate」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, K. Ouchi, D. Yoshioka, and M. Handa X-ray Struct. Anal. Online vol.:27 全:2頁 69-70頁 学術雑誌 2011年
23. 「Preparation and crystal structure of tetrakis(μ-pivalato-O,O’)bis[(pivalic acid-O)rhodium(II)]」 Masahiro Mikuriya, Jinya Yamamoto, Hideaki Ishida, Daisuke Yoshioka, and Makoto Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:27 全:2頁 7-8頁 学術雑誌 2011年
24. 「Synthesis and Crystal Structure of Chain Complex of Rhodium(II) Pivalate and trans-1,2-Bis(4-pyridyl)ethylene with an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, D. Yoshioka, H. Tanaka, and M. Handa X-ray Struct. Anal. Online vol.:27 全:2頁 27-28頁 学術雑誌 2011年
25. 「Synthesis and Crystal Structure of Rhodium(II) Pentafluorobenzoate Dimer with Axial Methanol Molecules」 M. Handa, Y. Ishitobi, K. Moriyama, T. Ikeue, D. Yoshioka, and M. Mikuriya X-ray Struct. Anal. Online vol.:27 全:2頁 49-50頁 学術雑誌 2011年
26. 「Synthesis, Crystal Structures, and Adsorption Properties of Chain Complexes of Rhodium(II) Pivalate with N,N’-bidentate ligands」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, D. Yoshioka, H. Tanaka, and M. Handa New Trends in Coordination, Bioinorganic and Applied Inorganic Chemistry 全:9頁 311-319頁 学術雑誌 2011年
27. 「Annulated dinuclear palladium(II) phthalocyanine complex as an effective photo-oxidation catalyst for near-infrared region light」 Takahisa Ikeue, Makoto Sonoda, Satoshi Kurahashi, Haruaki Tachibana, Daichi Teraoka, Tamotsu Sugimori, Kuninobu Kasuga, Makoto Handa Inorg. Chem. Commun. vol.:13 全:3頁 1170-1172頁 学術雑誌 2010年
28. 「Synthesis, crystal structure, and H-1 NMR spectra of a chloride-bridged chain complex of dinuclear ruthenium(II,III) 3,4,5-tri(ethoxy-d(5))benzoate」 Hideaki Ishida, Makoto Handa, Takahisa Ikeue, Jun Taguchi, Masahiro Mikuriya Chem. Papers vol.:64 No.:6 全:9頁 767-775頁 2010年
29. 「A Polymer Complex [Cu(O2CC6F5)2(pyz)]n Formed from Copper(II) Pentafluorobenzoate and Pyrazine」 Makoto Handa, Yoshiyuki Ishitobi, Taku Yakuwa, Daisuke Yoshioka, Hideaki Ishida, Masahiro Mikuriya, Ichiro Hiromitsu, Hidekazu Tanaka, and Takahisa Ikeue Bull. Chem. Soc. Jpn vol.:82 全:3頁 1277-1279頁 学術雑誌 2009年
30. 「Photoinduced energy transfer in ZnO-tetraphenylporphyrin systems」 Ichiro Hiromitsu, Takahisa Ikeue, Kazuhiro Karino, Takatsugu Ohno, Senku Tanaka, Hideo Shiratori, Shigekazu Morito, Yasuhisa Fujita, and Makoto Handa Chem. Phys. Lett. vol.:474 全:5頁 315-319頁 学術雑誌 2009年
31. 「Synthesis, Crystal Structure, and Spectral and Magnetic Properties of Chloro-Bridged Chain Complex of Dinucler Ruthenium(II,III) 3,4,5-Triethoxybenzoate」 Hideaki Ishida, Makoto Handa, Ichiro Hiromitsu, and Masahiro Mikuriya Chem. J. Mordova vol.:4 全:7頁 90-96頁 学術雑誌 2009年
32. 「Synthesis, Magnetic and Spectral Properties, and Crystal Structure of Mixed-Valence Ruthenium(II,III) 3,4,5-Tributanoxybenzotate」 Hideaki Ishida, Makoto Handa, Ichiro Hiromitsu, and Masahiro Mikuriya Insights into Coordination, Bioinorganic and Applied Inorganic Chemistry 全:7頁 197-203頁 学術雑誌 2009年
33. 「Electronic structure of five- and six-coordinate iron(III) tetraazaporphyrin」 Takahisa Ikeue, Satoshi Kurahashi, Makoto Handa, Tamotu Sugimori, Mikio Nakamura Journal of Porphyrins and Phthalocyanines vol.:12 1041-1049頁 その他 2008年
34. 「Synthesis and magnetic properties of polymeric complexes containing ruthenium(II)–ruthenium(III) tetracarboxylato unitslinked by cyanato, thiocyanato, and selenocyanato ligands」 Makoto Handa, Hideaki Ishida, Kayoko Ito, Toshihiro Adachi, Takahisa Ikeue, Ichiro Hiromitsu, Masahiro Mikuriya, Kuninobu Kasuga Chemical Papers vol.:62 No.:4 410-416頁 その他 2008年 キーワード:金属錯体、合成、磁気的性質
