検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
 
 
ページを印刷

田中 秀和(タナカ ヒデカズ) TANAKA Hidekazu

お問い合わせ

学部等/職名

総合理工学部 物質化学科 教授

著書

1. リンの辞典 (朝倉書店 2017) ISBN:9784254141
2. 粉体工学ハンドブック (朝倉書店 2011)
3. Encyclopedia of Surface and Colloid Science: Second Edition (Taylor & Francis 2006) ISBN:9780849396090

論文

1. 「Copper(II) Carboxylates with 2,3,4-Trimethoxybenzoate and 2,4,6-Trimethoxybenzoate: Dinuclear Cu(II) Cluster and µ-Aqua-Bridged Cu(II) Chain Molecule」 M. Mikuriya, C. Yamanaka, K. Tanabe, R. Nukita, Y. Amabe, D. Yoshioka, R. Mitsuhashi, R. Terahata, H. Tanaka, M. Handa, M. Tsuboi Magnetochemistry vol.:7 No.:- 全:6頁 35頁 2021年 5月
2. 「Fe(II)水溶液からの人工β-FeOOHさび粒子の生成におよぼすMo5+の影響」 田中 秀和,村田 豊,石川 達雄,中山 武典 粉体工学会誌 vol.:58 No.:10 全:6頁 546-551頁 2021年 10月
3. 「Preparation and Crystal Structure of Tetrakis(μ-2,4,5-trimethoxybenzoato- κO:κO’)bis[(methanol)copper(II)]—N,N-dimethylformamide (1/2) in Relation to Adsorption Property for N2」 M. Mikuriya, C. Yamaakawa, K. Tanabe, R. Nukita, D. Yoshioka, R. Mitsuhashi, H. Tanaka, M. handa, M. Tsuboi X-ray Structure Analysis Online vol.:37 No.:8 全:3頁 35-37頁 2021年 8月
4. 「Senditive Gas Chromatography Detection of Nanomolar Hydroxylamine in Environmental Water by Fe(III) Oxidation」 A. Hikino, S. Sugahara, T. Kato, Y. Senaga, M. Egawa, J. Y. Park, H. Kamiya, H. Tanaka, Y. Seike Anal. Sci. vol.:37 No.:2 全:5頁 347-351頁 2021年 2月
5. 「Specific Coordination Between Zr-MOF and Phosphate-terminated DNA Coupled with Strand Displacement for the Construction of Reusable and Ultrasensitive Aptasensor」 W. Qiu, F. Gao, N. Yano, Y. Kataoka, M. Handa, W. Yang, H. Tanaka, Q. Wang Anal. Chem. vol.:92 No.:12 全:9頁 11332頁 2021年 12月
6. 「Structures and Properties of 4-phpy, pyz, and 4,4’-bpy Adducts of Lantern-Type Dirhodium Complexes with μ-Formamidinato and μ-Carboxylato Bridges」 M. Handa, S. Nishiura, M. Kano, N. Yano, M. Mikuriya, H. Tanaka, T. Kawamoto, Y. Kataoka Magnetochemistry vol.:7 No.:4 全:6頁 39頁 2021年 4月
7. 「亜鉛の腐食生成物に与える金属の影響」 田中 秀和 防錆管理 vol.:65 No.:6 全:8頁 161-168頁 学術雑誌 2021年 6月
8. 「Flexible Flower-like MOF of Cu2(trans-1,4-cyclohexanedicarboxybic acid)2 as the Electroactive Matrix Material for Label-free and Highly Sensitive Sensing of Thrombin」 W. Qiu, Q. Wang, N. Yano, Y. Kataoka, M. Handa, F. Gao, H. Tanaka Electrochim. Acta vol.:353 全:6頁 136611頁 2020年 4月
9. 「Influence of Anions and Cations on the Formation of Iron Oxide Nanoparticles in Aqueous Media」 H. Tanaka KONA Powder and Particle Journal 2020年 12月
10. 「Specific Coordination Between Zr-MOF and Phosphate-terminated DNA Coupled with Strand Displacement for the Construction of Reusable and Ultrasensitive Aptasensor」 W. Qiu, F. Gao, N. Yano, Y. Kataoka, M. Handa, W. Yang, H. Tanaka, Q. Wang Anal. Chem. vol.:92 全:9頁 11332-11340頁 2020年 6月
11. 「Synthesis of Core-Shell Structured Au@Bi2S3 Nanorods and Its Application as DNA Immobilization Matrix for Electrochemical Biosensor Construction」 F. Gao, J. Song, B. Zhang, H. Tanaka, F. Gao, W. Qiu, Q. Wang Chin. Chem. Lett. vol.:30 全:4頁 181-184頁 学術雑誌 2020年 8月
12. 「人工鉄さび粒子を用いた亜鉛めっき鋼板の高耐食性発現機構の解明」 田中 秀和 粉体工学会誌 vol.:57 全:8頁 241-248頁 学術雑誌 2020年 9月
13. 「Dinuclear Copper(II) 3,4,5-Tri-O-Benzylgallate」 M. Mikuriya, C. Yamakawa, N. Masuda, D. Yoshioka, S. Yamaguchi, H. Yamada, T. Mizuta, N. Kawata, H. Tanaka, M. Handa Curr. Inorg. Chem. vol.:6 全:8頁 19-26頁 2019年 6月
14. 「Synthesis of Porous Nanododecahedron Co3O4/C Particles and Its Application for Nonenzymatic Electrochemical Detection of Nitrite」 W. Qiu, F. Gao, H. Tanaka, F. Gao, Q. Wang Adv. Powder Technol. vol.:30 No.:10 全:11頁 2083-2093頁 2019年 10月
15. 「Fe(II)水溶液からの人工α-およびβ-FeOOHさび粒子の生成におよぼすタンニン酸の影響」 田中 秀和,中林 祐治,新居 正浩,石川 達雄,中山 武典 粉体工学会誌 vol.:55 全:6頁 269-274頁 2018年 6月
16. 「Influence of Ni(II), Cu(II) and Cr(III) on the Formation, Morphology and Molecular Adsorption Properties of α-FeOOH Rust Particles Prepared by Aerial Oxidation of Neutral Fe(II) Solutions」 H. Tanaka, A. Miyafuji, T. Ishikawa, T. Nakayama Adv. Powder Technol. vol.:29 全:9頁 9-17頁 2018年 4月
17. 「Interfacial Control and Mechanical Properties of Carbon Black‐Reinforced Carboxyl‐Terminated Butadiene Acrylonitrile Rubber/Epoxy Polymer Composites」 H. Kishi, K. Imai, K. Iimura, H. Tanaka, A. Nagao, T. Kakibe, S. Matsuda Polym. Adv. Technol. 全:7頁 1-7頁 2018年 8月
18. 「Graphene Oxide Directed in-situ Deposition of Electroactive Silver Nanoparticles and Its Electrochemical Sensing Application for DNA Analysis」 N. Gao, F. Gao, S. He, Q. Zhu, J. Huang, H. Tanaka, Q. Wang Anal. Chim. Acta, vol.:951 全:10頁 58-67頁 2017年 5月
19. 「Hydroxyapatite/Chemically Reduced Graphene Oxide Composite: Environment-Friendly Synthesis and High-performance Electrochemical Sensing for Hydrazine」 F. Gao, Q. Wang, N. Gao, Y. Yang, F. Cai, M. Yamane, F. Gao, H. Tanaka Biosens. Bioelectron. vol.:97 全:8頁 238-245頁 2017年 8月
20. 「Synthesis of Recycled Cements using Hydrothermally Treated Waste Soda Lime Glass」 H. Miyazaki, M. Yoshikawa, D. Atarashi, H. Tanaka, T. Ota J. Ceram. Soc., Jpn. vol.:125 全:2頁 55-56頁 2017年 4月
21. 「Two-Dimensional Chain Complex Based on Binuclear Ruthenium(II,III) Acetate and Tetracyanidoplatinate(II)」 M. Mikuriya, S. Kawauchi, K. Ono, R. Mitsuhashi, N. Yoshinari, T. Konno, H. Tanaka, M. Handa J. Supercond. Nov. Magn. vol.:30 全:4頁 2007-2010頁 2017年 4月
22. 「A New Paddlewheel-type Dirhodium-based Metal-Organic Framework with Deprotonated 2,6-Bis(2-benzimidazolyl)pyridine」 N. Yano, Y. Kataoka, H. Tanaka, T. Kawamoto, M. Handa ChemistrySelect vol.:1 全:5頁 2571-2575頁 2016年 6月
23. 「Alkaline Phosphotase Mediated Synthesis of Carbon Nanotube-Hydroxyapatite Nanocomposite and Its Application for Electrochemical Determination of Luteolin 」 F. Gao, X. Chen, H. Tanaka, A. Nishitani, Q. Wang Adv. Powder Technol. vol.:27 全:8頁 921-928頁 2016年 2月
24. Influence of Anions on the Structure and Morphology of Steel Rust Particles Prepared by Aerial Oxidation of Acidic Fe(II) Solutions」 H. Tanaka, N. Hatanaka, M. Muguruma, A. Nishitani, T. Ishikawa, T. Nakayama Adv. Powder Technol. vol.:27 全:7頁 2291-2297頁 2016年 11月
25. 「Paddlewheel-type Dirhodium Tetrapivalate based Coordination Polymer: Synthesis, Characterization, and Self-assembly and Disassembly Transformation Property」 Y. Kataoka, N. Yano, T. Shimodaira, Y. N. Yan, M. Yamasaki, H. Tanaka, K. Omata, T. Kawamoto, M. Handa Eur. J. Inorg. Chem. vol.:2016 全:6頁 2810-2815頁 2016年 4月
