検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

片岡 祐介(カタオカ ユウスケ) KATAOKA Yusuke

お問い合わせ

学部等/職名

総合理工学部 物質化学科 准教授

論文

1. 「A Polymer Chain Compound of [Rh2II(4-Me-pf )2(O2CCMe3)2(1,4-dib)]n (4-Me-pf− = N,N′-Di-p-tolylformamidinate Anion; 1,4-dib = 1,4-Diisocyanobenzene)」 Makoto Handa,* Satoshi Nishiura, Natsumi Yano, Hidekazu Tanaka, Masahiro Mikuriya, Yusuke Kataoka X-ray Structure Analysis Online vol.:38 全:3頁 49-51頁 学術雑誌 2022年 3月
2. 「Crystal Structure of Lantern-Type Dirhodium(II) Complex with Axial Pyridine Molecules cis-[Rh2(4-Me-pf)2(O2CCMe3)2(py)2], 4-Me-pf = N,N'-p-tolylformamidinate Anion」 Makoto Handa, Makoto Kano, Natsumi Yano, Masahiro Mikuriya, Yusuke Kataoka X-ray Structure Analysis Online vol.:37 全:3頁 69-71頁 学術雑誌 2021年 11月
3. 「Redox-triggered reversible modulation of intense near-infrared and visible absorption using paddlewheel-type diruthenium(III) complex」 Yusuke Kataoka,* Nanako Imasaki, Natsumi Yano, Minoru Mitsumi, Makoto Handa Dalton Transactions vol.:50 全:7頁 9547-9553頁 学術雑誌 2021年 6月
4. 「Structures and Properties of 4-phpy, pyz, and 4,4′-bpy Adducts of Lantern-Type Dirhodium Complexes with µ-Formamidinato and µ-Carboxylato Bridges」 Makoto Handa, Satoshi Nishiura, Makoto Kano, Natsumi Yano, Haruo Akashi, Masahiro Mikuriya, Hidekazu Tanaka, Tatsuya Kawamoto, Yusuke Kataoka magnetochemistry vol.:7 No.:3 全:18頁 39頁 学術雑誌 2021年 3月
5. 「Coordination-induced Self-Assembly of a Heteroleptic Paddlewheel-type Dirhodium Complex」 Kazuki Arakawa, Natsumi Yano, Nanako Imasaki, Yoshihiro Kohara, Daiki Yatsushiro, Daiki Atarashi, Makoto Handa, Yusuke Kataoka Crystals vol.:10 No.:2 全:11頁 85頁 2020年 2月
6. 「Flexible flower-like MOF of Cu2(trans-1,4-cyclohexanedicarboxylic acid)2 as the electroactive matrix material for label-free and highly sensitive sensing of thrombin」 Weiwei Qiu, Qingxiang Wang, Natsumi Yano, Yusuke Kataoka, Makoto Handa, Feng Gao, Hidekazu Tanaka Electrochimica Acta vol.:353 No.:1 全:9頁 136611頁 学術雑誌 2020年 9月
7. 「Photocatalytic Hydrogen Evolution over Exfoliated Rh Doped-Titanate Nanosheets」 Wasusate Soontornchaiyakul, Takuya Fujimura, Natsumi Yano, Yusuke Kataoka, Ryo Sasai ACS Omega vol.:5 No.:17 全:8頁 9929-9936頁 学術雑誌 2020年 4月
8. 「Photocatalytic and electrocatalytic hydrogen production using nickel complexes supported by hemilabile and non-innocent ligands」 Satoshi Inoue, Yin-Nan Yan, Katsunori Yamanishi, Yusuke Kataoka, Tatsuya Kawamoto Chemical Communications vol.:56 全:4頁 2829-2832頁 2020年 3月
9. 「Photophysical properties and Photosensitizing Abilities for Hydrogen Evolution Reactions of Robust Cyclometalated Iridium(III) Complexes with 5,5'-bis(trifluoromethyl)-2,2'-bipyridine」 Natsumi Yano, Makoto Handa, Yusuke Kataoka Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry vol.:400 No.:1 全:10頁 112716頁 学術雑誌 2020年 9月
10. 「Specific Coordination between Zr-MOF and Phosphate-terminated DNA Coupled with Strand Displacement for the Construction of Reusable and Ultrasensitive Aptasensor」 Weiwei Qiu, Feng Gao, Natsumi Yano, Yusuke Kataoka, Makoto Handa, Weiqiang Yang, Hidekazu Tanaka, Qingxiang Wang Analytical Chemistry vol.:92 No.:16 全:9頁 11332-11340頁 学術雑誌 2020年 7月