35. 「, Dinuclear and Tetranuclear Copper(II) Complexes with a Ligand Bearing Phthalocyanine and Schiff-Base Coordination Sites」 M. Handa, K. Murakoshi, A. Nishikawa, K. Yahata, K. Shiomi, I. Hiromitsu, T. Sugimori, K. Sogabe, K. Isa, M. Nakata, and K. Kasuga Bull. Chem. Soc. Jpn. vol.:80 1949-1954頁 その他 2007年 キーワード:金属錯体化学
36. 「Synthesis and Magnetic Properties of Polymer Complexes of Ruthenium(II,III) 3,4,5-Trioctanoxybenzoate Linked by Chloro and Cyanato Ligands with Liquid-Crystalline Behavior」 H. Ishida, M. Handa, I. Hiromitsu, S. Ujiie, and M. Mikuriya Achievements in Coordination, Bioinorganic and Applied Inorganic Chemistry vol.:8 121-127頁 その他 2007年 キーワード:金属錯体化学
37. 「Immobilization of cationic zinc(II) complexes of phthalocyanine and unsymmetrical porphyrazine in mesoporous MCM-41 silica and photo-catalytic activity of the composites」 K. Kasuga, M. Imai, H. Irie, H. Tanaka, T. Ikeue, M. Handa, S. Wada, T. Sugimori J. Porphyrins Phthalocyanines vol.:10 1212-1218頁 その他 2006年
38. 「Intercalation of cationic 2,9,16,23-tetra (3-N,N,N-trimethylaminoethyloxy)-phthalocyaninatozinc(II) into titanium hydrogen (sodium and octyl)」 K. Kasuga, K. Ohmori, H. Tanaka, M. Handa, T Sugimori Inorg. Chem. Commun. vol.:9 1019-1022頁 その他 2006年
39. 「Magnetic interactions in one-, two-, and three-dimensional assemblies of dinuclear ruthenium carboxylates」 M. Mikuriya, D. Yoshioka, M. Handa Coord. Chem. Rev., vol.:250 2194-2211頁 その他 2006年
40. 「Adduct complexes of ruthenium(II,III) propionate dimer with pyridyl nitroxides」 M. Mikuriya, K. Tanaka, M. Handa, I. Hiromitsu, D. Yoshioka, D. Luneau Polyhedron vol.:24 2658-2664頁 その他 2005年
41. 「Bathochromic shift of the Q-bands of octakis(p-t-butylbenzyloxy)phthalocyanines with magnetism(II), nickel(II) and copper(II) in solevent mixture of chloroform and acetic acid」 K. Kasuga, K. Yashiki, T. Sugimori, M. Handa J. Porphyrins Phthalocyanines vol.:9 646-654頁 その他 2005年
42. 「Coordination Polymers of Ruthenium Pivalate Dimer with Tetracyanoethylene, 7,7,8,8-Tetracyanoquinodimethane, and 2,5-Dimrthyl-N,N'-dicyanobenzoquinonediimine」 D. Yoshioka, M. Handa, M.Mikuriya, K. Kasuga Advances Coord. Bioionorg. Inorg. Chem., vol.:6 218-223頁 その他 2005年
43. 「Polynuclear Chain Complexes of Ruthenium(II,III) Pivalate Dimers Linked by 2,5-Dimethyl-N,N'-dicyanobenzoquinonediimine, 1,4-Benzoquinone, and 1,4-Naphthoquinone」 D. Yoshioka, M. Handa, M. Mikuriya, I. Hiromitsu, K. Kasuga Materials Science vol.:23 765-771頁 その他 2005年
44. 「Self-assembly of Mixed-valent Ruthenium(II,III) Pivalate and Octacyanotungstate(V) Building Blocks」 D. Matoga, M. Mikuriya, M. Handa, J. Szklarzewicz Chem. Lett. vol.:34 1550-1551頁 その他 2005年
45. 「Synthesis and Optical and Electrochemical Properties of Thermotropic, Liquid-Crystalline, semirigid Copolyesters Based on 2,5-Diphenyl-1,3,4-thiadiazole Units」 M.Sato, Y.Tada, S.Nakashima, K.Ishikura, M.Handa, K.Kasuga J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. vol.:43 1511-1525頁 その他 2005年
46. 「Preparation and Properties of Tetra- and Octa-substituted Phthalocyanines with Cationic Trimethylaniliniumyl Group」 T. Sugimori,. J. Nojima, T. Ozawa, M. Handa, and K. Kasuga Chem. Lett. vol.:33 No.:8 1014-1015頁 その他 2004年
47. 「Synthesis and Characterization of Polynuclear Chain and Tetranuclear Adducts of Mixed-Valent Ruthenium(II,IIIdducts of Mixed-Valent Ruthenium(II,III) Pivalate w) Pivalate with N,N'-Didentate Ligands」 D. Yoshioka, M. Mikuriya, and M. Handa Bull. Chem. Soc. Jpn. vol.:77 No.:12 2205-2211頁 その他 2004年
