検索システムTOP 島根大学TOP 検索システムTOP 産学連携TOP 生涯学習TOP

研究者情報

基本情報
Basic Information
教育活動
Educational Activities
研究活動
Research Activities
社会貢献
Social Contribution
医療活動
Medical Activities
 
ページを印刷

野津 雅和(ノツ マサカズ) NOTSU Masakazu

お問い合わせ

所属部署

医学部 医学科 助教

所属講座

内科学講座(内科学第一) 

専門分野

内分泌学

専門分野キーワード

内分泌代謝、甲状腺、糖尿病

研究テーマ

・甲状腺と骨代謝の関連 ・アルドステロンの骨代謝の関係 ・糖尿病における骨質劣化機序について ・甲状腺超音波と穿刺吸引細胞診
甲状腺、副腎疾患など内分泌疾患や、糖尿病をはじめとした代謝疾患において、治療技術の進歩により長期予後が得られるようになってきた。骨粗鬆症はいずれも日常生活強度や生活の質、さらには死亡率にも関与する重要な課題である。内分泌疾患は様々なホルモンが全身の代謝に影響を及ぼすが、骨代謝への関与が明らかになりつつある。また、糖尿病において、骨質劣化を原因とした骨粗鬆症が発症することが知られている。 現在、内分泌疾患および糖尿病の骨折予防に寄与する研究を行っている。
研究分野:内分泌学 (個人研究) 2013年 ~ 2020年

出身学校

山口大学 大学 (医学部 医学科) 2007年 (卒業)

取得学位

医学博士 (論文) 島根大学 内分泌学