26. 「Rod-like Hydroxyapatite and Nafion Nanocomposite as an Electrochemical Matrix for Simultaneous and Sensitive Detection of Hg2+, Cu2+, Pb2+ and Cd2+」 F. Gao, N. Gao, A. Nishitani, Y. Yang, H. Tanaka J. Electroanal. Chem. vol.:775 全:7頁 212-218頁 2016年 6月
27. 「Simulating Study of Atmospheric Corrosion of Steels in a Coastal Industrial Zone: Effect of SO32- on the Formation of β-FeOOH Rust Particles Synthesized from FeCl3 Solutions」 H. Tanaka, M. Inoue, T. Ishikawa, T. Nakayama Corrosion Sci. vol.:112 全:5頁 241-245頁 学術雑誌 2016年 7月
28. 「Synthesis and Crystal Structure of Another Tetranuclear Oxidovanadium(IV) Complex with 2,6-Bis(hydroxymethyl)-4-methylphenol Having an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, M. Fukutani, M. Omote, D. Yoshioka, R. Matsuhashi, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:32 全:2頁 29-30頁 2016年 7月
29. 「新・基礎粉体工学講座,第1章 粒子の性質と測定,1.6 粒子の表面・界面物性,1.6.2 吸着(物理吸着,化学吸着),吸着平衡と吸着速度」 田中 秀和 粉体工学会誌 vol.:53 全:8頁 513-520頁 学術雑誌 2016年 10月
30. 「A Sensitive DNA Biosensor using Graphene Oxide Nanosheets as the Multi-site Platform for Probe DNA Immobilization」 F. Gao, X. Cai, H. Tanaka, Q. Zhu, F. Gao, Q. Wang J. Electrochem. Soc., vol.:162 全:8頁 B291-B297頁 学術雑誌 2015年
31. 「An Electrochemical Sensor for Gallic Acid Based on Fe2O3/Electro-reduced Graphene Oxide Composite: Estimation for the Antioxidant Capacity Index of Wines」 F. Gao, D. Zheng, H. Tanaka, F. Zhan, X. Yuau, F. Gao, Q. Wang Mater. Sci. Eng. C vol.:57 全:9頁 279-287頁 2015年
32. 「Assessment of Rust Layeres formed on Weathering Steel im Saline Environment by Gas Adsorption」 T. Ishikawa, R. Tanaka, M. Minamigawa, K. Kandori, H. Tanaka, T. Nakayama Mater. Corros. vol.:66 全:7頁 1460-1466頁 2015年
33. 「Simulating Study of Atmospheric Corrosion of Zn-Ni Alloy Coating on Steels: Influence of Ni(II) on the Formation, Structure and Molecular Adsorption Properties of Zinc Hydroxychloride Rusts」 H. Tanaka, N. Moriwaki, T. Ishikawa, T. Nakayama Adv. Powder. Technol. vol.:26 全:6頁 612-617頁 学術雑誌 2015年
34. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Copper(II) Pivalate and 1,2-Bis(4-pyridyl)ethane in Relation to Adsorption Property for N2」 M. Mikuriya, M. Yano, N. Takahashi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:31 全:2頁 47-48頁 学術雑誌 2015年
35. 「カルシウムヒドロキシアパタイトの赤外吸収スペクトル」 田中 秀和 Phos. Lett. vol.:82 全:4頁 22-25頁 学術雑誌 2015年
36. 「酸性Fe(II)水溶液の空気酸化による人工鉄さび粒子の生成に対するアニオンの影響」 田中 秀和,畑中 渚,六車 美耶,西谷 彩香,石川 達雄,中山 武典 粉体工学会誌 vol.:52 全:6頁 4-9頁 学術雑誌 2015年
37. 「人工鉄さびSchwertmanniteのα-FeOOHへの転移に対する金属イオンの影響」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 材料と環境 vol.:64 全:5頁 235-239頁 2015年
38. 「人工鉄さび粒子を用いた鋼材の大気腐食機構の解明」 田中 秀和 粉体工学会誌 vol.:52 全:7頁 389-404頁 学術雑誌 2015年
39. 「Formation of Magnetite Rust Particles by Reacting Iron Powder with Artificial α-, β- and γ-FeOOH in Aqueous Media」 H. Tanaka, R. Mishima, N. Hatanaka, T. Ishikawa, T. Nakayama Corrosion Sci. vol.:78 全:4頁 384-387頁 2014年
40. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Molybdenum(II) Benzoate and 1,2-Bis(4-pyridyl)ethane with an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, N. Kaihara, T. Ono, Y. Tanaka, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:30 全:2頁 41-42頁 2014年
41. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Molybdenum(II) Benzoate with 1,2-Bis(4-pyridyl)ethylene Having an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, N. Kaihara, T. Ono, Y. Tanaka, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:30 全:2頁 39049頁 2014年
42. 「in situ FTIRによる粉体表面の構造解析」 田中 秀和 セラミックス vol.:49 全:5頁 309-313頁 2014年
43. 「鉄鋼の腐食・環境脆化」 中山 武典,田中 秀和 鉄と鋼 vol.:100 全:8頁 1089-1096頁 2014年
44. 「Effect of Cu(II) on the Formation, Morphology and Molecular Adsorption Properties of α-FeOOH Rust Particles Prepared from Acidic Fe(III) Solutions」 H. Tanaka, A. Miyafuji, K. Kandori, T. Ishikawa, T. Nakayama Corrosion Sci vol.:66 337-342頁 学術雑誌 2013年
45. 「Influence of Anions on the Formation and Structure of Artificial Steel Rust Particles Prepared from Acidic Aqueous Fe(III) Solution」 H. Tanaka, N. Hatanaka, M. Muguruma, T. Ishikawa, T. Nakayama Corrosion Sci. vol.:66 136-141頁 学術雑誌 2013年
46. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Molybdenum(II) Acetate and 1,2-Bis(4-pyridyl)ethane Aiming at N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, N. Kaihara, J. Yamamoto, S. Takada, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:29 31-32頁 学術雑誌 2013年
47. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Molybdenum(II) Acetate and trans-1,2-Bis(4-pyridyl)ethylene in Relation to the N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, S. Takada, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:29 33-34頁 2013年
48. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Rhodium(II) Acetate and 1,2-Bis(4-pyridyl)ethane having an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, K. Ouchi, S. Takada, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:29 29-30頁 学術雑誌 2013年
49. 「Synthesis and Crystal Structure of a Chain Complex of Rhodium(II) Benzoate and 1,4-Diazabicyclo[2.2.2]octane having an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, K. Ouchi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:29 45-46頁 学術雑誌 2013年
50. 「Synthesis of Ti(IV)-substituted Calcium Hydroxyapatite Microparticles by Hydrolysis of Phenyl Phosphates」 H. Tanaka, A. Oonishi Adv. Powder. Technol. vol.:24 1028-1033頁 学術雑誌 2013年
51. 「Synthesis, Crystal Structure and N2-Adsorption Property of a Chain Complex of Rhodium(II) Acetate and 1,4-Diazabicyclo[2,2,2]octane」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, K. Ouchi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:29 7-8頁 学術雑誌 2013年
52. 「Synthesis, Crystal Structure and N2-Adsorption Property of a Chain Complex of Rhodium(II) Benzoate and Piperazine」 M. Mikuriya, K. Ouchi, Y. Nakanishi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:29 21-22頁 学術雑誌 2013年
53. 「Preparation and Structure of Calcium Hydroxyapatite Substituted with Light Rare Earth Ions 」 A. Yasukawa, K. Gotoh, H. Tanaka, K. Kandori Colloids and Surfaces A vol.:393 53-59頁 学術雑誌 2012年
54. 「Assembled Complexes of Lantern-Type Rhodium(II) dimers with Formamidinato Ligands」 M. Handa, T. Ikeue, A. Sanaka, T. Nakai, H. Tanaka, D. Yosioka, M. Mikuriya New Trends in Coordination, Bioinorganic and Applied Inorganic Chemistry 全:7頁 133-139頁 学術雑誌 2011年