48. 「Synthesis and Magnetic Properties of a Planar Binuclear Copper(II) Phthalocyanine Complex」 M. Handa, N. Kataoka, Y. Ito, T. Tonomura, I. Hiromitsu, T. Sugimori, K. Sogabe, and K. Kasuga Bull. Chem. Soc. Jpn. vol.:77 No.:9 1647-1648頁 その他 2004年

発表等

1. 「Chain Compounds of Dinuclear Ruthenium(II,III) Carboxylate and Tetracyanidoaurate(IIII)」 1. Masahiro Mikuriya, Y. Tanakaka, S. Kawauchi, Daisuke Yoshioka, Ryoji Mitsuhashi, Hidekazu Tanaka, Makoto Handa 7th International Conference on Superconductivity and Magnetism (7th International Conference on Superconductivity and Magnetism (ICSM2020)) 2021年
2. 「Mapping the charge and spin densities in a mixed valence diruthenium(II,III) paddle-wheel complex」 Sabrina Grenda, Bérangère Toury, Nicolas Claiser, Oscar Fabelo, Laura Canadillas-Delgado, J. Alberto Rodriguez Velamazan, Makoto Handa, Masahiro Mikuriya, Dominique Luneau The French association for molecular magnetism 2021年
3. 「シッフ塩基とフェノールを含む多座配位子の銅(II)およびマンガン(III)錯体の合成と性質」 瀬戸 竜之介, 島田 恵輔, 片岡 祐介, 矢野 なつみ, 赤司 治夫, 御厨 正博, 半田 真 2021年日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
4. 「フェノキシド及び水架橋を有するマクロ環四核ニッケル(II)錯体の構造と磁気的性質」 宮下 侑也, 松村 紘希, 赤司 治夫, 御厨 正博, 半田 真 2021年日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
5. 「ルテニウム(III)二核錯体Ph4P[{Ru(acac)-Cl}2(μ-Cl)3] (acac- = アセチルアセトナートイオン)の合成と性質」 11. 中島 海, 速水 智洸, 赤司 治夫, 御厨 正博, 半田 真 2021年日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
6. 「錯体の合成と元素分析」 半田 真 日本分析化学会有機微量分析研究懇談会・計測自動制御学会力学量計測部会第37回合同シンポジウム 2020年
7. 「Synthesis and Properties of a Trinuclear Copper(II) Complex of a Ligand with Phthalocyanine and Schiff-base Coordination Sites」 Makoto Handa, Kenichi Kanagawa, Natsumi Yano, Haruki Yairi, Airi Okuno, Minoru Mitsumi, Yusuke Kataoka 日本化学会第98春季年会 2018年
8. 「Half-Paddlewheel型ロジウム二核錯体による水の光還元反応と水素発生メカニズム」 矢野なつみ,片岡祐介,川本達也,半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
9. 「Synthesis, Structures, and Properties of a Lantern-type Dinuclear Rhodium(II) Complex cis-[Rh2(4-Me-pf)2(O2CCMe3)2], 4-Me-pf = N,N’-di-p-tolylformamidinate anion」 Makoto Handa, Satoshi Nishiura, Takafumi Masuda, Natsumi Yano, Masahiro Mikuriya, and Yusuke Kataoka XXVI. Inthernational Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry, Smolenice, Slovakia 2017年
10. 「アーチ型ジカルボン酸配位子を有するロジウム多核錯体の合成と水からの光水素発生」 植田 光, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
11. 「アンカー型ロジウム二核錯体の開発と水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
12. 「カルボン酸架橋ランタン型ルテニウム(II,III)二核錯体の磁気的性質および電気化学的性質に及ぼす軸配位子の影響」 半田 真,矢入永基,矢野なつみ,満身 稔,崎山博史,三橋了爾,御厨正博,赤司治夫,片岡祐介 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
13. 「シクロメタレート結合を有する新規ジホスフィンロジウム二核錯体の合成」 越猪昂幸, 片岡祐介, 矢野なつみ, 北村匠磨, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
14. 「ジカルボン酸架橋配位子を有するDimer-of-Dimer型ロジウム四核錯体の合成」 荒川和樹, 植田 光, 片岡祐介, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
15. 「テトラキス(ベンズアミジナート)ルテニウム二核錯体の合成」 奥野愛里, 片岡祐介, 矢野なつみ, 崎山博史, 満身 稔, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
16. 「テトラキス(ベンズアミジナート)ルテニウム二核錯体の軸配位子に依存する電子状態」 奥野愛里, 片岡祐介, 矢野なつみ, 崎山博史, 満身 稔, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
17. 「ビピリジン配位子への合成後修飾による新規シクロメタレート型イリジウム錯体の 合成と光機能性」 奥野 楓, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
18. 「プロトン共役電子移動反応が可能なロジウム二核錯体の合成と光水素発生」 植田 光,片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
19. 「ホルムアミジナートイオンとカルボン酸イオンを分子内架橋配位子とするランタン型ロジウム二核を連結したポリマー錯体」 西浦聡志, 矢野なつみ, 御厨正博, 田中秀和, 川本達也, 片岡祐介, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
20. 「ホルムアミジナートイオンとカルボン酸イオンを分子内架橋配位子とするランタン型ロジウム二核錯体の電気化学的性質と磁気的性質」 西浦聡志, 矢野なつみ, 満身 稔, 御厨正博, 片岡祐介, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
21. 「ランタン型ルテニウム二核とシアニド金属酸イオンからなる配位高分子錯体」 矢入永基, 矢野なつみ, 満身 稔, 三橋了爾, 御厨正博, 片岡祐介, 半田真 錯体化学会第67回討論会 2017年