11. 「Unique Vapochromism of a Paddlewheel-type Dirhodium Complex Accompanied by Dynamic Structural and Phase Transitions」 Yusuke Kataoka, Yoshihiro Kohara, Natsumi Yano, Tatsuya Kawamoto Dalton Transactions vol.:49 No.:41 全:5頁 14373-14377頁 学術雑誌 2020年 8月
12. 「 Intrinsic Hydrogen Evolution Capability and Theoretically Supported Reaction Mechanism of Paddlewheel-type Dirhodium Complex」 Yusuke Kataoka, Natsumi Yano, Makoto Handa, Tatsuya Kawamoto Dalton Transactions vol.:48 全:11頁 7302-7312頁 2019年 6月
13. 「Crystal Structure of a Mononuclear Iron(III) Complex, Hexakis(dimethylsulfoxide-κO)iron(III) Tris(hexafluoridophosphate)」 Kaoru Shomura, Ryoji Mitsuhashi, Masahiro Mikuriya, Yusuke Kataoka, Makoto Handa, Hiroshi Sakiyama X-ray Crysral Analysis Online vol.:35 全:2頁 31-32頁 2019年 5月
14. 「Experimental and Theoretical Study of Photochemical Hydrogen Evolution Catalyzed by Paddlewheel-type Dirhodium Complexes with Electron Withdrawing Carboxylate Ligands」 Yusuke Kataoka, Natsumi Yano, Yoshihiro Kohara, Takeshi Tsuji, Satoshi Inoue, Tatsuya Kawamoto ChemCatChem vol.:11 No.:24 全:9頁 6218-6226頁 2019年 10月
15. 「Magnetic and Electrochemical Properties of Lantern-Type Dinuclear Ru(II,III) Complexes with Axial Chloride Ions and or Water Molecules」 Makoto Handa, Haruki Yairi, Natsumi Yano, Minoru Mitsumi, Hiroshi Sakiyama, Masaharu Kitashima, Kazuhito Inoue, Ryoji Mitsuhashi, Masahiro Mikuriya, Haruo Akashi, Yusuke Kataoka Magntochemistry vol.:5 No.:1 全:13頁 18頁 2019年 3月
16. 「Paddlewheel-type Diruthenium(III, III) Tetrakis(2-aminopyridinate) Complexes with NIR Absorption Features: Combined Experimental and Theoretical Study」 Yusuke Kataoka, Nanako Imasaki, Kazuki Arakawa, Natsumi Yano, Hiroshi Sakiyama, Tamotsu Sugimori, Minoru Mitsumi, Makoto Handa Dalton Transactions vol.:48 全:9頁 12421-12429頁 2019年 9月
17. 「Synthesis, Characterization, Absorption Properties, and Electronic Structures of Paddlewheel-type Dirhodium(II) Tetra-μ-(n-naphthoate) Complexes: An Experimental and Theoretical Study」 Yusuke Kataoka, Raiki Fukumoto, Natsumi Yano, Daiki Atarashi, Hidekazu Tanaka, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa Molecules vol.:24 No.:3 全:14頁 447頁 2019年 1月
18. 「 New Cyclometalated Iridium Complexes Prepared via Postsynthetic Modifications」 Yusuke Kataoka, Kaede Okuno, Natsumi Yano, Hikaru Ueda, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry vol.:358 全:11頁 345-355頁 2018年 5月
19. 「 One-dimensional Chain-type Copper(II) Coordination Polymers Linked by 1,4-Di(4-pyridyl)benzene; Synthesis, Crystal Structures, Magnetic Properties, and Gas-adsorption Properties」 Natsumi Yano, Makoto Handa, Minoru Mitsumi, Yusuke Kataoka Magnetochemistry vol.:4 No.:2 2018年 5月
20. 「Experimental and Theoretical Study for Dimer-of-Dimers-type Tetrarhodium(II) Complexes Bridged by 1,4-Benzenedicarboxylate Linkers」 Yusuke Kataoka, Kazuki Arakawa, Hikaru Ueda, Natsumi Yano, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa Dalton Transactions vol.:47 全:10頁 17233頁 学術雑誌 2018年 10月