55. 「Influence of Anions on the Formation and Structure of Artificial Zinc Rusts」 H. Tanaka, Y. Takeuchi, T. Ishikawa, T. Nakayama Corrosion Sci. vol.:53 全:6頁 2502-2507頁 学術雑誌 2011年
56. 「Rod-shaped Hydroxyapatite Nanoparticles Formation using AOT and Water without Oil」 J. Oshitani, N. Kataoka, M. Yoshida, K. Goto, K. Imamura, H. Tanaka Chem. Lett. vol.:40 全:2頁 400-401頁 学術雑誌 2011年
57. 「Structure and Properties of Ti(IV)-doped Zinc Hydroxychloride Rusts formed at Various Temperatures」 H. Tanaka, K. Tashima, K. Kandori, T. Ishikawa, T. Nakayama Corrosion Sci. vol.:53 696-702頁 学術雑誌 2011年
58. 「Synthesis and Crystal Structure of Chain Complex of Rhodium(II) Pivalate and trans-1,2-Bis(4-pyridyl)ethylene with an N2-Adsorption Property」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa X-ray Structure Analysis Online vol.:27 全:2頁 27-28頁 学術雑誌 2011年
59. 「Influence of Thermal Treatment on the Structure and Adsorption Properties of Layered Zinc Hydroxychloride」 H. Tanaka, A. Fujioka Mater. Res. Bull. vol.:45 56-51頁 学術雑誌 2010年
60. 「Phase Transformation of Calcium Phenyl Phosphate in Calcium Hydroxyapatite using Alkaline Phosphatase at Body Temperature」 H. Tanaka, D. Ihata Mater. Res. Bull. vol.:45 103-108頁 学術雑誌 2010年
61. 「Preparation and Exfoliation of Layered Titanium Butyl Phosphates」 H. Tanaka, K. Ishida, T. Okumiya, M. Murakami Colloid Polym. Sci. vol.:288 1427-1433頁 学術雑誌 2010年
62. 「Synthesis and Adsorption Property of Zinc Rust of Zinc Hydroxynitrate」 H. Tanaka, R. Kaneda, A. Fujioka, K. Kandori, T. Ishikawa Adv. Powder Technol. vol.:21 169-174頁 学術雑誌 2010年
63. 「酵素を利用したフェニルリン酸カルシウムからのカルシウムアパタイト粒子の合成」 田中 秀和 Phos. Lett. vol.:67 22-27頁 その他 2010年
64. 「Effect of Stirring on the Dissolution of Coal Fly Ash and Synthesis of Pure-form Na-A and –X Zeolites by Two-Step Process」 H. Tanaka, A. Fujii Adv. Powder Technol. vol.:20 473-479頁 学術雑誌 2009年
65. 「Microwave Assisted Two-step Process for Synthesis of a Single Phase Na-A Zeolite from Coal Fly Ash」 H. Tanaka, A. Fujii, S. Fujimoto, Y. Tanaka Adv. Powder Technol. vol.:19 83-94頁 その他 2008年
66. 「Phase Transformation of Calcium Phenyl Phosphate in Calcium Hydroxyapatite」 H. Tanaka, K. Ibaraki, M. Uemura, R. Hino, K. Kandori, T. Ishikawa Mater. Res. Bull. vol.:42 1364-1373頁 その他 2007年
67. 「Protein Adsorption Characteristics of Calcium Hydroxyapatites Modified with Pyrophosphoric Acids」 K. Kandori, S. Tsuyama, H. Tanaka, T. Ishikawa Colloids and Surfaces B vol.:58 98-104頁 その他 2007年
68. 「Synthesis and Characterization of Layered Zinc Hydroxychlorides」 H. Tanaka, A. Fujioka, A. Futoyu, K. Kandori, T. Ishikawa J. Solid State Chem vol.:180 2061-2066頁 その他 2007年
69. 「珪藻土を用いたNa-A型ゼオライトの合成」 田中 秀和,田中 良樹,吉良 大士,樋野 良治 粉体工学会誌 vol.:44 11-16頁 その他 2007年
70. 「珪藻土を用いたNa-A型ゼオライトの合成」 田中 秀和,田中 良樹,吉良 大士,樋野 良治 粉体工学会誌 vol.:44 11-16頁 その他 2007年
71. 「粉体廃棄物の高度再生利用 —マイクロ波を用いた石炭灰のリサイクルプロセスの開発—」 田中 秀和 実用産業情報 vol.:41 14-18頁 その他 2007年
72. 「Application of Fibrous TiO2 as a Photocatalyst in Aqueous Media」 H. Tanaka, I. Higashio, K. Watanabe, Y. Suyama Adv. Sci. Technol. vol.:45 951-956頁 その他 2006年
73. 「Fixation of Alkyl Phosphate using Waste Incineration Fly Ash」 H. Tanaka, K. Kimura, R. Hino Adv. Powder Technol. vol.:17 207-218頁 その他 2006年
74. 「Immobilization of Cationic Zinc(II) Complexes of Phtalocyanine and Unsymmetrical Porphyrazine in Mesoporous MCM-41 Silica and Photo- catalytic Activity of the Composites」 K. Kasuga, M. Imai, H. Irie, H. Tanaka, T. Ikeue, M. Handa, S. Wada, T. Sugimori J. Porphyrins Phthalocyanine vol.:10 1212-1218頁 その他 2006年
75. 「Intercalation of Cationic 2,9,16,23-Tetra(3-N,N,N-trimethylaminopropyloxy) phthalocyaninatozinc(II) into Titanium Hydrogen (Sodium and Octyl) Phosphate」 K. Kasuga, K. Ohmori, H. Tanaka, M. Handa, T. Sugimori Inorg. Chem. Commun vol.:9 1019-1022頁 その他 2006年
76. 「Two-step Process for Synthesis of a Single Phase Na-A Zeolite from Coal Fly Ash by Dialysis」 H. Tanaka, H. Eguchi, S. Fujimoto, R. Hino Fuel vol.:85 1329-1334頁 その他 2006年
77. 「合成アパタイトナノ粒子表面の評価と設計」 田中 秀和 ケミカルエンジニヤリング vol.:51 186-192頁 その他 2006年
78. 「Incorporation of Porphyrins into Mesopores of MCM-41」 H. Tanaka, T. Usui, S. Sugiyama, S. Horibe, H. Shiratori, R. Hino J. Colloid and Interface Sci. vol.:291 465-470頁 その他 2005年
79. 「Structure of Synthetic Calcium Hydroxyapatite Particles Modified with Pyrophosphoric Acid」 H. Tanaka, M. Futaoka, R. Hino, K. Kandori, T. Ishikawa J. Colloid and Interface Sci. vol.:283 609-612頁 その他 2005年
80. 「Surface Modification of Calcium Hydroxyapatite with 3-Aminopropyltriethoxysilane」 H. Tanaka, M. Baba, R. Hino Phos. Res. Bull. vol.:18 31-36頁 その他 2005年
81. 「Surface Structure and Properties of Calcium Hydroxyapatite Particles Modified with Pyrophosphoric Acid」 H. Tanaka, M. Yamaguchi, M. Futaoka, R. Hino Phos. Res. Bull. vol.:19 262-267頁 その他 2005年
82. 「Synthesis of Porphyrin-introduced Silica Gels by Sol-Gel Process」 H. Tanaka, T. Yamada, S. Sugiyama, H. Shiratori, R. Hino J. Colloid and Interface Sci. vol.:286 812-815頁 その他 2005年
83. 「Synthesis, Structure and Properties of Layered Iron Organo Phosphates」 H. Tanaka, K. Taniguchi, R. Hino Phos. Res. Bull. vol.:19 268-273頁 その他 2005年
84. 「ゴミ焼却灰のリン酸カルシウムへの変換」 田中 秀和,碇 和正,樋野 良治 粉体工学会誌 vol.:42 467-471頁 その他 2005年
85. 「ゴミ焼却灰を用いたb-リン酸三カルシウムおよびカルシウムヒドロキシアパタイトの合成」 田中 秀和,管 信俊,樋野 良治 粉体工学会誌 vol.:42 558-563頁 その他 2005年
86. 「金属リン酸塩表面の評価と設計」 田中 秀和 Phos. Lett. vol.:54 10-19頁 その他 2005年
87. 「無機リン酸塩の表面化学と表面改質」 近澤 正敏,田中 秀和 Phos. Lett. vol.:52 31-35頁 その他 2005年
88. 「Formation Process of Na-X Zeolites from Coal Fly Ash」 H. Tanaka, S. Matsumura, R. Hino J. Mater. Sci vol.:39 1677-1682頁 その他 2004年
89. 「Influence of Thermal Treatment on the Structure and Property of Layered Calcium Octyl Phosphates」 H. Tanaka, K. Oomori, R. Hino Proceedings of the 21th International Japan-Korea Seminar on Ceramics 285-288頁 その他 2004年
90. 「Intercalation of n-Alkyltrimethyl Ammonium Ions into Layered Calcium Octyl Phosphates Thermally Treated in Vacuo」 H. Tanaka, K. Oomori, R. Hino J. Colloid and Interface Sci vol.:273 685-689頁 その他 2004年
91. 「Surface Modification of Calcium Hydroxyapatite with Pyrophosphoric Acid」 H. Tanaka, M. Futaoka, R. Hino J. Colloid and Interface Sci vol.:269 358-363頁 その他 2004年
92. 「Synthesis of a Single-Phase Na-A Zeolite from Coal Fly Ash by Dialysis」 H. Tanaka, A. Miyagawa, H. Eguchi, R. Hino Ind. Eng. Chem. Res. vol.:43 6090-6094頁 その他 2004年
93. 「合成アパタイトナノ粒子の表面設計」 田中 秀和 粉体工学会誌 vol.:41 369-377頁 その他 2004年

