検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

辻本 彰(ツジモト アキラ) TSUJIMOTO Akira

お問い合わせ

所属部署

教育学部 理科教育専攻 講師

著書

1. Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program Volume 320/321 Expedition Reports PACIFIC EQUATORIAL AGE TRANSECT (Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc., for the Integrated Ocean Drilling Program 2010)

論文

1. 「Impact of early Oligocene deep water circulation to the benthic foraminifera in the eastern equatorial Pacific」 Hiroyuki Takata, Jong-min Lee, Saburo Sakai, Ritsuo Nomura, Akira Tsujimoto, Hiroshi Nishi, Hyoun Soo Lim, and Boo-Keun Khim Micropaleontology vol.:61 No.:3 全:8頁 177-184頁 学術雑誌 2015年
2. 「 A Deep-Sea Benthic Foraminiferal record of surface productivity changes during the constriction and closure of the Central American Seaway: IODP Hole U1338B, eastern equatorial Pacific」 Tsujimoto, A., Nomura, R., Takata, H., Katsunori, K. The Journal of Foraminiferal Research vol.:43 361-373頁 学術雑誌 2013年
3. 「 Data report: early to middle Eocene benthic foraminifers at Sites U1331 and U1333, equatorial central Pacific Ocean, Expedition 320/321」 Nomura, R., Takata H., Tsujimoto, A. Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program 学術雑誌 2013年
4. 「Abyssal benthic foraminifera in the Eastern Equatorial Pacific (IODP EXP 320) during the middle Eocene」 Takata H., Nomura, R., Tsujimoto, A., Khim, B.-K. Chung, I.K. Journal of Paleontology vol.:87 1160-1185頁 学術雑誌 2013年
5. 「岡山県児島湾における底質中の有機物と底生有孔虫群集の季節変動」 辻本彰・野村律夫・福田賢一 Laguna (汽水域研究) vol.:20 61-71頁 学術雑誌 2013年
6. 「岡山県児島湾における密度流拡散装置周辺の228Ra/226Ra比の深度別変化」 野村律夫・辻本彰・福田賢一・石黒貴裕 Laguna (汽水域研究) vol.:20 73-87頁 学術雑誌 2013年
7. 「Climatic forcing of Quaternary deep-sea benthic communities in the North Pacific Ocean」 Yasuhara, M., Hunt, G., Cronin, T. M., Hokanishi, N., Kawahata, H., Tsujimoto, A., Ishitake, M. Paleobiology No.:38 全:18頁 162-179頁 学術雑誌 2012年
8. 「The FOBIMO (FOraminiferal BIo-MOnitoring) initiative—Towards a standardised protocol for soft-bottom benthic foraminiferal monitoring studies」 Joachim Schönfeld, Elisabeth Alve, Emmanuelle Geslin, Frans Jorissen, Sergei Korsun, Silvia Spezzaferri, Members of the FOBIMO group Marine Micropaleontology No.:94-95 全:13頁 1-13頁 学術雑誌 2012年
9. 「熊本県天草市五和町の更新統小串層から産出した微化石群集とその古環境」 河野重範・辻本 彰・鵜飼宏明・入月俊明・野村律夫 化石研究会誌 学術雑誌 2011年
10. 「島根県佐陀川に記録された Ammonia イベント」 野村律夫・河野重範・辻本彰 Laguna No.:18 全:12頁 1-12頁 学術雑誌 2011年
11. 「Evaluation of the effectiveness from long-distance water circulation –Density Current Generator」 Fukuda, K., Nomura, R., Tsujimoto, A., Yamatogi, T. APHydro2010 その他 2010年
12. 「High tide dispersion of marine benthic foraminifera into brackish waters: implications for dispersion processes during sea-level rise」 Nomura, R., Seto, K. and Tsujimoto, A. Laguna(汽水域研究) vol.:17 15-21頁 学術雑誌 2010年
13. 「Preliminary report on the Seasonal variations of 228Ra/226Ra ratios in the enclosed area of brackish Lake Nakaumi, southwest Japan」 Nomura, R., Nakamura, K., Tsujimoto, A., Seto, K., Inoue, M. and Kofuji, H. Low-level Measurement of Radionuclides and Its Application to Earth and Environmental Sciences 171-177頁 その他 2010年