21. 「Synthesis and properties of a trinuclear copper(II) complex of a ligand with phthalocyanine and Schiff-base coordination sites」 Makoto Handa, Kenichi Kanagawa, Natsumi Yano, Haruki Yairi, Airi Okuno, Minoru Mitsumi, Yusuke Kataoka Journal of Porphyrins and Phthalocyanines vol.:22 全:7頁 95-101頁 2018年 1月
22. 「Synthesis, Structure and Magnetic and Electrochemical Properties of Tetrakis(benzamidato)diruthenium(II,III) Tetrafluoroborate」 Makoto Handa, Natsumi Yano, Airi Okuno, Hiroki Nakai, Minoru Mitsumi, Masahiro Mikuriya, Yusuke Kataoka Magnetochemistry vol.:4 No.:2 21頁 2018年 5月
23. 「A neutral paddlewheel-type diruthenium(III) complex with benzamidinato ligands: synthesis, crystal structure, magnetism, and electrochemical and absorption properties」 Yusuke Kataoka, Saki Mikami, Hiroshi Sakiyama, Minoru Mitsumi, Tatsuya Kawamoto, and Makoto Handa Polyhedron vol.:136 全:6頁 87-92頁 学術雑誌 2017年 11月
24. 「Photo- and Electrochemical Hydrogen Production Using Valence Isomers of N2S2-Type Nickel Complexes」 Satoshi Inoue, Manabu Mitsuhashi, Takeshi Ono, Yin-Nan Yan, Yusuke Kataoka, Makoto Handa, Tatsuya Kawamoto Inorg. Chem. vol.:56 全:10頁 12129-12138頁 2017年 9月
25. 「Synthesis, Structures, and Properties of a Lantern-type Dinuclear Rhodium(II) Complex cis-[Rh2(4-Me-pf)2(O2CCMe3)2], 4-Me-pf = N,N'-di-p-tolylformamidinate anion」 Makoto Handa, Satoshi Nishiura, Takafumi Masuda, Natsumi Yano, Masahiro Mikuriya, Yusuke Kataoka Chemical Papers vol.:72 全:11頁 841-851頁 2017年 7月
26. 「(4,4'-Dimethoxy-2,2'-bipyridine-κ2N,N')bis­[2-(pyridin-2-yl)phenyl-κC1]iridium(III) hexafluoridophosphate unknown solvate」 Natsumi Yano, Yusuke Kataoka, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa IUCrData vol.:2016 No.:1 x160487頁 学術雑誌 2016年 3月
27. 「A New Paddlewheel-type Dirhodium-based Metal-Organic Framework with deprotonated 2,6-Bis(2-benzimidazolyl)pyridine ligand」 Natsumi Yano, Yusuke Kataoka, Hidekazu Tanaka, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa ChemistrySelect vol.:2016 No.:1 全:5頁 2571-2575頁 学術雑誌 2016年 6月 キーワード:Coordination Polymer
28. 「Paddlewheel-type Dirhodium Tetrapivalate based Coordination Polymer: Synthesis, Characterization, and Self-assembly and Disassembly Transformation Property」 Yusuke Kataoka, Natsumi Yano, Takashi Shimodaira, Yin-Nan Yan, Mikio Yamasaki, Hidekazu Tanaka, Koji Omata, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa European Journal of Inorganic Chemistry vol.:2016 No.:17 全:6頁 2810-2815頁 学術雑誌 2016年 4月 キーワード:Coordination Polymer
29. 「Synthesis and Characterizations of a Paddlewheel-type Dirhodium-based Photoactive Porous Metal-Organic Framework」 Yusuke Kataoka, Konomi S. Kataoka, Hidenobu Murata, Makoto Handa, Wasuke Mori, Tatsuya Kawamoto Inorganic Chemistry Communications vol.:2016 No.:68 全:5頁 37-41頁 学術雑誌 2016年 4月
30. 「35) An unprecedented up-field shift in the 13C NMR spectrum of the carboxyl carbons of the lantern-type dinuclear complex TBA[Ru2(O2CCH3)4Cl2] (TBA+ = tetra(n-butyl)ammonium cation)」 Yuya Hiraoka, Takashisa Ikeue, Hiroshi Sakiyama, Frederic Guegan, Daminique Luneau, Beatrice Gillon, Ichiro Hiromitsu, Daisuke Yoshioka, Masahiro Mikuriya, Yusuke Kataoka, Makoto Handa Dalton Transactions vol.:44 全:5頁 13439-13443頁 学術雑誌 2015年