22. 「レドックス活性な配位子を有する新規ホスフィンロジウム二核錯体の合成」 越猪昂幸, 片岡祐介, 矢野なつみ, 北村匠磨, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
23. 「π共役配位子を有するロジウム二核骨格から形成される一次元配位高分子錯体の合成と結晶構造」 福本頼輝, 片岡祐介, 矢野なつみ, 満身 稔, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
24. 「塩素架橋ロジウム四核錯体の合成とテトラフルオロホウ酸銀との反応」 富永哲也, 片岡祐介, 矢野なつみ, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
25. 「酢酸架橋パラジウム二核ユニットからなる一次元鎖状錯体」 北村匠磨, 片岡祐介, 半田 真, 川本達也 錯体化学会第67回討論会 2017年
26. 「芳香環架橋配位子を有するHalf-Paddlewheel型ロジウム二核錯体の合成と光水素発生反応」 福本頼輝, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
27. 「芳香族カルボン酸配位子を有する塩素架橋ロジウム四核錯体の合成」 富永哲也, 片岡祐介, 矢野なつみ, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
28. 「複核錯体の磁性と分子軌道論的解釈」 半田 真 日本コンピュータ化学会2015秋季年会 2015年
29. 「Annulated dinuclear phthalocyanine complexes peripherally having bulky 2,6-dimethylphenoxy substituents」 Takahisa Ikeue, Naoko Sawada, Makoto Sonoda, Haruaki Tachibana, Tamotsu Sugimori, Satoshi Kurahashi, Masahiro Mikuriya, and Makoto Handa, The 7th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanine 2012年 キーワード:phthalcyanine
30. 「Effects of axial ligands on the coordination and electronic struucture of Iron (III) octakis(4-t-butylphenyl) corrolazine complexes 」 Satoshi Kurahashi, Takahisa Ikeue, Tamotsu Sugimori, Masashi Takahashi, Masahiro Mikuriya, Makoto Handa, Akira Ikezaki, Mikio Nakamura The 7th international conferenceon porphyrins and phthalocyanines 2012年 キーワード:phthalocynine
31. 「カルボン酸とジフェニルホルムアミジンからなるランタン型ルテニウム(II,III)二核錯体の合成と性質」 木村祐子、池上崇久、石田英晃、杉森 保、御厨正博、半田 真 第89回日本化学会春季年会 2009年
32. 「コロラジン金属錯体の合成と磁気的性質」 池上崇久、倉橋悟志、杉森 保、中村幹夫、半田 真 第89回日本化学会春季年会 2009年
33. 「1,4,7-トリス(2-メルカプトエチル)-1,4,7-トリアザシクロノナンを有するマンガン単核錯体[Mn(tmtacn)]ClO4の構造決定の試み」 田口 潤、三好一史、御厨正博、半田 真 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2008年
34. 「3,4,5-トリアルコキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核をアジ化物イオンが架橋したポリマー錯体の合成と性質」 石田英晃、半田 真、広光一郎、御厨正博 第88回日本化学会春季年会 2008年
35. 「3,4,5-トリアルコキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核錯体の合成、磁気的性質及び液晶性」 石田英晃、半田 真、池上崇久、広光一郎、氏家誠司、御厨正博 第58回錯体化学討論会 2008年
36. 「3,4,5-トリオクタデカノキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核カチオンと種々のアニオンを組み合わせた錯体の合成と性質」 石田英晃、半田 真、広光一郎、氏家誠司、御厨正博 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2008年
37. 「Crystal Structure and Redox Property of Mn(IV) Complex with 1,4,7-Tris(2-mercaptoethyl)- 1,4,7-triazacyclononane」 J. Taguchi, K. Miyoshi, T. Kotera, M. Handa, and M. Mikuriya XVIth Winter School on Coordination Chemistry 2008年
38. 「Magnetic and Mesomorphic Properties of Chain Complexes of Dinuclear Ruthenium(II,III) 3,4,5-Trialkoxybenzoates」 H. Ishida, M. Handa, I. Hiromitsu, S. Ujiie, and M. Mikuriya 3rd International Symposium on Molecular Materials MOLMAT 2008 2008年
39. 「Photocatalytic Activity of Porphyrazine Analogues」 K. Kasuga, T. Ikeue, M. Handa, and T. Sugimori Fifth International Conference on Porphyrins and Phthalocynines 2008年
40. 「Polymer Complexes Formed from Copper(II) and Rhodium(II) Benzoates and Bidentate Bridging Ligands with Nitrogen Donors」 M. Handa, Y. Ishitobi, D. Yoshioka, M. Mikuriya,I. Hiromitsu, H. Tanaka, and T. Ikeue XVIth Winter School on Coordination Chemistry 2008年
41. 「Syntheses and Properties of Chain Complexes of Dinuclear Ruthenium(II,III) 3,4,5-Triethoxybenzoate with Chloro and Cyanato Bridging Ligands」 H. Ishida, M. Handa, I. Hiromitsu, and M. Mikuriya 3rd International Symposium on Molecular Materials MOLMAT 2008 2008年
42. 「4−カルボキシ-TEMPO二核銅(II)の鎖状錯体の合成と磁気的性質」 御厨正博、松原静香、中村知端、橋戸里江子、横田和幸、渡辺武士、吉岡大輔、半田真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
