検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

荒木 亜寿香(アラキ アスカ) ARAKI Asuka

お問い合わせ

所属部署

医学部 医学科 講師
医学部 医学科 講師

所属講座

病理学講座(器官病理学) 

専門分野

人体病理学

実験病理学

人体病理学

実験病理学

専門分野キーワード

診断病理、 CCP1、Nna1、AMSマウス、小児脳腫瘍、FISH

研究テーマ

網膜視細胞生存に必要なNnal遺伝子機能の解明
Nna1遺伝子はこれまでの研究により細胞の生死に関与し、その関与の仕方は細胞の種類により異なると推測された。Nnal遺伝子機能発現が、細胞の生死にどのように係っているのかを組織・細胞・分子病理学的に明らかにすることを大目的とし、Ataxia and Male Sterility(AMS)マウスの網膜組織を用いて、アポトーシスをはじめ細胞死を調節する分子群を同定し、それらとNnalとの機能的相関関係を明らかにする。
研究分野:実験病理学 (個人研究) 2005年 ~ 2010年

ヒト乳癌組織におけるサイトケラチンの発現と予後との相関
研究分野:人体病理学 (個人研究) 2009年 ~

Histopathological and FISH (Fluorescene in situ Hybridisation (FISH))- based biomarkers in tumors of the central nervous system
The overall aim of the study is to evaluate the analytical and clinical performance of the investigated biomarkers in large series of CNS tumors. Upon completion of the study the relevant markers will be incorporated into routine diagnostic use. Specific aim 1: histopathological review and analysis of 19q13.42 by custom made FISH probes in a large series of malignant pediatric CNS tumors including primitive neuroepithelial tumors and comparison with morphological features and patient outcome. Specific aim 2: histopathological review of a series of pediatric ependymomas and analysis of the status of chromosome arm 1q by commercially available FISH probes and comparison with morphological features and patient outcome.
研究分野:人体病理学 (国際共同研究) 2013年 ~ 2016年

神経変性疾患原因遺伝子・CCP1/Nna1遺伝子機能の解析:小脳性失調症モデルマウス、Ataxia and male sterility (AMS) マウス を用いて
Nna1遺伝子 は、ラット脊髄で軸索を傷害された神経細胞の再生に際して活性化される遺伝子として取り上げられたものである。これがコードするたんぱく質はATP/GTP結合ドメインとzinc-carboxypeptidaseドメインがあることがその構造から明らかにされている。そのためATGBP1あるいはCCP1とも称される。Nna1遺伝子は種を超えて保存されており、ヒトにも同様の遺伝子が存在する。Nna1 (CCP1)遺伝子がコードするたんぱく質carboxypeptidase 1 (CCP1)は脱グルタミラーゼとして働き、チュブリンの翻訳語修飾に関与することが明らかにされている。 Nna1遺伝子異常があるPurkinje cell degeneration (PCD)マウスでは、CCP1機能異常によるチュブリンの過剰なグルタミル化により、小脳プルキンエ細胞や精巣生殖細胞に急速進行性細胞死が起こると考えられている。一方で、PCDマウスには網膜視細胞や嗅球の僧帽細胞では緩徐進行性の細胞死も見られるが、このこととNna1機能との関連に関して、明らかにはなっていない。 申請者の所属する研究室で分離・開発したAtaxia and male sterility (AMS) マウス は、小脳プルキンエ細胞消失に基づく小脳性失調症モデルマウスの一つであり、PCDマウスとはアレル関係にある。AMSマウスのNna1mRNAよりcDNAを作成し解析した結果、エクソン17の2423塩基CGA(R) →CCA(P)の点突然変異が認められ、これがams変異であることがわかっている(図1)。ams変異はPCR反応とその反応産物に制限分解酵素処理を加えることで、簡単に遺伝子診断できる。これを利用すると小脳失調症発症前に遺伝子診断でき、これがAMSマウスの最大の特徴である。(図2)。 近年 の研究で、Nna1 遺伝子と、筋萎縮性側索硬化症と前頭側頭変型認知症に共通する遺伝子異常であるC9orf72遺伝子との共発現が示唆されている (Kitano S, 2015)。その遺伝子産物C9orf72は、オートファジー始動複合体を活性化してオートファジー初期の隔離膜形成を誘導することが示唆されている。C9orf72遺伝子異常による神経細胞のオートファジー異常が、ヒト神経変性疾患の一因と推測されている。しかしC9orf72遺伝子とNna1遺伝子との関係や、Nna1遺伝子と神経変性疾患との関連はまだ解析されていない。神経変性疾患の病態解明と治療へ貢献するために、疾患モデルマウスであるAMSマウスのCCP1/Nna1遺伝子機能発現を研究することが必要と感じ、研究活動を行っている。
研究分野:実験動物学 (機関内共同研究) 2018年 ~