31. 「A Isolation of the Intermediate in the Synthesis of Paddlewheel-type Dirhodium Tetraacetate」 Yusuke Kataoka, Natsumi Yano, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa European Journal of Inorganic Chemistry vol.:34 全:6頁 5650-5655頁 2015年 キーワード:金属錯体, 中間体の単離
32. 「Photocatalytic activity of α-PbO2-type TiO2」 Hidenobu Murata, Yusuke Kataoka, Tatsuya Kawamoto, Isao Tanaka, and Takashi Taniguchi physica status solidi (RRL) - Rapid Research Letters vol.:8 No.:10 全:5頁 822-826頁 学術雑誌 2014年 キーワード:titanium dioxide; high-pressure synthesis; photocatalysts; first-principles calculations; hybrid functionals

報告書

1. パドルホイール型ロジウム二核錯体の合成機能の解明および超分子錯体へのボトムアップ化と人工光合成触媒への展開 片岡祐介 SPACC先端錯体工学研究会ニュースレター 2019年 6月

発表等

1. 「ジメチルヒドロキシピリジン架橋パドルホイール型ロジウム二核錯体の合成と光機能特性」 小原 吉浩, 矢野 なつみ, 片岡 祐介 錯体化学会第71回討論会 2021年
2. 「パドルホイール型ロジウム二核錯体を用いたエレクトロクロミズム特性の発現」 小原 吉浩, 矢野 なつみ, 片岡 祐介 2021年 日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
3. 「パドルホイール型ロジウム二核錯体を用いた次元横断相転移を伴うベイポクロミズムの発現」 小原 吉浩, 矢野 なつみ, 片岡 祐介 第11回CSJ化学フェスタ2021 2021年
4. 「ヒドロキシピリジン架橋ロジウム二核錯体の開発と水素発生反応」 佐藤 孝三, 矢野 なつみ, 小原 吉浩, 片岡 祐介 2021年 日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
5. 「ビスジフェニルホスフィノメタン架橋ロジウム二核錯体の合成と酸化触媒反応」 飯島 成美, 矢野 なつみ, 越猪 昴幸, 片岡 祐介 2021年 日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
6. 「ロジウム-ジオキソレン錯体四量体のDFT計算に基づく電子構造評価」 新谷 倫, 片岡 祐介, 満身 稔 錯体化学会第71回討論会 2021年
7. 「ロジウム二核錯体の金属間結合で奏でる光/レドックス機能性の化学」 片岡祐介 2021年 日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
8. 「還元活性な配位子を有するロジウム二核錯体の電気化学的水素発生反応」 矢野 なつみ, 片岡 祐介 2021年 日本化学会中国四国支部大会(高知大会) 2021年
9. 「合成後修飾法を用いたフェニルビピリジン配位子を有するシクロメタレート型イリジウム錯体の合成と水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介 錯体化学会第71回討論会 2021年
10. 「片岡 祐介」 ロジウム二核骨格を水素発生サイトに有する分子触媒とハイブリッド触媒の開発 新学術領域研究 革新的光-物質変換 第3回公開シンポジウム 2021年
11. 「北河 康隆, 甘水 君佳, 佐藤 宏賢, 長 奎吾, 矢野 なつみ, 片岡 祐介, 中野 雅由」 多環芳香族炭化水素を架橋配位子に導入したRu2核錯体の電子状態に関する理論研究 錯体化学会第71回討論会 2021年
12. 「パドルホイール型ロジウム二核錯体の次元横断相転移を伴ったベイポクロミズムの発現」 小原 吉浩, 矢野 なつみ, 片岡 祐介 第10回 CSJ化学フェスタ2020 2020年
13. 「ロジウム-ジオキソレン錯体四量体の合成, 結晶構造, 物性」 新谷 倫, 田中 利樹, 大浦 雄貴, 片岡 祐介, 満身 稔 錯体化学会第70回討論会 2020年
14. 「近赤外吸収特性を示すアミノピリジン架橋パドルホイール型二核金属錯体の開発」 今崎 那奈子, 矢野 なつみ, 片岡 祐介 第10回 CSJ化学フェスタ2020 2020年
15. 「 Weak-binding siteを有するパドルホイール型ロジウム二核錯体の次元横断相転移を利用したメカノクロミズム特性の発現」 荒川和樹, 矢野なつみ, 川本達也, 片岡祐介 錯体化学会第69回討論会 2019年
16. 「Cyclometalated Iridium Complexes Coordinared With 5,5'-Trifluoromethyl-2,2'-bipyridine as the Robust Photosensitizers for Photochemical Hydrogen Evolution」 Natsumi Yano, Yusuke Kataoka 3rd International Solar Fuels Conference/International Conference on Artificial Photosynthesis-2019 2019年
17. 「Photochemical and Electrochemcial Hydrogen Evolution Catalyzed by Dirhodium Complexes wih Various Bridging Carboxylate ligands」 Yusuke Kataoka, Natsumi Yano, Tatsuya Kawamoto 3rd International Solar Fuels Conference/International Conference on Artificial Photosynthesis-2019 2019年