発表等

1. 「Fe3+添加人工Hydrozinciteさび粒子の Zinc Hydroxychlorideさびへの転移」 田中 秀和,内田 大貴,石川 達雄,中山 武典 2022年材料と環境研究発表会 2022年
2. 「ZnCl2水溶液中での人工Hydrozinciteさび粒子からZinc hydroxychlorideへの転移」 藤澤 勇介,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 第68回材料と環境討論会 2021年
3. 「リン酸イオン存在下で調製した 人工a-およびb-FeOOHさび粒子の構造と形態」 田中 秀和,野里 久幸,石川 達雄,中山 武典 第58回粉体に関する討論会 2021年
4. 「人工Zinc Hydroxychlorideの生成と構造に及ぼすリン酸イオンの影響」 田中 秀和,堀尾 宇絵,石川 達雄,中山 武典 第68回材料と環境討論会 2021年
5. 「人工アルミニウムさび粒子の生成に及ぼすアニオンの影響」 田中 秀和,樋口 大成,江﨑 達哉,重永 勉 2020年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2021年
6. 「人工γ-FeOOHさび粒子の生成に及ぼすケイ酸イオンの影響」 松本 悠揮,田中 秀和,江﨑 達哉,重永 勉 2020年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2021年
7. 「FeCl2水溶液からの人工β-FeOOHさび粒子の生成に及ぼすMo5+の影響」 田中 秀和,村田 豊,石川 達雄,中山 武典 2020年度粉体工学会 秋期研究発表会 2020年
8. 「ホルムアミジナート架橋ランタン型ロジウム(II)二核を1,4-ジイソシアノベンゼンで連結したポリマー錯体」 加野 誠,西浦 聡志,矢野 なつみ,片岡 祐介,御厨 正博,田中 秀和,半田 真 2020年日本化学会中国四国支部大会 2020年
9. 「γ-FeOOH-鉄板界面でのFe3O4さびの生成に対する温度および湿度の影響」 田中 秀和,福原 俊介,江﨑 達哉,重永 勉 2019年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2019年
10. 「A Highly Sensitive Nonenzymatic Sensor Based on Porous Nanohexagons Co3O4/C for Electrochemical Detection of Nitrite」 W. Qiu, H. Tanaka, F. Gao, Q. Wang The 6th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials (ICCCI2018) 2018年
11. 「Effect of La(III) on the Formation of Artificial Steel Rust Particles from Aqueous FeCl2 Solutions」 H. Tanaka, T. Ishikawa, T. Nakayama The 6th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials (ICCCI2018) 2018年
12. 「Fe(II)水溶液からの人工α-およびβ-FeOOHさびの生成の及ぼすリン酸,亜リン酸,次亜リン酸の影響」 野里 久幸,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 第65回材料と環境討論会 2018年
13. 「FeCl2-FeSO4水溶液からの人工鉄さび粒子の生成と構造に及ぼすTi(IV)の影響」 田中 秀和,江田 弘美,石川 達雄, 中山 武典 材料と環境2018 2018年
14. 「FeCl2-FeSO4水溶液からの人工鉄さび粒子の生成に及ぼす乾湿繰り返しの影響」 田中 秀和,岸 宏樹,石川 達雄,中山 武典 第65回材料と環境討論会 2018年
15. 「FeCl2水溶液からの人工鉄さびFe3O4の生成に及ぼすCe(III)の影響」 山根 万葉香,田中 秀和, 石川 達雄, 中山 武典 材料と環境2018 2018年
16. 「Metal-assembled Complexes Based on Copper(II) Trimethoxybenzoates」 M. Mikuriya, C. Yamakawa, K. Tanabe, R. Nukita, D. Yoshioka, R. Mitsuhashi, H. Tanaka, M. Handa 6th International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials 2018年
17. 「Synthesis of Core-shell Structured Au@Bi2S3 Nanorods and Its Application in Electrochemical Sensing Material for DNA Detection」 F. Gao, B. Zhang, Q. Wang, W. Qiu, H. Tanaka The 6th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials (ICCCI2018) 2018年
18. 「Zn(II)−Al(III)混合溶液から生成した人工さび粒子の構造と性質」 田中 秀和,長野 咲,石川 達雄,中山 武典 粉体工学会 2018年度秋期研究発表会 2018年
19. 「人工マグネタイトさび粒子の生成に及ぼすSn(II)の影響」 田中 秀和,西谷 彩香,石川 達雄,中山 武典 第56回粉体に関する討論会 2018年
20. 「無機粒子の形態制御,表面改質による高機能化」 田中 秀和 粉体工学会2018年度春期研究発表会 2018年
21. 「人工マグネタイトさび粒子の生成に及ぼすMn(II)の影響」 山根 万葉香,田中 秀和,江﨑 達哉,重永 勉 2017年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2017年
22. 「鉄粉存在下で調製したFeOOHさび粒子の構造と形態」 田中 秀和,斉藤 一輝,石川 達雄,中山 武典 2017年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2017年
23. 「Molecular Assembly in Tetranuclear Vanadium Complexes with 2,6-Bis(hydroxymethyl)-4-methylphenol」 M. Mikuriya, M. Omote, M. Fukutani, D. Yoshioka, R. Mitsuhashi, H. Tanaka, M. Handa 第23回International SPACC Symposium 2016年
24. 「Simulating Study of Atmospheric Corrosion of Zn-Ni Alloy Coating on Steels in Marine Zone: Structure and Properties of Artificially Synthesized Ni(II)-doped Zinc Hydroxychloride Rust」 Hidekazu Tanaka, Nozomi Moriwaki, Tatsuo Ishikawa, Takenori Nakayama 2016年粉体工学会 秋期研究発表会 2016年
25. 「in situ IRによる金属酸化物粒子表面への亜硫酸ガス吸着挙動の検討」 田中 秀和 粉体工学会 第51回技術討論会 2016年
26. 「御厨 正博,河内 峻,小野 顕太,三橋 了爾,吉成 信人,今野 巧,田中 秀和,半田 真 」 酢酸ルテニウム二核に基づくシアニド架橋ルテニウム白金錯体の合成と性質 日本化学会 第96春季年会 2016年
27. 「酸性Fe(II)水溶液の空気酸化による人工鉄さび粒子の構造および形態に対するアニオンの影響」 田中 秀和,畑中 渚,六車 美耶,西谷 彩香,石川 達雄,中山 武典 2016年粉体工学会 秋期研究発表会 2016年
28. 「四核オキシドバナジウム錯体の結晶構造と窒素吸着特性」 御厨 正博,表 正高,福谷 正美,吉岡 大輔,三橋 了爾,田中 秀和,半田 真 2016年日本化学会中国四国支部大会 2016年
29. 「人工鉄さびα-およびβ-FeOOHの生成に及ぼす鉄粉添加の影響」 田中 秀和,斉藤 一輝,石川 達雄,中山 武典 第54回粉体に関する討論会 2016年
30. 「人工鉄さび粒子を用いた耐候性鋼の高耐食性発現機構の解明」 田中 秀和 2016年第2回粉体グリーンプロセス研究会 2016年
31. 「西谷 彩香,山根 万葉香,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典」 FeCl2水溶液における人工鉄さびFe3O4の生成に対するSn (II)の影響 2016年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2016年
32. 「鉄板-人工FeOOHさび粒子界面でのマグネタイトさびの生成挙動の検討」 田中 秀和,重川 隼人,石川 達雄,中山 武典 第63回材料と環境討論会 2016年
33. 「F. Gao, H. Tanaka, F. Gao, Q. Wang」 A Novel Electrochemical Sensor for Luteolin Based on Hydroxyapatite-Carbon Nanotubes Nanocomposite The 5th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials (ICCCI2015) 2015年