43. 「カルボン酸架橋ランタン型ルテニム(II,III)錯体の溶液中に於ける磁気的挙動」 真野貴行、池上崇久、石田英晃、御厨正博、半田 真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
44. 「ジフェニルホルムアミジナートイオンを分子内架橋配位子に含むルテニウム(II,III)二核錯体の合成と性質」 木村祐子、池上崇久、石田英晃、杉森保、御厨正博、半田真 第58回錯体化学討論会 2008年
45. 「チオオキザミド金属錯体の合成と性質」 新田展大、東浦大二郎、末次裕太、池上崇久、石田英晃、御厨正博、半田 真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
46. 「テトラアザポルフィリンとコロラジン金属錯体の合成とその物性」 池上崇久、倉橋悟志、杉森 保、半田 真、春日邦宣 第88回日本化学会春季年会 2008年
47. 「テトラアザポルフィリンとコロラジン鉄錯体の合成と磁気的性質」 池上崇久、倉橋悟志、杉森 保、大胡惠樹、中村幹夫、半田 真 第58回錯体化学討論会 2008年
48. 「トリス長鎖アルキルオキシ安息香酸ルテニウム二核錯体の磁気的性質及び液晶的性質」 石田英晃、半田 真、池上崇久、広光一郎、氏家誠司、御厨正博 2008年日本化学会西日本大会 2008年
49. 「フタロシアニン類縁体の光触媒作用」 荒木 秀、竹村佳恵、池上崇久、杉森 保、半田 真、春日邦宣 第88回日本化学会春季年会 2008年
50. 「ホルムアミジナートイオンを分子内架橋配位子に用いたランタン型ロジウム(II)二核錯体およびその四量体の合成と性質」 井上麻美、吉岡大輔、池上崇久、杉森保、御厨正博、半田真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
51. 「ホルムアミジナートロジウム(II)二核を架橋二座配位子で連結したポリマー錯体の構造と性質」 半田 真、佐仲綾子、井上麻美、田中秀和、池上崇久、吉岡大輔、御厨正博 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2008年 キーワード:錯体化学
52. 「安息香酸ロジウム(II)およびピバル酸ロジウム(II) とピリミジンからなる新規錯体の合成と結晶構造及び吸着特性」 山本淳也、吉岡大輔、御厨正博、半田 真、田中秀和 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2008年
53. 「完全共役二核フタロシアニンおよびその亜鉛錯体の光触媒能」 園田 誠、谷口 渉、安福達郎、池上祟久、杉森 保、半田 真、春日邦宣 第88回日本化学会春季年会 2008年
54. 「環周辺にニトロ基を有するポルフィリン鉄(III)錯体の合成と性質」 池上崇久、山本健一、中村幹夫、杉森 保、半田 真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
55. 「環周辺に電子求引基を置換したポルフィリン鉄(III)錯体の合成とその物性」 池上崇久、山本健一、大胡惠樹、中村幹夫、杉森 保、半田 真、春日邦宣 第88回日本化学会春季年会 2008年
56. 「近赤外蛍光標識技術の開発」 半田 真 、池上祟久、長井 篤、小林祥泰、藤田恭久、平川正人 島根発ナノテクノロジーシンポジウム 2008年
57. 「酸化還元活性なフェニル誘導体を置換基として導入したフタロシアニン錯体の合成」 杉森 保、岡城 徹、池上崇久、半田 真、高橋康丈 第58回錯体化学討論会 2008年
58. 「種々の置換基を導入したホルムアミジナートイオンを架橋配位子とするルテニウム(II,III)二核錯体の合成と性質」 池上崇久、狩野和弘、木村祐子、今岡 剛、杉森 保、半田 真 第58回錯体化学討論会 2008年
59. 「酢酸ロジウムと二座架橋配位子からなる鎖状錯体の結晶構造と吸着特性」 御厨正博、山本淳也、大内和也、吉岡大輔、田中秀和、半田 真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
60. 「飽和窒素を8個含むマクロ環配位子を用いたフェニキソおよびヒドキソ架橋四核銅(II)錯体の合成」 毛呂大輔、和田秀作、吉岡大輔、御厨正博、徐強、池上崇久、半田 真 2008年日本化学会西日本大会 2008年
61. 「3,4,5-トリアルコキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核のポリマー錯体[Ru2(3,4,5-(CmH2m+1O)3C6H2CO2)4X]n (m = 4, 8, 18; X = Cl-, OCN-)の合成と磁気的性質」 石田英晃、半田 真、広光一郎、氏家誠司、御厨正博 2007年 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2007年
62. 「3,4,5-トリアルコキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核を塩化物イオン及びシアン酸イオンが架橋したポリマー錯体の合成と性質」 石田英晃、半田 真、広光一郎、氏家誠司、御厨正博 2007年日本化学会西日本大会 2007年
63. 「Magnetic Properties and Liquid-Crystalline Behaviors of 1-D Chain Complexes of Ruthenium(II,III) 3,4,5-Trialkoxybenzoate Dimers」 H. Ishida, M. Handa, I. Hiromitsu, S. Ujiie, and M. Mikuriya 14th International SPACC-CSJ Symposium 2007年
64. 「Syntheses and Magnetic Properties of Polymer Complexes of Ruthenium(II,III) 3,4,5-Trialkoxybenzoate Linked by Chloro or Cyanato Ligand with Liquid-Crystalline Behavior」 I. Ishida, M. Handa, I. Hiromitsu, S. Ujiie, and M. Mikuriya 21st International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry 2007年
65. 「Syntheses and Properties of Polymer Complexes of Ruthenium(II,III) Carboxylates Bridged by Cyanate Ions」 M. Handa, H. Ishida, T. Ikeue, I. Hiromitsu, M. Mikuriya, and K. Kasuga Third International Symposium on Chemistry of Coordination Space 2007年
66. 「テトラベンゾポルフィリン鉄(III)錯体とテトラアザポルフィリン鉄(III)錯体の合成とその物性」 池上 崇久,景山 将来,大湖 恵樹,中村 幹夫,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第87回日本化学会春季年会 2007年
67. 「ピバル酸ルテニウム(II,III)とオクタシアノタングステン(IV)酸イオンからなる新規錯体の合成」 吉岡大輔、D. Matoga、御厨正博、半田 真、J. Szklarzwicz 2007年 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2007年
68. 「ピリミジンで連結した安息香酸ロジウム(II)鎖状錯体の合成と結晶構造」 御厨正博、山本淳也、吉岡大輔、半田真 2007年日本化学会西日本大会 2007年
69. 「フェニル基を有するランタン型ルテニウム二核を架橋配位子で連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田真、真野貴行、池上崇久、田中秀和、広光一郎、吉岡大輔、石田英晃、御厨正博、春日邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