18. 「Photochemical hydrogen evolution from aqueous solution using homogeneous artificial photosynthetic system with cyclometalated iridium complexes coordinated with 5,5'-trifluoromethyl-2,2'-bipyridine」 Natsumi Yano, Yusuke Kataoka The 8th Asia Pacific Congress on Catalysis (APCAT-8) 2019年
19. 「Photochemical hydrogen evolution from water catalyzed by dimer-of-dimers-type tetrarhodium complexes」 Kazuki Arakawa, Natsumi Yano, Yusuke Kataoka The 8th Asia Pacific Congress on Catalysis (APCAT-8) 2019年
20. 「Potential hydrogen evolution ability and reaction mechanism of paddlewheel-type dirhodium complexes」 Yusuke Kataoka The 8th Asia Pacific Congress on Catalysis (APCAT-8) 2019年
21. 「Structure and magnetic properties of 1D octahedral high-spin cobalt(II) complex」 Hiroshi Sakiyama, Keisei Takahashi, Yusuke Kataoka, Makoto Handa, Mikio Yamasaki 錯体化学会第69回討論会 2019年
22. 「Weak-binding siteを有するパドルホイール型ロジウム二核錯体の次元横断相転移を利用したメカノクロミズム特性の発現」 荒川和樹・矢野なつみ・川本達也・片岡祐介 第9回CSJ化学フェスタ2019 2019年
23. 「アミノピリジン架橋パドルホイール型ルテニウム(Ⅲ)錯体の電子状態と近赤外吸収特性」 今崎那奈子, 片岡祐介, 矢野なつみ, 崎山博史, 杉森保, 満身稔, 半田真 第9回CSJ化学フェスタ2019 2019年
24. 「アミノピリジン架橋パドルホイール型ルテニウム(III)二核錯体の合成」 今崎那奈子, 片岡祐介, 矢野なつみ, 崎山博史, 杉森保, 満身稔, 半田真 錯体化学会第69回討論会 2019年
25. 「アンカー型ロジウム二核錯体の光水素発生機構に関する実験と理論研究」 片岡祐介 光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新的光ー物質変換系の創製 第2回公開シンポジウム 2019年
26. 「テトラキス(1-ピレンカルボン酸)ロジウム二核錯体を基盤とした超分子錯体の開発」 小原吉浩, 荒川和樹, 矢野なつみ, 片岡祐介 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会 2019年
27. 「ハーフパドルホイール型ロジウム二核錯体による光水素発生反応とその反応機構」 片岡祐介 光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新的光ー物質変換系の創製 班会議 2019年
28. 「パドルホイール型ロジウム二核錯体の次元横断相転移によるクロミズム特性の発現」 荒川和樹, 矢野なつみ, 野澤俊介, 川本達也, 片岡祐介 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会 2019年
29. 「パドルホイール型金属二核錯体のボトムアップ化による超分子金属錯体の開発」 片岡祐介 2019年先端錯体工学研究会ミニシンポジウムat島根大学 2019年
30. 「パドルホイール型金属二核錯体を基盤とした構造と機能性の化学」 片岡祐介 神奈川大学湘南ひらつかキャンパス開設30年記念 理学部・理学研究科卒業生による講演会 2019年
31. 「ベンズアミジン配位子を有するパラジウム二核錯体の合成と発光特性」 谷口光輝, 矢野なつみ, 片岡祐介 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会 2019年
32. 「ロジウム多核錯体を基盤とした人工光合成システムの開発」 片岡祐介 第12回中国四国地区錯体化学研究会・錯体化学若手の会 中国四国支部第4回勉強会 2019年
33. 「ロジウム二核サイトを有するポリオキソメタレートの合成と光水素発生反応」 中野翔太, 矢野なつみ, 片岡祐介 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会 2019年
34. 「近赤外吸収特性を有するアミノピリジン架橋ルテニウム(III)二核錯体の置換基効果 」 今崎那奈子, 矢野なつみ, 崎山博史, 満身稔, 半田真, 片岡祐介 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会 2019年
35. 「合成後修飾法による新規シクロメタレート型イリジウム錯体の開発と光水素発生反応」 矢野なつみ, 片岡祐介, 川本達也, 半田真 2018年日本化学会中国四国支部大会 2019年
36. 「多核金属錯体を含む人工光合成システムによる水素製造」 片岡祐介 島根大学開学70周年記念事業高大連携課題研究発表会 2019年
37. 「電子吸引基を有するシクロメタレート型イリジウム錯体を用いた水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会 2019年
38. 「Development of Artificial Photosynthetic Systems involving Polynulear Rhodium Complexes as Catalysts for Hydrogen Evolution: Interplay of Experimental and Teoretical Studies」 Yusuke Kataoka The 3rd International Symposium on Hydrogen Energy-based Society, (Tokyo Metropolitan University 2018年
39. 「Electronic Structures and Magnetic Properties of Paddlewheel-type Diruthenium(III,III) Complexes with Benzamidinate Ligands」 Airi Okuno, Yusuke Kataoka, Hiroshi Sakiyama, Minoru Mitsumi, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa 43th International Conference on Coordination Chemistry 2018年