34. 「FeCl2水溶液における人工鉄さびFe3O4の生成に対するアニオンの影響」 西谷 彩香,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 2015年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2015年
35. 「M. Mikuriya, M. Yano, N. Takahashi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa」 Synthesis, Crystal Structure, Magnetic Property, and N2-Gas-Adsorption Property of Chain Compounds of Dinuclear Copper(II) Pivalate with N,N’-Bidentate Ligands International Porous and Powder Materials Symposium and Exhibition (PPM 2015) 2015年
36. 「ギ酸架橋ジルコニウム及びハフニウム配位高分子錯体の合成と選択的ガス吸着」 藤田 涼平,片岡 祐介,村田 秀信,巌 寅男,田中 秀和,川本 達也,半田 真 日本化学会 第95春季年会 2015年
37. 「各種金属塩水溶液中における人工鉄さびSchwertmanniteのα-FeOOHへの転移挙動の検討」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 2015年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2015年
38. 「御厨 正博,田中 佑典,河内 峻,吉岡 大輔,田中 秀和,半田 真,三橋 了爾」 カルボン酸ルテニウム(II,III)二核とテトラシアニド金(III)酸の混合金属錯体の合成と性質および結晶構造 2015年日本化学会 中国四国支部大会 2015年
39. 「人工鉄さびγ-FeOOHの生成に対する金属イオンの複合添加効果」 杉浦 小友季,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 2015年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2015年
40. 「西谷 彩香,山根 万葉香,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典」 Ni(II)およびCu(II)存在下でのマグネタイトさびの生成に及ぼすNaOH添加量の影響 第53回粉体に関する討論会 2015年
41. 「西谷 彩香,田中 秀和,石川 達雄, 中山 武典」 Green rust(Cl-)からの人工さび粒子の生成に対するアニオンの影響 第62回材料と環境討論会 2015年
42. 「西谷 彩香,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典」 FeCl2水溶液における人工鉄さびFe3O4の生成に対するCu(II)の影響 材料と環境2015 2015年
43. 「赤木 俊文,藤田 涼平,田中 秀和,久保田 岳志,小俣 光司,御厨 正博,片岡 祐介,半田 真」 ビスハライドルテニウム(II, III)二核錯体のイオン結晶構造と性質 2015年日本化学会中国四国支部大会 2015年
44. 「田中 秀和」 in situ IR測定で粉の顔がわかる? APPIE産学官連携フェア2015 2015年
45. 「田中 秀和, 難波 大輝, 石川 達雄, 中山 武典」 人工鉄さびα-およびβ-FeOOH粒子の生成,形態に及ぼす炭酸イオンの影響 第53回粉体に関する討論会 2015年
46. 「田中 秀和,新居 正浩,石川 達雄, 中山 武典」 タンニン酸存在下で調製した-および-FeOOHさび粒子の構造と形態 第62回材料と環境討論会 2015年
47. 「田中 秀和,石川 達雄, 中山 武典」 in situ IR測定による人工FeOOHさび粒子表面の構造解析 粉体工学会 2015年度秋期研究発表会 2015年
48. 「藤田 涼平,片岡 祐介,田中 秀和,川本 達也,半田 真」 低分子脂肪酸を配位子とするハフニウム錯体の合成と機能性 2015年日本化学会中国四国支部大会 2015年
49. 「Fe(II)から調製した人工鉄さびSchwertmanniteの構造と分子吸着特性に対するTi(IV)の影響」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 材料と環境2014 2014年
50. 「Fe(II)水溶液からの人工鉄さびα-FeOOHの生成に対する金属イオンの単独あるいは複合添加効果」 田中 秀和,宮藤 聖,六車 美耶,石川 達雄,中山 武典 第61回材料と環境討論会 2014年
51. 「カルボン酸ルテニウム(II,III)二核とテトラシアニド金(III) 酸からなる混合金属錯体の合成と性質」 御厨 正博,田中 佑典,吉岡 大輔,田中 秀和,半田 真 錯体化学会第64回討論会 2014年
52. 「ピバル酸銅二核と4,4’-ジピリジルスルフィドからなる鎖状錯体の合成と性質」 御厨 正博,額田 亮仁,木下 智仁,高橋 直也,矢野 真理,吉岡 大輔,田中 秀和,半田 真 2014年日本化学会中国四国支部大会 2014年
53. 「塩化物環境下で生成した耐候性鋼さびの分子吸着による評価」 石川 達雄,田中 里佳,南川 恵美,神鳥 和彦,田中 秀和,中山 武典 第61回材料と環境討論会 2014年
54. 「人工亜鉛さびZinc Hydroxychlorideの生成に対するリン酸イオンの影響」 田中 秀和,堀尾 宇絵,石川 達雄,中山 武典 第52回粉体に関する討論会 2014年
55. 「人工鉄さびFe3O4の生成に対するNi(II)の影響」 西谷 彩香,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 第61回材料と環境討論会 2014年
56. 「人工鉄さびSchwertmanniteのα-FeOOHへの転移に対するCr(III),Cu(II)およびNi(II)の影響」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 第61回材料と環境討論会 2014年
57. 「人工鉄さびの生成に対するカチオンおよびアニオンの影響」 田中 秀和 2014年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2014年
58. 「人工鉄さびα-およびβ-FeOOH粒子の生成に対するリン酸イオンの影響」 田中 秀和,中島 佳克,石川 達雄,中山 武典 2014年度粉体工学会春期研究発表会 2014年
59. 「人工鉄さびβ-FeOOH および鉄粉からのFe3O4さびの酸化挙動とその空気酸化」 三島 遼平,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 2014年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2014年
60. 「人工鉄さびβ-FeOOHの生成に対するTi(III)の影響」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 2014年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 2014年
61. 「Fe(II)水溶液中における人工鉄さびSchwertmanniteの生成に対するTi(IV)の影響」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 2013年度粉体工学会秋期研究発表会 2013年
62. 「One-dimensional Chain Compounds of Dinuclear Molybdenum(II) and Rhodium(II) Acetates with N,N’-Bidentate Ligands」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, N. Kaihara, S. Tanaka, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa, International Porous and Powder Materials Symposium and Exhibition (PPM 2013) 2013年
63. 「in situ IRで粉の顔が分かります!!」 田中 秀和 2013年度 国際粉体工業展 2013年
64. 「フェニルリン酸を用いたチタンアパタイトマイクロ粒子の調製」 田中 秀和,大西 杏奈 第23回無機リン化学討論会 2013年
65. 「亜硫酸イオン存在下で調製した人工鉄さびβ-FeOOHの構造と性質」 田中 秀和,井上 昌彦,石川 達雄,中山 武典 第51回粉体に関する討論会 2013年
66. 「安息香酸モリブデンを連結配位子でつないだ鎖状錯体の合成と性質」 御厨 正博,月見 典史,貝原 規彰,田中 佑典,小野 貴嗣,吉岡 大輔,田中 秀和,半田 真 日本化学会中国四国支部大会 2013年
67. 「液相からの無機微粉体生成」 田中 秀和 '13 粉体入門セミナー(II)(第39回) 2013年
68. 「人工亜鉛さびZinc Hydroxychlorideの生成に対するAl(III)の影響」 田中 秀和,長野 咲,石川 達雄,中山 武典 第60回材料と環境 2013年