発表等

1. 「更新統小串層(熊本県天草市)から産出する貝類化石と微化石」 鵜飼宏明・河野重範・辻本 彰 日本古生物学会第161回例会 2012年
2. 「宍道湖の湖水の酸性化問題」 野村律夫・河野重範・辻本 彰 汽水域研究会2012年大会 2012年
3. 「瀬戸内海児島湾における現生底生有孔虫(メイオベントス)の分布と近年の環境変化」 辻本 彰・野村律夫・福田賢一・河野重範 汽水域研究会2012年大会 2012年
4. 「赤道太平洋東部海域 (IODP Expedition 321)における 中期中新世以降の海洋環境変化と 底生有孔虫群集 」 辻本 彰・野村律夫・ 高田裕行・木元克典 MRC研究集会2011 2012年
5. 「赤道太平洋東部海域における中期中新世以降の底生有孔虫群集変化」 辻本 彰・野村律夫・高田裕行・木元克典 日本古生物学会第161回例会 2012年
6. 「Faunal changes of deep-sea benthic foraminifera in the eastern equatorial Pacific from middle Miocene to Pleistocene」 Tsujimoto, A., Nomura, R., Takata, H., Kimoto, K. IODP Expedition 320/321 Postcruise Meeting 2011年
7. 「Faunal response of late early Oligocene deep-sea benthic foraminifera in the eastern Equatorial Pacific (IODP Exp 320 & ODP Leg 199)」 H. Takata, R. Nomura, A. Tsujimoto, B.K. Khim 韓国地質学会 2011年
8. 「The Effect of Anthropogenic Eutrophication on a Shallow Marine Benthic Ecosystem: An Asian example from Japan」 Tsujimoto, A. FOBIMO (FOraminiferal Bio-MOnitoring) meeting 2011年
9. 「ラジウム同位体を利用した湖水の滞留日数」 野村律夫・中村光作・辻本 彰・瀬戸浩二 汽水域研究会2011年大会 2011年
10. 「沿岸性底生有孔虫の細胞内から単離培養された共生藻類(その1)」 辻本 彰・森谷公香・大谷修司・野村律夫 日本古生物学会 第160 回例会 2011年
11. 「岡山県児島湾奥部のメイオベントス(貝形虫・有孔虫)群集と内湾環境」 河野重範・辻本 彰・野村律夫・福田賢一 日本地質学会第118年学術大会 2011年
12. 「汽水湖の有孔虫と湖水の滞留時間(予察)」 野村律夫・小藤久毅・井上睦夫・河野重範・辻本 彰 日本古生物学会2011年年会・総会 2011年
13. 「人工河川・佐陀川における近年のメイオベントスの変化」 辻本 彰・野村律夫・河野重範 汽水域研究会2011年大会 2011年
14. 「瀬戸内海児島湾における最近の底生有孔虫群集の変化」 辻本 彰・野村律夫・福田賢一・河野重範 日本地質学会第118年学術大会 2011年
15. 「有孔虫が示す人工河川・佐陀川における近年の環境変化」 辻本 彰・野村律夫・河野重範 日本古生物学会2011年年会・総会 2011年
16. 「有孔虫群集からみた宍道湖の環境変動(再検討)」 野村律夫・河野重範・辻本 彰 日本地質学会第118年学術大会 2011年
17. 「有孔虫群集からみた密度流拡散装置の閉鎖性沿岸水域への影響評価」 野村律夫・辻本 彰・中村光作・福田賢一 日本古生物学会 第160 回例会 2011年
18. 「Evaluation of the effectiveness from long-distance water circulation –Density Current Generator」 Fukuda, K., Nomura, R., Tsujimoto, A., Yamatogi, T. The 5th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics 2010年
19. 「Foraminiferal evidence for sea-level variations in the coastal lagoon: The 1980s event implicating the decrease water circulation」 Nomura, R., Tsujimoto, A., Kawano, S., Takata, Y. 1st Asia 2K Workshop 2010年
20. 「環境寺子屋」による理科好き教員養成への取り組み」 高橋哲也、松本一郎、大谷修司、西山桂、百合田真樹人、辻本彰、塚田真也、山下稚香子、高須佳奈 日本教育大学協会研究集会 2010年
21. 「環境寺子屋~理科好き教師の育成~」 塚田真也,辻本 彰,大谷修司,西山 桂,百合田真樹人,高須佳奈,山下稚香子, 松本一郎,高橋哲也 応用物理学会秋季学術講演会 2010年
22. 「汽水域における過去半世紀の有孔虫群集の変化と水位との関係」 野村律夫・中村光作・辻本 彰・河野重範・高田裕行 日本地質学会第117年学術大会 2010年
23. 「島根大学教育学部の教育GPの構築とその成果 : 環境寺子屋による理科好き教師の育成プロジェクト」 松本 一郎 , 高橋 哲也 , 大谷 修司 , 西山 桂 , 百合田 真樹人 , 塚田 真也 , 辻本 彰 , 高須 佳奈 , 山下 稚香子 日本理科教育学会全国大会 2010年
24. 「尼崎西宮芦屋港内における過去約100年間の有孔虫群集変化」 辻本 彰・上月雅代・吉川周作・山崎秀夫 日本地質学会第117年学術大会 2010年
25. 「密度流拡散装置が閉鎖性沿岸水域の有孔虫群集へ与えた影響評価の概要」 野村律夫・辻本 彰・中村光作・福田賢一 日本古生物学会2010年年会・総会 2010年

委員会・学会役員等

1. 汽水域研究会 情報幹事 2012年~ 2013年
2. 汽水域研究会 情報幹事 2012年~ 2013年

学術雑誌の査読

1. Palaeontologia Electronica publisher:Palaeontologia Electronica
2. Journal of Palaeogeography
3. Paleontological Research
4. 地球科学
5. Marine Micropaleontology publisher:Elsevier
6. Paleo3 publisher:Elsevier
7. Paleontological Research
8. Deep-Sea Research Part I publisher:Elsevier
9. Journal of Oceanography
10. Paleontological Research
11. Marine Micropaleontology publisher:Elsevier

学会・シンポジウム等の主催

1. 日本古生物学会2019年年会 座長・司会 2019年
2. 地球システム・地球進化秋の学校 in 関西 その他 2010年

COC事業などの島根県を中心とした山陰地域に貢献する研究活動の改善の取組み

1. 島根大交流会における,くにびきジオパーク推進協議会と共同でジオパークの魅力を紹介するコーナーの企画・運営
2. くにびきジオパーク・プロジェクトセンター「くにびきの地の自然と歴史・文化の文理融合型研究の推進と地域の知のネットワーク化事業」メンバー
3. 地域地質素材を利用した教材開発