40. 「Photophysical and Electrochemical Properties of Cyclometalated Iridium(III) Complexes coordinated with 5,5'-Bis(trifluoromethyl)-2,2'-bipyridine」 Natsumi Yano, Makoto Handa, Yusuke Kataoka 43th International Conference on Coordination Chemistry 2018年
41. 「Synthesis and Properties of a Trinuclear Copper(II) Complex of a Ligand with Phthalocyanine and Schiff-base Coordination Sites」 Makoto Handa, Kenichi Kanagawa, Natsumi Yano, Haruki Yairi, Airi Okuno, Minoru Mitsumi, Yusuke Kataoka 日本化学会第98春季年会 2018年
42. 「Synthesis, Crystal Structuresm and Reactivities of Rh4Cl4 Complexes with Unique Twisted-Box Shape Core」 Yusuke Kataoka The 25th International SPACC Symposium 2018年
43. 「Twist-box型Rh4Cl4錯体の合成と反応性」 片岡祐介, 矢野なつみ, 富永哲也, 越猪昂幸, 半田真 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
44. 「アミノピリジンを配位子に用いたパドルホイール型ルテニウム二核錯体の合成と電子状態」 今崎那奈子, 片岡祐介, 奥野愛里, 崎山博史, 満身稔, 半田真 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
45. 「アミノ基を有するPaddlewheel型ロジウム二核錯体の合成と集積制御」 荒川和樹, 片岡祐介, 川本達也, 半田真 錯体化学会第68回討論会 2018年
46. 「アミノ基を有するPaddlewheel型ロジウム二核錯体の集積制御とメカノクロミズムの発現」 荒川和樹, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田真 2018年日本化学会中国四国支部大会 2018年
47. 「アンカー型ロジウム二核錯体による高効率な水の光還元反応と水素発生機構の解明」 矢野なつみ, 半田真, 川本達也, 片岡祐介 第8回CSJ化学フェスタ 2018年
48. 「オルトメタル化パラジウム及び白金錯体の光酸化反応」 安田詢, 片岡祐介, 山西克典, 川本達也 錯体化学会第68回討論会 2018年
49. 「ジカルボン酸架橋配位子を有するDimer-of-Dimer型ロジウム四核錯体の合成と構造に由来する性質」 荒川和樹, 片岡祐介, 植田光, 矢野なつみ, 川本達也, 半田真 第8回CSJ化学フェスタ 2018年
50. 「ベンズアミジナート架橋を有するパドルホイール型ルテニウム二核錯体の電子状態と磁気的性質」 奥野愛里, 片岡祐介, 崎山博史, 満身稔, 川本達也, 半田真 錯体化学会第68回討論会 2018年
51. 「電子吸引性基を有する新規シクロメタレート型イリジウム錯体による水の光還元反応」 矢野なつみ, 半田真, 片岡祐介 錯体化学会第68回討論会 2018年
52. 「2-フェニルベンゾチアゾール類を配位子とする白金錯体の合成と性質」 前川貴一, 大森武弥, 多田宣明, 北村匠磨, 片岡祐介, 半田 真, 川本 達也 錯体化学会第67回討論会 2017年
53. 「Anchor-shaped dirhodium complex as a catalyst for water reduction」 Natsumi YANO, Yusuke KATAOKA, Tatsuya KAWAMOTO, Makoto HANDA 2017 International Conference on Artificial Photosynthesis 2017年 キーワード:水素発生
54. 「Half-Paddlewheel型ロジウム二核錯体による水の光還元反応と水素発生メカニズム」 矢野なつみ,片岡祐介,川本達也,半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
55. 「New cyclometalated iridium complexes prepared by the post-synthetic modification」 Yusuke KATAOKA, Kaede OKUNO, Natsumi YANO, Tatsuya KAWAMOTO, Makoto HANDA 2017 International Conference on Artificial Photosynthesis 2017年 キーワード:水素発生
56. 「Photocatalytic activity of rhodium doped titanate nanosheet for hydrogen evolution」 Wasusate SOONTORNCHAIYAKUL, Takuya FUJIMURA, Yusuke KATAOKA, Ryo SASAI 2017 International Conference on Artificial Photosynthesis 2017年 キーワード:水素発生
57. 「アーチ型ジカルボン酸配位子を有するロジウム多核錯体の合成と水から の光水素発生」 植田 光, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
58. 「アンカー型ロジウム二核錯体の開発と水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
59. 「カルボン酸架橋ランタン型ルテニウム(II,III)二核錯体の磁気的性質お よび電気化学的性質に及ぼす軸配位子の影響」 半田 真,矢入永基,矢野なつみ,満身 稔,崎山博史,三橋了爾,御厨 正博,赤司治夫,片岡祐介 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
60. 「シクロメタレート結合を有する新規ジホスフィンロジウム二核錯体の合成」 越猪昂幸, 片岡祐介, 矢野なつみ, 北村匠磨, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