ヒト乳癌組織におけるサイトケラチンの発現と予後との相関
研究分野:人体病理学 (個人研究) 2009年 ~

網膜視細胞生存に必要なNnal遺伝子機能の解明
Nna1遺伝子はこれまでの研究により細胞の生死に関与し、その関与の仕方は細胞の種類により異なると推測された。Nnal遺伝子機能発現が、細胞の生死にどのように係っているのかを組織・細胞・分子病理学的に明らかにすることを大目的とし、Ataxia and Male Sterility(AMS)マウスの網膜組織を用いて、アポトーシスをはじめ細胞死を調節する分子群を同定し、それらとNnalとの機能的相関関係を明らかにする。
研究分野:実験病理学 (個人研究) 2005年 ~ 2010年

Histopathological and FISH (Fluorescene in situ Hybridisation (FISH))- based biomarkers in tumors of the central nervous system
The overall aim of the study is to evaluate the analytical and clinical performance of the investigated biomarkers in large series of CNS tumors. Upon completion of the study the relevant markers will be incorporated into routine diagnostic use. Specific aim 1: histopathological review and analysis of 19q13.42 by custom made FISH probes in a large series of malignant pediatric CNS tumors including primitive neuroepithelial tumors and comparison with morphological features and patient outcome. Specific aim 2: histopathological review of a series of pediatric ependymomas and analysis of the status of chromosome arm 1q by commercially available FISH probes and comparison with morphological features and patient outcome.
研究分野:人体病理学 (国際共同研究) 2013年 ~ 2016年

神経変性疾患原因遺伝子・CCP1/Nna1遺伝子機能の解析:小脳性失調症モデルマウス、Ataxia and male sterility (AMS) マウス を用いて
Nna1遺伝子 は、ラット脊髄で軸索を傷害された神経細胞の再生に際して活性化される遺伝子として取り上げられたものである。これがコードするたんぱく質はATP/GTP結合ドメインとzinc-carboxypeptidaseドメインがあることがその構造から明らかにされている。そのためATGBP1あるいはCCP1とも称される。Nna1遺伝子は種を超えて保存されており、ヒトにも同様の遺伝子が存在する。Nna1 (CCP1)遺伝子がコードするたんぱく質carboxypeptidase 1 (CCP1)は脱グルタミラーゼとして働き、チュブリンの翻訳語修飾に関与することが明らかにされている。 Nna1遺伝子異常があるPurkinje cell degeneration (PCD)マウスでは、CCP1機能異常によるチュブリンの過剰なグルタミル化により、小脳プルキンエ細胞や精巣生殖細胞に急速進行性細胞死が起こると考えられている。一方で、PCDマウスには網膜視細胞や嗅球の僧帽細胞では緩徐進行性の細胞死も見られるが、このこととNna1機能との関連に関して、明らかにはなっていない。 申請者の所属する研究室で分離・開発したAtaxia and male sterility (AMS) マウス は、小脳プルキンエ細胞消失に基づく小脳性失調症モデルマウスの一つであり、PCDマウスとはアレル関係にある。AMSマウスのNna1mRNAよりcDNAを作成し解析した結果、エクソン17の2423塩基CGA(R) →CCA(P)の点突然変異が認められ、これがams変異であることがわかっている(図1)。ams変異はPCR反応とその反応産物に制限分解酵素処理を加えることで、簡単に遺伝子診断できる。これを利用すると小脳失調症発症前に遺伝子診断でき、これがAMSマウスの最大の特徴である。(図2)。 近年 の研究で、Nna1 遺伝子と、筋萎縮性側索硬化症と前頭側頭変型認知症に共通する遺伝子異常であるC9orf72遺伝子との共発現が示唆されている (Kitano S, 2015)。その遺伝子産物C9orf72は、オートファジー始動複合体を活性化してオートファジー初期の隔離膜形成を誘導することが示唆されている。C9orf72遺伝子異常による神経細胞のオートファジー異常が、ヒト神経変性疾患の一因と推測されている。しかしC9orf72遺伝子とNna1遺伝子との関係や、Nna1遺伝子と神経変性疾患との関連はまだ解析されていない。神経変性疾患の病態解明と治療へ貢献するために、疾患モデルマウスであるAMSマウスのCCP1/Nna1遺伝子機能発現を研究することが必要と感じ、研究活動を行っている。
研究分野:実験動物学 (機関内共同研究) 2018年 ~

取得学位

医学博士 (論文) 島根大学