70. 「フタロシアニン・ポルフィリン連結体の光触媒作用」 荒木 秀、池上崇久、半田 真、春日邦宣、杉森 保 第57回錯体化学討論会 2007年
71. 「フタロシアニン・ポルフィリン連結体の光触媒作用」 荒木 秀、池上崇久、半田 真、春日邦宣、杉森 保 2007年日本化学会西日本大会 2007年
72. 「フタロシアニン−salen融合型二核形成配位子とその金属錯体の合成と性質」 半田 真、吉岡優子、池上崇久、杉森保、広光一郎、石田英晃、御厨正博、春日邦宣 2007年日本化学会西日本大会 2007年
73. 「フタロシアニン−salen融合型二核形成配位子を用いた銅(II)錯体の合成と性質」 半田 真,吉岡 優子,池上 崇久,杉森 保,和田 秀作,御厨 正博,春日 邦宣 第87回日本化学会春季年会 2007年
74. 「フタロシアニン−salen融合型配位子を用いた二核金属錯体の合成と性質」 半田 真、吉岡優子、池上崇久、杉森 保、広光一郎、石田英晃、御厨正博、春日邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
75. 「フタロシアニン−ポルフィリン連結体の光触媒作用」 荒木 秀,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣,杉森 保 第87回日本化学会春季年会 2007年
76. 「フタロシアニン金属錯体の光安定性と光酸化触媒作用」 竹村 佳恵,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣,杉森 保 第87回日本化学会春季年会 2007年
77. 「フタロシアニン金属錯体の光触媒作用」 竹村佳恵、池上崇久、半田 真、春日邦宣 2007年日本化学会西日本大会 2007年
78. 「フタロシアニン類縁体の光触媒作用」 竹村佳恵、大森雅裕、池上崇久、杉森 保、半田 真、春日邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
79. 「ペンタフルオロ安息香酸銅(II)およびペンタフルオロ安息香酸ロジウム(II)と架橋配位子からなるポリマー錯体」 半田 真 2007年錯体分子素子研究センターシンポジウム 2007年
80. 「ペンタフルオロ安息香酸銅(II)とピラジンおよび4,4'-ビピリジンの反応により得られるポリマー錯体」 半田 真,石飛 佳之,吉岡 大輔,御厨 正博,池上 崇久,春日 邦宣 第87回日本化学会春季年会 2007年
81. 「ランタン型Rh2, Ru2二核を基本ユニットとする二量体、四量体及びポリマー錯体の合成と性質」 半田 真、井上麻美、山路智愛、木村祐子、池上崇久、杉森 保、田中秀和、広光一郎、吉岡大輔、御厨正博、春日邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
82. 「ランタン型二核錯体を基本ユニットとする新規集積型錯体の合成」 半田 真 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究(434) 「配位空間の化学—分子凝縮、ストレス、変換場の創成—」成果報告会 2007年
83. 「環周辺に電子吸引基を有するポルフィリン鉄(III)錯体の合成とその性質」 池上崇久、山本健一、大胡惠樹、中村幹夫、杉森 保、半田 真、春日邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
84. 「酸化還元活性な置換基を導入したフタロシアニン誘導体合成」 杉森 保,森川 寛敏,高橋 康丈,角田 広子,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 第87回日本化学会春季年会 2007年
85. 「酸化還元活性な置換基を有するフタロシアニン金属錯体の合成」 杉森 保、高橋康丈、池上崇久、半田 真、春日邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
86. 「自然エネルギーを利用した燃料電池用水素の化学的製法および貯蔵・輸送法の開発」 半田 真,西垣内 寛,久保田 岳志,田中秀和 平成18年度島根大学プロジェクト研究報告会 2007年
87. 「種々の対アニオンを有する3,4,5-トリオクタデカノキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核錯体の合成と性質」 石田英晃、半田真、広光一郎、氏家誠司、御厨正博 第57回錯体化学討論会 2007年
88. 「酢酸モリブデン(II)および安息香酸モリブデン(II)の1,2-ビス(4-ピリジル)エタン、trans-1,2-ビス(4-ピリジル)エチレンによる鎖状錯体の合成と結晶構造」 御厨正博、貝原規彰、山本淳也、吉岡大輔、半田真 2007年日本化学会西日本大会 2007年
89. 「酢酸ロジウム(II)および安息香酸ロジウム(II)を用いた鎖状錯体の合成と結晶構造」 山本淳也、吉岡大輔、御厨正博、半田 真 2007年 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2007年
90. 「1,2-ビス(4-ピリジル)エタンで連結した酢酸ロジウム(II)鎖状錯体の合成と結晶構造」 御厨正博,山本淳也,吉岡大輔,半田 真 2006年日本化学会西日本大会 2006年
91. 「3,4,5-トリアルコキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核をシアン酸イオンが架橋したポリマー錯体におけるアルコキシ鎖長効果」 石田英晃,半田 真,氏家誠司,御厨正博 2006年日本化学会西日本大会 2006年
92. 「3,4,5-トリアルコキシ安息香酸ルテニウム(II,III)二核をシアン酸イオンで架橋したポリマー錯体の合成と性質」 石田英晃,半田 真,吉岡 大輔,御厨正博,広光 一郎,氏家誠司,池上 崇久,春日 邦宣 2006年錯体分子素子研究センターシンポジウム 2006年
93. 「M2(O2CR)4二核錯体とシッフ塩基錯体からなる多核錯体」 半田 真 2006年錯体分子素子研究センターシンポジウム 2006年
94. 「MCM41に内包された非対称ポルフィラジン錯体の光触媒特性」 今井 誠,竹村 佳恵,田中 秀和,池上 崇久,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第86回日本化学会春期年会 2006年
95. 「Magnetic Interactions in Molecular Assemblies of Dinuclear Ruthenium Carboxylates”, International Symposium on Molecular Materials based on Coordination and Organometallic Chemistry」 M. Mikuriya, D. Yoshioka, D. Matoga, M. Handa International Symposium on Molecular Materials based on Coordination and Organometallic Chemistry 2006年
96. 「NNS型三座チオール配位子のモリブデン錯体合成におけるメチル基の効果」 御厨正博,楠木孝治,小寺孝範,半田 真 2006年日本化学会西日本大会 2006年
97. 「Polymer Complexes of Rhodium(II) Formamidinate Linked by Bridging Ligands」 M. Handa, A. Sanaka, A. Inoue, T. Ikeue, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Mikuriya, K. Kasuga Second International Symposium on Chemistry of Coordination 2006年