61. 「ジカルボン酸架橋配位子を有するDimer-of-Dimer型ロジウム四核錯体の合成」 荒川和樹, 植田 光, 片岡祐介, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
62. 「テトラキス(ベンズアミジナート)ルテニウム二核錯体の合成」 奥野愛里, 片岡祐介, 矢野なつみ, 崎山博史, 満身 稔, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
63. 「ビピリジン配位子への合成後修飾による新規シクロメタレート型イリジ ウム錯体の合成と光機能性」 奥野 楓, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
64. 「プロトン共役電子移動反応が可能なロジウム二核錯体の合成と光水素発生」 植田 光, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
65. 「ホルムアミジナートイオンとカルボン酸イオンを分子内架橋配位子とす るランタン型ロジウム二核を連結したポリマー錯体」 西浦聡志, 矢野なつみ, 御厨正博, 田中秀和, 川本達也, 片岡祐介, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
66. 「ホルムアミジナートイオンとカルボン酸イオンを分子内架橋配位子とす るランタン型ロジウム二核錯体の電気化学的性質と磁気的性質」 西浦聡志, 矢野なつみ, 満身 稔, 御厨正博, 片岡祐介, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
67. 「ランタン型ルテニウム二核とシアニド金属酸イオンからなる配位高分子 錯体」 矢入永基, 矢野なつみ, 満身 稔, 三橋了爾, 御厨正博, 片岡祐介, 半田真 錯体化学会第67回討論会 2017年
68. 「レドックス活性な配位子を有する新規ホスフィンロジウム二核錯体の合成」 越猪昂幸, 片岡祐介, 矢野なつみ, 北村匠磨, 川本達也, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
69. 「π共役配位子を有するロジウム二核骨格から形成される一次元配位高分子錯体の合成と結晶構造」 福本頼輝, 片岡祐介, 矢野なつみ, 満身 稔, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
70. 「塩素架橋ロジウム四核錯体の合成とテトラフルオロホウ酸銀との反応」 富永哲也, 片岡祐介, 矢野なつみ, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
71. 「奥野愛里, 片岡祐介, 矢野なつみ, 崎山博史, 満身 稔, 半田 真」 テトラキス(ベンズアミジナート)ルテニウム二核錯体の軸配位子に依存する電子状態 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
72. 「酢酸架橋パラジウム二核ユニットからなる一次元鎖状錯体」 北村匠磨, 片岡祐介, 半田 真, 川本達也 錯体化学会第67回討論会 2017年
73. 「芳香環架橋配位子を有するHalf-Paddlewheel型ロジウム二核錯体の合成と光水素発生反応」 福本頼輝, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田 真 錯体化学会第67回討論会 2017年
74. 「芳香族カルボン酸配位子を有する塩素架橋ロジウム四核錯体の合成」 富永哲也, 片岡祐介, 矢野なつみ, 半田 真 2017年日本化学会中国四国支部大会 2017年
75. 「2-フェニルベンゾチアゾール類を配位子とする白金錯体の合成と性質」 前川貴一, 大森武弥, 多田宣明, 北村匠磨, 片岡祐介, 川本達也 錯体化学会第66回討論会 2016年 キーワード:金属錯体の合成
76. 「Anchor 型ロジウム二核錯体による高効率な水素発生反応と反応メカニズム研究」 矢野なつみ・片岡祐介・川本達也・半田 真 日本化学会 第96春季年会 2016年
77. 「Anchor型ロジウム二核錯体による高効率な水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介, 川本達也, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:水素発生
78. 「Anchor型ロジウム二核錯体による高効率な水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介, 川本達也, 半田真 人工光合成による太陽光エネルギーの物質変換: 実用化に向けての異分野融合 第四回公開シンポジウム 2016年 キーワード:水素発生
79. 「Crystal Structures and Magnetic Interactions of MMX-Type dirhodium(II,III) Complexes Bridged Benzamidinato」 Saki Mikami, Yusuke Kataoka, Tatsuya Kawamoto, Masahiro Mikuriya, Makoto Handa The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets 2016年 キーワード:磁気特性
80. 「Dimer-of-Dimer型ロジウム四核錯体の開発と光水素発生反応」 片岡祐介, 植田光, 矢野なつみ, 川本達也, 半田真 人工光合成による太陽光エネルギーの物質変換: 実用化に向けての異分野融合 第四回公開シンポジウム 2016年 キーワード:水素発生
81. 「Dimer-of-Dimer型ロジウム四核錯体の合成と光水素発生反応」 植田光, 片岡祐介, 川本達也, 半田真 錯体化学会第66回討論会 2016年 キーワード:水素発生
82. 「Dimer-of-Dimer型ロジウム四核錯体の合成と水からの光水素発生反応」 植田光, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:水素発生
83. 「Experimental and Theoretical Study for Photochemical Hydrogen Evolution from Water Catalyzed by a Dirhodium Complex」 Yusuke Kataoka UK-Japan Solar Driven Fuel Synthesis Workshop: Materials, Understanding and Reactor Design 2016年 キーワード:水素発生
84. 「Half-Paddlewheel型ロジウム二核錯体の合成と水の光還元反応」 矢野なつみ, 片岡祐介, 川本達也, 半田真 錯体化学会第66回討論会 2016年 キーワード:水素発生