69. 「人工鉄さびFe3O4の生成に及ぼすFeOOHさびと鉄粉の密着性が与える影響」 三島 遼平,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 材料と環境2013 2013年
70. 「人工鉄さびFeOOHからのFe3O4さびの生成に対する各種鋼材粉の影響」 三島 遼平,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 第60回材料と環境 2013年
71. 「人工鉄さびSchwertmanniteの生成およびα-FeOOHへの転移に対するTi(IV)の影響」 六車 美耶,田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 材料と環境2013 2013年
72. 「人工鉄さびα-およびβ-FeOOHの生成に対する亜硫酸イオンの影響」 田中 秀和,井上 昌彦,石川 達雄,中山 武典 材料と環境2013 2013年
73. 「One-dimensional Polymer Complexes of Rhodium(II) Carboxylates and N-N'-bidentate Ligands」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, K. Ouchi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa Hybrid Materials 2011 2011年
74. 「層状Zinc Hydroxysulfateの生成に対するFe(III)の影響」 田中 秀和,広岩 青 第91回日本化学会春期年会 2011年
75. 「Surface Structure and Properties of Cr(III)-doped Titanium-calcium Hydroxyapatite Photocatalyst」 M. Wakamura, H. Tanaka, Y. Naganuma, N. Yoshida, T. Watanabe 3rd International Congress on Ceramics 2010年
76. 「Synthesis, Crystal Structures, and Adsorption Properties of Chain Complexes of Rhodium(II) Acetate and Rhodium(II) Benzoate with N,N'-Bidentate Ligands」 M. Mikuriya, J. Yamamoto, K. Ouchi, Y. Nakanishi, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Handa IVth International Conference on Molecular Materials MOLMAT 2010 2010年
77. 「β-FeOOHさびの生成に及ぼす亜鉛さびの影響」 田中 秀和,北澤 辰也,石川 達雄,中山 武典 2010年度 粉体工学会秋期研究発表会 2010年
78. 「人工亜鉛さびの生成に対するTi(IV)の影響」 田中 秀和,石川 達雄,中山 武典 第57回材料と環境討論会 2010年
79. 「人工亜鉛さびの生成に対するアニオンの影響」 田中 秀和,竹内 結美,石川 達雄,中山 武典 2010年度 粉体工学会春期研究発表会 2010年
80. 「酢酸ロジウム(ΙΙ)及び安息香酸ロジウム(ΙΙ)二核の鎖状錯体の結晶構造と窒素吸着性質」 御厨 正博,山本 淳也,大内 和也,中西 康貴,吉岡 大輔,田中 秀和,半田 真 関西学院大学 錯体分子素子研究センターシンポジウム 2010年
81. 「層状ブチルリン酸チタンの調製とそのナノシート化」 田中 秀和,石田 慶吾 第20回無機リン化学討論会 2010年
82. 「Zinc Hydroxychlorideの生成に及ぼすTi(IV)および熟成温度の影響」 田中 秀和,田島 匡平 2009年度 粉体工学会春期研究発表会 2009年
83. 「さびによる鋼材の防食!! −さびでさびを防ぐ−」 田中 秀和,西本 優,竹内 結美,原 由布子,北澤 辰也 2009年国際粉体工業展 2009年
84. 「ピロリン酸で改質したカルシウムヒドロキシアパタイト粒子へのタンパク質吸着機構の解明」 神鳥 和彦,津山 晋太郎,田中 秀和 第19回無機リン化学討論会 2009年
85. 「ピロリン酸で改質したカルシウムヒドロキシアパタイト粒子へのタンパク質吸着機構の解明」 神鳥 和彦,津山 晋太郎,田中 秀和,石川 達雄 第23回日本吸着学会研究発表会 2009年
86. 「フェニルリン酸の加水分解によるカルシウムーストロンチウムアパタイト固溶体の合成」 田中 秀和,西本 優,竹内 結美,原 由布子,北澤 辰也 第90回日本化学会春期年会 2009年
87. 「ブチルリン酸チタンナノシートの調製およびポリマーへの導入」 田中 秀和,石田 慶吾 2009年度粉体工学会秋期研究発表会 2009年
88. 「安息香酸ロジウム(Ⅱ)と二座架橋配位子からなる鎖状錯体の結晶構造と吸着特性」 御厨 正博,山本 淳也,大内 和也,中西 康貴,吉岡 大輔,田中 秀和,半田 真 2009年度 日本化学会西日本大会 2009年
89. 「酵素を用いたカルシウムアパタイト粒子の合成」 田中 秀和,井畑 大輝 第62回コロイドおよび界面化学討論会 2009年
90. 「酵素反応によるフェニルリン酸カルシウムからのカルシウムアパタイトの調製」 田中 秀和,井畑 大輝 第19回無機リン化学討論会 2009年
91. 「石炭灰を用いた白色ゼオライトの合成−アルカリ廃液の再利用−」 田中 秀和,藤井 淳 第47回粉体に関する討論会 2009年
92. 「島根大学における硫化水素発生事故報告」 田中 秀和,小澤 崇良 第25回大学等環境安全協議会分科会 2009年
93. 「Ti(IV)存在下で調製した層状Zinc Hydroxychlorideの構造と分子吸着特性」 太湯 綾,田中 秀和,藤岡 顕子,神鳥 和彦,石川 達雄 第115回日本化学会西日本大会 2007年 キーワード:環境
94. 「ゾル−ゲル法によるフェニルリン酸鉄ナノシート分散シリカゲルの合成」 谷口 琴実,田中 秀和,奥宮 毅,村上 雅彦 第115回日本化学会西日本大会 2007年
95. 「フェニルリン酸鉄ナノシートの調製とキャラクタリゼイション」 谷口 琴実,田中 秀和,植田 俊吉,村上 雅彦 第87回日本化学会春期年会 2007年
96. 「フェニル基を有するランタン型ルテニウム二核を架橋配位子で連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,真野 貴行,池上 崇久,田中 秀和,広光 一郎,吉岡 大輔,石田 英晃,御厨 正博,春日 邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
97. 「マイクロ波加熱溶出法による石炭灰を用いたNa-A型ゼオライトの迅速合成」 田中 秀和,藤本 聡,藤井 淳 第115回日本化学会西日本大会 2007年 キーワード:環境
98. 「ランタン型Rh2, Ru2二核を基本ユニットとする二量体,四量体及びポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,井上 麻美,山路 智愛,木村 祐子,池上 崇久,杉森 保,田中 秀和,広光 一郎,吉岡 大輔,御厨 正博,春日 邦宣 第57回錯体化学討論会 2007年
99. 「石炭灰を用いた白色Na-AおよびNa-X型ゼオライトの合成−アルカリ廃液の再利用−」 藤井 淳,田中 秀和 第115回日本化学会西日本大会 2007年 キーワード:環境
100. 「石炭灰を用いた白色ゼオライトの合成およびそのアルカリ廃液の再利用」 田中 秀和,藤井 淳 第115回無機マテリアル学会学術講演会 2007年 キーワード:環境
101. 「層状Simonkolleiteの構造および吸着特性に対する熱処理の影響」 田中 秀和,藤岡 顕子,神鳥 和彦,石川 達雄 第87回日本化学会春期年会 2007年
102. 「層状Zinc Hydroxynitrateの合成とその物性」 田中 秀和,金田 良平,神鳥 和彦,石川 達雄 第88回日本化学会春期年会 2007年 キーワード:環境
103. 「層状フェニルリン酸鉄のナノシート化」 田中 秀和,谷口 琴実 2007年度 粉体工学会春期研究発表会 2007年
104. 「天然ゼオライト触媒のNO還元特性」 三浦 哲雄,久保田 岳志,田中 秀和,岡本 康昭 第115回日本化学会西日本大会 2007年 キーワード:環境
105. 「粉体廃棄物の再生利用−石炭灰およびゴミ焼却灰の再資源化−」 田中 秀和 尾張・東濃ものづくり産官学ネットワーク 平成19年度第3回セミナー・相談会・交流会 2007年 キーワード:環境
106. 「粉体廃棄物の再生利用−石炭灰およびゴミ焼却灰の再資源化−」 田中 秀和 島根県鉱業振興協会平成19年度通常総会および講演会 2007年 キーワード:環境
107. 「Application of Fibrous TiO2 as a Photocatalyst in Aqueous Media」 H. Tanaka, I. Higashio, T. Watanabe, Y. Suyama CIMTEC 2006 2006年
108. 「Photocatalytic Degradation of Methylene Blue by Fibrous TiO2」 T. Mori, K. Shida, H. Tanaka, Y. Suyama The 23rd Japan-Korea International Seminar on Ceramics 2006年