98. 「Preparation of Porphyrazine Derivatives toward Photocatalyst and Sensitizer of Solar Cell」 K. Kasuga, M. Handa, T. Ikeue, H. Tanaka Fourth Intrnational Conference on Porphyrins and Phthalocynines 2006年
99. 「Studies on Hydrogen Production from Natural Resorces and Its Storage for Development of Hydrogen-Producing and Storing Systems for Fuel Cell」 M. Handa, Y. Nishigaichi, T. Kubota, H. Tanaka Shimane (Japan)–Dallas Metroplex (Texa, U.S.A) Workshop 2006年
100. 「Synthesis and Crystal Structures of Chain Complexes of Rhodium(II) Acetate with N,N'-Didentate Ligands」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, D. Yoshioka, M. Handa XVth Winter School on Coordination Chemistry 2006年
101. 「Synthesis and Magnetic Properties of Chain Complexes of Ruthenium(II,III) 3,4,5-Trialkoxybenzoate」 H. Ishida, M. Handa, I. Hiromitsu, M. Mikuriya XVth Winter School on Coordination Chemistry 2006年
102. 「Thiolato-bridged Metal Complexes with NNS-Chelating Ligands」 T. Kotera, A. Fujita, M. Mikuriya, M. Handa The XV-th International Conference “Physical Methods in Coordination and Supramolecular Chemitry” 2006年
103. 「フタロシアニンとポルフィリンの連結体を用いた色素増感太陽電池の作成」 荒木 秀,岡本 敏幸,池上 崇久,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
104. 「フタロシニン錯体坦持ポリスチレンフィルムによる環境汚染物質の光酸化分解」 梅野太志,牛尾冬海,池上崇久,半田 真,春日邦宣 第86回日本化学会春期年会 2006年
105. 「ホルムアミジナートロジウム(II)二核を架橋配位子で連結したポリマー錯体」 半田 真,佐仲 綾子,井上 麻美,池上 崇久,吉岡 大輔,田中 秀和,御厨 正博,春日 邦宣 2006年日本化学会西日本大会 2006年
106. 「ポリスチレンフィルムに坦持したフタロシアシン金属錯体の光触媒活性」 亜鉛(II)およびパラジウム(II)フタロシアニン錯体の光触媒特性 第56回錯体化学討論会 2006年
107. 「亜鉛(II)およびパラジウム(II)フタロシアニン錯体の光触媒特性」 竹村 佳恵,池上 崇久,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
108. 「酸化還元活性な置換基を導入したフタロシニン金属錯体」 杉森 保,森川 寛敏,半田 真,池上 崇久,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
109. 「酢酸ロジウム(II)および安息香酸ロジウム(II)を用いた鎖状錯体の合成」 山本淳也,吉岡大輔,御厨正博,半田 真 2006年錯体分子素子研究センターシンポジウム 2006年
110. 「非対称ポルフィラジン錯体およびその無機多孔質複合体の光触媒特性」 入江 祥幸,池上 崇久,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
111. 「非対称ポルフィラジン錯体を用いた光電極の作成」 入江 祥幸,鈴木 宏幸,田中 秀和,池上 崇久,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第86回日本化学会春期年会 2006年
112. 「Coordination polymers of ruthenium pivalate dimer with tetracyanoethylene, 7,7,8,8-tetracyanoquinodimethane, and 2,5-dimethyl-N,N'-dicyanobenzoquinonediimine」 D. Yoshioka, M. Handa, M. Mikuriya, K. Kasuga 20th International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry 2005年
113. 「MCM-41に内包したフタロシアニン金属錯体の光触媒特性」 今井 誠, 田中 秀和,,池上 崇久, 半田 真, 春日 邦宣 2005年西日本大会 2005年
114. 「MCM-41に内包したフタロシアニン金属錯体の光触媒反応」 今井 誠,田中秀和,杉森 保,半田 真,春日邦宣 日本化学会第85春季年会 2005年
115. 「TiO2ナノ粒子に結合したフタロシアニン金属錯体の光化学特性」 鈴木 宏幸,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 第55回錯体化学討論会 2005年
116. 「カチオン型マグネシウム(II)フタロシアニン錯体の光触媒作用」 入江 祥幸,杉森 保,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 第55回錯体化学討論会 2005年
117. 「カルボン酸ルテニウム二核の集積化における次元制御」 吉岡大輔,Dariusz Matoga,半田真,御厨正博 2005年錯体分子素子研究センターシンポジウム 2005年
118. 「カルボン酸架橋ルテニウム(II,III)二核をシアン酸イオンで連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,石田英晃,吉岡大輔,御厨正博,廣光一郎,春日邦宣 日本化学会第85春季年会 2005年
119. 「カルボン酸架橋ルテニウム(II/III)二核をXCN- (X=O,S,Se)で連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,石田 英晃,吉岡 大輔,御厨 正博,広光 一郎,氏家 誠司,池上 崇久,春日 邦宣 第55回錯体化学討論会 2005年
120. 「ナノ粒子TiO2に固定したフタロシアニン金属錯体の光化学特性」 鈴木 宏幸,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
121. 「ピバル酸ルテニウムとアントラキノンからなる四核錯体の合成と性質」 吉岡大輔,半田 真,御厨正博,春日邦宣 2005年西日本大会 2005年
122. 「フェニル基で修飾したフタロシアニン錯体へ官能基側鎖の導入」 杉森 保,菅原ゆき,安福達郎,半田 真,春日邦宣 日本化学会第85春季年会 2005年
123. 「フタロシアニン亜鉛(II)錯体とシッフ塩基銅(II)錯体を連結した三核及び四核錯体」 半田 真,住永 理恵,陰山 裕加,村越 幸司,池上 崇久,杉森 保,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
124. 「フタロシアニン錯体とシッフ塩基錯体を連結した多核錯体」 半田 真 2005年錯体分子素子研究センターシンポジウム 2005年