85. 「Photofunctional Properties of Cyclometalated Iridium Complexes Prepared via Postsynthetic Modification」 Yusuke Kataoka 10th Anniversary International Symposium on Nanomedicine (ISMM2016) 2016年 キーワード:光機能性
86. 「Synthesis, Characterization, and Reactivity of the Rh4Cl4-based Carboxylate Complexes」 Natsumi Yano, Tetsuya Tominaga, Yusuke Kataoka, Tatsuya Kawamoto, Makoto Handa 錯体化学会第66回討論会 2016年 キーワード:金属錯体の合成
87. 「Theoretical Insights into Anti-ferromagnetism for Tetranuclear Copper(II) Complexes with Phenoxido- and Hydroxido-Bridges」 Makoto Handa, Daisuke Yoshioka, Masahiro Mikuriya, Saki Mikami, Toshifumi Akagi, Ichiro Hiromitsu, Yusuke Kataoka The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets 2016年 キーワード:磁気特性
88. 「カルボン酸架橋ランタン型ルテニウム(II,III)二核錯体の電気化学的性質に及ぼす軸配位子の影響」 矢入永基, 矢野なつみ, 川内峻, 御厨正博, 片岡祐介, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:水素発生
89. 「シクロメタレート型ロジウム二核錯体の合成と水からの光水素発生反応」 越猪昂幸, 片岡祐介, 矢野なつみ, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:水素発生
90. 「ハロゲンを軸位に有するベンズアミジナート架橋ロジウム(II, III)二核錯体の結晶構造と磁気的相互作用」 三上沙紀・片岡祐介・川本達也・御厨正博・半田 真 日本化学会 第96春季年会 2016年
91. 「パドルホイール型ベンズアミジナート架橋ルテニウム二核錯体の結晶構造と電子状態」 三上沙紀, 片岡祐介, 川本達也, 御厨正博, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:磁気特性
92. 「ベンズアミジナート架橋ルテニウム二核錯体の結晶構造と電子状態」 三上沙紀, 片岡祐介, 川本達也, 御厨正博, 半田真 錯体化学会第66回討論会 2016年 キーワード:磁気特性
93. 「合成後修飾法による新規燐光性シクロメタレートイリジウム錯体の合成と光機能性」 奥野楓, 片岡祐介, 矢野なつみ, 川本達也, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:光機能性
94. 「芳香環架橋配位子を有するPaddlewheel型ロジウム二核錯体の合成と水からの光水素発生反応」 福本頼輝, 片岡祐介, 矢野なつみ, 半田真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年 キーワード:水素発生

学会・シンポジウム等の主催

1. 先端錯体工学研究会ミニシンポジウム at 島根大学 役員,コーディネータ,座長・司会 2019年 金属錯体
2. 6th Japan-China Symposium on Nanomedicine 役員,その他 2018年
3. Joel Miller教授講演会 役員,コーディネータ 2018年
4. 島根大学 夢の先進研究大公開 役員 2016年 研究紹介
5. 日本コンピュータ化学会2016秋季年会 役員,座長・司会 2016年 コンピューター化学
6. 日本化学会 中国四国支部大会 座長・司会 2014年

島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 地域志向教育研究経費「フタロシアニン誘導体を利用した色素増感太陽電池における新規色素材料の合成」のメンバーとして、「産学官連携」の研究活動を行い、教育活動および研究成果共に多くの業績を上げることができた。
2. 重点研究プロジェクトの班員として研究に着手し、研究成果を公開シンポジウムや島根大交流祭などで発表を行う事で、地域企業との討論・交流等を行った。
3. 戦略的機能強化推進経費(研究メンバー)に採択頂き、宍道湖の環境浄化を目指した機能性ブロック材料の研究開発に着手した。
4. 地域志向教育研究経費(研究代表者)に採択頂き、研究活動を行い、地元企業との技術相談等を行った。
5. 島根大交流会に参加して, 市民・地元企業に研究内容の紹介を行った。
6. 島根大学重点研究「医療診断応用研究を中心に据えたラマン分光法の医理工農連携研究」のB班班員のメンバーとしてプロジェクト研究に積極的に参加した。同プロジェウトの実績は、優れた取り組みであるとして外部評価者から高い評価を獲得した。
7. 戦略的機能強化推進経費戦略2「山陰地方の天然資源・産業廃棄物を有効利用した宍道湖・中海の環境・水質浄化型ブロックの開発」のメンバーとしてプロジェクト研究に積極的に参加した。同プロジェウトの実績は、優れた取り組みであるとして外部評価者から高い評価を獲得した。
8. 地熱を活用した松江市エネルギー構造高度化ビジョン策定事業のエコパーク構想事業グループのメンバーとして一般市民に向けた教育コンテンツの作成を実施した。
9. ラマンプロジェクトセンターおよびナノテクプロジェクトセンターの併任教員として研究教育活動を行なった。
10. 地熱を活用した松江市エネルギー構造高度化ビジョン策定事業のエコパーク構想事業のグループメンバーとして、再生可能エネルギーに関する研究開発と展示パネルの作成を行なっている。
11. 島根大学重点研究「医療診断応用研究を中心に据えたラマン分光法の医理工農連携研究」のB班班員のメンバーとしてプロジェクト研究に積極的に参加した。同プロジェウトの実績は、優れた取り組みであるとして外部評価者から高い評価を獲得した。
12. 地熱を活用した松江市エネルギー構造高度化ビジョン策定事業のエコパーク構想事業グループのメンバーとして一般市民に向けた教育コンテンツの作成を実施した。
13. 島根大学じげおこしプロジェクト「地熱を活用した松江市エネルギー構造高度化ビジョン策定事業」のエコパーク構想事業グループのメンバーとして再生可能エネルギエネルギー(太陽光エネルギー変換)に関する研究開発を実施した。