109. 「Polymer Complexes of Rhodium(II) Formamidinate Linked by Bridging Ligands」 M. Handa, A. Sanaka, A. Inoue, T. Ikeue, D. Yoshioka, H. Tanaka, M. Mikuriya, K. Kasuga Second International Symposium on Chemistry of Coordintion Space 2006年
110. 「Preparation of Porphyrazine Derivatives toward Photocatalyst and Sensitizer of Solar Cell」 K. Kasuga, M. Handa, T. Ikeue, H. Tanaka International Conference of Porphyrins and Phtalocyanines (ICPP-4) 2006年
111. 「フタロシアニンとポルフィリンの連結体を用いた色素増感太陽電池の作成」 荒木 秀,岡本 敏幸,池上 崇久,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
112. 「ホルムアミジナートロジウム(II)二核を架橋配位子で連結したポリマー錯体」 半田 真,佐仲 綾子,井上 麻美,池上 崇久,吉岡 大輔,田中 秀和,御厨 正博、春日 邦宣 2006年日本化学会西日本大会 2006年
113. 「マイクロ波加熱−溶出法による石炭灰を用いたNa-A型ゼオライトの合成」 田中 秀和,藤本 聡,藤井 淳,樋野 良治 2006年度粉体工学会秋期研究発表会 2006年
114. 「亜鉛(II)およびパラジウム(II)フタロシアニン錯体の光触媒特性」 竹村 佳恵,池上 崇久,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
115. 「珪藻土を原料とした単一相Na-X型ゼオライトの合成」 田中 良樹,田中 秀和,樋野 良治 2006年度粉体工学会秋期研究発表会 2006年
116. 「層状Simonkolleiteの合成とその分子吸着特性」 田中 秀和,藤岡 顕子,石川 達雄,神鳥 和彦 第20回日本吸着学会研究発表会 2006年
117. 「層状カルシウムフェニルリン酸を用いたアパタイト粒子の合成」 田中 秀和,茨木 公志郎,樋野 良治,神鳥 和彦,石川 達雄 第113回無機マテリアル学会学術講演会 2006年
118. 「電子輸送性クロモファを含む非共役ポリマーの光学的,電気化学的性質およびそのEL素子の作製」 中嶋 晋二,島村 槙一,佐藤 守之,山口 勲,田中 秀和,広光 一郎,田中 仙君 有機EL討論会 2006年
119. 「非対称ポルフィラジン錯体およびその無機多孔質複合体の光触媒特性」 入江 祥幸,池上 崇久,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第56回錯体化学討論会 2006年
120. 「粉体廃棄物の高度再生利用 —石炭灰を用いた白色ゼオライトの迅速合成プロセスの開発—」 田中 秀和 国際粉体工業展2006粉の広場「夢の素材」アカデミックコーナー 2006年
121. 「MCM-41に内包したフタロシアニン金属錯体の光触媒特性」 今井 誠, 田中 秀和, 池上 崇久, 半田 真, 春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
122. 「MCM-41に内包したフタロシアニン金属錯体の光触媒反応」 今井 誠,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宜 第85回日本化学会春季年会 2005年
123. 「MCM41に内包された非対称ポルフィラジン錯体の光触媒特性」 今井 誠,竹村 佳恵,田中 秀和,池上 崇久,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第86回日本化学会春期年会 2005年
124. 「Surface Structure and Properties of Calcium Hydroxyapatite Particles Modified with Pyrophosphoric Acid」 H. Tanaka, M. Yamaguchi, M. Futaoka, R. Hino 5th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials '05 2005年
125. 「Synthesis, Structure and Properties of Layered Iron Organo Phosphates」 K. Taniguchi, H. Tanaka, R. Hino 5th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials '05 2005年
126. 「TiO2ナノ粒子に結合したフタロシアニン金属錯体の光化学特性」 鈴木 宏幸,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 第55回錯体化学討論会 2005年
127. 「TiO2ナノ粒子表面へのポルフィリンの導入」 山田 敏之, 田中 秀和, 白鳥 英雄,樋野 良治 2005年日本化学会西日本大会 2005年
128. 「ゴミ焼却灰を用いた有機リン酸イオンの固定化」 田中 秀和,木村 恵介,樋野 良治 第111回無機マテリアル学会学術講演会 2005年
129. 「ゾル−ゲル法によるポルフィリン−シリカゲルハイブリッドの調製」 田中 秀和,山田 敏之,宇吹 智美,白鳥 英雄,樋野 良治 第49回日本学術会議材料研究連合講演会 2005年
130. 「ナノ粒子TiO2に固定したフタロシアニン金属錯体の光化学特性」 鈴木 宏幸,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
131. 「フェニルリン酸を用いたリン酸カルシウムの合成」 田中 秀和,上村 将男,樋野 良治 第85回日本化学会春季年会 2005年
132. 「ホルムアミジナトロジウム(II)二核を1,4-ジイソシアノベンゼンで連結したポリマー錯体」 半田 真,佐仲 綾子,杉川 由香,池上 崇久,吉岡 大輔,田中 秀和,御厨 正博,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
133. 「安息香酸銅(II)二核を架橋配位子で連結したポリマー錯体の合成と性質」 半田 真,石飛 佳之,吉岡 大輔,田中 秀和,御厨 正博,春日 邦宣 2005年日本化学会西日本大会 2005年
134. 「金属リン酸塩表面の評価と設計」 田中 秀和 日本無機リン化学会平成17年度総会 2005年
135. 「色素増感太陽電池の光電効率に及ぼす有機色素−半導体間相互作用の影響」 田中 秀和,久保田 岳志,白鳥 英雄,春日 邦宣 ナノテクノロジー研究会 2005年
136. 「石炭灰を用いた純粋なゼオライト合成プロセスの開発」 田中 秀和 粉体工学会 2005年度第1回粉体操作に伴う諸現象に関する勉強会 2005年
137. 「透析法による石炭灰を用いたNa-A型ゼオライトの合成」 田中 秀和,江口 肇,藤本 聡,樋野 良治 2005年度 粉体工学会秋期研究発表会 2005年
138. 「非対称ポルフィラジン錯体を用いた光電極の作成」 入江 祥幸,鈴木 宏幸,田中 秀和,池上 崇久,杉森 保,半田 真,春日 邦宣 第86回日本化学会春期年会 2005年
139. 「無機多孔質に結合したフタロシアニン金属錯体の光触媒反応」 今井 誠,田中 秀和,池上 崇久,半田 真,春日 邦宣 第55回錯体化学討論会 2005年
140. 「無機多孔体に担持したカチオン型フタロシアニン亜鉛(II)錯体の光触媒反応」 鈴木 宏幸,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宜 第85回日本化学会春季年会 2005年
141. 「有機リン酸を用いたカルシウムヒドロキシアパタイトの合成」 田中 秀和,茨木 公志郎,樋野 良治,神鳥 和彦,石川 達雄 第86回日本化学会春期年会 2005年
142. 「Influence of Thermal Treatment on the Structure and Property of Layered Calcium Octyl Phosphates」 H. Tanaka, K. Oomori, R. Hino The 21th International Japan-Korea Seminar on Ceramics 2004年
143. 「MCM-41に内包した亜鉛フタロシアニン錯体の光触媒作用」 今井 誠,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宜 第54回錯体化学討論会 2004年
144. 「アパタイトの粒子設計・表面設計」 田中 秀和 粉体工学会2004年度秋期研究発表会 2004年
145. 「ゾル−ゲル法により調製したポルフィリン導入シリカゲルの構造と性質」 山田 敏之,田中 秀和,杉山 信一朗,白鳥 英雄,樋野 良治 第42回粉体に関する討論会 2004年
146. 「層状化合物に内包した亜鉛フタロシアニン錯体の光触媒作用」 大森 浩二,田中 秀和,杉森 保,半田 真,春日 邦宜 第54回錯体化学討論会 2004年
147. 「都市ゴミ焼却灰を用いた各種リン酸カルシウムの合成」 田中 秀和,管 伸俊,樋野 良治 第42回粉体に関する討論会 2004年
148. 「粉体廃棄物の高度再生利用  ー石炭灰の新リサイクルプロセスの開発ー」 田中 秀和 国際粉体工業展2004粉の広場「夢の素材」アカデミックコーナー 2004年