125. 「ホルムアミジナトロジウム(II)二核を1,4-ジイソシアノベンゼンで連結したポリマー錯体」 半田 真,佐仲 綾子,杉川 由香,池上 崇久,吉岡 大輔,田中 秀和,御厨 正博,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
126. 「ポリスチレンにイオン結合させたフタロシアニン金属錯体の光触媒反応」 梅野大志,古村紀子,杉森 保,半田 真,春日邦宣 日本化学会第85春季年会 2005年
127. 「ランタン型二核錯体の架橋配位子による集積化-構造、性質、機能」 半田 真 第55回錯体化学討論会 2005年
128. 「安息香酸銅(II)二核を架橋配位子で連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,石飛 佳之,吉岡 大輔,田中 秀和,御厨 正博,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
129. 「長鎖アルキル基を有するランタン型ルテニウム(II,III)二核をシアン酸イオンで連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,石田 英晃,吉岡 大輔,御厨 正博,広光 一郎,氏家 誠司,池上 崇久,春日 邦宣 第86回日本化学会春期年会 2005年
130. 「無機多孔質に結合したフタロシアニン金属錯体の光触媒反応」 今井 誠,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 第55回錯体化学討論会 2005年
131. 「無機多孔体に坦持したカチオン型フタロシアニン亜鉛(II)錯体の光触媒反応」 鈴木宏幸,田中秀和,杉森 保,半田 真,春日邦宣 日本化学会第85春季年会 2005年
132. 「Adduct Complexes of Ruthenium(II,III) Propionate Dimer with Pyridyl Nitroxides」 M. Mikuriya, K. Tanaka, M. Handa, I. Hiromitsu, D. Yoshioka, D. Luneau 9th International Conference on Molecule-based Magnets 2004年
133. 「Chain Adducts of Dinuclear Ruthenium(II,III) Carboxylates with Nitronyl Nitroxide Biradicals」 M. Mikuriya, K. Tanaka, M. Handa, I. Hiromitsu, D. Yoshioka 9th International Conference on Molecule-based Magnets 2004年
134. 「MCM-41に内包した亜鉛フタロシアニン錯体の光触媒作用」 今井 誠,田中秀和,杉森 保,半田 真,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年
135. 「Photocatalytic Activity of Metallophthalocyanines Encapsulated in Porous Inorganic Materials」 K. Kasuga, S. Wada, M. Handa, T. Sugimori 3rd International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines 2004年
136. 「Polynuclear Chain and Tetranuclear Adducts of Mixed-Valent Ruthenium Pivalate Linked by p-Quinones」 D. Yoshioka, M. Handa, M. Mikuriya, K. Kasuga XIVth Winter School on Coordination Chemistry 2004年
137. 「フェニル誘導体で置換したフタロシアニン錯体への機能性側鎖の導入」 杉森 保,片山美穂,小楠竜也,半田 真,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年
138. 「フェニル誘導体を周辺置換基として持つ水溶性フタロシアニン錯体の合成と性質」 杉森 保,野嶋 潤,小澤智宏,半田 真,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年
139. 「フタロシアニン錯体とシッフ塩基を連結した多核錯体」 半田 真,村越幸司,廣光一郎,曽我部國久,杉森 保,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年
140. 「周辺にフェニル誘導体を導入した低対称フタロシアニン錯体の合成」 杉森 保,山路正浩,半田 真,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年
141. 「集積型フタロシアニン金属錯体の合成と性質」 高橋裕規,杉森 保,半田 真,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年
142. 「身の回りで活躍する青い色素フタロシアニン」 半田 真 2004年度関西学院大学秋季オープンセミナー 2004年
143. 「層状化合物に内包した亜鉛フタロシアニン錯体の光触媒作用」 大森浩二,田中秀和,杉森 保,半田 真,春日邦宣 第54回錯体化学討論会 2004年

学会・シンポジウム等の主催

1. 2020年 日本化学会中国四国支部大会 実行委員長等 2020年
2. SPACCミニシンポジウム 実行委員長等 2019年 錯体工学
3. 日本コンピュータ化学会秋季年会 実行委員長等 2016年 コンピュータ化学、化学教育
4. 日本化学会中国四国支部島根地区化学講演会 実行委員長等 2011年 無機・有機複合体の化学 基礎から応用まで
5. 日本化学会中国四国支部化学教育研究発表会 コーディネータ 2010年 理科・化学教育
6. 2008錯体分子素子研究センターシンポジウム 座長・司会 2008年
7. 2008日本化学会西日本大会 座長・司会 2008年
8. XVIth International Winter School on Coordination Chemistry 座長・司会 2008年
9. 2007 錯体分子素子研究センターシンポジウム 座長・司会 2007年
10. 2006年錯体分子素子リサーチセンターシンポジウム 座長・司会 2006年
11. 2006年日本化学会西日本大会 座長・司会 2006年
12. 第87会春季年会 座長・司会 2006年
13. 第55回錯体化学会 座長・司会 2005年
14. 第54回錯体化学討論会 座長・司会 2004年

島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 「フタロシアニン誘導体を利用した色素増感太陽電池における新規色素材料の合成」というタイトルで、半田、広光、池上、水野、片岡でCOC事業研究を行った。研究に従事した学生が、日本化学会中国支部大会(11月、山口大学)で、学生優秀発表賞を受賞した。今後も、産(神戸天然化学(株))・官(島根県産業技術センター)・学(島根大学)の連携により、青色色素太陽電池の開発・研究を行う予定である。
2. オールしまねCOC+事業「しまね大交流会」(12月12日開催、くにびきメッセ)に、研究室(半田、片岡)としてブースを出した。
3. 重点研究「島根大学のシーズを活かした学際的新規医療技術開発拠点の確立」(リーダー:山本達也教授)のC班サブリーダーを勤めた。
4. オールしまねCOC+事業「しまね大交流会」(12月11日開催、くにびきメッセ)に、研究室(半田、片岡)としてブースをだした。
5. 重点研究「島根大学のシーズを活かした学際的新規医療技術開発拠点の確立」(リーダー:山本達也教授)のC班のサブリーダーを勤めた。