委員会・学会役員等

1. 学会誌編集委員・日本無機リン化学会 学会誌編集委員 2008年~ 2011年
2. 日本無機リン化学会 学会誌編集委員 2008年~ 2022年
3. 粉体工学会 評議員 2009年~ 2022年
4. 粉体に関する討論会 世話人 2011年~ 2022年
5. 第23回無機リン化学討論会実行委員会 委員長 2012年~ 2013年
6. 第51回粉体に関する討論会実行委員会 委員長 2012年~ 2013年
7. 日本無機リン化学会 学術担当理事 2012年~ 2015年
8. APPIE産学官連携フェア2013実行小委員会 委員 2013年~ 2013年
9. The 5th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials (ICCCI2015) Local Organizing Committee 2014年~ 2016年
10. 第61回材料と環境討論会 実行委員 2014年~ 2014年
11. 日本無機リン化学会 評議員 2014年~ 2022年
12. APPIE産学官連携フェア2015実行小委員会 委員 2015年~ 2015年
13. 粉体工学会 秋期研究発表会 セッションオーガナイザー 2015年~ 2015年
14. 粉体工学会 第51回技術討論会 オーガナイザー 2015年~ 2016年
15. 粉体工学会 賞選考委員 委員 2016年~ 2022年
16. 日本化学会 中国四国支部 幹事 2018年~ 2020年
17. 第68回材料と環境討論会実行委員会・腐食防食学会 委員 2020年~ 2022年
18. 腐食防食学会 中国・四国支部 副支部長 2020年~ 2022年
19. 科学技術・学術政策研究所 NISTEP専門調査員 2916年~ 2020年

学術雑誌の編集

1. Advanced Powder Technology 委員 publisher:Elsevier
2. 粉体工学会誌 委員
3. 無機リン化学会誌 委員
4. Advanced Powder Technology 委員 publisher:Elsevier
5. 粉体工学会誌 委員
6. 無機リン化学会誌 委員
7. Advanced Powder Technology 委員
8. 粉体工学会誌 委員
9. 無機リン化学会誌 委員
10. Advanced Powder Technology 委員 publisher:Elsevier
11. 無機リン化学会誌 委員
12. Advanced Powder Technology 委員 publisher:Elsevier Science
13. Advanced Powder Technology 委員 publisher:Elsevier Science
14. 粉体工学会誌 ゲストエディター
15. 無機リン化学会誌 委員
16. Advanced Powder Technology 委員
17. 粉体工学会誌 ゲストエディター
18. 無機リン化学会誌 委員
19. Advanced Powder Technology 委員
20. 粉体工学会誌 ゲストエディター
21. Advanced Powder Technology 委員
22. 粉体工学会誌 ゲストエディター

学術雑誌の査読

1. Corrosion Science
2. Langmuir
3. RSC Advanced
4. 粉体工学会誌
5. Colloid. Polym. Sci.
6. Corrosion Science
7. Langmuir
8. Mater. Res. Bull.
9. 粉体工学会誌
10. Advanced Powder Technology
11. Colloid. Polym. Sci.
12. Corrosion Science
13. J. Phys. Chem. B
14. Langmuir
15. 粉体工学会誌
16. Corrosion Science
17. Advanced Powder Technology
18. J. Phys. Chem. B
19. Mater. Sci. Eng. C
20. 粉体工学会誌
21. Colloid Polym. Sci.
22. Advanced Powder Technology
23. Corrosion Science
24. 粉体工学会誌
25. Advanced Powder Technology
26. Bull. Chem. Soc. Jpn.
27. Corrosion Science publisher:Elsevier
28. Ind. Eng. Chem. Res. publisher:ACS
29. Adv. Powder Technol.
30. Advances in Meteorology
31. Colloid Polymer Sci.
32. Environmental Technology
33. J. Phys. Chem. B
34. Microporous and Mesoporous Material
35. 粉体工学会誌

学会・シンポジウム等の主催

1. 2021年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境講習会 役員,座長・司会 2021年
2. 2022年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 役員,座長・司会 2022年
3. 第68回材料と環境討論会 役員 2021年
4. 2020年度粉体工学会 秋期研究発表会 座長・司会 2020年
5. 2020年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表会 役員,座長・司会 2021年
6. 第54回粉体に関する討論会 座長・司会 2016年
7. 粉体工学会 第51回技術討論会 座長・司会 2016年
8. 2016年腐食防食学会中国・四国支部 材料と環境研究発表 座長・司会 年
9. ICCCI2015 役員 年
10. 第53回粉体に関する討論会 座長・司会 2015年
11. 第62回材料と環境討論会 座長・司会 年
12. 粉体工学会 2015年度秋期研究発表会 座長・司会 年
13. ICCCI2015 その他 年
14. 第52回粉体に関する討論会 座長・司会 2014年
15. 第61回材料と環境討論会 役員 2014年
16. 第23回無機リン化学討論会 実行委員長等 2013年
17. 第23回無機リン化学討論会 座長・司会 2013年
18. 第51回粉体に関する討論会 実行委員長等 2013年
19. 第51回粉体に関する討論会 座長・司会 2013年
20. 2012年度粉体工学会秋期研究発表会 座長・司会 2012年
21. 2012年度粉体工学会春期研究発表会 座長・司会 2012年
22. 第50回粉体に関する討論会 座長・司会 2012年
23. 2011年度 粉体工学会秋期研究発表会 座長・司会 年
24. 2011年度 粉体工学会春期研究発表会 座長・司会 年
25. 第49回粉体に関する討論会 座長・司会 年
26. 2010年度粉体工学会秋期研究発表会 座長・司会 2010年
27. 2010年度粉体工学会春期研究発表会 座長・司会 2010年
28. 第71回分析化学討論会 その他 2010年
29. 2009年度粉体工学会秋期研究発表会 座長・司会 2009年
30. 第47回粉体に関する討論会 座長・司会 2009年
31. 第90回日本化学会春期年会 座長・司会 2010年
32. 粉体工学会春期研究発表会 座長・司会 2009年
33. 2008粉体工学会秋期研究発表会 講演座長 座長・司会 2008年
34. 2008粉体工学会春期研究発表会 講演座長 座長・司会 2008年
35. 第18回無機リン化学討論会 講演座長 座長・司会 2008年
36. 第115回日本化学会西日本大会 座長・司会 2007年

学術賞受賞

1. 2019 APT Outstanding International Contribution Award Hidekazu Tanaka Advanced Powder Technology誌の卓越したEditor業務 粉体工学会 2020年 粉体
2. 粉体工学情報センター学術奨励賞 田中 秀和 粉体工学分野における独創的研究、新規性研究の創出 粉体工学情報センター 2017年 粉体
3. APT Distingshed Papar Award H. Tanaka, N. Moriwaki, T. Ishikawa, T. Nakayama 2015年度にAdvanced Powder Technology誌に掲載された論文の中の最優秀論文 粉体工学会 2016年 Advanced Powder Technology
4. 粉体工学会論文賞 田中 秀和,畑中 渚,六車 美耶,西谷 彩香,石川 達雄,中山 武典 2015年度に粉体工学会誌に掲載された論文の中の最優秀論文 粉体工学会 2016年 粉体工学